おんぶ紐。 gran mocco|ママと赤ちゃんを結ぶ「おんぶ紐」|「ベーシック」&「フォレスト」

おんぶはいつから?メリット・デメリット。やり方も解説|保育士監修

おんぶ紐

近年は赤ちゃんを連れて歩くのには抱っこがスタンダードですが、おんぶにはたくさんのメリットがあります。 赤ちゃんの移動手段におんぶ紐を使ってみませんか? おんぶ紐を使うメリットや特徴、注意点について解説します。 赤ちゃんがママのそばで安心できるおんぶ紐 今、 赤ちゃんの移動手段で 、おんぶについて見直されつつあります。 おんぶは日本人にとって馴染み深いので、母親や祖母におんぶされた経験のある人も多いことでしょう。 そんなおんぶをするために便利な、おんぶ紐にはどんな特徴やメリットがあるのでしょうか。 昔ながらの子育てアイテム おんぶ紐は昔ながらの子育てアイテム。 紐で縛るだけなので家族で共有もしやすく、手間もかかりません。 汚してしまっても簡単に洗うことができるのもメリットです。 現在のおんぶ紐は、柄のかわいらしいデザインのものやさまざまな機能がついたものがベビーショップで売られています。 ママのぬくもりを感じられる おんぶは抱っこよりも体が密着するため、赤ちゃんにとってはママの体温やぬくもりをより密接に感じられます。 ママの心音を聞けるので安心するともいわれており、 抱 っこよりもぐずったり泣き出したりすることが少なくないかもしれません。 ママにとっても赤ちゃんの姿が見えない分、敏感になりより赤ちゃんのぬくもりを感じるとされています。 おんぶしながら家事ができる なぜおんぶが昔ながらの日本人に愛されていたのかというと、 抱 っこと違って 両手が空くので、赤ちゃんを連れながら家事や料理をこなせるというメリットがあるからです。 加えて、おんぶの姿勢はママの負担をかなり減らすことができます。 リュックは背中に背負うほうが楽であることと同じで、抱っこよりも おんぶの方が体のへの負担は軽く、長い時間赤ちゃんをおんぶしても疲れにくいのです。 赤ちゃんの知育にもつながる 抱っこの姿勢はママ側に赤ちゃんの顔が向くことが多く、視野が狭くなりがちですが、おんぶであれば周囲を見渡す余裕ができます。 そのため、 おんぶはさまざまな景色や物に興味を持ち、好奇心を育むことができるといわています。 ママと同じ視線から物を見ることができるため、あらゆるものが赤ちゃんの目には新鮮に映ります。 それによって、 ママが他の人と話すときに赤ちゃんは自分が話しているような感覚を得ることができるため、他人に共感する能力を養うことができるともいわれています。 おんぶ紐はいつから使えるの? ベビーチェアなどをはじめ、赤ちゃんが使うアイテムには 適齢期があります。 おんぶ紐はいつから使うのが適切でしょうか? 具体的な使用時期について紹介します。 首がすわってから活用しよう おんぶ紐を使い始めるのは、首がすわってからです。 それ以前の段階で使用したことが原因で事故につながったケースもあります。 首がすわるのは、およそ生後4カ月頃とされています。 おんぶの場合は、赤ちゃんを見ることができないというデメリットがありますので、 赤ちゃんの首がすわって、自分で首を動かせるようになってからの活用を心がけてください。 ママも赤ちゃんも慣れていない最初のうちは短い時間から始めて、慣れてきたらだんだんおんぶの時間を長くしていくのがおすすめです。 商品の対象年齢を必ず確認する 商品には必ず対象年齢が書かれているため、それに従って利用するようにしましょう。 中には生後6カ月以降での使用を推奨しているおんぶ紐もあるため、一概に首がすわったらと、全てのおんぶ紐が使えるようになる、というわけではありません。 早い段階から使う場合は対面抱き・前向き抱き・横向き抱き・おんぶの使い分けができる4wayタイプがおすすめです。 赤ちゃんが重くなってくると紐やママへの負荷が大きくなってきますので、 重量制限などについても併せて確認するようにしてください。 どんなおんぶ紐がおすすめ? おんぶ紐には用途やシーンに合わせていくつかの種類があります。 その中で代表的な「ばってん式」と」「リュック式」について紹介しますので、購入する際の参考にしてください。 自宅で使う場合は装着が簡単な「ばってん式」 「ばってん式」は、昔ながらのオーソドックスなタイプ。 胸の前でおんぶ紐をばってんにして子どもを背負います。 慣れると装着が簡単ですし、体に赤ちゃんが密着しやすいので安心感があります。 その一方で、慣れるのにはある程度のコツが必要であることと、胸の形が強調されやすいのが欠点です。 