トヨタ ハイラックス トラック。 ハイラックススポーツピックアップ(トヨタ)の中古車

【トヨタ新型ハイラックス】347万から!2020年7月15日ビッグマイチェン日本発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

トヨタ ハイラックス トラック

概要 [ ] 1968年にやの後継として登場。 6代目はのメーカーが日本向けに生産販売したピックアップトラックで、のベース車にもなった。 7代目からは日本での販売を一旦止め、世界戦略車「」のピックアップトラック車種にハイラックスの車名を引き継ぎ、、、を生産拠点として、世界の新興国市場に向けて販売されている。 過去にはに『』としてしていたこともある。 には旧型ハイラックスの愛用者の熱望により、13年ぶりに日本国内市場に復活した。 日本では馴染みは少ないが、世界では高い信頼性が人気を集め、現在の次に最も売れているトヨタ車である。 脱硫装置の普及していない発展途上国では、硫黄の多く含まれる劣悪な燃料にも耐えられるよう、また砂漠の真ん中でエンジンが壊れても修理できるように、最新のコモンレール式ではなく旧型のメカポンプ式のエンジンもラインナップしている。 では1985年の映画『』の主人公マーフィーの憧れの車として、漆黒のハイラックス4x4 SR5 Xtra Cab(4代目)が登場するなどマニアに人気があったが、1995年モデルを最後に販売を終えており、代わりに外装・内装・機能を北米市場の嗜好に合わせて開発したをラインナップしている。 初代 10系(1968年-1972年) [ ] 3代目ハイラックス2000 4WD 写真は向けのSR5 RN36• (昭和53年)9月 発売開始。 110系がこのキャビンを流用した。 エンジンは従来どおり1. 6Lの型。 はの丸形4灯式から規格型の丸形2灯式に変更された。 フロントサスペンションはダブルウィッシュボーン式のまま、スプリングがコイルからトーションバーに変更され、「DX」以上のグレードにフロントを標準装備とした。 (昭和54年)12月 初の車設定。 ディーゼルエンジンはそもそも用に開発された・2. 2 Lの「」だったが、生産コストが低いこと(だけ)が取り柄のこのエンジンは、は分配式、カムシャフトと噴射ポンプを駆動とするなど、トラック用としてはいささか華奢で、連続高負荷運転ではメカニズム全体の剛性不足ゆえに、やの変形が大きくなることも発覚し、後に市場での評判を下げる結果となる。 また、ハイラックス初のモデルが標準ボディに追加された。 エンジンは負荷の増大を考慮し、SOHC・2. 0 L ガソリンの「18R-J型」が搭載された。 (昭和56年)10月 マイナーチェンジで規格型角形2灯式ヘッドランプに変更。 ダブルキャブと4WDディーゼルを追加。 (昭和58年)11月 廉価版のみへ車種整理され「ポピュラーシリーズ」として(昭和63年)9月まで継続。 (昭和58年)11月登場。 ガソリンエンジンがからに、ディーゼルエンジンは2. 4 Lの2L型に変更された。 ディーゼル車に2人乗りの4速AT車が追加され、フロアAT車設定は2代目のハイウェイ以来となった。 (昭和59年)5月 トヨタ初のとなる、/60系が登場する。 ただし、道路事情の悪い海外のや、国内でも、業務用やを楽しむユーザーには、丈夫で、ホイールストロークの大きい(タイヤが路面から浮きにくい)リジッドが歓迎されていたため、これ以降も残されることとなった。 のでは、ハイラックスヒーローの車名で販売され、フロント部分には HILUX HERO のロゴが大きく書かれていることが特徴。 国内外向けを問わず、組み立ては日野自動車羽村工場が担当。 0L :2. 8L ディーゼル 22R-E型:2. 4L 3VZ-E型:3. (昭和63年)9月発表。 130系サーフは(平成元年)5月発表。 エンジンは2. 0 Lガソリンの、2. 8 Lディーゼルの3L型が設定のほか、北米向けなどは、直列4気筒2. 4 L 22R-E型、3. 0 Lの3VZ-E型が設定された。 2WDと4WDでコーナーランプ(車幅灯とのコンビネーションランプ)の形状が異なり、2WDでは台形、4WDでは逆台形となる。 1989年から1996年まで、トヨタ社とフォルクスワーゲン社との提携の一環として、ハイラックスが工場で生産された。 半数はトヨタ・ハイラックスとしてから販売され、残り半数はフォルクスワーゲンから、という車名で販売された。 タロには現地製のほかに、・工場製のOEMも存在した。 詳細は「」を参照• (平成3年)8月マイナーチェンジ。 フロントデザインが一部変更され、新エンブレムを採用。 4WDにもフロントダブルウィッシュボーンサスペンションが採用され、乗り心地と操縦安定性が向上した。 (平成5年)、北米向けにハイラックスのコンポーネンツを使った、より大型のが登場。 日野・羽村工場での生産は、ハイラックスとの混流となった。 を刺激しないよう、とすることを避けたT100は、その後、に道を譲り消滅する。 (平成6年)マイナーチェンジ。 フロントグリルのデザインが変更され、4WDダブルキャブSSR-Xにはオーバーフェンダー付きのワイドボディが追加される。 (平成7年)北米向けハイラックスがとして独立した車種となる。 (平成8年)ダブルキャブ仕様をベースにをモチーフとしたが限定発売された。 0L SOHC :2. 4L SOHCディーゼルターボ 3RZ-FE型:2. 7L DOHC 5VZ-FE型:3. 4L DOHC :3. 9月3日登場。 パーソナルユース仕様には「スポーツピックアップ」と名づけられた。 この世代から(N180系)はベースに改められた。 エンジンはSOHC2000ガソリン()、SOHC2400ディーゼルターボ()、DOHC2700ガソリン(3RZ-FE)、DOHC3400ガソリン(5VZ-FE)(海外仕様車)SOHC3000ディーゼル()が設定された。 グレードは2WDダブルキャブ、2WDエクストラキャブ、4WDダブルキャブ(ワイドボディの設定あり)、4WDエクストラキャブが設定された。 当時の若者文化でのピックアップ改造ブームを反映して、ピックアップには珍しくテレビCMも放映され、TRDによるカスタマイズバージョンも用意された。 8月3日マイナーチェンジ。 スポーツピックアップはをから異型とし、とエンジンフードをボリュームを増した造形に変更される。 7月に日本国内での販売を一旦終了した。 仕様車には「タイガー」のサブネームが付加されて販売されていた。 同車をベースにかつて発売された「」のトラック版といえるTCピックアップが発売されており、こちらは台数限定はされておらずの特装車扱いだった。 JRA では6代目ハイラックスの仕様がスターター車として採用されている。 東京競馬場ではとの併用• 2012年型ハイラックス 2. 5 TD クルーキャブ のをベースとした単一を共有する世界戦略車「IMVシリーズ」としてピックアップトラック、SUV、ミニバンが設定され、このピックアップトラック車種がハイラックス7代目を継承した。 「IMVシリーズ」はパワーと低価格が重視される地域向けに、トラックを乗用としても使用する購買層に対し、従来のトラックに比べ乗用車風の高級感を持たせるつくりとし、さらにトヨタの安定した品質を提供することで販売増を狙うという、新興国向け世界戦略車として生み出されている。 世界中の多くの国で販売されるが、日本やが販売されるには導入されない。 7代目のタイ仕様車には「ヴィーゴ」 Vigo のサブネームが与えられた。 また、南太平洋地域では「ハイラックスIMV」の車名で販売されている。 生産はまずで開始された。 羽村工場のラインが一部移管され2004年8月から行われた。 羽村工場でも2005年6月末まで生産されていたが、IMVは日本国外以外の世界的規模でトヨタ生産方式を実現することが求められるプロジェクトであり、最終的にタイに完全に移管された。 一国生産のリスクを避けるためにタイ以外でも順次生産が開始され、(2005年2月)、(2005年4月)の3ヶ国がIMVシリーズピックアップ車の主要な輸出拠点となっている。 この3拠点から世界の新興諸国に向け輸出されるほか、や、などでは自国向けにされている。 エンジンは直列4気筒DOHC 2. 7 Lガソリンの2TR-FE、V型6気筒のDOHC 4. 0 Lガソリンの1GR-FE、直列4気筒DOHCディーゼルは3. 0 Lの1KD-FTV、2. 5 Lの2KD-FTVが設定されている。 日本の代表的なキャンピングカービルダーである社はHILUX VIGOをベース車としたテラ Terra を2006年から販売している。 トヨタタイ工場から仕入れたHILUX VIGOをバンテック社タイ工場で架装。 ベース車としてのHILUX VIGOは並行輸入扱いとなっている。 7月1日、大幅なフェイスリフトを受けた新型ハイラックスがメルボルンモーターショーに出展され 、13日にタイで新型とともに正式に発表・発売開始された。 欧州向けは10月にイギリスで発売が開始される。 8L 直4 直噴DOHCディーゼルターボ 型 直4 2. 7L DOHC 型 V6 4. 0L DOHC トヨタ・ハイラックス・レボ・スマート・キャブ Z-Edition GUN122R 、およびで発表し、同日タイ国内で発売を開始した。 オーストラリアでは10月から発売開始となる。 8代目のタイ仕様車には「レボ」 Revo のサブネームが付加されている。 なお、タイでは先代のヴィーゴも並行して継続販売される。 「道が人を鍛える。 人がクルマをつくる」という考えのもと、開発チームが世界中の様々な道を走り、使用環境を実際に体験して開発された。 フレームサイドレールの断面を拡大した新開発のフレームが採用され、安全性と耐久性を大幅に向上させた。 後軸のサスペンョンはリーフスプリングであるが、前軸にはダブルウィッシュボーンを採用。 サスペンションの仕様は、スタンダード(標準)仕様、高積載に対応するヘビーデューティー仕様、積載性を保ちつつ乗用車並みの乗り心地を実現したコンフォート仕様の3種類が設定される。 