カーペット 洗濯 コインランドリー。 【2020年最新】コインランドリーでカーペットをクリーニング!入れ方のコツも伝授

自宅では大変!カーペットの洗濯はコインランドリーで洗っちゃおう

カーペット 洗濯 コインランドリー

コインランドリーでカーペットを洗うと料金はいくらかかる? 今回洗った我が家のカーペットについての情報はこちら!• 素材:綿• 5畳くらいの大きさ)• 重さ:約30キロ• 特徴:毛足が長め、両端に房がついてる• 色:白、緑、黄緑が斑になっている柄 4年ほど使っていて、 ジュースのシミや 食べこぼしも少しあって気になっていました。 素材が「綿」ということでたぶんコインランドリーでもいいだろうと思っていたので思い切って洗うことにしました。 利用したコインランドリーは、家から車で15分ほどの距離にある 『ブルースカイランドリー』 東海地方のスーパーやショッピング施設の駐車場などに併設されているコインランドリーです。 ポイントカードを作ると、料金が10%還元というお得なサービスがありました。 洗濯が終了したらメールでお知らせしてくれるサービスもあってとても良かったです^^ ブルースカイランドリーさんで利用した洗濯機と乾燥機は、• 最大 28キロの量を洗える洗濯機• 最大 30キロの量を乾かせる乾燥機 この2台を駆使して我が家のカーペットを洗うことにしました。 ちなみに洗濯機・乾燥機のメーカーは「エレクトロラックス」でした。 料金 ・ 洗濯 1,000円(所要時間:34分) ・乾燥 1,300円(所要時間:91分) 計 2,300円 ( 所要時間 合計: 125分〈2時間5分〉) ですが、ブルースカイランドリーさんと LINEで友達登録すると 1,000円分のポイントがもらえました。 (初回登録したときのみの特典) なので、最終的にかかった料金は1000円を引いて 合計 1,300円 で、コインランドリーでカーペットを洗うことができました^^ コインランドリーの利用方法について 「ブルースカイランドリー」さんで洗えるものの一覧はこちら 細かい注意事項もあるので、詳しくは「ブルースカイランドリー」さんのサイトを御覧ください。 最近の コインランドリーの利用方法で驚いたのが、 洗剤は必要なしということ。 もう昔と違うのね、と時代の流れを感じました(笑) 柔軟剤は、店内のガチャガチャマシンで 1カプセル30円で 「柔軟剤シート」が売っていました。 「柔軟剤シート」を、洗濯を始める前にドラムの中へ一緒に入れればOK! 店内には、 対応スタッフが1人いました。 「ブルースカイランドリー」さんの場合、 9時~12時までは必ず1人はスタッフがいます。 なので、わからない点は聞けば親切に教えてくれます。 ポイントカードや LINE友達登録などは、スタッフの方に聞かなければ知らなかった情報でした。 もし誰もいない場合、そんなときは 店内の掲示に連絡先が書いてあるのでそこへ電話すればOKです! 今のコインランドリーって 遠隔で機械操作ができるんですね! 以前、使い方がわからずに洗濯機が空のままスタートさせたことがあったですが、 電話対応してくれた方が、遠隔で洗濯機を止めてくれました。 お金を無駄にしないためにも、わからないことがあったらすぐに連絡をしましょう! スポンサーリンク コインランドリーでカーペットを洗った後の状態はどうなったか結果! 洗い終わったカーペットの状態は、 乾燥して空気を含んだこともあって、 厚みができてフワフワになりました! 足の裏から伝わる「ふんわり感」に何度もカーペットの感触を確かめてしまいました! 気になっていたシミも薄くなって目立たなくなりました。 このシミは「醤油」や「ジュース」などが4年以上放置されたものでして^^; さすがにシミが消えることはなかったですが、 白と緑の部分が鮮やかな色になって、全体的にキレイな印象になりました。 心配だったのは、 縮むんじゃないかという点。 結論から言うと、 縮みました! でも不恰好な感じではなかったので、全然良しとしました! セーターのように着られなくなる訳じゃないので、カーペットが縮んでも何てことなかったです(我が家の場合ですが)。 縦横と5cmくらいは縮んだかも。 まあ、これは覚悟の上だったので 予想の範囲内でした。 見た目が悪くなった訳ではないので大丈夫です。 クリーニング店とコインランドリーの料金を比較! 通常、 クリーニング店でカーペット洗いを頼むと 1畳 1,000円 という料金設定らしいです。 店舗によって違うので、一概にはいえませんが^^; 私が今回洗ったカーペットは 約3. 5畳の大きさなので、 クリーニングに持っていくと 3,000円~4,000円はかかる計算です。 今回、 コインランドリーでかかった金額が1,300円なので クリーニングと比較すると、 コインランドリーでは約 『 3分の1の料金』で済む計算になりました! なので、 コインランドリーの方が安い です。 (今回のケースではですが) しかし、 洗うものの 素材によっては、クリーニングの方がキレイに仕上がる場合があるので 洗濯表示をよく確認してください。 今回、 我が家のカーペットは 「綿」素材でした。 「縮んでしまった」という結果もあるので、 クリーニングで丁寧に洗ってもらったら違ったかもしれません。 コインランドリーを使った結果、クリーニングに持っていくよりも「3分の1」の金額で洗うことができました。 カーペットの素材によっては、クリーニングの方がキレイに仕上がる場合があるので洗濯表示をよく確認してください。

