バリウム トイレ。 トイレにバリウムが、、、

バリウムが流れない!なぜトイレに白い固まりは残ってるの?

バリウム トイレ

トイレに詰まりやすいバリウム 健康診断でバリウム検査をすることはよくありますが、そのバリウムがトイレに詰まってしまうことは少なくありません。 バリウム検査はバリウムを飲み、下剤で強制的に出さなければなりません。 そのバリウムは、トイレの便器や排水路に付着すると簡単に取れなくなってしまいます。 また、しっかりとトイレが流れたと思っていても水が白く濁ることもあります。 これからバリウム検査を控えている人は、対処法を知っておくと安心です。 トイレの便器にバリウムを付着させないための対処法の一つに、トイレットペーパーを敷くことが挙げられます。 トイレットペーパーを敷いてバリウムが直接、便器に付着しないようにする簡単な方法です。 しかし、大量にトイレットペーパーを敷いてしまうとトイレが詰まる原因となるため、敷く量には注意してください。 トイレにバリウムが残ったときは トイレの便器にバリウムが残ってしまったときの対処法もあります。 例えば、割り箸で取る方法です。 大きなバリウムは、水を流しても流れにくいため、割り箸で直接トイレの便器から剥がします。 このとき、割り箸で便器を擦るようにしてしまうと、便器の表面が傷つくため、剥がすようにしてください。 大きなバリウムは割り箸で取りやすいですが、細かいバリウムの場合は、ゴム手袋とブラシを使います。 ゴム手袋で直接バリウムを剥がしたり、ブラシで磨いたりすると効果的です。 この対処法でもバリウムが完全に流れない場合は、ぬるま湯を流しましょう。 お湯がバリウムを溶かしてくれます。 注意しなければならないポイントはお湯の温度です。 熱湯をかけると便器が割れる可能性があります。 45度程度のぬるま湯を流してください。 ぬるま湯でバリウムを流した後、水が白くなる場合は洗浄剤で溶かします。 市販の洗浄剤を使うことで、早くバリウムが流れていきます。 さらにブラシなどで擦ると、便器に付着した残りのバリウムも綺麗に落ちるでしょう。 このように様々な対処法がありますが、どの方法でも対処できないこともあります。 その場合は、自然になくなるまで待つしかありません。 2週間ほどかかることもありますが、毎日、地道に掃除をしているとバリウムが綺麗に流れるはずです。 それでも解決しない場合は業者に相談しましょう。

