皇室 是々非々 自 録。 美智子前皇后の「異常」を報道する週刊誌・新聞の異常——女性週刊誌&朝日新聞vs.ブログ「皇室是是非非自録」

紀子さまの怖い笑顔と目が性格悪そうできつい!若い頃やりまくりの噂を調査!

皇室 是々非々 自 録

Contents• 文/宮本タケロウ 小内誠一氏からの反論 先日私がアップした記事「」について、元宮内庁職員という小内誠一氏から返事があった。 小内氏ブログ: 彼は私の 「上皇ご夫妻は雅子さまをイジメていたわけではない」という意見が気に入らないらしい。 彼はブログでこんなことを言う。 上皇ご夫妻が、かつて雅子さまをイジメていたことは、消息筋の話だけではなく公式文書にも残っおり、証拠は余りあるほどある。 たとえば、雅子さまが適応障害でオランダ療養に行かれた折には、時の天皇陛下は、皇太子ご夫妻の今後について問われ、美智子さまを引き合いにして次のように雅子さまに 嫌味を仰った。 「(前略)それと同時に名代という立場が各国から受け入れられるように,自分自身を厳しく律してきたつもりで,このような理由から,私どもが私的に外国を訪問したことは一度もありません」(皇太子ご夫妻オランダ静養についての回答) また、雅子さまの 「人格否定発言」に前後して、時の宮内庁長官は秋篠宮ご夫妻に第三子を要望した。 小内誠一ブログ「皇室『是々非々』自録」 「秋篠宮家の第三子を」発言について 彼が言うイジメの証拠は、小内氏によれば「宮内庁長官の第三子発言」と「私的なオランダ訪問に関する嫌味」がその例だそうだが、 私に言わせればそんなものはただの言いがかりに過ぎない。 反論しよう。 小内氏は「第三子発言」について、こう言う。 こういうプライベート色の強い発言は本来、内内でするべきものであり、公にするものではない。 加えて皇族方のご意向な無い限り、官僚に過ぎない立場の者がこのようなセンシティブな発言はしない。 小内氏ブログ 私はこの文章を読んだ時、「墓穴を掘ったな」と思った。 小内氏は 「皇族方のご意向が無い限り、官僚はセンシティブな発言をしない」と断言する。 では、彼の言う「皇族の意向が無い限り、センシティブな発言はない」ということを念頭に「第三子発言」を考えると、 「『第三子発言』には皇太子ご夫妻の意向もあった」という解釈が一番しっくりくる解釈となってしまう 笑 「第三子発言」は、事前に皇太子ご夫妻や秋篠宮ご夫妻にも「お諮りした上で」宮内庁長官が発言したのではないか。 常識的に、天皇皇后(当時)が皇太子ご夫妻(現両陛下)への嫌がらせで長官に「第三子発言」をさせるとは思えない。 皇太子ご夫妻(現天皇皇后両陛下)や秋篠宮ご夫妻が事前にご存知だった考えるほうが常識的ではないか。 当時は国民の間に雅子さま懐妊を希望する熱が非常に強まっており、雅子さまへのプレッシャーが高まっていた。 国民の熱を冷ますためにあえて「秋篠宮家に第三子を」と宮内庁長官が発言したのであろう。 小内氏は宮内庁の内実に詳しいようだから、「第三子発言」を事前に皇太子ご夫妻が知らなかったという具体的な証拠を出してもらいたい(友納尚子のような妄想記事はナシで)。 元宮内庁職員なら簡単な話だ。 オランダ私的静養について 次にオランダ私的静養についてだ。 小内氏は両陛下オランダ私的静養への上皇陛下の発言も「嫌味」とするが、これは単に「静養で外国を訪れる」のが皇室として異例だったからそう述べたまでのことであり、たかがそんなことで「嫌味」と言いだすのはおかしいのではないか。 「『静養で外国に行くのは異例だ』と言われて傷ついた」と言われても、 「だから何なのだ」としか言いようがないし、そもそもこれは雅子さまへの嫌味というよりも、皇太子(現天皇陛下)への批判であろう。 親から子への、天皇から皇太子への先例に則った正当な批判までも「嫌味」や「イジメ」とあげつらう神経はどうかしている。 雅子さまをイジメたのは週刊誌と国民 小内氏のブログ読者に気づいてほしいのは、 雅子さまをイジメていたのは悪乗りする週刊誌とそれに踊らされた一部の国民だったということである。 思い返してみよう。 かつてメディアに雅子さま・東宮バッシングが吹き荒れた時代に、上皇陛下の 「愛子が御所に来ない」や 「私たちは私的に海外旅行したことはない」の発言を裏読みして 妄想を膨らませ、 「天皇陛下が皇太子を批判している、雅子妃には皇族の自覚がない」と罵ったのは、アンチ雅子さまの首魁 、 佐藤あさ子や高清水有子たちではなかったか? 上皇陛下のご発言を引用して「上皇ご夫妻が雅子さまをイジメていた」とするのは、単にポジショニングが変わっただけで、 佐藤あさ子や高清水有子らがやっていたことと、本質はなんら変わらない。 解釈の感情的帰結が「雅子さまかわいそう」となるか「雅子さまは不適格」となるかの違いしかない。 これを俗に 「スライド」と言う。 両陛下を信愛する上皇ご夫妻の発言集 最後に上皇ご夫妻が、陛下と秋篠宮殿下を信愛している証拠を提出して筆を置きたい。 「 皇太子妃が病気の今,家族が皆で,支えていくのは当然のことです。 私も,皇后も,将来重い立場に立つ皇太子,皇太子妃の健康を願いつつ, 二人の力になっていきたいと願っています」(上皇陛下) 「 この頃愛子と一緒にいて,もしかしたら愛子と私は物事や事柄のおかしさの感じ方が割合と似ているのかもしれないと思うことがあります。 (中略)あちらも笑いを含んだ目をこちらに向けていて,そのような時, とても幸せな気持ちになります」(上皇后陛下) 「将来の皇室の在り方については,皇太子とそれを支える秋篠宮の考えが尊重されることが重要と思います。 二人は長年私と共に過ごしており,私を支えてくれました。 天皇の在り方についても十分考えを深めてきていることと期待しています」(上皇陛下) 「幸せなことに, 東宮も秋篠宮も孫として昭和天皇のおそばで過ごす機会を度々に頂き,また成人となってからは,陛下をお助けする中でそのお考えに触れ,日々のお過ごしようをつぶさに拝見し, それぞれの立場への自覚を深めてきたことと思います」(上皇后陛下) いかがだろう。 我が国は昭和、平成、令和と素晴らしい英主たちに見守られてきた素晴らしい国ではないか。 「元宮内庁職員」ならばこそ、それがしっかり分かるはずだ。 ありもしない昼ドラ的展開を皇室に欲する性根は、もういい加減にしてほしい。 いや、宮本さん、 貴方の書かれたこと 正論だと思いますよ。 普通の感覚を持った日本人なら 宮本さんみたいに 考えるのでしょう。 そもそも、皇室問題なんかに、強い関心を持っているという方々…ここで コメントしている方々みたいな…は、 もう それだけで、普通の日本人では ありません。 悪い人たちだと 言っているわけではありませんよ。 ただね、日々のノルマをこなすべく 懸命に職業活動している人たち、家族を支えるために 全力投機している人たち、一生懸命勉強している人たち…そういう人たちを 私は 普通の日本人と 思っているんだけど…そういう 普通の日本人って、 明日の自分に関係のない「皇室」なんかに 普通、興味を持ちませんよね。 だから ここで 「皇室が、秋篠宮が、小室が…」などとコメントしていられる方々というのは、良い意味でも 悪い意味でも 「自分に賭ける」ということを しなくなっている方々でしょう。 ニートの方も いらっしゃるでしょうけど、必ずしも 貧乏人ばかりでは ないかもしれない。 でも、私は 宮本さんに 「こんなとこで 書くのは やめろ」なんて 申し上げるつもりは ありません。 むしろ 頑張って続けて ほしい。 例え 受け入れられなくてもね。 100人のうち 2〜3人ぐらいは 「あっ、そうかもな」と 気づく人が いるかもしれないですよ。