次の

カーペットをコインランドリーで洗う方法|ポイント4つ

カーペット 洗濯 コインランドリー

お持ちのラグが洗って問題ないかどうかを知るためには、まずお手入れについての説明書きや、洗濯表示をチェックしましょう。 洋服と同じで、アイロンがだめな場合や手洗いのみ、ドライクリーニングのみ可能といった、お手入れに関する情報が載っていると思います。 ラグの端などについていることがありますので、ぜひチェックしてみてください。 輸入品のラグの場合は、表示方法が違ったり、物によってはついていなかったりするかもしれません。 ラグの洗濯は、洗えるものであれば問題ありませんが、できないものを洗ってしまった場合、風合いが変わるなどのトラブルが起こりがちです。 風合いが変わってしまって残念なことにならないように、よく分からない場合は購入したお店にお手入れの方法を尋ねてみてください。 大物洗い用の洗濯ネットに、屏風のような形に畳んで入れて洗ってください。 洗濯機に入らないサイズのものは、コインランドリーに持ち込んだ方が良いです。 コインランドリーでの洗い方は、後ほど詳しく説明します。 ラグを畳んで洗濯ネットに入れ、洗濯機にセットしたらスイッチをオンしてください。 大物洗いコースがあれば、そちらを選んでください。 大物洗いコースがなければ、洗濯機の説明書を参考にして必要に応じたコースを選びましょう。 ラグの洗濯は、大きい物なので通常の洗濯よりも時間がかかります。 また、入れ方が悪いと中身が偏るたびに警告ブザーが鳴る場合もあります。 ですので、洗濯機に入れるときに適当に入れるのではなく、きちんと畳んで入れることが重要です。 そして、洗濯ネットはきちんと使いましょう。 表面の傷みを防ぎ、畳んでいるものが途中で解けないためにも必要です。 ちなみに、大物洗い用の洗濯ネットはお手頃な値段で販売されています。 布団を洗うときなどにも使えますので、1枚は持っておくと便利でしょう。 生地が傷んでしまうことがあります。 ラグは大きさのあるものなので、お風呂場などの広い場所で洗うことをおすすめします。 お風呂場を使いたくない場合、外に子ども用のビニールプールを膨らませ、その中で洗うというのもひとつの方法です。 いずれにしても、まずは水をためていきます。 浴槽などにラグを投入し、ラグが浸るくらいの水位にしたら洗剤を入れてかき混ぜ、しばらく待ちましょう。 しばらく時間が経つと、ラグに溜まった汚れが浮いてきます。 2時間程度も待てば十分です。 つけ置きが完了したら、上から裸足で踏みます。 踏んでラグ内の汚れを揉み出してしまいましょう。 水の色がどんどん濁ってくると思うので、汚くなってきたら水を交換してください。 それを汚れが出なくなるまで繰り返し、踏み洗いをします。 汚れが出なくなってきたら、すすぎ洗いをします。 きれいな水に交換し、すすいでください。 水を抜いて、ラグの上に乗って脱水します。 上から踏んだだけだとまだ水分が残っている状態なので、お風呂場の淵などにラグをかけて水が落ちていくようにします。 ある程度、水が垂れてこなくなったら二本の物干し竿に、横から見たときにM字型になるように干します。 ここで、しっかり乾燥させましょう。 そこで、乾かす時間を短縮するために乾燥機を使いたいけど、ラグを乾燥機にかけても問題ないのかが気になるところです。 まず、以下のようなラグは乾燥機にかけられません。 ラグの裏に滑り止めなどが付いているゴム製・樹脂製のもの ラグの表面と裏面の間が糊付けされているもの• ほかにも、ラグの素材によって乾燥機にかけられない場合がありますので、洗濯表示などを必ず確認することをおすすめします。 乾燥機にかけても問題ない場合は、ぜひ乾燥機を利用しましょう! でも家では洗えるスペースがない、冬場などでしっかり乾かない可能性があるというときにおすすめなのがコインランドリーです。 コインランドリーは家の洗濯機よりも大きいですし、乾燥までできてしまうので便利です。 コインランドリーに入れるときも、洗濯ネット(入らなければ使わなくて良いのですが)に畳んで入れ、スイッチをオンにします。 あとは、仕上がるのを待つだけです。 ちなみに、コインランドリーの場合は乾燥機の容量などによってかわりますが、料金は大体10分100円です。 ラグを一度も洗ったことがない!という人は、ぜひラグが洗えるかどうか、表示をチェックしてみてください。 洗濯時期の目安は、季節の変わり目ごとに洗うという人が多いようですが、利用頻度に合わせて調整しましょう。

次の

【洗濯術】ラグマットをコインランドリーで洗ってみたら新品同様になった!