エンジンはディーゼルが新開発のファミリー(2. 4L、2. 8L)となる。 ガソリンは従来の型 直4 2. 7Lと型 4. 0L ガソリン(オセアニア向け)が引き続き採用される。 また、は新開発の6速ATが採用されている。 キャビンは5人乗りのダブルキャブ、2人乗りのシングルキャブ、シングルを若干延長して荷物置き場を設けたエクストラキャブの3つが組み合わされる。 また、8代目ではLEDヘッドランプや本革シート、防犯対策として要望の大きいオートドアロックなど最新の装備が数多く盛り込まれ、エクステリアにおいても大幅な質的向上を果たしている。 トヨタ・ハイラックス・レボ・ダブル・キャブ Z-Edition ラインナップ(タイ仕様) [ ]• スタンダードキャブ(最廉価グレード。 フロントバンパー無塗装)• プリランナー 日本仕様 [ ] 2017年9月12日に8代目の日本仕様が発売された。 日本市場への導入は13年ぶりとなるとともに、から日本に輸入される初のトヨタ車となった。 日本市場未導入となった先代7代目は、グローバル市場を見据えてボディサイズを大型化していたため、続く現行8代目も全長が5,335mm、全幅1,855mmとなり、全車が1ナンバー登録となる。 なお、日本市場向けのボディタイプは、4ドアの「ダブルキャブ」のみの設定。 エンジンは、国内初導入となる直列4気筒2. 4Lディーゼルターボ型を搭載。 DPR(排出ガス浄化装置)やなどの採用により、排出ガスをクリーン化。 トランミッションは、スーパーインテリジェント6速オートマチック(6 Super ECT)にシーケンシャルシフトマチックを採用している。 サスペンションは、フロントがダブルウィッシュボーン式コイルスプリング、リヤは車軸式半楕円リーフスプリングを採用。 ダイヤル操作で駆動方式を選択できる「パートタイム4WDシステム」を装備。 また、ヒルスタートアシストコントロール(HAC)やアクティブトラクションコントロール(Zのみ)、ダウンヒルアシストコントロール(DAC)制御(Zのみ)を設定することで、様々な路面状況に応じて駆動力を制御。 オンロードからオフロードまで高い走行性能を実現している。 日本復活の経緯としては、2004年の6代目の国内販売終了後、主にので仕事にハイラックスを用いる顧客からの代替車の要望が相次いでいたことがある。 しかし同じく普通車サイズとなったタイ製の販売台数が6年間で1,800台という大失敗に終わっていたこともあり、トヨタは輸入に極めて慎重な姿勢を取りながら日本の法律への適合手続きを進め、10年近くをかけながら実現に漕ぎ着けた。 本来採算の取れない可能性もあるところ、やむなく掲げた2,000台の年間目標に対し、販売初月で2,300台の受注が得られた。 なおベースグレードでもダブルキャブ+クリーンディーゼル+4WDで高額となるため、実際には仕事用の乗り換え需要は極めて少なく、初期の受注では富裕な20〜30代の男性ユーザーがレジャー用に購入することがほとんどで、特に20代は6割を占めたという。 日本仕様 年表 [ ] 2017年9月12日 日本仕様を発売。 グレード構成は、「X」、「Z」の2タイプを設定する。 「X」は、ビジネスユースを見据えたシンプルな仕様となり、17インチタイヤ&スチールホイール(センターオーナメント付)を採用。 フロントグリル、ドアミラー、アウトサイドドアハンドル、ドアベルトモールディングはブラック塗装、リヤバンパーはグレー塗装、センターピラーはボディ同色となる。 上級グレードの「Z」は、17インチアルミホイールを履き、フロントグリル、ドアミラー、アウトサイドドアハンドル、リヤバンパーはメッキ加飾が施され、ドアベルトモールディングはステンレス、センターピラーはブラックアウトとなる(アティチュードブラックマイカを選択時、ボディ同色)。 ボディカラーは、「スーパーホワイトII」、「シルバーメタリック」、「アティチュードブラックマイカ」に加え、新色の「クリムゾンスパークレッドメタリック」、「ネビュラブルーメタリック」の5色を設定する。 2018年11月12日 誕生50周年記念特別仕様車「Z"Black Rally Edition"」を発表(12月17日発売)。 「Z」をベースに、外観はフロントグリルやバンパーをブラック塗装の専用意匠とし、タイヤ・アルミホイールは18インチにサイズアップの上、タイヤには文字に白色を記した「ホワイトレター」が、アルミホイールはブラック塗装の専用意匠がそれぞれ採用された。 内装はステアリングホイールの一部やなどにブラックメタリック加飾が施され、専用オプティトロンメーターも装備された。 2019年6月4日 一部改良が発表された(6月24日発売)。 「Z」に装備されている安全装備が強化され、プリクラッシュセーフティは夜間の歩行者と昼間の運転者にも対応。 レーンディパーチャーアラートは警報に加えて逸脱抑制を行うヨーアシスト機能を追加。 