コビー 名言。 コビーの急成長を追う!海軍大将を目指す彼の活躍と現在の強さは【ワンピース】

スティーブン・R・コヴィーの名言

コビー 名言

もくじ• Larry Bird. (ラリーバード)の名言• First master the fundamentals. 「まずは基礎をマスターすることだ」• A winner is someone who recognizes his Godgiven talents,works his tail off to develop them into skills,and uses these skills to accomplish his goals. 「勝者とは、神に与えられた才能を自覚し、それを熟練の技に発展させるために一生懸命努力して、その技を目標達成に使う人のことである」 ・work one's tail off…一生懸命に取り組む ・recognize…認める Michel Jordan. (マイケルジョーダン)の名言• It's not how hard you pushed along the way. It's having something in you to finish. 「大事なのは、ここまでいかに大変だったかではない。 やり抜くかどうかだ。 」 ・push hard…努力する ・along the way…ここに至るまで ・It's not A. It's not B. …~ではなく、~だ。 Never say never. Because limits,like fears,are often just an illusion. 「絶対無理だ、などと言ってはならない。 なぜなら恐れと同じく、限界はただの錯覚であることが多いからである。 」 ・illusion…錯覚• Some people want it to happen,some wish it would happen,others make it happen. 「実現してほしいと願う人もいれば、実現してくれたらいいのにと夢見る人もいる。 そして、自ら実現する人もいる。 」 ・wish it would happen…実際には起こらないと思いながら願う• I can accept failure. Everyone fails at something. But I can't accept not trying. 「失敗は受け入れられる。 誰だって、何かの失敗はするものだ。 でも、挑戦しないということは受け入れられないんだ。 You have to expect things of yourself before you can do them. 「自分に高い期待をして初めて、物事は可能になる」 ・expect … 期待する• I've failed over and over and over again in my life and that is why I succeed. 「私は人生に置いて、何度も何度も失敗をしてきた。 だからこそ、成功したのだ。 」 ・~that is why…だから~だ John Wodden(ジョン・ウドゥン)の名言• It's what you learn after you know it all that counts. 「すべてわかったと感じた、そのあとに学ぶこと。 それが大事なんだ。 」 ・It's … that countes. …大事なことは ・know it all…何でも知った気になる• The purpose of discipline is not to punish but to correct. 「しつけの目的は罰することではなく正すことだ」 ・discipline…しつけ• Sports do not build character,they reveal it. 「スポーツが人格を作るものではない。 人格をあらわにするものだ」 元々は、アメリカの小説家ジェームズ・レーン・アレンの言葉。 Adversity does not build character,it reveals it. (逆境が人格を作るのではない。 人格をあらわにするものだ)。 It's not so important who starts the game but who finishes it. 「重要なことは誰がゲームを始めるかではない。 誰が終わらせるかだ」 ・It's not ~A but B. …~なのはAではなくBだ• You have little control over what criticism or praise outsiders send your way. Take it all with a grain of salt. 「他人から送られる批判や称賛は、自分ではどうすることもできない。 話半分に聞くことだ。 話半分に聞く• Do not let what you cannot do interfere with what you can do. 出来ないことに気を取られて、出来ることが出来なくなってはならない」 ・interfere …邪魔をする ・Do not let A interfere with B. Failure is not fatal,but failure to change might be. 「失敗は致命的ではない。 変われないことが致命的なのだ」 ・failure to change…変わることに失敗する ・might be ~…おそらく~である ここでは~のところにfatalが来るのを省略している。 Shaquille O'Neal(シャキール・オニール)の名言• Excellence is not a singular act but a habit. you are what you repeaterdly do. 「優秀さとは、一つの動作ではなく習慣のことである。 繰り返し行うことが人を作るのだ」 元はアリストテレスの言葉です。 Allen Iverson(アレン・アイヴァーソン)の名言• I'd rather have more heart than talent any day. 「いつでも俺は才能より気合を持っていたい」 ・heart…気合 Pat Riley(パット・ライリー)の名言• Giving yourself permission to lose guarantees a loss. Kevin Garnett(ケヴィン・ガーネット)の名言• Anything is possible! 「何だって可能だ!」• We have to do the impossible,but it is possible. 「私たちは不可能なことをするしかない。 でも、それは可能なのだ」 ・the impossible … 不可能なこと theに形容詞を付けると、~なことという名詞になる。 Bill bradley(ビル・ブラッドリー)の名言• Becoming number one is easier than remaining number one. 「一番になることは、一番で居続けるよりもたやすい」 Kobe Bryant(コビー・ブライアント)の名言• Every thing negative - pressure,challenges - is all an opportunity for me to rise. 「プレッシャー、課題、といったネガティブなものすべてが、僕には向上するチャンスなのだ。 」 Kobe Bryant(コビー・ブライアント) ・Challenge … 挑戦、課題 ・opportunity … 機会、好機 Lenny Wilkens (レニー・ウィルケンズ)の名言• If you fail the first time,that's just a chance to start over again. 「もし、初めて失敗したなら、それこそがもう一度やり直すチャンスだ」 ・start over …やり直す。 Magic Johnson(マジック・ジョンソン)の名言• Ask not what your teammates can do for you. Ask what you can do for your teammates. 「チームメイトが君に何を知れるかを聞くな。 君がチームメイトのためになにが出来るかを聞け」• This is another challenge in my life. It's like your back is against the wall. And you have to come out swinging. And I'm swinging. 「これは、僕の人生におけるもう一つのチャレンジだ。 背水の陣だ。 勢いよく前に進まなければならない。 僕は、強く歩き出している。 Ask not what your country can do for you,ask what you can do for your country. 最後に バスケット選手の短い英語の名言でした。 ズバッと一言、なので余計に心に響くし、モチベーションアップにも良いです。 この名言の中に出てきた単語や熟語、決まり表現を覚えるのも、英語のやり直し勉強の幅が広がるのでは?と思います。 覚えてやる気UPしながら、ボキャブラリーも増やせるので、一つ一つちょっとずつ覚えていきたいですね。

