ポケモン ようき。 【ポケモン剣盾】ミミッキュの育成論と対策

せいかく

ポケモン ようき

ポケモンの性格は下表にある25個の中からどれか1つが選ばれます。 性格によってポケモンのステータス 能力値 には 「性格補正」がかけられ、育ちやすい能力が変わります。 9倍のステータスになります。 HPには性格補正はかかりません。 「がんばりや」「すなお」「てれや」「きまぐれ」「まじめ」は性格補正がありません。 HG・SS以降では、ポケモンのステータス画面を見ると上昇補正の能力は 赤色、下降補正の能力は 青色で表示され分かりやすくなっています。 第8世代ソード・シールドからポケモンの能力の育ちやすさを変更するアイテム「」が登場しました。 「性格ミント」よりポケモンの本来の性格がどれであっても、後から性格補正を変えることができます。 「性格ミント」で変えられるのは性格による「能力補正」の部分だけなので、タマゴ作成時などで性格遺伝をすると本来の性格が遺伝されます。 どの性格がよいか? そのポケモンをどのように育てたいのかで選ぶべき性格も変わります。 いくつか例を載せます。 特殊技を使わず物理技を使って攻めるアタッカー カイリキー、ガブリアスなど は、「攻撃」は大事ですが「特攻」は使いません。 逆に、物理技を使わず特殊技を使って攻めるアタッカー バクフーン、グレイシアなど は、「特攻」は大事ですが「攻撃」は使いません。 このように、性格はそのポケモンに必要な能力を伸ばし、いらない能力を捨てるものです。 しかし、同じポケモンでも扱う人によって伸ばす能力は一通りではありません。 ガブリアスを例に取ります。 型ごとによく用いられる性格 以下に様々な型ごとによく用いられる性格をまとめておきます。 「トリックルーム」を使うと、素早さが遅いほど先に動くことができるようになります。 そのため、トリパでは最鈍 素早さをできる限り下げた状態 になるように、素早さを下降補正にすることがあります。 素早さを下降補正にすれば、残りの好きな能力を上昇補正にできます。 「トリックルーム」は発動ターンを引くと残り4ターン、さらに「トリックルーム」発動要員が「だいばくはつ」などで退場するターンを引くと残り3ターンしかありません。 そのため、アタッカーは防御系を上昇補正にするより、攻撃系を上昇補正にして火力をできるだけ上げて決定力を高めることが求められます。 特に、特性で天気を変えられるポケモンは天気パーティにおいて先発で用いられることも多く、確実に有利な天気に変えるために最鈍を狙って素早さを下降補正にする性格が選ばれることがあります 詳しくはを参照。

次の

ポケモンの性格と能力補正

ポケモン ようき

オーロンゲの壁張りでサポートからのトゲキッスのわるだくみダイマックスで、ポットデスのからやぶバトンからのダイマックスパッチラゴンで全抜きを狙いに行けます。 ブラッキーはあくびで相手を流したり、相手のダイマックスターンを消費させる起点作りとして活躍が可能です。 オーロンゲ特性「いたずらこころ」で 先制して壁を張れるのが優秀ですが、読まれることが多いため、相手の先制攻撃封じも可能なイエッサンなどもおすすめです。 単体で強力な2体が組んで弱い訳がなく、攻撃的なテンプレ構成での 対面構築から、ドラパルトが おにびで起点を作り、ミミッキュの剣舞から全抜きを狙う 積み構築など、コンビながら型は様々です。 パーティに入れ得の最強タッグ 前提として対策が必須になるこの2体は、パーティに入れるだけで 相手の選出を強烈に誘導できます。 そこからある程度投げられるポケモンを読みやすく、そこに対してカウンターになるポケモンを用意しておけば、選出段階から有利を取れるパーティに入れ得のコンビと言えます。 バンギラスの《すなおこし》でドリュウズの《すなかき》を発動させ、あらゆるポケモンを上から殴ります。 通称:バンドリ 性質上「アーマーガア」を投げられる可能性が非常に高いため、対策となるロトム、高火力の炎技を打てるポケモンなどを残りの1枠として選出したいところです。 単体性能が高く、偽装でも使われる バンギラスがドリュウズのサポーターとしてだけでなく、単体としての性能が凄まじいため、「さらさらいわ」を持たせて砂役になるだけでなく、「 弱点保険」で自身が抜きエースとして機能することもできます。 また、ドリュウズも、環境上ミミッキュ、ロトムが非常に多いため、特性をすなかきではなく「かたやぶり」を採用する型も多いです。 バンギドリュウズの並びだからとはいえ、 一概に戦法が読めないのも強力な部分になります。 そこで物理耐久振り 鬼火祟り目ドラパルトを投げ、ミミッキュの機能停止&祟り目でそのまま仕留めます。 また、同じく環境トップメタのドラパルトはブラッキーでほぼ完封することができ、 ドラパミミッキュの並びに強いタッグともいえます。 また、環境にいる多くの物理アタッカーも見ることができます。 ブラッキーの苦手なかくとう技をドラパルトで空かせる点や、ドラパルトでは受けが効かない対象は、ブラッキーで受けやすい点なども高相性です。 通称:ロンゲキッス 後ろの抜きエースが積み技 剣舞、悪だくみなど を使用できるタイミングを作り、ダイマックス技の能力上昇も合わせて全抜きを狙う積み構築です。 抜きエースは高耐久で高火力のポケモンが望ましい オーロンゲは、起点作成次第倒れる前提で立ち回るため、数的不利な状況で積みエースに繋ぐことになります。 残っている相手のポケモン3体を全抜きができるエースは、壁込で耐久力が高く、且つ 《火力》《素早さ》《技範囲》が優秀なポケモンである必要があります。

