箱館山スキー場 レンタル。 箱館山スキー場の混雑状況と駐車場情報、リフト券の割引もご紹介!

天気の良い日は箱館山スキー場で琵琶湖の眺望とスキーを楽しもう

箱館山スキー場 レンタル

どうもです。 箱館山へはよく行きます。 チビたちにとても優しいゲレンデですよ。 ゴンドラの件ですが、駐車場に直結しています。 ただこの駐車場が満杯の場合、スキー場までの途中にあるレンタルショップや民宿の駐車場になります。 ここに止めた場合、荷物が多いと上り坂ですので大変です。 お子さんがいらっしゃるなら尚更です。 一度、グズられて2歳のチビを肩車してスキー板とソリを持って登った記憶があります(汗)。 少々早めに出て、駐車場に必ず止められるようにしましょう。 話がそれましたが、ゴンドラは非常に大きくて、荷物の制限も特にないですよ。 板やストック、ボード類は、持ち込むのではなく、ゴンドラに外付けされたケース?に入れて登っていきますので、広々としています。 ソリがそのケースに入るようであれば入れて、入らなさそうであれば持ち込んでいけます。 ウチのは持ち込みました。 ゴンドラを降りると、ゲレンデまでの途中右側に小高い丘があります。 ここがソリ天国です。 奥の方にもありますが、そこに行くまでソリを引っ張っていくことを考えると、手前で済ました方がいいと思います。 ロッジやトイレも近いですから。 長々すみません。 楽しんできてください。 ウチも今週末に行く予定です。 Q よろしくお願いします。 子供 中2 を修学旅行の練習ということでスキーに連れていきたいと思っています。 今までもスキー合宿などで何回か行ったことがあるので、中級者向けのゲレンデを探しています。 当方、大阪在住のため、スタッドレスやチェーンは持っていません。 一応、車は4WDのエスティマです。 ウエア以外は全部レンタルですまそうと考えています。 琵琶湖バレイなら行けるかなと思ったのですが、今日は強風のため営業中止だそうです。 biwako-valley. A ベストアンサー 関西からよく行かれるスキーエリアは、次の5方面です。 雪質を考えると奥美濃がベストチョイスですが、東海北陸道の混雑がネックですね。 奥美濃は規模は別にして、サービスレベルは全国でもトップクラスですから、ここに慣れていると、関西のスキー場は見劣りします。 信州はちょっと気合が必要です。 関西からよく行かれるスキーエリアは、次の5方面です。 Q スノーボードは数年前に1回しかやったことのない大阪市在住の超初心者です。 今度友人(友人は経験無し)と滋賀県の箱館山行こうと思うのですが、 行ったことがある方がいらっしゃれば教えて頂けますか。 ・他のスキー場ですが、前回行った時はゴンドラ・リフト券は1日券を買いましたが、実際ゴンドラは往復乗りましたが、リフトは1回か2回しか乗りませんでした。 それで今回箱館山のHPを見ると回数券みたいなのがあって、 1回250円(リフト・ゴンドラ共通)とありました。 1 駐車場からゲレンデまでのゴンドラも1回分(250円)でいけるのでしょうか? 2 おそらく前回同様2・3回滑って、足が痛くなってギブアップというオチだと思うので、回数券の方が得かなと感じていますが、どちらがよいでしょうか? 3 車はチェーンは必須でしょうか?今スキー場は70CM程積もっているそうです。 ご存知の方よろしくお願いします。 A ベストアンサー 回数券ではゴンドラに確か乗れません。 ゴンドラは片道1000円、往復1800円ですから、乗れるとしたら、回数券4回分でしょう。 ちなみに、ゴンドラに限らず長いリフトでは複数回数分の回数券を必要とするスキー場は珍しくないです。 箱館山のリフトは中級者向けコースに架かる1本を除いて大変短く、200メートルほどしかありません。 ですから、それに2~3回乗るだけで満足できるかどうかはわかりません。 私はスキーヤーですのでボードはわかりませんが、私の周りの経験者は、口をそろえてスクールに入って教えてもらうのが上達の近道といいます。 これはスキーでも同じですから、そのとおりなのでしょう。 ちゃんと合った道具で、きちんと基礎が出来ていれば、2~3回滑っただけで足が痛くなるような事はないと思いますよ。 スキー場は山の上ですから、今年の状況からすれば、駐車場まではノーマルタイヤでいける確率は高いと思いますが、こればかりは前日と当日の天候次第で変わりますのでなんとも言えません。 「ノーマルタイヤで行けたよ」と言われても「雪道でノーマルタイヤではお話しにならなかった」と言われも驚かない場所ですから。 朝は大丈夫でも帰りには、チェーンが必要になる事もあります。 ですから、使うかどうかは別にしてチェーンは必す持っていかれたほうが良いと思いますよ。 現地のガソリンスタンドなどでも変えますけど、さすがにスキー場では売っていないでしょうし、売っていても(私のこれまでの経験から)かなり高いと思います。 大阪のホームセンターや自動車用品店で買ったほうがかなり安く済みますよ。 なおチェーンは練習しないと巻けませんから、少なくとも1回は練習しましょう。 回数券ではゴンドラに確か乗れません。 ゴンドラは片道1000円、往復1800円ですから、乗れるとしたら、回数券4回分でしょう。 ちなみに、ゴンドラに限らず長いリフトでは複数回数分の回数券を必要とするスキー場は珍しくないです。 箱館山のリフトは中級者向けコースに架かる1本を除いて大変短く、200メートルほどしかありません。 ですから、それに2~3回乗るだけで満足できるかどうかはわかりません。 私はスキーヤーですのでボードはわかりませんが、私の周りの経験者は、口をそろえてスクールに入って教... A ベストアンサー はじめまして、mako1216さん。 僕は、スキー用品店で5年ほどバイトをしていたものです。 まず、スキーウェアーとボードウェアーの違いについてですが、 簡単に言いますと、ウェアーの厚みが違います。 