鎌倉 市 ゴミ 袋。 鎌倉市/紙類の出し方

小町商店会 「おもてなし袋」配布へ 食べ歩きごみ対策に一手

鎌倉 市 ゴミ 袋

不法投棄は増えた? 指定有料袋に入れないとどうなるの? キニナル投稿にもあるが、指定ごみ袋を買わなくてはいけないとなると、ルールを守らない人が出たり、ポイ捨てや不法投棄が増えたりしないのか? という懸念が生じる。 実際に有料化が始まってからは、やはり単身でアパートに住んでいる人が指定の袋を使わなかったり、夏場の海への観光客がごみを置いて行ってしまったり、ということはあったそう。 ポイ捨て、よくない! 指定外の袋でごみ集積所に置いて行ってしまうと、そのごみは収集されず集積所に残されることになる。 「だめシール」というものが貼られた状態で1週間集積所に置きっぱなしになり、それでも本人が持って帰らない場合は次週に回収されるそう。 、鎌倉市ではごみを開封調査できる条例がないため、開封してチェックすることはないとのこと。 「今後は開封調査できる条例成立を目指したい」と野田さん。 横浜は条例に基づいて開封調査を実施 ごみ出しの違反が繰り返されると、集積所に立って注意を行う「立ち番」をして直接指導したり、ポスティングで注意をしたりするそう。 しかし、指定収集袋を使わないなどの違反はあまりないそうで「ほかの市区町村の例と比較しても、鎌倉市の違反数は少なかった」とのこと。 予想以上にきちんと周知され、受け入れられたようだ。 また、ポイ捨てに関しても「有料化の前から一定数はあり、有料化後にそれが特別に増加したということはない」という。 キャラクターでごみの減量(リデュース)、リユース、リサイクルの3Rをキャンペーン 観光客のごみは基本的に持ち帰ってもらうとし、現在はJR鎌倉駅の西口と東口の2ヶ所のみしか、ごみ箱を設置していない。 ちなみに、ごみ袋が有料化となったのは約1年前だが、分別方法はそれ以前から変わらないそう。 そのため鎌倉市民にとっては「分別に関しては今までどおりで袋だけ変わった、という印象なのでは?」とのことだった。 鎌倉市の住民はどう思っている? 鎌倉市内に住む皆さんは、今回のごみ有料化についてどう思っているのだろうか? 街を歩く人に意見を聞いてみた。 鎌倉市役所前の横断歩道を歩いていた40代女性に聞くと「ごみが減って、すばらしいと思う。 実際に集積所を見てもすごく減った感じがする」との答えで、ごみ袋の値段については「あまり気にならない」とのこと。 続いて、90歳と88歳のご夫婦。 鎌倉には30年以上住んでいるそう。 「生ごみは庭の土に返すようにしています」と奥さん ごみの有料化については「ごみ捨てのマナーをみんなが守っていて良いと思う」と、こちらも友好的な意見。 「ごみ袋の値段も、そんなに困るくらい高いわけではないからね」とのこと。 「でも、できるだけ減らして、小さい袋に入るようにしています」とのことだった。 その後、幼稚園生を抱っこした主婦やベビーカーを押している30代の主婦、小学生を連れた30代主婦、70代女性、男性・・・など鎌倉市で暮らす人々計約20人にインタビュー。 「有料化と聞いて、はじめは、え!? とショックだったけど・・・」という意見もあったが、皆さん異口同音に「ごみを減らす努力をしている」と話していて、「ごみ袋も高いなあと思うけど、街のためだし、それほど気にならない」という意見が多かった。 取材を終えて 取材中、ごみ袋の値段を聞いて「えー!」と思い、分別方法の細かさを聞いて「おお!」と思ったが、ごみ減量対策課のお二人の話を最後まで聞くと「なるほど、そこまで資源をリユースするのって、地域にとっても地球環境にとってもいいな!」と感じた。 それにしても、鎌倉市に住むと、自宅にゴミ箱が何個もいるよね・・・。 それを市民に尻拭いさせようとする傲慢さに怒りを感じる。 自分の家も鎌倉市に近いため、近所から越境ゴミが増えた!と嘆いていたし、鎌倉市のやり方に怒りを感じているのは周辺地域にも及んでいる。 岡本の高台工事で近隣住民から裁判を起こされ、敗訴したから原状復帰させるのに税金を投入しようとしたので、住民から猛反発くらってしまうし、北鎌倉駅横の素掘りのトンネルも勝手に危険と決めつけ通行止めにして、住民の反対を押し切って開削しようとしたので差し止め訴訟を起こされて止まっている。 肝心の住宅地にある危険な崖を対策はしないので、かなりの鎌倉市民は声を聞き入れない今の市長に対して不平・不満を募らせている。

