アマゾンミュージックアンリミテッド 比較。 Amazonの「プライムミュージック」と「ミュージックアンリミテッド」の違いを比較してみた

Amazon Music Unlimitedの料金はいくら?他サービスとの比較も徹底解説!

アマゾンミュージックアンリミテッド 比較

表示する言語を選択: Amazon が提供している音楽サービスには、「Amazon Music Unlimited」と「Amazon Prime Music」という2種類があります。 Amazon Music Unlimited と Prime Music はいずれも、対象の楽曲をオフラインで再生できる広告なしの音楽配信サービスですが、実は全く違ったものです。 具体的な違いはどこにあるのかが分からない人も多いのではないでしょうかと思って、そこで今回は、 「Amazon Music Unlimited」と「Prime Music」の違いや、利用資格、月額料金、それぞれのメリットとデメリットを分かりやすくご紹介していきます。 Amazon Music Unlimited とは Amazon Music Unlimited は、 6,500 万曲以上の楽曲やプレイリスト、ラジオなどを楽しめる音楽聴き放題サービスです。 Amazon Music Unlimited は、 Android 端末、 iOS 端末、 Amazon Echo 端末、 Amazon Fire TV 端末、 Fire TV Stick、 Fire タブレット(第6世代以降)、 コンピュータ(ウェブ版 Amazon Music とデスクトップ版 Amazon Music)などの対応端末で音楽を聴くことができます。 また、Amazon Music Unlimited には、 個人プラン、ファミリープラン、Echo プランという3つの料金プランがあります。 ちなみに、 30 日間無料で体験できます。 無料体験を開始すると、期間の終了日まで Amazon Music Unlimited のすべての機能をご利用いただけます。 無料体験期間が終わると、有料プランに自動的に切り替わり、月額料金が請求されます。 関連記事: Prime Music とは Prime Music は、 Amazon プライム特典の1つの音楽聴き放題サービスであり、聴ける楽曲は 200 万曲以上となっています。 Amazon プライム会員であれば、追加料金なしで、対象の楽曲やアルバム、プレイリスト、ラジオを広告の表示なしで楽しむことができます。 Prime Music は、 Fire TV、 Fire TV Stick、 Fire タブレット、 iOS 版 Amazon Music アプリ(iPad、iPhone および iPod touch)、 Android 版 Amazon Music アプリ(バージョン 4. 0 以上)、 デスクトップ版 Amazon Music アプリ、 Amazon. jp のウェブサイトなどで音楽を聴くことができます。 Amazon Music Unlimited と Prime Music は同じアプリを同じように使用しているため、機能や操作性などは変わりありません。 2つの違いは楽曲数です。 Amazon Music Unlimited と Prime Music の利用資格 Amazon Music Unlimited の会員登録は、 Android 端末、 コンピュータ、 Amazon Fire TV 端末、および Fire タブレットの Amazon Music アプリから行うことができます。 残念ながら、 iOS 版 Amazon Music および上記以外の端末からは会員登録を行うことができないため、iOS 端末をご利用の場合は、端末のウェブブラウザから登録を行う必要があります。 Amazon Music Unlimited Echo プランの会員登録には、 Echo 端末が必要です。 Echo 端末を利用して、音声で登録を行うことができます。 