スキーに比べて、ボードはケツパットや服などを中に着込むため ウェアーは薄めの生地です。 (少しゆとりがある作りです) あと、ズボンの大きな違いは、肩ベルトあるなしです。 あと、NO5の回答に書かれているようにスキーウェアにはエッジでパンツの裾を切らないように ガードがついているのですが、ボードウェアには このガードがついていないものもあります。 ということ。 このようなことがあげられますが、スキーウェアーでボードができないことはありません。 防水スプレーを尻のあたりを防水加工しておきましょう。 しかし、ウェアーより手袋の方が大きな違いがあります。 ボードのウェアーは、二重構造(中にフリースの手袋)のものが多いです。 (金具を閉めたり、靴紐を縛ったりしやすくするため) あと、ボードの手袋は手の甲や手首と言ったところにプレートが入っているものもあります。 あと生地が皮製品ではなくビニール製品になります。 (これは、スキーと違い、ボードは雪面に手をついてすべるため、手首の保護や手袋の湿りを減らすためです) ですので、スキーウェアーでボードをするときは、中にパットをはめて 手袋はボード用を使用したほうが良いとおもわれます。 はじめまして、mako1216さん。 僕は、スキー用品店で5年ほどバイトをしていたものです。 まず、スキーウェアーとボードウェアーの違いについてですが、 簡単に言いますと、ウェアーの厚みが違います。 スキーに比べて、ボードはケツパットや服などを中に着込むため ウェアーは薄めの生地です。 (少しゆとりがある作りです) あと、ズボンの大きな違いは、肩ベルトあるなしです。 あと、NO5の回答に書かれているようにスキーウェアにはエッジでパンツの裾を切らないように ガードがついているのですが、... Q 友達に誘われて、高校の修学旅行以来ぶりに10年ちかくぶりに無謀にもスキーに行くことになりました。 高校生の時は、ウエアの下は学校指定のジャージを着ましたが、今回はそうはいかないので何をきたらいいのか教えて下さい。 あと板とかブーツとかウエア、手袋はレンタルしたのですが、帽子やゴーグルは必要なのですか?身につけなくても大丈夫ですか? あと土曜の夜から夜行バスでスキー場にいって、日曜日の朝から滑って帰ります。 持っていったほうが良いもの、これがあったら便利など、荷物はこんなものにいらたらいいよなど、ほんのささいなことでもかまいません。 教えてください!ホントに分からないことだらけなのでよろしくお願いします。 A ベストアンサー まず、滑るときの服装ですが、理想は 上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等 下:足首まであるタイツ、スパッツ です。 特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。 ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、 上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット 下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット でも、代用できます。 首の部分にこだわるのは、転んだときに雪が入って来るのを防ぐため、足首部分に堅いものが付いているものを避けるのは、ブーツを履いたときに足に食い込んで痛くなるのを防ぐ意味があります。 また、スキー場の標高や場所・天候によって寒さが変わるので、寒いなと思ったら、少し厚めのものを用意すると良いと思います。 続いて、バスの中ですが、夜行バスは次のような状態です。 1.暖房は効いているが、頭が暑く、足下は寒い。 また、窓際が寒い。 2.あまりリクライニングしないシートの場合が多い。 3.カーテンをしても対向車のヘッドライトは結構気になる。 4.長い間座るので腰が痛い。 5.イスで寝るので、慣れていないと寝付けない、眠りが浅い。 これらを解消するのに、 1.ジャンパー(ウェアでも良い)等を車内に持ち込んで、膝掛けにする。 2.首を固定する空気枕等を用意する。 3.アイマスクを用意する。 4.途中のドライブインやサービスエリアで止まったとき、目が覚めていれば、一度降りて軽く腰を伸ばしておく。 5.寝酒を用意する。 ただし、量を多く飲む人はビールではトイレが近くなって迷惑を掛けるので、日本酒の方がベター。 でも飲み過ぎに注意。 (笑) あと、途中で目が覚めたときのために、ヘッドホンステレオなどがあると完璧でしょう。 あると便利な小物は、日焼け止め、使い捨てカメラ、使い捨てカイロ、帽子が脱落するのを防ぐクリップ、煙草を吸う方は携帯灰皿とターボライターがあげられます。 これだけのものを全て用意するのは大変なので、自分が必要だと思うものを選択してください。 まず、滑るときの服装ですが、理想は 上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等 下:足首まであるタイツ、スパッツ です。 特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。 ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、 上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット 下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット でも、代用できます。 首の部分にこだわるのは、転... その日の前々日くらいに購入したもので、ちゃんと説明書どおりに取り付け、板を止めるところの鍵もしっかりとかけました。 