さらに、適切な車間距離を保ちながら追従走行を行うレーダー(ブレーキ制御付)、をディスプレイ上に表示して見逃し防止をサポートするロードサインアシスト、前方車両の発進を知らせる先行車発進告知機能が装備された。 悪路走破性を高めるためリアデフロックは設定が拡大され、全車標準装備となった。 なお、特別仕様車「Z"Black Rally Edition"」はベースグレードの改良を受け継続販売される。 2020年5月1日 を除く全ての地域での全車種併売化に伴い、、を除く、・ネッツトヨタ東都を除くでの販売を開始。 自動車番組『トップ・ギア』における扱いと本車の耐久性 [ ] 水陸両用に改造された「Toybota」。 の自動車番組で、ハイラックスの耐久実験が行われたことがある。 この企画は放送時点の13年前に生産された4代目ハイラックスのイギリス向け仕様車両を中古で購入し、初めに階段を下らせ木に衝突させた後、海中に車体を5時間沈め、解体用の鉄球で衝撃を与え、小屋に体当たりさせ、高層建築物の屋上にハイラックスを置き爆破解体工事を行うなど、かなり手荒な方法で破壊が試みられたが、車は基本的な工具のみで修理をしただけで、自走してスタジオに到着した。 そのハイラックスは2017年からイングランドハンプシャー州ビューリー国立自動車博物館のWorld of Top Gearエリアで展示されている。 このハイラックスは、司会のの提案で、以後収録スタジオに展示されることとなった。 またSeries08 Episode3の別な企画では水陸両用車「 Toybota」のベースに使用。 また、7代目ハイラックスをベースにした改造車でに到達した。 さらに、このチャレンジで使用された撮影クルー用の車両が、が氷河の火山に接近するチャレンジにも使用された。 構造は基本仕様だが、飛んでくる高熱の噴石から車体を守るためルーフ上に板を載せ、タイヤが熱で溶けないように冷却水をタイヤに落とす装置を追加している。 これは、を起こす前のロケで、番組中でもことがSeries15 Episode1で触れられた。 また、この時の写真はトヨタ自動車の資料にも使われている。 以上のように耐久力や汎用性について評価は高いが、ジェレミーは自身の自動車コラム記事「 Jeremy's Review」において、近年のハイラックスやランドクルーザーが開発および製造費用の削減や過剰な電子装備によって、耐久力に疑問符が付いていることを指摘している。 他にも、撮影のため車体改造を担当した現地業者の話として、かつてはほぼ無改造で極地の走行ができたが、現行モデルでは多数の補強が必要になっているという。 戦争とハイラックス [ ] タリバンの襲撃が続くの政府軍のハイラックス。 (2009年) の過酷なテストが示すように、ハイラックスは高い耐久力を誇るであり、と共に、機関やNGOが過酷な環境下での支援活動に使用している。 しかし耐久性を有しながら民生品として販売されているため、中東・アフリカで武装勢力のにされることが一般的になっている。 また政府軍に対して欧米が提供した車両が鹵獲・流出するパターンも多い。 この状態は初代ハイラックスが登場した頃から続いているため、部品の流通ルートが確立している上、整備ノウハウも蓄積されており、中東の紛争が続く限りトヨタ車が武装勢力に愛用されるという事態も当面続くと見られる。 このためなどでは国連機関であってもとして改造したハイラックスやランドクルーザーの国外搬出に制限をかけている。 「トヨタ戦争」(チャド内戦) では、同国の政府軍がフランスから供与されたなどを製のピックアップトラックに搭載し、反政府軍を支援していたの部隊を迎え撃つことに成功した。 この戦争の報道写真で、ピックアップトラックの荷台後部に大きく書かれた『TOYOTA』のロゴが目立ったことから、ではこの戦いに『』という呼び名がつけられた。 「」のハイラックスとランクル 2015年(平成27年)にが公開した宣伝ビデオに登場する自動車が、比較的年式の新しいトヨタ自動車の「ハイラックス」と「」であったことから、テロ対策局はに対し、自動車の入手経路等の説明を求めた。 しかし実際にはからへ救援物資として贈られたハイラックス・ランドクルーザーが自由シリア軍の活動中にのISILの武装組織に襲撃・略奪されてISILの手に渡っていたことが後に判明している。 またトルコ・ヨルダン・イラクなど周辺国からの調達ルートも存在しているとされる。 同様のことは以前からあり、でもカナダ政府が中東支援のために提供したハイラックスが強奪されて・ゲリラに渡っていたことがある。 モータースポーツ [ ] トヨタ・ハイラックス ハイラックス EVO 5. チーム名は SA(TGRSA) であったが、2020年からSAが取れてワークス体制であることが明確にされた。 ダカールではオーバードライブ・レーシングもGAZOO Racingとは別に、独自にハイラックスを参戦させている他、同マシンのプライベーターチームへの販売も請け負っている。 なお2017年にはモデルも開発したが、投入直前でお蔵入りとなっている。 