度々のご連絡失礼。 「度々」の意味・使い方は?ビジネス敬語の例文・しばしばなどの類語も

書き出しのフレーズ

度々のご連絡失礼

「度々」の意味とは 「度々」とは「たびたび」と読み、対話のシーンだけでなくメールや手紙などの書き言葉としても使われるため、正しい読み方を覚えておきましょう。 「度々」の意味は「何回も」 「度々」には「何回も」という意味が含まれており、同じことを何度も繰り返す際に使われます。 「度度」と表現されることもありますが、読み方や意味に違いはありません。 一般的には「度々」を使われることが多くあるため、ビジネスの場でも「度々」を使う方が無難といえるでしょう。 「度々」の使い方と敬語表現 「度々すみません」は何度も手間を取らせた場合 目上の相手に対して何度も手間を取らせた際に「度々すみません」と使うことが出ます。 例えば同じ相手に何度もメールを送らなければならない状況のとき、2通目のメールに「お忙しいところ、度々すみません」と使うことで、何度もメールを送ることに対する謝罪の意味を含ませることができます。 ただ、「度々」のあとに続く言葉が「すみません」だと少し砕けた言い方となるため、かしこまった表現にしたい場合は「度々申し訳ございません」の方が適しているでしょう。 相手や状況によって使い分けてください。 「度々ありがとう」は重ねてお礼する場合 相手に対して何度もお礼を言う際に「度々ありがとうございます」と使うことができます。 例えば現在進行中の案件について上司から何度も連絡をもらった場合、「度々ご連絡ありがとうございます」となります。 さらに丁寧に使いたいときは「度々ご連絡いただきお礼申し上げます」と使えますが、堅苦しく距離があるように捉えられるため、親しい相手へは使わない方が良いでしょう。 「度々お手数」は何度も依頼する場合 目上の相手に対して何度も頼み事をする際は「度々お手数おかけし申し訳ございません」と使うことができます。 同じ相手に対して何度も頼み事をして、申し訳ないと感じた際に使われる言葉です。 類語を使って「繰り返しお手数おかけして」や「幾度となくお手数おかけして」と言い換えることも可能なため、文脈によって使い分けてみてください。 「度々の質問」は繰り返し質問する場合 目上の人に対して質問を繰り返す際に「度々の質問申し訳ございません」と使うことができます。 新入社員のときは特に、業務内容など分からないことを上司に質問する機会は多いでしょう。 質問が重なる場合は「度々の質問申し訳ございません」と一言加えてから本題に移ることで、謙虚な態度を表すことができます。 類語を使って「度重なる質問で申し訳ないのですが」や「重ねて伺いたいことがあるのですが」と言い換えることもできるため、「度々」という言葉が続く場合は類語を使って言い換えてみてください。 「度々」のメールや電話での使い方 「度々」をビジネスメールで使う場合 メールや手紙などの書き言葉としても「度々」は使えます。 伝えたいことが伝わっていなかったため再度メールを送る際などに「度々ご連絡申し訳ございません」と一言いれることで、次に続く会話へスムーズに進むことができます。 書き言葉として使う際は本題に入る前に、クッション言葉として「度々ご連絡申し訳ございません」と入れると使いやすいでしょう。 「度々」を電話で使う場合 メールだけでなく電話対応の際も「度々」を使うことができます。 例えば、取引先へ何度も連絡をしてしまった際に「度々申し訳ございません。 何度も連絡したことに対して謝罪の意味を表した言い回しとなり、相手に丁寧と捉えてもらえるでしょう。 「度々」の類語は「度重なる」 「度々」の類語には「度重なる」「幾度となく」「繰り返し」「重ねて」などの言葉が当てはまります。 何度も連絡することを相手に伝える際「度々ご連絡してしまい」を「繰り返しご連絡」や「度重なるご連絡」と言い換えることができます。 文脈に合わせて使い分けてください。 「度々」を使う際の注意点 初対面の相手へは使えない 「度々」とは同じ相手に対し、物事を繰り返し行う際に使われる言葉ですので、初対面の相手に使うことはできません。 初対面の相手に「度々」を使うと会ったことがあるのか?と相手を混乱させてしまうこともあるため注意してください。 「度々」は重ね言葉であり結婚式には使えない 結婚式のスピーチやお葬式の挨拶などで、使うことは適切でない重ね言葉に「度々」も当てはまります。 不吉なことを連想させる「忌み言葉」と辛い出来事を再度連想させる「重ね言葉」を結婚式やお葬式で使うと非常識と思われる可能性があります。 重ね言葉が不適切な場では「度々」を使うことは控えた方がいいと言えるでしょう。 まとめ 「度々」とは同じ相手に対して、物事を何度も繰り返す際に使われる言葉です。 「度々」の後に「すみません」や「ありがとう」と付けて使われることが多く、メールや電話関係なく使うことができます。 重ね言葉であることを忘れずに、敵切なシーンでのみ使ってください。