4枚の乗せ方は2枚ずつ裏向きに合わせ、それを2点で挟み込むタイプ一般的なタイプです。 幸い、夜中の片側一車線の高速道路であったため、車も少なく、事故にはいたらなかったのですが、一台車がとおり、板が1枚ひかれました。 手前には、3枚の板がついたまんまの後ろ側のキャリアがありました。 これから推測するには、走行中、前のキャリアの片方の挟むところが外れ、上に置かれたボードは先端が上向きに反っているので、もろに風の影響を受け、後ろ側に反り返って外れ、その反り返りで後ろ側のキャリアも外れたと思われます。 キャリアを止めていた車のボディーはえぐれていました。 もちろん板はボロボロ。。。 その後、7人乗りの車に6人で板5枚を無理矢理車に突っ込んで移動しました。 この場合、PL法とか消費者センターとかでなんとかできるものでしょうか? 板も車もキャリアーも、また、僕らの精神的なダメージは計り知れないものでした。 積載物の落下での事故は良く耳にしていましたので。。。 なにか、良い方法、アドバイス等をお願いします。 現在は、キャリアをメーカーに預け、不具合確認をしてもらってる状態です。 その日の前々日くらいに購入したもので、ちゃんと説明書どおりに取り付け、板を止めるところの鍵もしっかりとかけました。 4枚の乗せ方は2枚ずつ裏向きに合わせ、それを2点で挟み込むタイプ一般的なタイプです。 幸い、夜中の片側一車線の高速道路であったため、車も少なく、事故にはいたらなかっ... A ベストアンサー えーと、お気持ちは良くわかります。 当時は私も憤りましたが、・・・。 一般の常識と法律家の判断(裁判所の判断)が、へだったっている事は意外に多いんだなぁ、としかお答えできません。 当時のお話ではあくまで請求する側が請求の根拠となる証拠を提示しなければならないとの事で、(つまりメーカーはbaliusさんの取り付けが正しくなかったということを証明しなくてもいいということらしいです)。 ・・・。 ちなみに説明書の件ですが、その説明書にしたがっての事故が多いという事(多分この場合は他の製品に比べて事故率が高いとか明らかにわかりづらい不適当な説明書であることが客観的に証明されることがやはり必要なきがします)がわからないとつらいと思います。 私自身は法律に詳しくもなく当時の交渉や相談の結果をお話しているのですが、法律も裁判所の対応もメーカーの対応も当時と同じとは限りませんのであくまで当時の話として下の回答をさせていただきました。 (当時はPL法なかったです) 私自身はスキー保険にてお金を支払ってもらいました。 どのような物にも欠陥や事故はあると思うんですが、現実としてはお金で安全性を買うしかないんでしょうねぇ。 まぁお金かけてもだめなときはだめなんでしょうが・・・。 とにかく事故の証拠になるもの(事故現場の写真や回収したキャリアのパーツ)をあちこち持ち込んでみるしかないとは思います。 ちなみに消費者センターのお世話になったこともありますが(他の製品で役に立ってもらったことがある)、多分今回のケースのような場合同じ商品による事故の発生率が高くない限り目立った成果を(消費者センター)得ることは難しいような気がします。 えーと、お気持ちは良くわかります。 当時は私も憤りましたが、・・・。 一般の常識と法律家の判断(裁判所の判断)が、へだったっている事は意外に多いんだなぁ、としかお答えできません。 当時のお話ではあくまで請求する側が請求の根拠となる証拠を提示しなければならないとの事で、(つまりメーカーはbaliusさんの取り付けが正しくなかったということを証明しなくてもいいということらしいです)。 ・・・。 ちなみに説明書の件ですが、その説明書にしたがっての事故が多いという事(多分この場合は他の製品... A ベストアンサー 純粋にゲレンデの楽しさを比べると、びわ湖バレイです。 箱館山はゲレンデ面積は広いのですが、横に長いので連続滑走距離は、ほとんどのゲレンデで300メートルくらいです。 ただ、ゴンドラ山頂から奥に向かって順番に斜度の違う(奥が急です)斜面が並んでますので、何らかの課題を持って技術を磨くには向いてます。 びわ湖バレイが娯楽施設なら、箱館山は道場という感じですね。 人気はびわ湖バレイのほうが圧倒的に高いいも関わらず、ゴンドラの輸送能力が箱館山の1/3ぐらいしかありませんから、週末はなかなかゴンドラに乗れません。 つまり近くても滑走時間は短くなります。 ウィークディ限定ならば、週末のような混雑はありませんから、びわ湖バレイでよいと思いますが、バッチテストに絞った鍛錬のためなら箱館山の方が良いかもしれません。 A ベストアンサー 先の回答にあるように、駐車場はゲレンデよりもかなり下にあり、ゴンドラで上がってスキー場ですから、他のスキー場よりもスタッドレスやチェーンが必要となる可能性は低いです。 ただ、大阪に比べれば寒い地域であるのは確かですから、路面に積雪はなくとも朝方や夜間では凍結している可能性もありますね。 スタッドレスの方がかなり安心できます。 また、降雪していることは珍しくありませんから、そういう気象条件ではスタッドレスかチェーンは必須です。 チェーンやスタッドレス無しで駐車場までたどり着ける可能性は高いですが、これらの準備無しで行けなくなってもおかしくありません。 箱館山スキー場には数えるほどしか行った事がありませんが、その途中の国道161号線では、何度もスタッドレスでよかったという状況に遭遇した事があります。 天気予報を見て、予定するスキーを中止できる決意があるなら、最低でもチェーンの準備で良いと思いますが、よほど酷い天気でない限りは予定通り出かけるつもりならスタッドレスをお勧めします。 冬季のスタッドレスは保険ですよ。 不要かもしれませんが、降雪の可能性がある地域に出かけるなら、安いモデルでもよいので履きましょう。 ぶつける事を思えば、よっぽど安いですよ。 