TGRSAはで幾度もの表彰台を獲得した後、参戦8年目でハイラックス生誕50周年の2019年にが、二駆・四駆合わせて8台体制を敷いてきたのワークス勢を破り、トヨタ史上初の総合優勝を達成した。 またダカールに並行してFIAにも参戦、こちらもアル=アティヤが2016年と2017年に連覇している。 2020年のダカールではF1王者のもTGRの一員として参戦し、ステージ2位を獲得するなど話題を呼んだ。 では日本とタイのが協力して、製ハイラックスをベースに「ハイラックスREVO」を開発しワークス参戦している他、プライベーターにも供給されている。 この他タイのTOYOTA GAZOO Racingは、ハイラックスREVOによるワンメイクのサーキットレースも開催している。 フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える 2018年4月9日• 日本国内と、東南アジアやアフリカなどのでは、のが「トヨタ・トラック」の車名を使っている。 廉価版は1988年まで。 CarAdvice 2011年6月27日. 2011年7月18日閲覧。 2011年7月14日. 2011年7月18日閲覧。 CarAdvice 2011年7月15日. 2011年7月18日閲覧。 日本仕様車の車両型式• 2015年5月21日. 2015年6月20日閲覧。 トヨタ自動車オーストラリア 2015年5月22日. 2015年6月20日閲覧。 - on line(2017年11月20日 06時30分 公開)2018年3月1日閲覧• プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2017年9月12日 ,• プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2018年11月12日 ,• プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2019年6月4日 ,• National Motor Museum, Beaulieu 2017-08-07 , , 2019年2月23日閲覧。 「IMVの使われ方」の写真を参照。 谷川 潔 2012年4月6日. Car Watch. 2017年5月14日閲覧。 2016年3月25日閲覧。 - NHKドキュメンタリー -• Victor Reklaitis 2015年10月9日. 2016年3月25日閲覧。 ラビ・ソマイヤ 2010年10月19日. 2016年3月25日閲覧。 派生車 [ ]• ハイラックス• 設計、生産はとトヨタの共同。 3代目(180系)以降は(90系以降)とシャーシの多くを共用。 に生産終了し、日本国内ではハイラックスの名が一時的に消えた。 日野製。 日野製。 日野製。 インドネシア、製。 プラットフォーム• ハイラックスヴィーゴ(ハイラックスIMV)• ミニバン。 インドネシアではキジャン/タマラオの後継車キジャンイノーバとして販売されている。 その他ではトヨタ・イノーバ。 インドネシアで生産開始され、トヨタアストラモーター/などでも生産されている。 (南米ではハイラックスSW4)。 トヨタ・タイランド、アルゼンチン・トヨタ、トヨタ南アフリカなどで生産されている。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]•

次の

トヨタ・ハイラックス

トヨタ ハイラックス トラック

改良新型の開発責任者である、トヨタ・ダイハツ・エンジニアリング・アンド・マニュファクチャリング社のジュラチャート ジョンユースック氏は「『前例のない、より良い車』をめざし、多くのフィールド調査を行なって、車が実際にどんな使われ方をしているかを各地で調べた。 その結果として改良新型は、『すべての人にタフネス』というコンセプトで、世界中の消費者のニーズに応えられる車になった」と自負する。 インテリアデザインはタッチスクリーンや計器類を中心に改善され、使い勝手と、車の持つ先進的な性格を表現した。 8インチタッチスクリーンはApple CarPlayとAndroid Autoに対応する。 エンジンは新設定の2. 8リットル4気筒ターボディーゼル・エンジンと従来からの2. 4リットル4気筒ターボディーゼル・エンジン。 タイ市場では2. 4を中心に、上級グレードとヘビーデューティに2. 8が設定される。 オーストラリア市場では2. 7リットル4気筒ガソリンエンジンも従来から引き続き設定される。 8リットル4気筒ターボディーゼル・エンジンの最高出力は150kW(204PS)、最大トルクは1600~2800rpmで500Nmだ。 駆動レイアウトは4WDまたは2WD、ボディはシングル、エクストラ、ダブルキャブの3タイプ、さらに荷台部分を架装していないキャブシャシーも提供され、バリエーションも豊富だ。 タイ市場での価格は54万4000タイバーツ(約190万円)から123万9000(約430万円)、6月からデリバリーを開始した。 オーストラリア市場では8月下旬に店頭に並ぶ予定だ。 《高木啓》.

