新幹線 動画。 無料で見れる電車動画や新幹線動画をご紹介 前面展望や4K映像も

運転台から見る北陸新幹線と上野東京ライン 前面展望動画を公開

新幹線 動画

さまざまなバリエーションがある流し撮り 流し撮りは列車の疾走感を表現するテクニカルな撮影方法だ。 写し止める個所はヘッドライトや運転席。 特にヘッドライトは人間でいう目にあたる部分なので、私はほとんどヘッドライトを狙った流し撮りをしている。 コツは比較的遅めのシャッター速度に設定し、狙う1点を常に格子線や測距ポイントなど、ファインダーの定点でとらえつつ列車の進行方向に合わせてレンズを振る、これだけである。 ただ、そう簡単にいかないのが流し撮りで、うまく撮るには経験も必要。 失敗にめげず、とにかくチャレンジすることが大切だ。 決まるようになったら徐々にシャッター速度を遅くしてみよう。 望遠レンズで圧縮して列車感を出しても良いが、東北新幹線のE5系や北海道新幹線のH5系は、先頭部の流麗なデザインを斜め前からスマートに撮るのもオススメ。 このような場合は50mm前後の標準レンズが一番だ。 オススメ設定:新幹線を標準レンズで撮影する場合、必然的に高速シャッターを選択する。 もちろん連写は使わずワンショット狙い。 露出は厳しくなるので積極的に高感度も使おう。 その際にはエクステンダーを使用する。 4倍と2倍の両方をぜひ持っておきたい。 500系は8両編成と短いので、アップにして写真全体に編成を写し込むために2倍テレコンバーターを使用し1,600mm相当で撮影した。 オススメ設定:太陽は沈み、残照が列車を照らす状況。 車両中心の露出設定ではなく、列車の輝きだけが生きる大胆な露出設定にした。 シャドウ部のコントロールが重要なので、RAWで撮影して、理想どおりにRAW現像するのがオススメ。

次の

だいすき新幹線 東北・秋田・山形新幹線 フル動画を観る方法※あきひろさんの動画視聴人気作品一覧

新幹線 動画

さまざまなバリエーションがある流し撮り 流し撮りは列車の疾走感を表現するテクニカルな撮影方法だ。 写し止める個所はヘッドライトや運転席。 特にヘッドライトは人間でいう目にあたる部分なので、私はほとんどヘッドライトを狙った流し撮りをしている。 コツは比較的遅めのシャッター速度に設定し、狙う1点を常に格子線や測距ポイントなど、ファインダーの定点でとらえつつ列車の進行方向に合わせてレンズを振る、これだけである。 ただ、そう簡単にいかないのが流し撮りで、うまく撮るには経験も必要。 失敗にめげず、とにかくチャレンジすることが大切だ。 決まるようになったら徐々にシャッター速度を遅くしてみよう。 望遠レンズで圧縮して列車感を出しても良いが、東北新幹線のE5系や北海道新幹線のH5系は、先頭部の流麗なデザインを斜め前からスマートに撮るのもオススメ。 このような場合は50mm前後の標準レンズが一番だ。 オススメ設定:新幹線を標準レンズで撮影する場合、必然的に高速シャッターを選択する。 もちろん連写は使わずワンショット狙い。 露出は厳しくなるので積極的に高感度も使おう。 その際にはエクステンダーを使用する。 4倍と2倍の両方をぜひ持っておきたい。 500系は8両編成と短いので、アップにして写真全体に編成を写し込むために2倍テレコンバーターを使用し1,600mm相当で撮影した。 オススメ設定:太陽は沈み、残照が列車を照らす状況。 車両中心の露出設定ではなく、列車の輝きだけが生きる大胆な露出設定にした。 シャドウ部のコントロールが重要なので、RAWで撮影して、理想どおりにRAW現像するのがオススメ。

次の

だいすき新幹線 東北・秋田・山形新幹線 フル動画を観る方法※あきひろさんの動画視聴人気作品一覧

新幹線 動画

tags: , , , 東海道・山陽新幹線の次期車両「N700S」、その姿が次第に見えてきました。 全席コンセントのほか、さまざまな改良が加えられ、普通車座席はグリーン車に近いというその車内。 東海道・山陽新幹線の次世代車両、その車内はこうなる! 公開されたN700Sの車内モックアップ。 JR東海の担当者は、その特徴をこう話す(1分40秒)。 JR東海は2017年10月1日(日)、製造中である「N700S」の車体と、その内装モックアップ(実物大模型)を報道陣へ公開。 なお、内装モックアップにはグリーン車、普通車それぞれ3列分の座席がありますが、最前列は従来車両N700Aの座席で、後ろ2列が新しいN700Sの座席です。 (1)停車駅接近で明るくなる! N700Sは停車駅に接近すると、荷棚の照度が上昇。 乗客が降りるとき、そこへ目を向かせて忘れ物を防止するためです。 車内の照明も、N700系は天井中央にありましたが、N700Sは左右2列にすることで、車内全体の明るさが均一になるようにしたといいます。 (2)全席にコンセント! 肘掛けにコンセントが備えられるN700S普通車。 リクライニングレバーも、動かしやすいよう改良(2017年10月、恵 知仁撮影)。 現在のN700系でコンセントがあるのは、グリーン車と普通車の窓側などのみでしたが、N700Sはすべての座席に用意されます。 肘掛けに設置することで、座席を回転して向かい合わせにしても使えるようにした、また、通路側の人がコンセントを使っていても窓側の人が通路へ出やすいようにしたそうです。 (3)個室に近い雰囲気も? 荷棚まで一体化されているN700Sグリーン車の車内側面(2017年10月、恵 知仁撮影)。 グリーン車は、側面を大型パネルで荷棚まで一体化。 「包まれ感」や「個別感」の演出を狙っているそうです。 普通車も、荷棚は別ですが近い構造をしています。 また、グリーン車の座席にある読書灯は照射範囲が新聞一面ほどに広がるほか、フットレストの大型化(幅+25%)、足元スペースの拡大(+15%)も図られました。

次の