先の回答にあるように、駐車場はゲレンデよりもかなり下にあり、ゴンドラで上がってスキー場ですから、他のスキー場よりもスタッドレスやチェーンが必要となる可能性は低いです。 ただ、大阪に比べれば寒い地域であるのは確かですから、路面に積雪はなくとも朝方や夜間では凍結している可能性もありますね。 スタッドレスの方がかなり安心できます。 また、降雪していることは珍しくありませんから、そういう気象条件ではスタッドレスかチェーンは必須です。 チェーンやスタッドレス無しで駐車場までたど... A ベストアンサー 余呉高原と隣接しているベルグ余呉は、子ども向けのゲレンデですよ! スキー場じたいは小さく、初心者が滑るコースは2本なんですが・・・ ここは、土日でも駄々混みでもなくって、やんちゃなボーダーも居ません。 隣接している余呉高原ともリフト券が一緒なんで、好きなほうへ行き来できます。 車移動になりますが・・・5分もあれば行けます。 子どものデビューには持ってこいなんですが・・・ 雪事情は、ドカンと降るとチェーン必須です。 凍結もします。 一泊しようと思うと宿が近くに一箇所しかないはずです・・・ 余呉から、長浜まで戻り一泊して、 二日目は近くの奥伊吹スキー場へ行くのもありかと思います。 京阪神からのスキー・ボーター客とても多いです。 そしたら、長浜ICor米原ICから帰れるので道のり的には楽かなって、 思います。 ジャム勝山は、土日は行く所じゃないと去年思いました。 リフト待ちが長く、レストランはイッパイで入れない。 ゲレンデには、初心者ボーダーや、常識が無いボーダーが 座り込んだりしていて、とても危険です。 私自身、去年団体で行ったんですが 幼稚園~大人 、 ぶつかられた子ども・大人がたくさんいました。 逆に平日は、空いていて快適です。 ここも、雪が降れば有料道路を上がるのは苦しいと思います。 凍結&カーブが多いので、十分に気をつけてください。 スキーのパンフレットにも色々載ってますよね^^ いっぱい見ていいところ見つけてください! 余呉高原と隣接しているベルグ余呉は、子ども向けのゲレンデですよ! スキー場じたいは小さく、初心者が滑るコースは2本なんですが・・・ ここは、土日でも駄々混みでもなくって、やんちゃなボーダーも居ません。 隣接している余呉高原ともリフト券が一緒なんで、好きなほうへ行き来できます。 車移動になりますが・・・5分もあれば行けます。 子どものデビューには持ってこいなんですが・・・ 雪事情は、ドカンと降るとチェーン必須です。 凍結もします。 一泊しようと思うと宿が近くに一箇所し... Q 子どもにスキーを購入したいと思っています。 いろいろ調べたのですが、「成長するので身長より少し長くても良い」「身長と同じくらいでよい」「マイナス5~10cmくらい」と意見も様々で、どうしたらよいか悩んでいます。 今まで聴いた話では120cmか130cm位になるのかな、と思うのですが… 子どもは ・小学1年生(身長125cm・体重25kgくらい) ・幼稚園年中&年長の2シーズン・10回くらいのスキー経験 ・プルーク・プルークボーゲン程度の技術 ・学校でスキー授業有り(雪山を登ったり、初級程度の滑りを練習します) です。 スキー板はカービングスキーになると思います。 今年と来年くらい使える長さについて教えて下さい。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 難しい所ですね。 短い板は回りやすい、長い板は回りにくいというのが一般的な特徴です。 ターンは短い方がしやすい訳ですね。 しかし、ある程度スピードが出せるようになると、短い板は回りやすい訳ですから、ちょっとしたことですぐに板が回ってしまい、ばたつきやすい、すなわち安定しないと言うことになります。 一方、板の長さは一定ですが、お子さんの身長は伸びていきます。 すなわち、スキーになれてスピードが出せるようになってくると、身長も伸びているわけですから、相対的に板は短くなって高速安定性に欠けてしまいます。 そんな感じですので、スキー板の価格と経済力の関係からご判断されるといいと思いますが、大きめの服と違って、長めの板はターンのしづらさから上手く滑れず、ヘタをすると子供さんのスキー嫌いを招いてしまうかもしれません。 子供さんの成長度合いと潜在的運動能力にもよりますが、来年を来シーズン 2009-2010 とすれば、長めの方がいいかもしれません。 本気で取り組ませたい(別に選手を目指す必要はありませんが)なら、今年は120cmの板にして、来シーズンは身長・体重と技量にあわせて買い換えた方がよろしいでしょう。 体重が増えれば、同じ板でも「しなる」度合いが増えると言う点もポイントです。 スキーが自分で制御不能になった場合、本人のみならず、ケースによっては他人を巻き込んだ不幸な事態になりうることを十分ご認識のうえで、やはり子供さんをお連れになってお店に行かれて、店員さんなどのアドバイスを複数いただいて決めるとよろしいでしょう。 レンタルスキーは経済的ではありますが、レンタル屋さんによって係員のスキルも異なってしまうという危険な面があるという点も考慮していただくとよろしいでしょう。 スキーをやったこともない店員さんが適当に貸し出していることもないとは言えません。 事故で骨折などすると、事後処理の問題もありますが、一番には子供さんがかわいそうですので。 難しい所ですね。 短い板は回りやすい、長い板は回りにくいというのが一般的な特徴です。 ターンは短い方がしやすい訳ですね。 しかし、ある程度スピードが出せるようになると、短い板は回りやすい訳ですから、ちょっとしたことですぐに板が回ってしまい、ばたつきやすい、すなわち安定しないと言うことになります。 一方、板の長さは一定ですが、お子さんの身長は伸びていきます。 すなわち、スキーになれてスピードが出せるようになってくると、身長も伸びているわけですから、相対的に板は短くなっ...