カーペット 洗濯 コインランドリー

お持ちのラグが洗って問題ないかどうかを知るためには、まずお手入れについての説明書きや、洗濯表示をチェックしましょう。 洋服と同じで、アイロンがだめな場合や手洗いのみ、ドライクリーニングのみ可能といった、お手入れに関する情報が載っていると思います。 ラグの端などについていることがありますので、ぜひチェックしてみてください。 輸入品のラグの場合は、表示方法が違ったり、物によってはついていなかったりするかもしれません。 ラグの洗濯は、洗えるものであれば問題ありませんが、できないものを洗ってしまった場合、風合いが変わるなどのトラブルが起こりがちです。 風合いが変わってしまって残念なことにならないように、よく分からない場合は購入したお店にお手入れの方法を尋ねてみてください。 大物洗い用の洗濯ネットに、屏風のような形に畳んで入れて洗ってください。 洗濯機に入らないサイズのものは、コインランドリーに持ち込んだ方が良いです。 コインランドリーでの洗い方は、後ほど詳しく説明します。 ラグを畳んで洗濯ネットに入れ、洗濯機にセットしたらスイッチをオンしてください。 大物洗いコースがあれば、そちらを選んでください。 大物洗いコースがなければ、洗濯機の説明書を参考にして必要に応じたコースを選びましょう。 ラグの洗濯は、大きい物なので通常の洗濯よりも時間がかかります。 また、入れ方が悪いと中身が偏るたびに警告ブザーが鳴る場合もあります。 ですので、洗濯機に入れるときに適当に入れるのではなく、きちんと畳んで入れることが重要です。 そして、洗濯ネットはきちんと使いましょう。 表面の傷みを防ぎ、畳んでいるものが途中で解けないためにも必要です。 ちなみに、大物洗い用の洗濯ネットはお手頃な値段で販売されています。 布団を洗うときなどにも使えますので、1枚は持っておくと便利でしょう。 生地が傷んでしまうことがあります。 ラグは大きさのあるものなので、お風呂場などの広い場所で洗うことをおすすめします。 お風呂場を使いたくない場合、外に子ども用のビニールプールを膨らませ、その中で洗うというのもひとつの方法です。 いずれにしても、まずは水をためていきます。 浴槽などにラグを投入し、ラグが浸るくらいの水位にしたら洗剤を入れてかき混ぜ、しばらく待ちましょう。 しばらく時間が経つと、ラグに溜まった汚れが浮いてきます。 2時間程度も待てば十分です。 つけ置きが完了したら、上から裸足で踏みます。 踏んでラグ内の汚れを揉み出してしまいましょう。 水の色がどんどん濁ってくると思うので、汚くなってきたら水を交換してください。 それを汚れが出なくなるまで繰り返し、踏み洗いをします。 汚れが出なくなってきたら、すすぎ洗いをします。 きれいな水に交換し、すすいでください。 水を抜いて、ラグの上に乗って脱水します。 上から踏んだだけだとまだ水分が残っている状態なので、お風呂場の淵などにラグをかけて水が落ちていくようにします。 ある程度、水が垂れてこなくなったら二本の物干し竿に、横から見たときにM字型になるように干します。 ここで、しっかり乾燥させましょう。 そこで、乾かす時間を短縮するために乾燥機を使いたいけど、ラグを乾燥機にかけても問題ないのかが気になるところです。 まず、以下のようなラグは乾燥機にかけられません。 ラグの裏に滑り止めなどが付いているゴム製・樹脂製のもの ラグの表面と裏面の間が糊付けされているもの• ほかにも、ラグの素材によって乾燥機にかけられない場合がありますので、洗濯表示などを必ず確認することをおすすめします。 乾燥機にかけても問題ない場合は、ぜひ乾燥機を利用しましょう! でも家では洗えるスペースがない、冬場などでしっかり乾かない可能性があるというときにおすすめなのがコインランドリーです。 コインランドリーは家の洗濯機よりも大きいですし、乾燥までできてしまうので便利です。 コインランドリーに入れるときも、洗濯ネット(入らなければ使わなくて良いのですが)に畳んで入れ、スイッチをオンにします。 あとは、仕上がるのを待つだけです。 ちなみに、コインランドリーの場合は乾燥機の容量などによってかわりますが、料金は大体10分100円です。 ラグを一度も洗ったことがない!という人は、ぜひラグが洗えるかどうか、表示をチェックしてみてください。 洗濯時期の目安は、季節の変わり目ごとに洗うという人が多いようですが、利用頻度に合わせて調整しましょう。

次の