抵抗のあるママさんは、次に紹介する「リュック式」の方がよいかもしれません。 胸が強調されにくいのは「リュック式」 胸が強調されることに抵抗があるママには、リュック式のおんぶ紐がおすすめです。 ママの首元への負担が減るので楽に背負うことができます。 リュック式の注意点は、バッテン式と比べて赤ちゃんとの密着具合が減りますので、赤ちゃんの変化が分かりにくいということです。 赤ちゃんが後ろに反りやすいため、最初からリュック式でおんぶするのは危険が伴います。 赤ちゃんがおんぶにある程度慣れてからリュック式に切り替えるようにしてください。 リュック式のおんぶ紐にセーフティーボードや正面で結ぶ紐が備わっている商品もあります。 LUCKY 1934 オンバックスキャリーベーシック おんぶ紐のブランドである『LUCKY 1934』から発売されている『オンバックスキャリーベーシック』は、赤ちゃんとママの両方の負担を和らげてくれるおんぶ紐としておすすめできます。 おんぶ紐の注意点 おんぶ紐は、ママから赤ちゃんが見えないという点からいくつかの注意点があります。 赤ちゃんの事故やケガにつながらないためにも、次のことを踏まえておく必要があります。 【1】赤ちゃんにヘルメットなしで自転車に乗るのは危険 自転車で赤ちゃんと一緒に移動する際、おんぶをするなら必ず赤ちゃんにヘルメットを着用させるようにしましょう。 東京工業大学の実験によれば、ヘルメットをしていない赤ちゃんが転倒した場合、骨折する基準値の10倍以上の衝撃を受けることが検証されています。 死亡事故につながる可能性も少なくはないのです。 赤ちゃんは自分で頭を守ることができません。 赤ちゃんにあうヘルメットがない場合は無理に自転車には乗せずに別の移動手段を使うことで、赤ちゃんの命を守ることができます。 【2】赤ちゃんの脚は開きすぎないように おんぶするときには、赤ちゃんの脚は開きすぎず、閉じすぎないことが重要です。 赤ちゃんはまだ筋肉が発達していないため、脚を開きすぎた状態や、閉じすぎた状態が続くと股関節脱臼の原因になることがあります。 和式トイレに座るようにM字の形を作るようにしてください。 最初1人でおんぶするのが難しければ、身近な人に手伝ってもらうようにしましょう。 おんぶが楽しくなるおしゃれなおんぶ紐 おんぶは 抱 っこと比べると、している人が少ないため、気後れしてしまう人がいるかもしれません。 そこで、おんぶが楽しくなるようなかわいいデザインや使いやすいおんぶ紐を紹介します。 北極しろくま堂のおんぶひも「ニートゥーニー(背当て幅広タイプ)頭あて付き」 『北極しろくま堂』はベビースリング・ 抱 っこ紐の通販ショップです。 かわいらしい模様やカラーリングのおんぶ紐が多くリリースされています。 特に『おんぶひも ニートゥニー』という商品は、 腰紐も長く、体型が大きな子どもをおんぶするのにもおすすめの商品です。 シンプルで使いやすい gran mocco ベーシック 熊本県天草地方では、古くから『もっこ』というおんぶ紐が伝統的に使われていました。 このもっこの機能が現代でも使われやすいように改良されたのが、『gran mocco 』です。 gran mocco ベーシック 濃藍色 おんぶだけではなく、抱っこやチェアベルト、おむつの交換など、gran moccoはさまざまなシーンで活用できます。 外出時の荷物を減らせるので、赤ちゃんと外へ気軽にでかけるのにも便利。 「ベーシック」以外にも、おんぶに負担がかからないように改良された「フォレスト」もありますので、用途にあわせて選ぶとよいでしょう。 デザイン&カラバリ豊富 エルゴベビー エルゴベビーは2003年にハワイで生まれました。 現在では世界の50カ国以上で販売されていて、アメリカやヨーロッパの安全基準にも適合している安全性の高い商品です。 抱っこ紐と兼用で選ぶなら おんぶ紐の中には、抱っこと兼用で利用できるものもあります。 抱っことおんぶで紐を別にするのが手間だと感じるママにはおすすめです。 エルゴベビー OMNI360 クールエア ヘッドサポート+よだれパッド+うさみみ(歯固め)付 赤ちゃんが座りやすいように設計されているだけでなく、ママの負担がかかりそうな肩ストラップやウエストベルトにはパッドが入っていて紐が食い込まないように考えられています。 またシンプルなデザインから花柄まで多くのデザインとカラーバリエーションを備えていて、ママだけでなく、子育てを手伝うパパにもおすすめです。