次の

箱館山スキー場 x Quickpass

箱館山スキー場 レンタル

バラエティー豊かな全14コースに、非圧雪コースも新たに誕生。 ナイター営業19時以降• ナイター用 ゲレンデ• オールナイト• レディースデー• 小物レンタル• 屋内キッズ広場• インバウンド客に優しい• 温泉・浴場• 仮眠室• 場内WiFi• 駐車場無料• 宿泊施設隣接• スキースクール• スノーボードスクール• スクール英語可能• パークエリア• ビギナー向けパーク• ツリーランコース• モーグルコース• 未圧雪バーン• パウダースノー• 雪遊びエリア• スノーシュー• 駅からシャトルバス• 最寄りIC15分以内• 最寄り駅15分以内• ツアーバス•

次の

『箱館山スキー場、家族で電車割でいってきました』今津(滋賀県)の旅行記・ブログ by ima19さん【フォートラベル】

箱館山スキー場 レンタル

どうもです。 箱館山へはよく行きます。 チビたちにとても優しいゲレンデですよ。 ゴンドラの件ですが、駐車場に直結しています。 ただこの駐車場が満杯の場合、スキー場までの途中にあるレンタルショップや民宿の駐車場になります。 ここに止めた場合、荷物が多いと上り坂ですので大変です。 お子さんがいらっしゃるなら尚更です。 一度、グズられて2歳のチビを肩車してスキー板とソリを持って登った記憶があります(汗)。 少々早めに出て、駐車場に必ず止められるようにしましょう。 話がそれましたが、ゴンドラは非常に大きくて、荷物の制限も特にないですよ。 板やストック、ボード類は、持ち込むのではなく、ゴンドラに外付けされたケース?に入れて登っていきますので、広々としています。 ソリがそのケースに入るようであれば入れて、入らなさそうであれば持ち込んでいけます。 ウチのは持ち込みました。 ゴンドラを降りると、ゲレンデまでの途中右側に小高い丘があります。 ここがソリ天国です。 奥の方にもありますが、そこに行くまでソリを引っ張っていくことを考えると、手前で済ました方がいいと思います。 ロッジやトイレも近いですから。 長々すみません。 楽しんできてください。 ウチも今週末に行く予定です。 Q よろしくお願いします。 子供 中2 を修学旅行の練習ということでスキーに連れていきたいと思っています。 今までもスキー合宿などで何回か行ったことがあるので、中級者向けのゲレンデを探しています。 当方、大阪在住のため、スタッドレスやチェーンは持っていません。 一応、車は4WDのエスティマです。 ウエア以外は全部レンタルですまそうと考えています。 琵琶湖バレイなら行けるかなと思ったのですが、今日は強風のため営業中止だそうです。 biwako-valley. A ベストアンサー 関西からよく行かれるスキーエリアは、次の5方面です。 雪質を考えると奥美濃がベストチョイスですが、東海北陸道の混雑がネックですね。 奥美濃は規模は別にして、サービスレベルは全国でもトップクラスですから、ここに慣れていると、関西のスキー場は見劣りします。 信州はちょっと気合が必要です。 関西からよく行かれるスキーエリアは、次の5方面です。 Q スノーボードは数年前に1回しかやったことのない大阪市在住の超初心者です。 今度友人(友人は経験無し)と滋賀県の箱館山行こうと思うのですが、 行ったことがある方がいらっしゃれば教えて頂けますか。 ・他のスキー場ですが、前回行った時はゴンドラ・リフト券は1日券を買いましたが、実際ゴンドラは往復乗りましたが、リフトは1回か2回しか乗りませんでした。 それで今回箱館山のHPを見ると回数券みたいなのがあって、 1回250円(リフト・ゴンドラ共通)とありました。 1 駐車場からゲレンデまでのゴンドラも1回分(250円)でいけるのでしょうか? 2 おそらく前回同様2・3回滑って、足が痛くなってギブアップというオチだと思うので、回数券の方が得かなと感じていますが、どちらがよいでしょうか? 3 車はチェーンは必須でしょうか?今スキー場は70CM程積もっているそうです。 ご存知の方よろしくお願いします。 A ベストアンサー 回数券ではゴンドラに確か乗れません。 ゴンドラは片道1000円、往復1800円ですから、乗れるとしたら、回数券4回分でしょう。 ちなみに、ゴンドラに限らず長いリフトでは複数回数分の回数券を必要とするスキー場は珍しくないです。 箱館山のリフトは中級者向けコースに架かる1本を除いて大変短く、200メートルほどしかありません。 ですから、それに2~3回乗るだけで満足できるかどうかはわかりません。 私はスキーヤーですのでボードはわかりませんが、私の周りの経験者は、口をそろえてスクールに入って教えてもらうのが上達の近道といいます。 これはスキーでも同じですから、そのとおりなのでしょう。 ちゃんと合った道具で、きちんと基礎が出来ていれば、2~3回滑っただけで足が痛くなるような事はないと思いますよ。 スキー場は山の上ですから、今年の状況からすれば、駐車場まではノーマルタイヤでいける確率は高いと思いますが、こればかりは前日と当日の天候次第で変わりますのでなんとも言えません。 「ノーマルタイヤで行けたよ」と言われても「雪道でノーマルタイヤではお話しにならなかった」と言われも驚かない場所ですから。 朝は大丈夫でも帰りには、チェーンが必要になる事もあります。 ですから、使うかどうかは別にしてチェーンは必す持っていかれたほうが良いと思いますよ。 現地のガソリンスタンドなどでも変えますけど、さすがにスキー場では売っていないでしょうし、売っていても(私のこれまでの経験から)かなり高いと思います。 大阪のホームセンターや自動車用品店で買ったほうがかなり安く済みますよ。 なおチェーンは練習しないと巻けませんから、少なくとも1回は練習しましょう。 回数券ではゴンドラに確か乗れません。 ゴンドラは片道1000円、往復1800円ですから、乗れるとしたら、回数券4回分でしょう。 ちなみに、ゴンドラに限らず長いリフトでは複数回数分の回数券を必要とするスキー場は珍しくないです。 