にゃんこ レジェンド 敵一覧。 真レジェンドステージ

にゃんこ大戦争のレジェンドステージに出現する敵まとめ【全ステージ掲載】|にゃんこ大戦争攻略ノート

にゃんこ レジェンド 敵一覧

レジェンドステージ一覧 このあたりから編成をしっかり考えて挑まないと、ゴリ押しではクリアが難しいステージが増えてくる。 敵の弱点を確実に突くことのできるキャラを必ず編成するようにしていこう。 一部スマホ版の情報を参考にしています。 攻撃力が高い上、攻撃射程も長い。 攻撃速度は変わらないため、前線を維持しつつ、少しずつダメージを与えていこう。 攻撃頻度が高いため、前線を維持するのが、なかなか難しい。 クリティカル攻撃持ちのキャラを編成しておこう。 攻撃頻度はさほど高くないので、単体ではあまり驚異ではない。 攻撃力も高く、攻撃頻度も速いため、体力の高いキャラを編成してダメージを与えていこう。 波動の射程が非常に長いため、遠距離キャラをもなぎ倒していく。 波動無効キャラがいれば攻略はラクになるが、持ち合わせがなければ体力の高いキャラを編成して、少しずつダメージを与えていこう。 前線を維持しつつ、遠距離範囲攻撃でダメージを与えていこう。 ブラックマ出現に備え、にゃんこ砲は残しておくのが吉。 対赤い敵に特殊効果を持つキャラを編成して挑もう。 対黒い敵に特殊効果を持つキャラを編成して挑もう。 砕けた仮面 要注意敵キャラ:マンボーグ鈴木(天使)、天使スレイプニール(天使) 天使オンリーステージ。 対天使に特殊効果を持つキャラを編成して挑もう。

次の

真レジェンドステージ

にゃんこ レジェンド 敵一覧

レジェンドステージ一覧 このあたりから編成をしっかり考えて挑まないと、ゴリ押しではクリアが難しいステージが増えてくる。 敵の弱点を確実に突くことのできるキャラを必ず編成するようにしていこう。 一部スマホ版の情報を参考にしています。 攻撃力が高い上、攻撃射程も長い。 攻撃速度は変わらないため、前線を維持しつつ、少しずつダメージを与えていこう。 攻撃頻度が高いため、前線を維持するのが、なかなか難しい。 クリティカル攻撃持ちのキャラを編成しておこう。 攻撃頻度はさほど高くないので、単体ではあまり驚異ではない。 攻撃力も高く、攻撃頻度も速いため、体力の高いキャラを編成してダメージを与えていこう。 波動の射程が非常に長いため、遠距離キャラをもなぎ倒していく。 波動無効キャラがいれば攻略はラクになるが、持ち合わせがなければ体力の高いキャラを編成して、少しずつダメージを与えていこう。 前線を維持しつつ、遠距離範囲攻撃でダメージを与えていこう。 ブラックマ出現に備え、にゃんこ砲は残しておくのが吉。 対赤い敵に特殊効果を持つキャラを編成して挑もう。 対黒い敵に特殊効果を持つキャラを編成して挑もう。 砕けた仮面 要注意敵キャラ:マンボーグ鈴木(天使)、天使スレイプニール(天使) 天使オンリーステージ。 対天使に特殊効果を持つキャラを編成して挑もう。

次の

にゃんこ大戦争攻略

にゃんこ レジェンド 敵一覧

編成(名前は左から右の順番)• 1ページ目:狂乱のネコビルダー、狂乱のネコカベ、ゴムネコ、プレーンネコ、ネコジェンヌ• 2ページ目:暗黒ネコ、ニャーコック船長、ネコキングドラゴン、ネコジャラミ、狂乱のネコムート• にゃんコンボ:なし• 壁役:狂乱のネコビルダー、狂乱のネコカベ、ゴムネコ• 範囲攻撃キャラクター:ネコジェンヌ、狂乱のネコムート• イノシャシ対策:暗黒ネコ、ニャーコック船長• シャドウボクサー対策:プレーンネコ• ただし、かなり+強化をしないと安定感に欠ける。 プレーンネコ:ガチャ限定のレアキャラクター「ブリキネコ」の第2形態。 ごくたまに黒い敵をふっとばす特殊能力を持っている。 量産しやすい低コストながら、攻撃射程が長めなのが魅力。 前線で意外と生き残ってくれる。 今回はシャドウボクサーのふっとばし役を担当。 地味だが、攻撃キャラクターを守るためにはかなり重要だ。 ニャーコック船長:ガチャ限定のレアキャラクター「ねこ海賊」の第2形態。 ごくたまに赤い敵をふっとばすことができる。 プレーンネコの対赤い敵バージョンといった性能。 イノシャシをけっこうな頻度でふっとばしてくれる。 こちらも、敵の進攻を遅らせる重要な役割を担う。 イノシャシ出現に合わせて投入できるようにしておこう。 このパーティーでの戦術 シャドウボクサー対策は常時生産:シャドウボクサーは、常に出現しているといっていい。 単体ではさほど強くないが、複数体いたり、他の敵と攻撃が重なったりすると、かなりの突破力になる。 ダメージソースであるネコムートの被弾を減らすためにも、対策キャラクターは常に投入しておこう。 イノシャシ出現前に準備を整えよう:イノシャシに前線を突破され、ネコムートなどが攻撃されることを避けるため、対策キャラクターはあらかじめ投入しておきたい。 目安は、イノシャシ撃破後から次が出現するまでの間。 このあたりで投入しておくと、イノシャシが再出現したころに、前線に到達している状況にできる。 このステージのイノシャシはそれほど体力が高くないので、すばやく処理できるとボスへの攻撃チャンスも増える。 ボスへの攻撃チャンスを見逃さない:定期的に出現するイノシャシを倒すと、少しの間ボスの取り巻きが手薄になる。 ダメージを与えるチャンスなので、ネコジャラミやネコムートで確実に削っておこう。 ただし、近距離攻撃のネコジャラミは、イノシャシやシャドウボクサーがたくさんいる状況下ではボスに攻撃が当たりづらい。 長持ちもしないので、チャンス以外では出さないほうが効率的だ。 ウルフとウルルン:このステージで入手可能なEXキャラクター。 体力と攻撃力が高く、遠距離範囲攻撃を持ち、かつ攻撃速度も速いという死角のない強さを誇る。 ただし、あまり前には出てこないので、単体なら能力ほど恐くはない。 体力が高いので、取り巻きが少ないときに、ネコジャラミやネコムートなどで強力な一撃を的確に当てていこう。 イノシャシ:攻撃を繰り返しながら猛進する赤い敵の代表格。 前線を蹴散らしてくるため、後方のキャラクターが攻撃を受ける危険性が増す。 壁役や赤い敵を妨害できるキャラクターで、進攻を止めながら攻撃していこう。 ダチョウ同好会:イノシャシの射程を長くしたようなキャラクター。 確率でクリティカル攻撃を行うため、単体で前線を突破する可能性もある強敵。 白い敵で、妨害できるキャラクターが少ないところも難点。 対策が立てづらいため、壁役と遠距離攻撃で徐々に削るしかないのが現状だ。

次の