次の

トヨタ 新型「ハイラックス」試乗&燃費レポート/前時代的でも沢山の“夢”を積める

トヨタ ハイラックス トラック

そもそもハイラックスは、1968年にピックアップトラックとして登場。 それ以来、約180の国や地域で販売され、累計世界販売台数は約1,730万台と、日本よりもアジアをはじめとした、海外の多くの国で愛用されている。 日本でも現在、主に業務で使用する保有者が9,000名ほどおり、「復活して欲しい」という声が多かったことから、再導入につながった。 たとえ1ナンバークラスで毎年車検が必要であることや、高速道路での料金が高いなど、実用面から選択されにくいクルマであったとしても、「人とは違うモノを所有する喜びや、世界中で鍛え抜かれたタフさを持ち合わせているクルマという魅力が、それらよりも上回っている」と開発担当者は言う。 乗り心地や走行性能は前時代的なところもあり、単純にジャーナリスティックに評価をすればダメ出しはいくらでもできる。 しかし、それ以上に大きな魅力を持っているクルマであることも事実なのだ。 今回訪れた「中伊豆ワイナリーヒルズ」の乗馬イメージ そこで今回は、通常の試乗記ではなく、実際に使用シーンを想定して遊びに連れ出してみた。 残念ながら、テスターである筆者にはアウトドアやレジャーの趣味はなく、また、さすがに広報車両とはいえ悪路を走ることに抵抗を覚えるので、ちょっと遠出して東京から中伊豆まで、馬を見にいくことにした。 ハイラックスはダブルキャブピックアップなので、ウエスタンな雰囲気も醸し出していると感じたからだ。 ハイラックスを持つと、こんなことをしたくなるという一例にとらえていただければ幸いである。 その「ボディサイズ」にはやはり驚きを隠せない 前夜はそれほど感じなかったが、改めて新型ハイラックスと自宅駐車場で対面すると、その大きさに驚きを覚える。 特に全長は5,335mmと、たとえば「プリウス」の4,540mmと比較をすると、約80cmも長いのだ。 この長さは、コインパーキングなどに停めるときは注意が必要だなと肝に銘じながらドアを開けて、運転席によっこらしょとよじ登る。 全高は1,855mm、シートポジションもそれなりに高いので、サイドステップに右足をかけ、Aピラーにあるアシストグリップにつかまりながらシートにたどり着いた。 トヨタ 新型「ハイラックス」フロントイメージ さぁ、出かけよう。 もう、昔のハイラックスのようにキーではなく、生意気にも(? )エンジンのストップボタンがある。 ボタンを押し込むと、少し長めにクランキングした後、「ガラガラガラ」という音とともに、2. 4リッターディーゼルターボエンジンは目覚めた。 トヨタ 新型「ハイラックス」のインパネ トヨタ 新型「ハイラックス」のシフトノブ 改めて室内を見渡すと、シンプルで使いやすそうなメーターの配置やスイッチ類が目に入る。 いっぽう、シフトレバーが助手席寄りに配されているのは気に入らない。 左ハンドル市場がメインで、日本では年間2,000台の販売目標、さらにタイで生産されていることなどから致し方ないとは思うが、それでもこういった使い勝手に関してはきちんとした対応を望みたい。 ドライブフィールは昔乗った「ハイラックスサーフ」のまま 今回の目的地は、中伊豆の修善寺。 本来であれば、テスターの住む八王子からは圏央道、東名ルートという高速道路主体のルートになるのだが、レポートの都合上、八王子から高尾山を過ぎ、相模湖から道志みちというルートを取った。 ここでは郊外での燃費計測が目的だ。 信号が少なく、ワインディングも楽しめることから、テスターもよく使うルートである。 アップダウンが多く、かつ、場所によっては道幅が狭いこともあって、新型ハイラックスの使い勝手を見るには適していると判断した。 トヨタ 新型「ハイラックス」の試乗・走行イメージ 乗り始めてまず最初に感じたのは、やはりというか「トラック」という印象だった。 ちょっと職業ドライバーになった雰囲気でドライブを楽しんでいると、だんだんと懐かしい気持ちがこみ上げてくる。 そう、はるか昔、大学のころに流行ったトヨタ「ハイラックスサーフ」とドライビングの感覚が一緒なのだ。 具体的には、ハンドルを切ってからワンテンポ遅れて曲がり始める様子や、路面から少しきつめに伝わる突き上げ感がそう感じさせるのだ。 つまり、その頃から大きく進化していないともいえるし、必要にして十分な完成度を当時から保っていたとも言える。 少なくとも、街中で使っている分には全長を気にする以外、視線の高さをメリットにスイスイと走ることができる。 また、信号からもディーゼル特有の大きなトルクで2トンのボディを軽々と発進させるので、街中でのかったるさは一切感じられなかった。 細い道でも意外と気にならない「車幅」 道志みちに入ってしばらく進むと、「スーパーインテリジェント6速オートマチック」と呼ばれる6速ATが最適なギア比を持っていることがわかった。 