次の

「美智子前皇后の愛読書は女性週刊誌」という暴露に笑ってしまった

皇室 是々非々 自 録

昭和末に朝日新聞の皇室担当となってからの三十年余り、時には諫言も辞さず、是々非々の立場でウオッチを続けてきたジャーナリストの「宮中取材余話」と呼ぶには余りに濃厚な情報が詰まっているのが本書である。 直接取材の機会がほとんどない不自由な空間で、時間をかけて側近や関係者との信頼関係を築き、記事には書けなかった秘話を著者は膨大に蓄えている。 その一端が次々と披露され、驚きの連続だ。 温和な笑顔しか知られていない現天皇の「逆鱗」に、蒼白となっている側近たち、御成婚からわずか半年後に、「この結婚は失敗だった」と絞り出すように語った侍従長の一言などが、本書のあちこちに地雷のように埋め込まれている。 読むほうはそのたびごとに、皇室のリアルな姿を垣間見ることになる。 そうした非常事態だけではなく、日常の細部も見事に切り取られている。 昭和天皇の「ネエー」「ソーカイ」「ナンダイ」「ダッテー」といった口吻から御機嫌を察していた「 内舎人 うどねり」という下働きの人々のメモも紹介される。 武蔵野陵に棺と共に収められた昭和天皇の副葬品の詳細も出てくる。 未公表のこの一覧表からは、人間天皇が愛したものがよくわかる。 古代の天皇陵の副葬品と比較すると、「戦前の『大元帥』の影を極力消し去っていった」昭和天皇像もまた見えてくる。 皇室尊崇派で人情家の宮内庁長官から、「なぜ昭和天皇は敗戦の責任を負って退位されなかったのだろうか」と問われ、真剣に語り合った思い出も書かれている。 二人の会話がけっしておざなりなものではなかったであろうことは本書を読んでいると想像できる。 宮内庁の報道規制や、NHKによる単独取材への疑問も率直に記されている。 「常に甘い綿菓子のような報道しかしないメディアを誰が信用するだろうか」。 硬派な著者の覚悟の言葉である。 (週刊ポスト 2018年10. 5号より).

次の

秋篠宮家の「バイト公務」と「金銭感覚」 皇室と経済のザル関係

皇室 是々非々 自 録

自己紹介 当サイトをご覧いただきありがとうございます。 小内誠一と申します。 昭和と平成の時代に、宮内庁に務めておりましたが、いろいろあり定年前、令和となる前に退職しました。 退職後は故郷の千葉に戻り、ゆっくり過ごしておりましたが、昨今の皇室ニュースを読むにつけ、皇室の未来に不安を覚えるようになりました。 皇室の弥栄を願い本サイトを立ち上げました。 まさに「平成」こそが、皇室のあるべき姿を歪ませた時代であると考えています。 上皇ご夫妻と秋篠宮家の問題に深く心を痛めています。 若いころは男系男子による皇統維持が当然であると考えていましたが、ここ10年ばかり「愛子さまに即位していただきたい」という思いが強くなるこのごろです。 そのような思いを広く国民に知っていただく願います。 また、敬称につきましては、メディアなどで用いられている表現を用いますのであしからずご了承下さい。 (宮内庁でも「公の場」「公の文章」でなければ、メディアなどで用いられる敬称が用いられることが多々あります).

次の