Prime Music を利用するために、 「Amazon プライム会員」と、 「Amazon Student 有料会員」、 「Amazon プライム会員の体験会員」のいずれに加入する必要があります。 また、Amazon 会員に加入するには、 Amazon. jp のアカウントが必要です。 それに、 日本国内の請求先住所および国内で発行されたクレジットカードが必要です。 ご注意:Prime Music は Prime Student 会員の体験会員には含まれていません。 また、プライム会員の家族会員もご利用いただけません。 0 以上)、 デスクトップ版 Amazon Music アプリ、 Amazon. Amazon Music Unlimited の方が、より多くの楽曲を楽しむことができます。 それに、Amazon Music Unlimited には Prime Music にない、6 アカウント分まで同額で使えるファミリープランと Echo プランもあります。 それぞれのメリットとデメリット Amazon Music Unlimited のメリットとデメリット Amazon Music Unlimited のメリットといえば、なんと言っても楽曲のラインナップですね。 6,500 万曲以上から好みのアーティストだけでなく、邦楽や洋楽、色々な音楽を聞いてたっぷり楽しむことができます。 一方、 Amazon Music Unlimited のデメリットは、ウェブ版およびデスクトップ版 Amazon Music を使ってコンピュータにダウンロードすることはできないというところにあると思います。 関連記事: Prime Music のメリットとデメリット Prime Music は、Amazon プライム特典であり、Amazon プライム会員であれば、追加料金なしで、200 万曲を広告の表示なしで楽しむことができます。 単純に価格だけで比較すると非常にお得に感じますが、200 万曲というと多く見えますが、 ラインナップがあまり更新されないので、 最新の曲や、アルバムを聴くことが難しいようです。 また、Prime Music で聴ける曲をコンピュータにダウンロードすることもできません。 関連記事: 結局、どっちがいい? Amazon Music Unlimited と Prime Music の概要や、利用資格、違ったこと、それぞれのメリットとデメリットについてのご紹介は以上です。 Amazon Music Unlimited と Prime Music は、使える機能に差がないですが、Prime Music と比べて Amazon Music Unlimited のほうが聴ける曲数が圧倒的に勝っています。 さらに、Amazon Music Unlimited は、Amazon プライム会員だと 200 円安い 780 円になります。 Apple Music や Spotify などの同様サービスよりお得です。 アプリはPrime Musicと共通のものを使いますAmazon Music Unlimitedを最も安く利用するには、Amazonプライムを年間契約し、Amazon Music Unlimitedも年間契約すること。 また、Amazon echo で利用する場合、月額 380 円の Echoプ ランという格安プランがあります。 この Echo プランも大変安くて魅力的だと思います。 Amazon Music Unlimited と Prime Music のいずれにも 30 日の無料お試し期間(途中解約可)がありますので、まずは実際に体験してみるのがおすすめです。 さらに、曲のタグ情報も保持します。 これ一本を持つと、Amazon Music での数千万曲から好きな曲を自由にダウンロードし、いつでもどこでもオフラインで聴けるようになります。 Amazon Music アプリをインストール不要!• MP3、AAC、WAV、FLAC など多種音声ファイルフォーマットへの出力対応!• アーティスト、アルバム、トラック番号などタグ情報を保持したまま。 最新の Windows 10 と macOS 10. 15 に完全対応!.