次の

度々すみませんを英語で言うと|英文メール例文とサンプル

度々のご連絡失礼

「度々」という言葉については1回ではなく2回以上の複数回を表す言い回しです。 その回数を明確に示したい場合には、その回数を明示した表現が使われることになりますが、敢えて「度々」を使う場合は回数はあまり問題でない場合です。 「度々」という言葉については「失礼いたします」「申し訳ございません」といった謝罪の表現と共に使われることが多くなっていますが、その背景には「回数が増えてきている状況で申し訳ない」といった意味合いが含まれています。 「度々」という言葉はこのようなシーンでよく使われる言葉になっています。 「度々」という言葉が複数回を指すことは先述していますが、特に同じ状態や同じ行動が連続していることを伝えたい場合にも使われる表現になります。 謝罪の言葉と共に「何度もすみません」というような意味合いで使われることが多くなっています。 「度々」という言葉が使われる場合に連続する物事は、失敗や相手の手間をとらせるような、迷惑をかける行動を示すことが多くなっています。 そういった状況においては「度々」という言葉を使いつつ、相手への迷惑が連続している状況を断りながら謝罪を伝える必要があります。 物事が連続していなくても、失敗や相手の手間をとらせるような、迷惑をかける行動が定期的に見受けられ、それが改善されていない状況では「度々」という言葉が使われます。 「度々」という言葉が使われる場合には、失敗や相手の手間をとらせるような、迷惑をかける行動が改善されていないことの自覚を相手に伝えた上で謝罪することが必要になります。 そういった謝罪をすることで、深いお詫びと反省の気持ちが相手に伝わることでしょう。 「度々」という表現を「度々の失言が目立つ」というような形で使うこともできるのですが、ビジネスのシーンで一般的に使われるのは謝罪の場面です。 そのためとある行動や状況が「度々」であることを相手方に断る場合には基本的に謝罪の言葉を続ける必要があります。 「度々の失言ですよね」などと相手に伝えると相手の怒りを買うこともあるでしょう。 このような場合には「度々申し訳ありません」「度々の失言で失礼いたします」といった表現を選びましょう。 「度々」という言葉は日常的に敬語が不要なシーンではあまり使われません。 そのような場合には「しょっちゅう」などと言った言葉が使われることでしょう。 「度々失礼いたします」「度々申し訳ありません」といった言い回しが使われる場合には当然前後の文章では他の敬語表現が必要になります。 謝罪を伝えるシーンにおいて間違った敬語を使ってしまうと、その気持ちが相手に十分に伝わらないおそれがあります。 「度々」を使うシーンでは正しい敬語を意識しましょう。 例えば「度々のメール失礼いたします」という表現については本当に、相手に迷惑になるくらいのメールを送り続けているような状況であれば謝罪を示しているかもしれませんが、通常は相手への気配りを意味します。 そのため、2回目のメールにおいても「度々のメール失礼いたします」と送ります。 何回かメールをするのはビジネスにおいて必要だからであり、それに対して「度々失礼いたします」と断りを入れることで、相手は丁寧な印象を持つことでしょう。 ちなみに「ごめん」という謝罪の表現が言葉の中に含まれていても謝罪を示さない言葉の中には「ごめんください」があります。 この表現は相手を訪問する際の挨拶としてよく使われますので、下記の関連記事も是非チェックしてみてください! お疲れ様です。 度々のご連絡失礼いたします。 先方に資料を提出する期限が明日に迫っているため本日中にフィードバックを頂きたく存じます。 お忙しい中大変恐れ入りますが、お手すきの際にお声がけいただけましたら幸いです。 すぐにそちらへ伺います。 よろしくお願いいたします。 「度々のご連絡申し訳ございません」は「度々のご連絡失礼いたします」と違い、相手が迷惑に感じるくらいメールを数多く送っている場合に使う表現になります。 「度々のご連絡失礼いたします」は2回目以上のメールに対して断りを入れているニュアンスが大きいのですが、「度々のご連絡申し訳ございません」には深いお詫びの気持ちが込められているのです。 何度もすみませんが、会議室を出る際には必ず消灯をお願いします。 節電の意味合いだけではなく、ビル管理の会社からも通達が出ている注意事項になっています。 徹底をお願いします。 