次の

【ワンピース】コビーの最新の階級は大佐!基本情報や名シーン、声優を紹介

コビー 名言

第一部 パラダイムと原則 どんなに巧みな言葉を使っても、たとえ善意からだとしても、効果は望めない。 信頼という土台がなければ、成功は長続きしないのだ。 人は皆それぞれ頭の中にたくさんの地図を持っている。 しかし 地図が正確かどうかを疑うことはめったにない。 誰しも、自分は物事をあるがままに、客観的に見ていると思いがちである。 だが実際はそうではない。 私たちは、世界をあるがままに見ているのではなく、私たちのあるがままの世界を見ているのであり、自分自身が条件づけされた状態で世界を見ているのである。 個性主義はうまくいくように思えるかもしれない。 しかし、まやかしであることに変わりはない。 力を借りることは、人を弱くする。 物事を成し遂げるのに外の力に頼る癖がついてしまうからだ。 人生とは、本質的にきわめて相互依存的である。 自立だけで最大限の効果を得ようとするのは、たとえるならゴルフクラブでテニスをするようなものだ。 道具が現実に適していないのである。 顧客第一主義を掲げながら、顧客に接するスタッフのことはまるでないがしろにしている企業は少なくない。 スタッフはPC 成果を生み出す能力 であり、会社は大切な顧客に望む接客態度でスタッフに接することが原則である。 第二部 私的成功 第1の習慣 主体的である 人間を人間たらしめているのは、感情でも、気分でもない。 思考ですらない。 自分の感情や気分や思考を切り離して考えられることが、人間と動物の決定的な違いである。 私たちは自分の身に起こったことで傷つくのではない。 その出来事に対する自分の反応によって傷つくのである。 問題は自分の外にあると考えるならば、その考えこそが問題である。 第2の習慣 終わりを思い描くことから始める 終わりを思い描くことから始めるというのは、目的地をはっきりさせてから一歩を踏み出すことである。 目的地がわかれば、現在いる場所のこともわかるから、正しい方向へ進んでいくことができる。 どの業界をとっても変革を求められている現代にあって、まず必要とされるのはリーダーシップである。 マネジメントはその次だ。 内面に変わることのない中心を持っていなければ、人は変化に耐えられない。 正しい原則は変わらない。 私たちは原則に依存しているのだ。 第3の習慣 最優先事項を優先する 重要な最優先事項に「イエス」と言うためには、他の用事がいくら緊急に見えても「ノー」と言うことを学ばなければならないのだ。 人との関係を効率で考えることはできない。 モノは効率で考えられるが、人に対しては効果の観点から考えなければならない。 信頼ほど人にやる気を起こさせるものはない。 第三部 公的成功 自分自身を知り、自分を律し、コントロールできなければ、自分を好きになることはとても難しい。 人間関係を築くときにもっとも大切なのは、あなたが何を言うか、どう行動するかではない。 あなたがどういう人間かということだ。 目標があっても、その目標で期待されることが明確になっていないと、誤解が生まれて信頼を損なう結果になる。 誠実な人間となるもっとも大切なことは、その場にいない人に対して忠実になることである。 間違いを犯すのは問題だが、間違いを認めないのはそれ以上の問題である。 第4の習慣 WinーWinを考える 効果的な人間関係におけるリーダーシップの習慣は「WinーWinを考える」である。 本当に食うか食われるかの事態だったら、お互いの立場を尊重してWinーWinを目指そう、などと呑気なことは言っていられない。 しかし人生の大半は競争ではない。 No Deal 取引しない を選択肢の一つとして持っていれば、余裕を持つことができる。 成熟とは、勇気と思いやりのバランスがとれていることである。 多くの場合、問題があるのは人ではなくシステムのほうである。 第5の習慣 まず理解に徹し、そして理解される 共感とは、相手の視点に立ってみることである。 相手の目で物事を眺め、相手の見ている世界を見ることである。 まず理解に徹する。 これが正しい原則であることは、人生のあらゆる場面で証明されている。 第6の習慣 シナジーを創り出す 本当に優れた授業はカオスのほんの手前で行われる。 人は一度でも本物のシナジーを経験すると、それ以前の自分に戻ることはない。 人生は論理だけで成り立つものではない。 半分は感情によって成り立っているのだ。 第四部 再新再生 第7の習慣 刃を研ぐ 「刃を研ぐ」ことは、自分の人生に対してできる最大の投資である。 精神の再新再生には、時間を投資しなければならない。 最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の