次の

せいかく

ポケモン ようき

今回の記事では 野生のポケモンの性格を固定出来る占いについて解説していきます。 ポケモンの性格はステータスに大きな影響を与えますが、性格の厳選は中々大変ですよね。 しかしピカブイではこの占いを使うことで、野生のポケモンの性格を一定時間固定出来るので、 厳選の難易度がぐーんと下がります。 伝説のポケモンなどを捕まえる際には、是非この方法で性格を固定してから捕まえに行きましょう。 占い師のいる場所 占い師はタマムシシティのポケモンセンターの中、ケーシィの隣にいます。 占いをしてもらえる回数には制限が無いので1日に何回でも占ってくれますが、占ってもらう毎に 1万円の費用が必要です。 占いの効果 占い師に占ってもらうと、 野生のポケモンの性格を固定する事が出来ます。 固定出来る性格は、占い師が出題してくる2つの質問の回答の組み合わせで確定するので、組み合わせさえ把握してしまえば 自分の好きな性格で固定することが可能です。 ポケモンの性格はステータス上昇に大きく影響するので、どのステータスを重点的に上げたいかで性格を厳選する必要があります。 過去のバージョンでは、「シンクロ」という特性を使って厳選するしかありませんでしたが、このピカブイでは占いで 完全に固定することが可能になりました。 性格が固定される時間 占いによって固定される性格は 0時にリセットされます。 性格を固定してポケモンを捕まえる場合は日付を跨がないように注意しましょう。 これは物理系の攻撃をメインとするポケモンの場合はメリットしかありません。 「いじっぱり」と相性が良いポケモンの例としては「カビゴン」や「カイリュー」などが挙げられます。 ひかえめで性格を固定しよう ポケモンの性格が「ひかえめ」だと「とくこう」が成長しやすくなり、「こうげき」が成長しづらくなります。 「いじっぱり」と真逆の性格な「ひかえめ」は特殊攻撃を得意とするポケモンと相性が良く、「ミュウツー」や「フリーザー」の様な伝説のポケモンをはじめ、「ラプラス」、「イーブイ」なども相性が良いです。 おくびょうで性格を固定しよう ポケモンの性格が「おくびょう」だと「すばやさ」が成長しやすくなり、「こうげき」が成長しづらくなります。 元から素早さが高いポケモンでかつ、特殊攻撃が得意なポケモンと相性が良く、「ミュウツー」、「サンダー」の様な伝説ポケモンをはじめ、「サンダース」などでこの性格を選んでいるトレーナーが多い傾向にあります。 ようきで性格を固定しよう ポケモンの性格が「ようき」だと「すばやさ」が成長しやすくなり、「とくこう」が成長しづらくなります。 素早さが高く、物理攻撃が得意なポケモンと相性が良く、「ダグトリオ」や「プテラ」はこの性格を選ぶトレーナーが多い傾向にあります。 まとめ 今回は野生のポケモンの性格を固定出来る占い師について解説しました。 ポケモンの性格はステータスに大きく影響を与えるので、より強いポケモンを育てるためにもお気に入りのポケモンは必ず厳選しておきましょう。

次の