「度々」という言葉と謝罪の表現の間に、謝罪したい事項を入れることで、明確に度重なる特定の物事に対する謝罪の気持ちを表します。 このような表現に関しては後から反省の弁や改善点も付け足す場合に有効な表現になります。 こういった謝罪の表現もあることをしっかり押さえておきましょう。 お疲れ様です。 スピーチ原稿の添削をいただきましてありがとうございます。 書式につきまして度々間違えて申し訳ございません。 以後はご指摘いただいた内容を認識し、同じような間違いが起きませんよう努めて参ります。 何卒よろしくお願いいたします。 「何度も」という表現は「度々」という表現に比べるとビジネス感のない表現にはなりますが、何回も同じ状況になっているというシチュエーションが強調された表現になっています。 また「何度も何度も」と言葉を重ねることでさらにそのニュアンスを強めることができます。 「度々申し訳ありませんが燃えないごみはこちらへお願いします」「何度もすみませんが燃えないごみはこちらへお願いします」という2つの表現についてはまったく同じ意味を表していますが、後者の方が何回も注意しているのに守られていないので厳しく注意をしているニュアンスが伝わります。 「しばしば」という表現は「度々」に置き換えられることが多いのですが、この表現は継続的に同じような状況が続いたり同じような物事が見られる場合に使われる表現になります。 そして物事を分析するような状況においてよく使われる表現になります。 「度々」との使い方の違いとしては「しばしば申し訳ございません」というような使い方はしませんが「不法投棄がしばしば目撃されています」というような使い方をします。 「度々」という言葉は両方の文章でその言葉に置き換えて使うことができます。 後者の文章は「しばしば」の方がややしっくり来る文章になります。 「毎度」に関しては「度々」や「しばしば」よりも、その物事や状況が連続しているシチュエーションを表す際に使われる表現になっています。 また一般的には「毎度ありがとうございます」というような使われ方もされている表現になっています。 「毎度」という言い方もできますし「毎回」という類語もあります。 「毎回お気遣いいただくこととなり感謝の気持ちで一杯です」「あの人が遅刻してくるのは毎度のことだ」という形で使うことができます。 状況の説明にも使うことができますし、「ありがとう」「すみません」の前に持ってきて使うこともできます。 「度々」をマスターして表現力を上げよう! 「度々」という言葉は謝罪の言葉とセットになることが多い言い回しですが、この表現が使いこなせるようになることで、相手からの信頼感が増すことでしょう。 ここで紹介した「度々」の使い方が早速今日からあなたのビジネスの中で役立てば本当にうれしいです。 表現力の向上を常に意識していきましょう!.

次の

間違いも多い「度々すみません」の意味と使い方|敬語表現と例文

度々のご連絡失礼

スポンサーリンク 丁寧に言いたい場合 If you don't mind my asking one more question. 差し支えなければ、もう一つ質問よろしいですか? Could I have one more question? もう一つ質問よろしいですか? if you don't mind〜(申し訳ないですが、差し支えなければ…) 丁寧な言い方でよく使われます。 自分に落ち度がある場合 もし自分に落ち度がある場合であれば、Sorryを含む表現がよいかと思います。 Sorry to keep bothering you. 何度も迷惑をかけてすみません。 Sorry to bother you again. 度々すみません。 I'm sorry to bother you over and over. 何度もすみません。 Sorry to keep bothering you. 何度もすみません。 特に2回以上繰り返している場合。 Sorry for taking your precious time. 貴重なお時間を頂戴してすみません。 また、sorryの代わりに使えるのが、こちら。 My apologies for asking again.. 何度も申し訳ございません。 Sorryをよりビジネスライクに言う表現としてよく使います。 同僚など親しい人へカジュアルな表現 同僚など、親しい人とのメールやチャットの場合は、 このくらいカジュアルな表現でもいいかもしれません。 また私です! Just one more thing! なにかと便利です。

次の