比較的、頻繁にギアチェンジが行われ、エンジンのトルクを最適に引き出すのだ。 そうすることで上り坂やコーナーでの立ち上がりでもたつくことなく、かつ下りでもシフトダウンするのでエンジンブレーキも積極的に使うことができた。 また、その変速ショックもスムーズなので、助手席でエンジン音を気にしていなければ、いつ変速したか気にならないくらいだ。 トヨタ 新型「ハイラックス」の試乗・走行イメージ もうひとつ、驚いたのは車幅が気にならないことだ。 それは、これまで述べてきた車高の高さによる前方の見晴らしのよさとともに、左フェンダーから生えている補助確認ミラーが車幅の確認に大いに役立っている。 その結果、すれ違いが難しい細い道などでもぎりぎりまで左側に寄せることができ、また、普通に走っていてもきれいに歩道の白線をトレースすることが可能なのだ。 長さ方向も、リアのオーバーハングがむやみに長くはないため、気になることはなかった。 トヨタ 新型「ハイラックス」の試乗・走行イメージ ひとつひとつのコーナーもきちんと減速をして、ゆっくりとしたステアリング操作を心がければ、ボディの重さも気にならない。 もちろん俊敏にコーナーリングを楽しむとまではいかないが、前述のワンテンポ遅れるコーナーリングスタイルの癖さえわかっていれば、素直で気持ちがいい。 ステアフィールも、電動パワーステアリングのように、むやみに軽かったり、路面からのフィールがほとんど感じられなかったりということはなく、よくできた油圧パワーステアリングで、とてもスムーズに操舵できる。 長時間乗ると身体が痛くなる「シート」は改善の余地が トヨタ 新型「ハイラックス」のフロントシート トヨタ 新型「ハイラックス」のリアシート いっぽう、気になる点もある。 それはシートだ。 最初の座り心地はよいのだが、座面の形状から尾てい骨が痛くなってくるのだ。 また、腰の部分のホールドも決してよくはないため、腰もだるくなってしまった。 ただ、乗り心地は覚悟をしていたためか、それほど大きな負担にはならなかった。 もちろん、突き上げなどはそれ相応に感じられるが、トラックと思えば十分に許容範囲だし、その雰囲気を楽しむのも一興である。 トラックドライバー達から多くの注目を浴びる新型「ハイラックス」 道志みちを過ぎて、御殿場まで一般道を走って来たので、本来であれば東名高速道路に乗る予定だったのだが、このクルマで淡々と高速を走るのはあまりにも味気ないと、そのまま一般道で中伊豆を目指すことにした。 246号線から伊豆縦貫道を経て、現地に向かうルートだ。 そこで面白かったのは、多くのトラックドライバーたちが真剣に新型ハイラックスに見入っていたことだった。 大型トラックからは少し見下ろす程度の高さで、小型・中型トラックはほぼ同じ位置の目線なので、彼らの顔の動きがよくわかるのだ。 ターゲットユーザーと思しき団塊世代の男性たちは、かなり興味を持っていたようなので、商品コンセプトはぴったり当たっていたということだろう。 トヨタ 新型「ハイラックス」のリアイメージ 途中、住宅街のパン屋さんに寄った際、改めて車体の長さを感じた。 そう、駐車場に入らないのだ。 バックモニターを使って後ろまでぴったり寄せても、フロントホイールから前が道路にはみ出してしまった。 やはり、出先での駐車場はある程度考えておいたほうがよさそうだ。 もうひとつ、ブレーキングも気にしたい。 道志みちではそれほど気にならなかった(スピードが出ていなかった)のだが、やはり2トンのボディは十分に重く、ブレーキング時は思った以上に強く踏み込むことが必要だ。 なので、高い視界を有効に使って信号のタイミングを見極めた方が、より安全かつスムーズなドライビングにつながるだろう。 だが、静粛性が高いというわけではない。 何かがむやみやたらとうるさいということではないのだが、速度に応じてさまざまな音が発生するものの、あまり気にならないと言ったほうが正しいだろう。 ハイラックスで乗馬を楽しむという「夢」 今回、目指した先は「中伊豆ワイナリーシャトーT. S」という、その名の通り広大なブドウ畑とワイナリー、そして見事な景観のシャトーがある場所だ。 トヨタ 新型「ハイラックス」フロントイメージ 中伊豆ワイナリーヒルズにある、ウエスタンスタイルステーキハウス「マーベリック」 先日、クラシックカーイベントの取材で訪れたときに、シャトーの横にウエスタンスタイルステーキハウスの「マーベリック」が完成して、そのテラスから放牧中の馬が見られるようになったので、訪れてみた次第だ。 中伊豆ワイナリーヒルズでは体験乗馬もできる 現在、中伊豆ワイナリーヒルズでは15頭の馬が飼育されており、1頭を除きアメリカンクォーターホースというウエスタンの馬だ。 