箱館山のリフトは中級者向けコースに架かる1本を除いて大変短く、200メートルほどしかありません。 ですから、それに2~3回乗るだけで満足できるかどうかはわかりません。 私はスキーヤーですのでボードはわかりませんが、私の周りの経験者は、口をそろえてスクールに入って教... A ベストアンサー はじめまして、mako1216さん。 僕は、スキー用品店で5年ほどバイトをしていたものです。 まず、スキーウェアーとボードウェアーの違いについてですが、 簡単に言いますと、ウェアーの厚みが違います。 スキーに比べて、ボードはケツパットや服などを中に着込むため ウェアーは薄めの生地です。 (少しゆとりがある作りです) あと、ズボンの大きな違いは、肩ベルトあるなしです。 あと、NO5の回答に書かれているようにスキーウェアにはエッジでパンツの裾を切らないように ガードがついているのですが、ボードウェアには このガードがついていないものもあります。 ということ。 このようなことがあげられますが、スキーウェアーでボードができないことはありません。 防水スプレーを尻のあたりを防水加工しておきましょう。 しかし、ウェアーより手袋の方が大きな違いがあります。 ボードのウェアーは、二重構造(中にフリースの手袋)のものが多いです。 (金具を閉めたり、靴紐を縛ったりしやすくするため) あと、ボードの手袋は手の甲や手首と言ったところにプレートが入っているものもあります。 あと生地が皮製品ではなくビニール製品になります。 (これは、スキーと違い、ボードは雪面に手をついてすべるため、手首の保護や手袋の湿りを減らすためです) ですので、スキーウェアーでボードをするときは、中にパットをはめて 手袋はボード用を使用したほうが良いとおもわれます。 はじめまして、mako1216さん。 僕は、スキー用品店で5年ほどバイトをしていたものです。 まず、スキーウェアーとボードウェアーの違いについてですが、 簡単に言いますと、ウェアーの厚みが違います。 スキーに比べて、ボードはケツパットや服などを中に着込むため ウェアーは薄めの生地です。 (少しゆとりがある作りです) あと、ズボンの大きな違いは、肩ベルトあるなしです。 あと、NO5の回答に書かれているようにスキーウェアにはエッジでパンツの裾を切らないように ガードがついているのですが、... Q 友達に誘われて、高校の修学旅行以来ぶりに10年ちかくぶりに無謀にもスキーに行くことになりました。 高校生の時は、ウエアの下は学校指定のジャージを着ましたが、今回はそうはいかないので何をきたらいいのか教えて下さい。 あと板とかブーツとかウエア、手袋はレンタルしたのですが、帽子やゴーグルは必要なのですか?身につけなくても大丈夫ですか? あと土曜の夜から夜行バスでスキー場にいって、日曜日の朝から滑って帰ります。 持っていったほうが良いもの、これがあったら便利など、荷物はこんなものにいらたらいいよなど、ほんのささいなことでもかまいません。 教えてください!ホントに分からないことだらけなのでよろしくお願いします。 A ベストアンサー まず、滑るときの服装ですが、理想は 上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等 下:足首まであるタイツ、スパッツ です。 特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。 ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、 上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット 下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット でも、代用できます。 首の部分にこだわるのは、転んだときに雪が入って来るのを防ぐため、足首部分に堅いものが付いているものを避けるのは、ブーツを履いたときに足に食い込んで痛くなるのを防ぐ意味があります。 また、スキー場の標高や場所・天候によって寒さが変わるので、寒いなと思ったら、少し厚めのものを用意すると良いと思います。 続いて、バスの中ですが、夜行バスは次のような状態です。 1.暖房は効いているが、頭が暑く、足下は寒い。 また、窓際が寒い。 2.あまりリクライニングしないシートの場合が多い。 3.カーテンをしても対向車のヘッドライトは結構気になる。 4.長い間座るので腰が痛い。 5.イスで寝るので、慣れていないと寝付けない、眠りが浅い。 これらを解消するのに、 1.ジャンパー(ウェアでも良い)等を車内に持ち込んで、膝掛けにする。 2.首を固定する空気枕等を用意する。 3.アイマスクを用意する。 4.途中のドライブインやサービスエリアで止まったとき、目が覚めていれば、一度降りて軽く腰を伸ばしておく。 5.寝酒を用意する。 ただし、量を多く飲む人はビールではトイレが近くなって迷惑を掛けるので、日本酒の方がベター。 でも飲み過ぎに注意。 (笑) あと、途中で目が覚めたときのために、ヘッドホンステレオなどがあると完璧でしょう。 あると便利な小物は、日焼け止め、使い捨てカメラ、使い捨てカイロ、帽子が脱落するのを防ぐクリップ、煙草を吸う方は携帯灰皿とターボライターがあげられます。 これだけのものを全て用意するのは大変なので、自分が必要だと思うものを選択してください。 まず、滑るときの服装ですが、理想は 上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等 下:足首まであるタイツ、スパッツ です。 特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。 ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、 上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット 下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット でも、代用できます。 