次の

音楽聴き放題の比較まとめ!14個あるミュージックアプリでおすすめは

アマゾンミュージックアンリミテッド 比較

Apple Musicとは?サービスの特徴 Apple Musicはご存知、人気スマホ「iPhone」などを展開するAppleが提供する音楽定額配信サービス。 サービス利用にあたってはAppleサービスを使うためのアカウント「Apple ID」および有料の利用登録が必要です。 利用料は個人プランの場合、月額980円(税込)から。 1年(12カ月)分を一括で前払いすることにより、2カ月分オトクな9,800円(税込)で利用できます。 また家族みんなで使いたい人のためのファミリー向けプラン(月額1,480円)、予算が限られる学生に向けた学生向けプラン(月額480円)なども。 条件にマッチすれば、さらに安価に使えます。 はじめて使う場合には、3カ月間の無料トライアル期間も設けられています。 「使ってみたいかも、どんな感じかな?」という人は、まずトライアルがおすすめ。 Apple Musicでメインとする機能は、音楽のストリーミング再生です。 Apple Musicのサービス上に登録された楽曲数は約6000万曲以上! インターネットに接続できる環境にいれば、これらの楽曲が「いつでも」「どこでも」「好きなだけ(定額で)」楽しめます。 またApple Musicでは、独自コンテンツにも非常に力を入れています。 オリジナルのラジオ番組(Beats1)は毎日リアルタイムで配信。 またApple Music限定で楽しめるミュージックビデオ、コンサート映像といったものもありますよ。 さらにもうひとつ、他のサービスと比べた際に特徴的なのが、 手持ちの楽曲(音楽データ)をいつでも呼び出せること。 iTunesストア以外で購入したものも含め、予め手持ちの楽曲をiCloudに同期しておけば、楽曲をスマホの中に保存せずとも、iCloud経由でいつでも音楽が楽しめます。 こちらも登録可能曲数は最大10万曲(!!)と、個人で使い切ることはほぼ不可能といえるボリューム。 Amazon Musicとは?異なる3つのサービス Amazon Musicは、通販サイトAmazon(アマゾン)が提供する音楽定額配信サービス。 Amazon Musicには• Prime Music• Amazon Music Unlimited• Amazon music HD の3つのサービスがあります。 それぞれの特徴を紹介していきましょう。 「Prime Music」の特徴 「Prime Music」はこのサービス単独で契約するものでなく、Amazonが提供する会員サービス「Amazonプライム」に付帯するサービスのうちの1つです。 Amazonプライム自体は月額500円(税込)、または年額4,900円(税込)で利用できます。 年額で支払うと1年間で1,100円安くなりますよ。 Amazonプライム自体には、はじめて使う人を対象に30日間の無料トライアル期間が設けられています。 こちらもこの後の説明を含めて興味があれば、ぜひ無料トライアルから試してみましょう。 Prime Musicもメインとなる機能は音楽のストリーミング再生です。 Prime Musicのサービス上に登録された楽曲数は200万曲以上。 サービス上に用意された楽曲のほか、皆さんがご自分でAmazonデジタルミュージックストアにて購入した楽曲も(楽曲をスマホ本体に保存しておかずとも)Amazon Music経由でいつでも再生できます。 「Prime Music」はAmazonプライム会員であれば、追加料金なしで200万曲を楽しむことができます。 普段あまり音楽を聴かないけど、時々なにか聴きたくなるな~という人にはおすすめです。 ただし、最新の楽曲や、人気アーティストのアルバムすべてを聴くことは制限されています。 「Amazon Music Unlimited」の特徴 Amazonプライム会員の特典である「Amazon music」に対して、「Amazon Music Unlimited」はAmazonの提供する有料の音楽配信サービスという位置づけです。 前述の「Apple Music」と比較するならこちらの方が特色が似ていると言えます。 主な違いは楽曲数で、「Prime Music」は200万曲ほどの楽曲が配信されているのに対し「Amazon Music Unlimited」は約65倍の6,500 万曲以上が聴き放題というサービスです。 機能は操作画面は「Prime Music」と同じなので、「Prime Music」を試してみて操作性が気に入った、もっとたくさんの曲を聴きたいといった人は「Amazon Music Unlimited」へ移行するのがおすすめ。 また、Amazon Music Unlimited には3つの料金プランがあります。 月額 980 円の個人プラン、月額 1,480円のファミリープラン、スマートスピーカー「Echo」のみ対応のEcho プランです。 ファミリープランは6アカウントまで登録可能。 また、月額料金はプライム会員の場合値引きになります。 詳細は比較表をご確認ください。 Amazon Music HDの特徴 「Amazon Music HD」は、「Amazon Music Unlimited」で聴ける6,500万曲以上の楽曲をさらに高音質で楽しむことができるサービスです。 具体的には「HD」と「Ultra HD」の2種類の音質に対応。 「HD」はCDと同程度、「Ultra HD」はCD以上の音質(ハイレゾ)と考えるとわかりやすいでしょう。 より高音質な音楽を楽しみたい、音楽通におすすめのサービスです。 ちなみにAmazon Musicで再生できるのはあくまで音楽(音声)のみ。 