アメリカンクォーターホースは従順かつ温厚な気質で、もともとはカウボーイが一緒に仕事をする馬なのだそうだ。 ここでは実際に見るだけではなく、体験乗馬も可能。 担当の中田さんによると、「あくまでも予約が優先ですが、天候などのコンディションがよく、予約がない状況であれば、乗馬が可能な場合もあります。 ただし、服装などによっては本格的なレッスンでは乗馬ができない場合もありますので、前もってお電話でお問い合わせください」とのこと。 中伊豆ワイナリーシャトーT. Sの鈴木聡子さんと中田竜太郎さん また、中田さんは「まずは乗ってもらうことが大事なのです。 引き馬ではつかまって乗っているだけなので、手綱を握る感覚と全然違います。 初めての方は、大きい馬は怖いというイメージもあるかもしれませんが、ウエスタンの馬は従順で温厚です。 まずは乗ってもらい、一度自分で手綱を握って馬を動かしてもらいたいですね」と語る。 そして、「時間に余裕のある方々にも乗馬というものの技術を一生涯かけてゆっくりとスキルアップしてもらえると嬉しいですね。 ここは初心者から玄人の上級者の方までレッスンできる施設です」と紹介してくれた。 ここでは、初心者でもしっかりとした指導の下、そのレベルに合わせて30分のレッスンとブドウ畑の散歩を30分ほど楽しませてくれる体験乗馬コースもあるので、興味のある方は一度トライしてみてほしい。 現在49頭しか生存していない日本の固有種だ。 小柄な農耕馬で、馬を使う作業に従事していたものの、機械化が進んで頭数が減ってしまったのだ。 近年繁殖などでようやく49頭まで増えてきたが、関東近郊で見られるのはここだけであるというから、優香ちゃんに会うだけでも訪れる価値はあるだろう。 ビーフハンバーグステーキ(左)とビッグサイズ・カウボーイステーキ(右) こういった話を聞きながら、マーベリックで美味しいビッグサイズ・カウボーイステーキ(1,980円)と、同行者はビーフハンバーグステーキ(1,780円)を食した。 食レポは得意ではないが、どちらもしっかりとした肉の味を堪能できた。 150km以上の一般道走行の疲れも吹き飛び、再び新型ハイラックスに乗り込んだ次第である。 中伊豆ワイナリーシャトーT. shidax. トータル360kmほどの距離を走破した。 正直に言うと、少々疲れたというのが本音だ。 しかし、それは十分クルマを楽しんだうえでの心地よい疲れであった。 燃費は「良好」 最後に、燃費について触れておこう。 実燃費テストの走行パターンは、「市街地」「郊外路」「高速道路」の3種類でそれぞれ計測。 「市街地」が新宿から八王子までの渋滞の激しい約30km。 「郊外路」は、八王子から高尾山を過ぎ、相模湖から道志みちに入って奥相模湖付近から折り返す、信号が少なく快走路からワインディングまで変化に富む約50kmのルート。 「高速道路」は、相模湖ICから新宿までの約60kmのルートとした。 その結果は、 ・市街地:9. アイドルストップもない、ディーゼルターボエンジンでありながら、この結果は立派なものだ。 非常に効率のいいエンジンであることがうかがえる。 また、高速でもギア比が適切であることと、重量級であることから、下り坂を有効に使うことができるので、思ったよりも燃費が伸びたと思われる。 実際に、上記のルート以外でも逐次燃費を計測したが、ほぼこれと同様の結果が得られた。 タンク容量は80リットルなので、高速では1,000kmを超える長い脚をもつことになる。 荷台いっぱいの夢を載せて トヨタ 新型「ハイラックス」フロントイメージ 本文中でもいくつか触れたが、新型「ハイラックス」で気になるところの大半は設計年次の古さからくるものばかりだ。 しかし、そこを改良することで信頼性や悪路走破性が揺らいでは本末転倒だ。 また、海外生産というリスクから、十分なノウハウの蓄積が必要になるので、新たなトライは極力避けたいという思いはよくわかるし、そこがまたこのクルマの魅力にもつながっている。 トヨタ 新型「ハイラックス」リアイメージ 冒頭にも書いたが、評価としては時代遅れのトラックを再び輸入・販売する意味があるのか?となってしまう。 しかし、実際に総トータル700kmほど新型ハイラックスと付き合ってみて、今回のように、新型ハイラックスがあることによって、どこに行こうか、あるいはどこに行けるかという思いは果てしなく広がっていく。 これがもし、ほかのクルマであったならこういった気持ちになったかは非常に疑わしいし、そもそも、中伊豆まで馬を見に行こうなどとは思わなかったに違いない。 そういう思いに駆られるクルマ、新型ハイラックスは実は今の自動車に求められている楽しさを表現できている重要なクルマなのかもしれない。 荷台には500kgの荷物が積めるし、キャビンには5人乗ることができる(後席は乗り心地を含めて厳しいだろうが)。

次の