首の部分にこだわるのは、転... その日の前々日くらいに購入したもので、ちゃんと説明書どおりに取り付け、板を止めるところの鍵もしっかりとかけました。 4枚の乗せ方は2枚ずつ裏向きに合わせ、それを2点で挟み込むタイプ一般的なタイプです。 幸い、夜中の片側一車線の高速道路であったため、車も少なく、事故にはいたらなかったのですが、一台車がとおり、板が1枚ひかれました。 手前には、3枚の板がついたまんまの後ろ側のキャリアがありました。 これから推測するには、走行中、前のキャリアの片方の挟むところが外れ、上に置かれたボードは先端が上向きに反っているので、もろに風の影響を受け、後ろ側に反り返って外れ、その反り返りで後ろ側のキャリアも外れたと思われます。 キャリアを止めていた車のボディーはえぐれていました。 もちろん板はボロボロ。。。 その後、7人乗りの車に6人で板5枚を無理矢理車に突っ込んで移動しました。 この場合、PL法とか消費者センターとかでなんとかできるものでしょうか? 板も車もキャリアーも、また、僕らの精神的なダメージは計り知れないものでした。 積載物の落下での事故は良く耳にしていましたので。。。 なにか、良い方法、アドバイス等をお願いします。 現在は、キャリアをメーカーに預け、不具合確認をしてもらってる状態です。 その日の前々日くらいに購入したもので、ちゃんと説明書どおりに取り付け、板を止めるところの鍵もしっかりとかけました。 4枚の乗せ方は2枚ずつ裏向きに合わせ、それを2点で挟み込むタイプ一般的なタイプです。 幸い、夜中の片側一車線の高速道路であったため、車も少なく、事故にはいたらなかっ... A ベストアンサー えーと、お気持ちは良くわかります。 当時は私も憤りましたが、・・・。 一般の常識と法律家の判断(裁判所の判断)が、へだったっている事は意外に多いんだなぁ、としかお答えできません。 当時のお話ではあくまで請求する側が請求の根拠となる証拠を提示しなければならないとの事で、(つまりメーカーはbaliusさんの取り付けが正しくなかったということを証明しなくてもいいということらしいです)。 ・・・。 ちなみに説明書の件ですが、その説明書にしたがっての事故が多いという事(多分この場合は他の製品に比べて事故率が高いとか明らかにわかりづらい不適当な説明書であることが客観的に証明されることがやはり必要なきがします)がわからないとつらいと思います。 私自身は法律に詳しくもなく当時の交渉や相談の結果をお話しているのですが、法律も裁判所の対応もメーカーの対応も当時と同じとは限りませんのであくまで当時の話として下の回答をさせていただきました。 (当時はPL法なかったです) 私自身はスキー保険にてお金を支払ってもらいました。 どのような物にも欠陥や事故はあると思うんですが、現実としてはお金で安全性を買うしかないんでしょうねぇ。 まぁお金かけてもだめなときはだめなんでしょうが・・・。 とにかく事故の証拠になるもの(事故現場の写真や回収したキャリアのパーツ)をあちこち持ち込んでみるしかないとは思います。 ちなみに消費者センターのお世話になったこともありますが(他の製品で役に立ってもらったことがある)、多分今回のケースのような場合同じ商品による事故の発生率が高くない限り目立った成果を(消費者センター)得ることは難しいような気がします。 えーと、お気持ちは良くわかります。 当時は私も憤りましたが、・・・。 一般の常識と法律家の判断(裁判所の判断)が、へだったっている事は意外に多いんだなぁ、としかお答えできません。 当時のお話ではあくまで請求する側が請求の根拠となる証拠を提示しなければならないとの事で、(つまりメーカーはbaliusさんの取り付けが正しくなかったということを証明しなくてもいいということらしいです)。 ・・・。 ちなみに説明書の件ですが、その説明書にしたがっての事故が多いという事(多分この場合は他の製品... A ベストアンサー 純粋にゲレンデの楽しさを比べると、びわ湖バレイです。 箱館山はゲレンデ面積は広いのですが、横に長いので連続滑走距離は、ほとんどのゲレンデで300メートルくらいです。 ただ、ゴンドラ山頂から奥に向かって順番に斜度の違う(奥が急です)斜面が並んでますので、何らかの課題を持って技術を磨くには向いてます。 びわ湖バレイが娯楽施設なら、箱館山は道場という感じですね。 人気はびわ湖バレイのほうが圧倒的に高いいも関わらず、ゴンドラの輸送能力が箱館山の1/3ぐらいしかありませんから、週末はなかなかゴンドラに乗れません。 つまり近くても滑走時間は短くなります。 ウィークディ限定ならば、週末のような混雑はありませんから、びわ湖バレイでよいと思いますが、バッチテストに絞った鍛錬のためなら箱館山の方が良いかもしれません。 A ベストアンサー 先の回答にあるように、駐車場はゲレンデよりもかなり下にあり、ゴンドラで上がってスキー場ですから、他のスキー場よりもスタッドレスやチェーンが必要となる可能性は低いです。 ただ、大阪に比べれば寒い地域であるのは確かですから、路面に積雪はなくとも朝方や夜間では凍結している可能性もありますね。 スタッドレスの方がかなり安心できます。 また、降雪していることは珍しくありませんから、そういう気象条件ではスタッドレスかチェーンは必須です。 チェーンやスタッドレス無しで駐車場までたどり着ける可能性は高いですが、これらの準備無しで行けなくなってもおかしくありません。 箱館山スキー場には数えるほどしか行った事がありませんが、その途中の国道161号線では、何度もスタッドレスでよかったという状況に遭遇した事があります。 天気予報を見て、予定するスキーを中止できる決意があるなら、最低でもチェーンの準備で良いと思いますが、よほど酷い天気でない限りは予定通り出かけるつもりならスタッドレスをお勧めします。 冬季のスタッドレスは保険ですよ。 