次の

おんぶ紐の人気おすすめランキング15選【ママ・パパのサポートに】

おんぶ紐

北極しろくま堂のおんぶひもについて 昔ながらのおんぶひもは昭和30年代に実際に使われていた型紙をリバイバルし、Dカンあての小さなクッションを付けました。 布は現代の私たちが使っても楽しくなるようなものを選んで製造しています。 サイズのバリエーションもあって、生活にあったものをお選びいただけます。 用途に合わせて5種類のバリエーションをラインナップ• 昔ながらのおんぶひも:スタンダードサイズ• ニー・トゥ・ニー:赤ちゃんの脚がしっかり開脚し、膝から膝までを覆えるもの• 大きい子用:体重が15キロ以上、3歳以上の体格のお子様を対象にしたもの(障害児用)• 大きい子用+特別サイズ:お子様と使用者ともに大きな体格を想定したもの• 一本紐:柔道の帯のような一本の紐でおんぶするもの(背あてなどはついていません)• お電話やメール、公式LINEアカウントまでお問い合わせください。 お電話:054-653-4700 E-mail:customer babywearing. ご迷惑をおかけしますが、お客様同士の接触を避けるため ご理解いただけますと幸いです。 今まで通り、お電話やLINEでのご相談も承っております。 ぜひご利用ください。 ・新宿小田急百貨店 当面の間 ・西宮阪急(当面の間) ・モーハウス青山ショップ(当面の間) ・ファミリーサロン(2021年3月まで) ご予定くださっていたお客様にはご不便とご迷惑をおかけしますが、 安心と安全のためご理解とご協力をいただけますと幸いです。 LINEでのお問い合わせを承っております。 不安に感じていらっしゃることや、困っていることがありましたら、 ぜひご利用ください。 ご不明な点は、北極しろくま堂までお問い合わせください。 電話 054-653-4700.