Amazonではプライム会員向けにビデオコンテンツ視聴サービスなども提供していますが、そちらは「プライムビデオ」と呼ばれるサービスで提供される別枠扱い。 Amazon Musicのアプリ上では利用できません。 Amazon Musicはあくまで「音楽再生に特化したサービス」ということになります。 「Amazon music」と「Apple music」サービスの比較表 ここまでに説明した2つのサービスの概要・特徴から、とくに漏らさずチェックしておきたいポイントを一旦整理しておきます。 一方、利用料は安いものの単体でのサービス内容が狭まるのが「Prime Music」と言えそうです。 実際に使って試してみた感想 2つのサービスの概要と特徴をさらっとおさらいしましたので、続いて実際に使ってみての印象・感想などについても触れておきます。 独自コンテンツが豊富!iPhoneユーザーには馴染みのある「Apple Music」 まずはApple Music。 音楽定額配信サービスを使う際、最初にすることは「聴きたい曲探し」。 実際に洋楽・邦楽と検索してみると、Apple Musicでは登録楽曲数が多いだけのことはあり、リリースが最近の新譜も含め、思っていた以上に幅広いジャンルの曲を見つけることができます。 音質も「静かな部屋でじっくり聴き込む」なんてケースを除けば、ストレスを感じることもまずありません。 すべての楽曲ではないものの、再生している曲の歌詞をApple Musicの画面上に表示できることもよいですね。 また自動で作成されるオススメプレイリスト「For You」機能は、各楽曲ごとに「ラブ(好み)」「好きじゃない(好みでない)」を登録していくことで、より自分好みの選曲をしてくれるように育てることも。 サービス初回利用時に、まず簡単に好みのジャンルやアーティストも指定できるので、使い始めた直後でも好みから大きく外れた楽曲が選ばれることはほぼありません。 また、個人的に気になって試してみたのが、ラジオやテレビ番組・映画といったApple Musicの独自コンテンツ。 ラジオは音声が英語なので、必ずしも(日本人)万人が楽しめるとはいえないかもしれません。 一方でコンサート映像では、日本語字幕を表示できる機能が。 歌詞は日本語字幕で出せませんでしたが、曲間のMC(トーク)内容は日本語表示OK。 雰囲気を楽しむためには、付いているとかなりうれしい機能ですよね。 また手持ちの楽曲をiCloud経由でいつでも呼び出せる機能も、わかってはいたもののやはり便利。 CDやこれまで(iTunes以外も含め)ネットで購入した楽曲がすでにたくさんある人にとっては、かなり強い魅力が感じられることでしょう。 特にiPhoneユーザーなら、デザインやUIが慣れ親しんだものなので扱いやすいといえます。 「Appleのおしゃれなデザインが好き」「iPhoneで扱いやすい音楽サービスがいい」といい人におすすめのサービスです。 ニーズに合わせてサービスが選べる「Amazon Music」 続いてはAmazonの3つのサービス。 曲数や音質はそれぞれ異なりますが、操作性はすべて同じです。 Amazon Musicでも、再生画面に表示される「サムズアップ(好み)」「サムズダウン(好みでない)」を押すことで、プレイリストに自動で選出される曲をカスタマイズできます。 プレイリストは使い始めの初期状態でも「シーンに合わせて聴く」「まだ聴いていないアルバムをチェック」「最近追加されたアルバムの中から」など、複数の切り口で結構な数が提案されます。 聴きたい曲があるかひととおりチェックした後は、提案されるプレイリストを片っ端から試していくという使い方も楽しいかもしれません。 「プレイリスト」の上の「ステーション」をタップすると、ジャンル別を選ぶだけでランダムにさまざまな曲が再生されます。 「〇〇(アーティスト)を聴いている人におすすめの曲」などのチャンネルもあり、今まで知らなかったアーティストとの出会いもありそう。 純粋にたくさんの音楽を聴きたい人は「AmazonMusic Unlimited」、いい音質で音楽を楽しみたい人は「Amazon Music HD」、たまのドライブでちょっと音楽を流したいといった限定的な使い方をするなら「Prime Music」がおすすめです。 データ容量ゼロで音楽を聴ける「エンタメフリー・オプション」 今回紹介したApple MusicとAmazon Musicはいずれも、各サービスに登録された楽曲をストリーミング再生(通信しながら再生)することを基本とするサービス。 気になる楽曲があれば事前にダウンロードしておき、オフラインで再生することも可能ですが、音楽定額配信サービス最大の魅力はやはり「幅広いラインナップをいつでもどこでも楽しめる」こと。 そうなるとストリーミングでストレスなく使えることは、サービスの魅力をより引き出す要素として重要になってきます。 そこで音楽ストリーミングサービスを利用する際にぜひ検討をオススメしたいのが、BIGLOBEモバイルの「」。 エンタメフリー・オプションは、Apple MusicやAmazon Musicを利用するときのデータ通信量をカウントしないサービスです。 データSIM契約だと月額980円(税別)、音声通話SIMだと月額480円(税別)とかなりおトクに契約できる点もうれしいですね。 他の格安SIMサービスをチェックしてみても、2017年9月時点でこのようなエンターテインメント系サービスをデータ通信量としてカウントしないサービスを提供しているのはめずらしいです。 毎月の料金も安く抑えつつ、でも音楽はストレスなく快適に楽しみたい! 欲張りすぎともいえるこの要望を、手ごろに叶えてくれる存在として、ぜひエンタメフリー・オプションの活用も検討してみましょう。 金額等の最新情報は公式サイトをご確認ください。