不要かもしれませんが、降雪の可能性がある地域に出かけるなら、安いモデルでもよいので履きましょう。 ぶつける事を思えば、よっぽど安いですよ。 先の回答にあるように、駐車場はゲレンデよりもかなり下にあり、ゴンドラで上がってスキー場ですから、他のスキー場よりもスタッドレスやチェーンが必要となる可能性は低いです。 ただ、大阪に比べれば寒い地域であるのは確かですから、路面に積雪はなくとも朝方や夜間では凍結している可能性もありますね。 スタッドレスの方がかなり安心できます。 また、降雪していることは珍しくありませんから、そういう気象条件ではスタッドレスかチェーンは必須です。 チェーンやスタッドレス無しで駐車場までたど... A ベストアンサー 余呉高原と隣接しているベルグ余呉は、子ども向けのゲレンデですよ! スキー場じたいは小さく、初心者が滑るコースは2本なんですが・・・ ここは、土日でも駄々混みでもなくって、やんちゃなボーダーも居ません。 隣接している余呉高原ともリフト券が一緒なんで、好きなほうへ行き来できます。 車移動になりますが・・・5分もあれば行けます。 子どものデビューには持ってこいなんですが・・・ 雪事情は、ドカンと降るとチェーン必須です。 凍結もします。 一泊しようと思うと宿が近くに一箇所しかないはずです・・・ 余呉から、長浜まで戻り一泊して、 二日目は近くの奥伊吹スキー場へ行くのもありかと思います。 京阪神からのスキー・ボーター客とても多いです。 そしたら、長浜ICor米原ICから帰れるので道のり的には楽かなって、 思います。 ジャム勝山は、土日は行く所じゃないと去年思いました。 リフト待ちが長く、レストランはイッパイで入れない。 ゲレンデには、初心者ボーダーや、常識が無いボーダーが 座り込んだりしていて、とても危険です。 私自身、去年団体で行ったんですが 幼稚園~大人 、 ぶつかられた子ども・大人がたくさんいました。 逆に平日は、空いていて快適です。 ここも、雪が降れば有料道路を上がるのは苦しいと思います。 凍結&カーブが多いので、十分に気をつけてください。 スキーのパンフレットにも色々載ってますよね^^ いっぱい見ていいところ見つけてください! 余呉高原と隣接しているベルグ余呉は、子ども向けのゲレンデですよ! スキー場じたいは小さく、初心者が滑るコースは2本なんですが・・・ ここは、土日でも駄々混みでもなくって、やんちゃなボーダーも居ません。 隣接している余呉高原ともリフト券が一緒なんで、好きなほうへ行き来できます。 車移動になりますが・・・5分もあれば行けます。 子どものデビューには持ってこいなんですが・・・ 雪事情は、ドカンと降るとチェーン必須です。 凍結もします。 一泊しようと思うと宿が近くに一箇所し... Q 子どもにスキーを購入したいと思っています。 いろいろ調べたのですが、「成長するので身長より少し長くても良い」「身長と同じくらいでよい」「マイナス5~10cmくらい」と意見も様々で、どうしたらよいか悩んでいます。 今まで聴いた話では120cmか130cm位になるのかな、と思うのですが… 子どもは ・小学1年生(身長125cm・体重25kgくらい) ・幼稚園年中&年長の2シーズン・10回くらいのスキー経験 ・プルーク・プルークボーゲン程度の技術 ・学校でスキー授業有り(雪山を登ったり、初級程度の滑りを練習します) です。 スキー板はカービングスキーになると思います。 今年と来年くらい使える長さについて教えて下さい。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 難しい所ですね。 短い板は回りやすい、長い板は回りにくいというのが一般的な特徴です。 ターンは短い方がしやすい訳ですね。 しかし、ある程度スピードが出せるようになると、短い板は回りやすい訳ですから、ちょっとしたことですぐに板が回ってしまい、ばたつきやすい、すなわち安定しないと言うことになります。 一方、板の長さは一定ですが、お子さんの身長は伸びていきます。 すなわち、スキーになれてスピードが出せるようになってくると、身長も伸びているわけですから、相対的に板は短くなって高速安定性に欠けてしまいます。 そんな感じですので、スキー板の価格と経済力の関係からご判断されるといいと思いますが、大きめの服と違って、長めの板はターンのしづらさから上手く滑れず、ヘタをすると子供さんのスキー嫌いを招いてしまうかもしれません。 子供さんの成長度合いと潜在的運動能力にもよりますが、来年を来シーズン 2009-2010 とすれば、長めの方がいいかもしれません。 本気で取り組ませたい(別に選手を目指す必要はありませんが)なら、今年は120cmの板にして、来シーズンは身長・体重と技量にあわせて買い換えた方がよろしいでしょう。 体重が増えれば、同じ板でも「しなる」度合いが増えると言う点もポイントです。 スキーが自分で制御不能になった場合、本人のみならず、ケースによっては他人を巻き込んだ不幸な事態になりうることを十分ご認識のうえで、やはり子供さんをお連れになってお店に行かれて、店員さんなどのアドバイスを複数いただいて決めるとよろしいでしょう。 レンタルスキーは経済的ではありますが、レンタル屋さんによって係員のスキルも異なってしまうという危険な面があるという点も考慮していただくとよろしいでしょう。 スキーをやったこともない店員さんが適当に貸し出していることもないとは言えません。 事故で骨折などすると、事後処理の問題もありますが、一番には子供さんがかわいそうですので。 難しい所ですね。 短い板は回りやすい、長い板は回りにくいというのが一般的な特徴です。 ターンは短い方がしやすい訳ですね。 しかし、ある程度スピードが出せるようになると、短い板は回りやすい訳ですから、ちょっとしたことですぐに板が回ってしまい、ばたつきやすい、すなわち安定しないと言うことになります。 一方、板の長さは一定ですが、お子さんの身長は伸びていきます。 すなわち、スキーになれてスピードが出せるようになってくると、身長も伸びているわけですから、相対的に板は短くなっ...

次の