次の

抱っこ紐じゃない?おんぶ紐おすすめランキングTOP7

おんぶ紐

でっ、その前におんぶ紐の基礎知識。 ところでおんぶ紐は、場合によっては長時間使用しますよね。 大半のお母さん方が 気にするのが肩や腰への負担です。 輪になった布を片方の肩に斜め掛けにし、ポーチと呼ばれる袋上の部分に赤ちゃんを抱き入れて使用します。 ハンモックのような形状にして、乳幼児を包み込むように抱いたり背負ったりすることができますね。 しかし、片方の肩に赤ちゃんの体重ほぼすべてかかってくるので、新生児のうちはいいのですが、だんだん体重が増えるにつれ、肩・腰への負担が大きくなってきます。 値段が比較的安いスリングも多いので、新生児のうちの2〜3ヶ月だけと考えて使用するのがいいですね。 成長するにつれて体重が増えてくると、肩・腰ともに負担が大きく、またポジションごとに付属品を付け替えたりと面倒な部分がでてきてしまいますね。 イラストのように、縦抱っこのまま新生児から使えるタイプが人気です。 幅広肩ベルトタイプや、クッション入りタイプがありますが、結局は赤ちゃんが肩にぶら下がっている状態なので、重さはすべて上半身にかかってきます。 そのため、肩を支える腰への負担も大きくなってしまうのです。 その効果があって、肩だけでなく背中へも体重が分散され、肩への負担はある程度軽減されますね。 けど、肩・背中に分散された体重は、最終的に背骨を通じて腰椎へと伝わるので、腰への負担は軽減されないんですね。 肩・腰椎を経由せずに直接下半身へと重みの大部分を逃しているんですね。 だから、おんぶ紐の使用の際に肩・腰にはほとんど負荷がかからない設計になっているんです。 ・肩への負担:小 ・腰への負担:小 簡単に出来るおんぶ紐が【napnapベビーキャリー】 では、お母さん方のアイディア満載、 【napnapベビーキャリー】からご紹介いたします。 その秘密は、「おんぶ補助ベスト」。 おんぶ補助ベストは、従来品アンケートでママさん達から最も多かった「 もっと、おんぶをし易くしてほしい」という意見に応えたかたちで誕生しました。 ところが、日本の夏は暑くて蒸すので、赤ちゃんとのお出掛けも一苦労。 napnapベビーキャリーの背中部分には、 メッシュポケットが装備されているんです。 クルクル丸めて収納ベルトで留めれば、 誰でも簡単にコンパクトに畳めますよ。 赤ちゃんを入れていないときは、 腰につけたまま収納できるんです。 だから、両手が使えて、とっても便利がいいですね!! こんな感じで、 【napnapベビーキャリー】は、ママ達の意見をもとに、 改良に改良が重ねられました。 抱っこからおんぶ紐への移動がとてもスムーズにできるのが特長です。 いつもは可愛いベイビーと顔を合わせていたいけど、お料理や洗濯、お掃除など手が離せない時はおんぶのほうが両手があくので助かりますよね。 「キューズベリー おんぶ・抱っこ紐」だと、ご覧のとおり、抱っこからおんぶへの移行がスムーズに行えるんです。 それから、「キューズベリー おんぶ紐・抱っこ紐」のもう一つのポイント。 それはこんな感じで「 男がつけてもカッコいい!!」……ということ。 こちらもおんぶ・抱っこ兼用のおんぶ紐です。 立体縫製によって、乳児の背部、臀部に圧力が分散されることによって負担が軽減できる設計になっているんです。 エルゴベビー・ベビーキャリアは対面抱き、おんぶ紐、腰抱きの3通りに使用できます。 た・だ・し…… おんぶは首が完全にすわり対面抱きに慣れてから、赤ちゃんの様子を見ながら使用をお試しくださいね。 この抱っこ兼用のおんぶ紐【Ergobaby・エルゴベビー】はいくつかのシリーズに分かれています。 ・デザインも形も最もスタンダードな定番シリーズの「 ORIGINAL」 ・上質な柔らかさを誇り、環境に優しいオーガニックコットンを使用した「 ORGANIC」 ・旅行にオススメ、コンパクトに畳んで収納できるベビーキャリア「 TRAVEL」 ・とにかく軽量で通気性が抜群!カラーバリエーションがアクティブに演出する「 SPORTS」 ・メッシュ素材で通気性抜群!しかもさらに軽い!多機能装備の「 PERFORMANCE」 ・ディテールにこだわったワンランク上、有名ブランドとコラボした「 DESIGNER」 といった具合に、6つのカテゴリーに分かれてシリーズ展開しているんです。 「母親が抱っこひもを使って抱っこからおんぶに変えようとしたところ、背中から約1m下の畳の床に転落。 急性硬膜下血腫・頭蓋骨骨折で入院」 0歳 「父親が泣いている赤ちゃんをあやし、寝かせようと部屋を暗くした状態にして抱っこひもで抱いていたが、抱っこひもが外れ転落。 頭蓋骨骨折等で入院」 0歳 月齢の低い赤ちゃんは、体の割に頭が重くて頭部から転落するケースが多く、転落すると重症事故につながるおそれがあるため大変危険です。 抱っこひもでおんぶや抱っこをするときや、降ろすときは、低い姿勢で行い、使用時には、バックル ベルトの留め具 類の留め忘れやベルトの緩みがないか、子どもの位置は適切かなど、取扱説明書をよく読んで正しく使用しましょう。 消費者庁が徳島県で実施した平成29年度の調査では、「抱っこひも使用時の転落による事故がお子さんに起こるかもしれないと気にしていた」と回答した0歳児の母親は52. また、「抱っこひもから転落しないよう、かがむときには手で押さえることを行っている」と回答した0歳児の母親は86. 抱っこひもを使用するときには、子どもが転落するおそれがあることをしっかり意識し、対策しましょう。 安全基準を取得している抱っこひもが、どのような試験・検証を行っているか、ご参考にしてください。 【EN基準】 ENはヨーロッパ連合(EU)地域で適用される任意の統一安全基準です。 一般的な抱っこひもとスリング双方の基準があります。 特徴としては、製品の構造に細かな規定を設けることで安全性を担保しており、製品への注意表示や取扱説明書への表示よりも重点を置いています。 製品強度においては、抱っこを想定した細かな連続した衝撃への耐久性が規定されており、より日常的、継続的な連続使用に対する検証を行います。 【ASTM基準】 ASTMは、アメリカの安全基準です。 一般的な抱っこひもとスリング双方の基準があります。 抱っこひもの基準は強制規格で、取得しなければ販売ができません。 製品の構造への規定より、製品への警告表示、取扱説明書への表示を規定することで安全を担保しています。 より、使用者の注意喚起を重視しています。 製品強度については、連続した耐久性と一点に強い負荷をかける丈夫さの双方が求められ、丈夫さへの検証が重視されています。 一般的な抱っこひもの基準のみですが、横抱きが含まれるのが特徴です。 【SG基準】 SGは、日本の任意の安全基準です。 製品の構造、製品への注意表記、取扱説明書の表示の全てにおいて細かく規定されており、製造メーカー・使用者双方ともに重視した規定内容になっています。 他の基準にはない上部からの落下の危険性を安全規格に組み込んでいます。 製品強度については、抱っこを想定した連続した耐久性よりも、一点に大きな負荷をかける丈夫さを重視しており、最大70kg(製品の構造による)に相当する負荷をかけた試験を行います。

次の