次の

Amazon プライムミュージックとMusic Unlimited‎の違いと使ってみた感想

アマゾンミュージックアンリミテッド 比較

他人とアカウントをシェアして利用することができません。 料金体系 アマゾンミュージックアンリミテッドは、アマゾンプライム会員の場合、通常 月額980円が 月額780円になり、毎月200円も安く利用することができます。 すでにプライム会員の方はこれを機にお得に始めてみてはいかがですか? こちらが料金表になります。 次の料金表は「Amazon Music Unlimited」と「Spotify」と「Apple Music」の料金体系を比較したものです。 プライム会員ではない場合では他の2社と料金は変わりませんね。 しかしプライム会員になれば月額料金が200円安くなるだけでなく、お得な年間プランに加入することができるようになり一層リーズナブルに利用できます。 さらに!! 以前までは「アマゾンプライムアンリミテッド」には学割プランが無かったので学生の方にはおすすめ出来なかったのですが、 2019年9月25日より学割サービスを開始しました!!! 学割料金は通常価格の半額以下の 480円。 「Spotify」「Apple Music」「LINE MUSIC」など他の音楽ストリーミングサービスの学生プランと同じ価格です。 このページの目次• プラン紹介 個人プラン 個人プランではプライム会員なら月額 780円で、非会員なら月額 980円で「アマゾンミュージックアンリミテッド」のすべての機能が使えます。 また プライム会員なら年額プランを選ぶこともでき、年額プランでは実質2ヶ月分無料の月額 650円となりとてもお得です。 これを機にアマゾンプライムの会員になってみてはいかがですか? ファミリープラン ファミリープランでは1人が登録すれば最大6台までの端末で利用することができます。 月額プランに登録した場合、月額1,480円を6人で割ることになり、1人当たり月額 約250円 と通常価格の4分の1になります。 最大6人までのそれぞれが固有のアカウントを利用できるので、各々で好きな音楽を楽しむことができます。 ここで注意なのが ファミリープランは家族向けのサービスですので、友人・知人での利用はできないという点です! 一部の方は 住所を入力して他の利用者と住所が一致しているか確認されるので不正利用はやめましょう。 ファミリープランは1人の利用者がまとめて支払います。 学割プラン 2019年9月25日から 「アマゾンミュージックアンリミテッド」でも学割サービスを開始しました!! 価格は 月額480円と半額以下の値段で利用することができ、対象者は日本国内の大学、大学院、短大、専門学校、高等専門学校に在学中の学生の方です。 学生認証のためには、SheerIDというサービスを介して行わなければならなく少々面倒に感じるかもしれません。 同じ音楽ストリーミングサービスの学割プランだと「LINE MUSIC」のほうがおすすめです。 価格はどちらも同じですが、「LINE MUSIC」だと 中学生以上の学生が利用できるという点と 生年月日と学校名を入力するだけで学生認証が可能という点で、 「アマゾンミュージックアンリミテッド」と比べて勝っているといえます。 Echoプラン EchoプランはAmazon Echoシリーズのスピーカーで曲を楽しむためのプランです。 スマートフォンなど Echoスピーカー以外のデバイスでは音楽を聴けないという点と、 登録できるデバイスが一台までという制限があることがデメリットとなりますが、 Echoでしか曲を聴かないという方にはちょうどいいプランになります。 登録するためには「アレクサ、アマゾンミュージックアンリミテッドに登録して。 」と言うだけでよくてとても簡単です!! アマゾンミュージックアンリミテッドのお得な利用方法 上記のように「アマゾンミュージックアンリミテッド」を もっともコスパ良く利用するコツはプライム会員になることです。 非会員で個人プランを登録しようとしている方はちょっとお待ちください!! このページを見ればよりお得に利用できるようになりますよ! そもそも、アマゾンプライムに加入すれば次のようなサービスを受けることができます。 ではつぎに非会員の学生ではない人がアマゾンミュージックアンリミテッドとプライム会員の年間プランに加入したときの料金を考えてみると 月額650円+月額408円= 月額1,058円で利用できます。 ここからわかるのは、プライム非会員の方は年間契約する場合に限り、 月額料金にたったの78円プラスするだけでプライム会員になることができるということです! 音楽だけでなく映画やショッピングも楽しめるので「アマゾンミュージックアンリミテッド」に加入しようとしているかたは一緒にプライム会員になることをおすすめします。 ここではそれらの違いを解説していきます。 楽曲数 料金 プライムミュージック 約100万曲 プライム会員なら無料で利用可能。 アマゾンミュージックアンリミテッド 約6500万曲 プライム会員でも追加料金が必要。 