「ワンピース」コビーの成長が止まらない!海軍大将を目指す男は、裏主人公かラスボスか。

コビー 名言

コビー - 名言・名台詞 [ ONE PIECE ] ONE PIECE 漫画 : 第2話 その男"麦わらのルフィ" [東の海編-冒険の始まり] 「 ルフィさん!! 訂正して下さい!! この方はこの海で一番... 一番イカついクソばばあですっ!!!! 」 東の海 イーストブルー 、ゴート島 レディー・アルビダのアジトがある島 、森の中。 モンキー・D・ルフィとコビーとの前に部下達を伴って遣って来たレディー・アルビダが、反抗の意思を持つコビーに対し、制裁を加える前に「この海で一番美しいものは何だい... ?」と尋いた場面。 横にいたモンキー・D・ルフィがレディー・アルビダを指差して「誰だ、このイカついおばさん」と言い出し、その事に慌てたコビーが、それを訂正させようとして言った台詞。 言い出した際にはモンキー・D・ルフィにその言葉を訂正させようとしていたのですが、途中で気が変わっています。 ONE PIECE 漫画 : 第6話 "1人目" [東の海編-冒険の始まり] 「 ルフィさん!! ぼくは!! ルフィさんの邪魔をしたくありません!! 死んでも!!! 」 東の海 イーストブルー 、シェルズタウン、モーガン大佐の海軍基地 海軍第153支部 、磔場。 モンキー・D・ルフィとモーガン大佐とが戦う中、ヘルメッポがコビーに銃口を向け、コビーを人質にしてモンキー・D・ルフィに動くなと命じた場面。 そこでコビーがモンキー・D・ルフィに言った台詞。 これを聞き、モンキー・D・ルフィは「ああ... 知ってるよ」と答えていました。 ONE PIECE 漫画 : 第7話 "友達" [東の海編-冒険の始まり] 「 ぼくは......!! ぼくは彼らの... 仲間じゃありません!!! 」 東の海 イーストブルー 、シェルズタウン、リカの家。 海軍がリカの家に遣って来て、海賊であるモンキー・D・ルフィ達に街から出て行くように言った場面。 モンキー・D・ルフィ、ロロノア・ゾロが家から出て行く中、その場に残ったコビーがリッパー中佐から「君も仲間じゃないのか?」と尋かれて言った台詞。 ONE PIECE 漫画 : 第7話 "友達" [東の海編-冒険の始まり] 「 やめて下さいよ!! やめて下さいよ......!!! 」、「 やめて下さいよ!!!! 」 東の海 イーストブルー 、シェルズタウン、リカの家。 モンキー・D・ルフィ、ロロノア・ゾロとは仲間では無いと言うコビーの言葉を疑うリッパー中佐に、モンキー・D・ルフィが、過去にコビーがレディー・アルビダの下にいた事を暴露している場面。 暴露を初めたモンキー・D・ルフィに対し、コビーが言った台詞。 一つ目は心の中で言った台詞で、二つ目はモンキー・D・ルフィを殴り付けながら言った台詞です。 ONE PIECE 漫画 : 第7話 "友達" [東の海編-冒険の始まり] 「 ぼくは!!! 海軍将校になる男です!!!! 」 東の海 イーストブルー 、シェルズタウン、リカの家。 コビーがリッパー中佐に海軍に入れて欲しいと頼んだ場面。 モンキー・D・ルフィ達とは仲間では無いと明言し、更にモンキー・D・ルフィと喧嘩した事で海賊とは関係が無い事を態度で示したコビーが、それでもまだ信用出来ないと言う海兵の言葉を受け、そこで言った台詞。

次の