次の

佐久間商事

鎌倉 市 ゴミ 袋

観光客による食べ歩きやポイ捨てといったマナーの悪さが問題視される小町通りで今月、ごみや土産品を入れて持ち帰れる「おもてなし袋」が配布される。 作成したのは小町商店会。 散乱したごみの処理に頭を悩ませてきた会員が、シックなデザインと耐水加工を施した紙袋でまちの美化に一石を投じる。 かつて住民の生活道路として利用されていた小町通り。 外国人を中心に観光客が増え続け、近年では観光道路へと変貌を遂げている。 いつしか混雑した通りでの食べ歩きやごみのポイ捨てなど、一部の観光客によるマナーの悪さも目立つようになった。 小町商店会は5年前、会員約240店舗にアンケートを実施。 約7割が「食べ歩きは反対」と回答した。 一方で食べ歩きするような商品を販売する店舗は、市外から参入してきた企業が大半で商店会の会員ではないことが多かったため、「ごみ問題は受益者負担で」という声も多かった。 そうした状況を踏まえ市は今年、観光客らに食べ歩きなどを自粛するよう求める「マナー条例」を施行。 商店会でも「八幡宮の参道です マナー守って鎌倉散策」の標語を記した啓発フラッグを掲げたが、路地や植え込みなどにごみが散乱し、食べ物が付着した手で売り物を触られるといった状況は変わらなかった。 高橋令和会長は「生まれ育ったまちが、汚されていくことが我慢ならなかった」と話す。 持ち帰りたくなる紙袋 そこで商店会会員の間で持ち上がったのが「ごみ袋を配布する」というアイデア。 ただごみ袋自体が捨てられる可能性もあることから「持ち帰りたくなるような袋を作ってみては」と考え「おもてなし袋」が誕生した。 A4サイズの紙袋には、小町通りのシックなデザインと「鎌倉の想い出はゴミと一緒に持ち帰りましょう」のメッセージを日本語と英語で印刷。 耐水加工も施しており、土産品を入れるにも便利になっている。 商店会では約40万円をかけて5千枚製作。 県の「商店街魅力アップ事業」の補助金で、製作費の3分の1をまかなう。 12月21日(土)、22日(日)には街頭で、会員と地元高校生などのボランティアが紙袋を配布する。 午前11時から午後4時まで。 高橋会長は「配って終わりではなく、結果を分析し、未来のまちの美化につなげたい」と話す。

次の

鎌倉市 「焼却施設建設しない」 ごみ処理方針の転換発表

鎌倉 市 ゴミ 袋

無料お見積り 鎌倉市内即日対応! 鎌倉市内どこでも無料でお見積りにお伺いいたします!お電話1本で即日対応いたしますので、お気軽にご連絡ください。 高価買取 不用品の査定も対応 佐久間商事では買取できるものは買取を行います。 幅広く査定を行っておりますので、お見積りだけでもお気軽にどうぞ。 追加費用なし 見積もり以上はいただきません お見積りから追加で費用をいただくことはございません。 不用品回収業者でよくある追加費用トラブルは一切なし• 安心の保険加入 損害保険の保証完備 損害保険に加入しておりますので、作業中に万が一のことがあっても安心してご依頼していただけます。 迅速対応 即日対応! 鎌倉市内であれば、お電話をいただけましたらすぐにお伺いさせていただきます。 お急ぎの場合でも大歓迎です。 少量でもしっかり対応 不用品1点から一軒家まで 不用品1点からの回収でも喜んでお伺いいたします。 ゴミ屋敷や部屋単位でも対応できますので、まずはお気軽にお見積りを! お知らせ News 許可書を持たない不用品回収業者にご注意を! 不用品回収業者の中には、市町村の許可を得ずに、家電や家具などの不用品を無許可で回収している業者が多くおります。 こういった業者は不法投棄により、不用品を処理していることがあるため、 環境省では無許可の業者を利用することを禁じております。 また、「産業廃棄物処理の許可」や「古物商の許可」を提示し正規業者を装う業者もおりますが、ご家庭の廃棄物を回収できるのは、 「一般廃棄物処理業の許可」を持つ業者だけです。 こういった業者は安い、無料などと宣伝しておりますが、実際は不用品を処理するのに費用が発生しますので、 依頼をした際に突然高額請求をされることや、不法投棄の責任を押し付けられることもありますので、 必ず正規業者に依頼するようにしましょう。

次の