「プライムミュージック」は プライム会員なら無料で利用できますし、楽曲をダウンロードして オフライン再生することもできます。 ただ、どうしても「アマゾンミュージックアンリミテッド」と比べて圧倒的に 聴ける曲が少ないというデメリットがあるので、 プライムミュージックだけでは満足できないという方も多いそうです。 アマゾンミュージックアンリミテッドの3つの強み 最近は様々な音楽ストリーミングサービスがありますが「アマゾンミュージックアンリミテッド」はどんな特徴があるのでしょうか? ここではアマゾンミュージックアンリミテッドの強みについて紹介していきます。 上記のように「アマゾンミュージックアンリミテッド」は プライム会員になると料金を大きく抑えることができます。 プライム会員になれば料金を抑えられるだけでなく、プライムビデオの利用やアマゾンのお急ぎ便の無料利用などさまざまなメリットがあるのでぜひ加入しましょう。 「アマゾンミュージックアンリミテッド」では 6500万曲を超える楽曲が配信されていて 音楽ストリーミングサービスの中で最大規模です!! 例えば「Spotify」では 5000万曲、「LINE MUSIC」では 5500万曲収録されています。 あなたの聴きたかった曲もきっと見つかることでしょう。 ガレージで作業する時用にアマゾンエコー買った 死ぬほど嬉しいこれ最高すぎ ありがとう こんなのが欲しかった ガレージで作業してる時手を離さず曲を再生できる アマゾンミュージックアンリミテッドはカラオケ並みに曲が入ってる これはもう最強すぎる — ネガティブ㌠ ダメオっふ ZOZORITRT 手を使わずに操作できるので作業中などの時に便利なようです。 邦楽は充実しているの... ? 「アマゾンミュージックアンリミテッド」についての記事や口コミを見ると、 「邦楽のラインナップがいまいち... 」という評価をよく目にします。 アマゾンエコー 招待状来たから購入したら翌日届く。 早! 早速使ってみたけどなかなか可愛い感じ もっとスキル増えて欲しい ミュージックアンリミテッドは 全ての曲に対応してないね ま、当然だけど邦楽は少し不得意な感じ。 — 章子 ir7J3JfnxxVzkts これは昔の口コミですが、今現在はどうなのでしょうか?実際に登録して試してみました。 私はいま「LINE MUSIC」を利用しているのですが、結論から言うと 邦楽の曲も十分に揃っていました。 試しに「アマゾンミュージックアンリミテッド」と「LINE MUSIC」のニューシングルの項目を比べてみました。 この画像は一部を切り取ったものですが、この項目全体を見比べてみた結果、ほとんどのニューシングルがどちらにもありました。 「LINE MUSIC」は国内サービスですので邦楽に強い傾向があります。 その「LINE MUSIC」と同じ邦楽のラインナップが揃っているということは「アマゾンミュージックアンリミテッド」も十分邦楽に強いといえるのではないのでしょうか。 それでも自分の好きなアーティストが聴けるかどうかは分からないので、 まずは30日間の無料お試し期間を利用してラインナップを確認してみることをおすすめします。 楽曲はSDカードに直接ダウンロードすることができるので容量に困ることもありません。 「ドライブ向け洋楽」、 「勉強用ジャズ」などさまざまなプレイリストがあるのでシチュエーションにあったプレイリストを再生しましょう。 新たな曲に出会うことのできるいい機会ですね。 まずは試してみて気に入ったらそのまま有料プランに加入しましょう。 30日以内に解約すれば料金は発生いたしません。 さらに「アマゾンミュージックアンリミテッド」には歌詞をカラオケのように 追いかけ表示する機能があるのでとても見やすいです。 料金は月額480円と一般プランの半額以下です。 「アマゾンミュージックアンリミテッド」の一番のデメリットであった「学割プランが無い」という点が解消されたので、 学生の方にもおすすめできるようになりました。 しかも 今なら学生プランが6ヶ月間も無料で利用できるので、一刻も早く登録することを推奨します! Amazon Music Unlimitedのデメリット ここまで「アマゾンミュージックアンリミテッド」の良い点ばかり紹介してきましたが、デメリットも存在します。 非会員の価格がそれほど高いわけではありませんが、プライム会員にならないと年間プランも選べず割引もされません。 正直なところ 「プライム会員になる気が無い」と思っている方には「アマゾンミュージックアンリミテッド」はおすすめできません。 なぜなら非会員で月額980円で利用するのは他の音楽アプリと比べて割高だからです。 例えば「AWA」や「LINE MUSIC」には 年額プランがあるので実質月額800円ほどになりますし、 「Spotify」、「LINE MUSIC」、「Apple Music」なら 無料お試し期間が3ヶ月あるので、 その分も含めれば「アマゾンミュージックアンリミテッド」のほうが割高になってしまいます。 どのサービスに年間プランがあるかなど知りたい方はこちらの比較記事をチェック !.

次の