次の

バリウムウンコがトイレに鎮座して流れない件

バリウム トイレ

バリウム検査を受けたことがありますか? 胃がんの早期発見、また、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃ポリープ・胃炎なども発見することができる検査です。 検査の〇時間前からは何も食べないでね~と、指示を受け、検査当日は胃を空っぽにした状態でバリウムを飲みます。 バリウムは美味しくないです。 昔を思えば随分美味しくなったとか、以前よりも飲まされる量が少なくてよくなったとかいろいろ聞きますが。 私が飲んだことがあるのは ヨーグルト味(?と言われました)の白い生暖かい液体でした。 美味しくありませんでした。 検査技師の指示に従って飲み、へんてこな検査台の上でゴロゴロさせられたり、逆さまにされたり。 そうそう!胃を膨らますためにバリウムを飲む前に炭酸を飲むのですが、そのおかげでゲップが出そうになるのです。 それなのにゲップ出さないで我慢して!と言われ、右回り!ハイもう一回!そこで止めて!と・・・。 何の苦行なの?拷問か!と突っ込みたくなる検査ですが、これの 厄介なところは検査の終わった後もバリウムが全部排出されるまで面倒が続くということです。 来ていただくと結構な額のお支払いをすることになります・・・ そんなことにならないためにも、しっかり流してしまう方法を調べました! 割りばしで取り除く 固まってしまったバリウムは 割りばしでつまんで取り除きましょう。 「流す」でなくてすみません。 けれど、物理的に流れないものは取り除くのが一番です。 ブラシでこすり取る トイレ掃除ブラシでゴシゴシと磨きましょう。 金属タワシなどは便器を痛めてしまう可能性があるので避け、通常のトイレ掃除用でゴシゴシしてください。 1回でダメでも何度もトイレの度にゴシゴシしたら流れていきます。 最近のトイレはどれも節水仕様になっているので水が少なく流す力が弱いと、修理業者の方が言っていました。 なので、普段よりも多めのお水を流すことで僅かな詰まりは解消できるそうです。 バリウムのような固まりやすく流れにくいものはぬるま湯を使ったらいいと聞きましたので是非ためしてください。 気になる時はなるべくこまめに流すことを心掛けた方が良さそうです。 トイレ掃除気になる方はこちらも参考にしてみてください バリウムを詰まらせないための対処法 流れない!と困ってからの対処法を調べてきましたが、バリウムが流れにくい物質であることが分かったのですから、 詰まらせない予防策はないものか?と思いますよね。 トイレットペーパーを先に敷いておく バリウムを飲んだ後のトイレ使用時には先に便器の中にトイレットペーパーを敷き、バリウムが直接便器につかないようにするのが良いです。 トイレットペーパーと一緒にきれいに流れてくれます。 但し、あまり大量のトイレットペーパーを一度に流すのは詰まりやすくなるので気を付けましょう。 水を流しながら使用する 水を流しながら用を足せば、便器にくっつく暇なく流れてしまします。 どれもスマートな、とか、画期的な方法ではないですが、バリウムが流れなくなってから困るよりはずっと良いと思います。 バリウムが出ない ずっと体の外に排出されてからの話をしてきましたが、そもそも排出が困難になってしまいやすいのがバリウムです。 検査が終わると直ぐに看護師さんから下剤を飲むように勧められます。 日ごろから便秘気味の人には通常の倍量の下剤(2回分)を渡すことも。 とにかく 指示通りにすぐに飲むこと。 水分もたくさん摂ることが大切です。 うっかり忘れると、バリウムがなかなか排出されずに、カチカチの便秘になってしまうこともあるようです。 私が検査を受けた時は、検査の後すぐに大量の水分と食事を摂りました。 何も食べていない時間が長かったので食べたかっただけ、なのですが。 おかげでその日のうちにかなり排出しました。 知人は下剤を飲んで帰宅途中でお腹が痛くなったら困るし~と、下剤を飲まずにいたらひどい便秘になり再び病院に行くことになりました。 医療機関の処方される薬によっても、また個人の状態でも下剤の効き方の差があるようですが、通常は6~12時間で出るようです。 早い人は2時間くらいで出てしまうことも。 15時間以上バリウムが全くでないようなら下剤を追加服用します。 追加して24時間以上たっても排便が無ければ、病院に行った方が良いです。 バリウムが消化管で固まって排便が困難になったり、 消化管に孔(あな)が開くこともあるのだそうです。 腸閉塞になることもあるそうですから怖いですよね。 どうなんだろう?体の中に入れるものだし、使用できるものとか限りがあるんじゃないのかな? 製薬メーカーとかが考えているのかもしれないけどね… バリウムには稀(まれ)にアレルギー反応のでる人もいるようです。 症状は じんましん・気分が悪い・顔色が青白くなる・手足が冷たくなる・喉がつまる・息苦しい・息がしにくいなど。 万一アレルギー反応が出た時はすぐに病院に連絡が必要です。 副作用についての詳細はこちら: バリウム検査の代わりは? 検査そのものも拷問?苦行?みたいな感じですし、バリウムをスッキリ出せなくて苦しんだり、トイレが流れなくなったり、稀にアレルギーまで起こす人もいるというのに、なぜこの検査をするのか? と、疑問に思ったのでちょっと調べてみました。 私のような素人が聞いてもわかる胃ガンなどの他の検査方法は 胃カメラです。 直接胃の中にカメラを入れる検査で、カラーで胃の中を見ることができるため病変の発見がしやすく、胃がんの早期発見については胃カメラの方がバリウム検査より優れています。 腫瘍や潰瘍のような組織は、その場で採取をして精密検査を行うこともできます。 おおお~~~胃カメラ良いじゃないの! ではなぜ、胃カメラ検査をせずにバリウム検査をするのでしょうか? 一つには医療機関側の都合もあります。 胃カメラは医師でないと扱えませんが、バリウム検査は医師でなくレントゲン技師ができること。 医師が不足していて集団検診などではとても検査しきれないのです。 それに医師とレントゲン技師では人件費も大きく違います。 費用の面でも差があるということです。 簡単ですが比較表を作ってみました。 バリウム検査 胃カメラ検査 比較的費用が安い 胃全体の形がわかる スキルス性などの特殊な癌を見つけやすい場合もある バリウムをきちんと排出するまで大変 検査に痛みはないが不快や苦痛はある 病変を見つけることができるが、別に精密検査が必要になる 放射線を微量に浴びる 費用が高い 医師の技術力によって発見に多少の差がある 病変がわかりやすい 調べていたらこんな本を見つけました。 この本がすべて正しいのか私には判断がつきかねますけど、そうなのか~と思うところもあります。 トイレにバリウムを残さないために• 先にトイレットペーパーを敷いておく• 水を流しながら用を足す それからバリウム検査を受けたときは• 医療従事者の指示通り下剤を使用し、水分を多めに取りましょう。 アレルギー反応が起きているときや、長くバリウムが排出されないときは病院に連絡しましょう。 バリウム検査を受けるか受けないかは、医師との相談や自分自身でもよく調べて判断していくことも必要なのかもしれないと思いました。 集団健康診断であっても、バリウム検査を受けずに自身で胃カメラ検査に変更することなども可能です。 すべてを受け身で行うのではなく、自分の体の状態と専門医の知識とを受け止め判断ができるようになりたいと思いました。

次の

トイレに沈殿したバリウムを綺麗に流す方法

バリウム トイレ

まずは結論:お湯で流しましょう。 先に結論からお伝えします。 トイレには水分量を一定に保つ構造になっていますので、温かいお湯をバケツなどでゆっくり注いでいくことで、沈殿したバリウムがお湯で排水管へと流れていきます。 温かいお湯の力によって、バリウムも溶けて流れやすくなりますので、水ではなく必ずお湯を使うようにしましょう。 バケツで4杯~5杯ほど流せば、沈殿したバリウムが消えていることに気がつくと思います。 トイレの底部を物質でつついたりしなくてもいいので、気分的にも一番爽快でカンタンな方法です。 ぜひ試してみてください! なお、一気にドバっとお湯をそそぐと周囲に水がはねたり、急激な水圧の変化で便器の水が逆流してしまいますので、くれぐれもゆっくりと丁寧に注ぐようにしましょう。 NG、熱湯は使わないようにしましょう。 熱湯を使ってしまうと、急激な温度差により、便器割れが発生する恐れがありますので、水温には注意が必要です。 NG、バリウムを割り箸・棒などでこする。 ネット上では、トイレに沈殿したバリウム部を割り箸などで、こそげおとすという方法を推奨している人もいますが、この方法はおすすめしません。 なぜなら、棒がバリウムゾーンに到達するとバリウムが水分の中に拡散して、トイレ内の水が白く濁ることで、バリウムが見えなくなるからです。 さらに、見える範囲だけでなく奥の方までバリウムが付着している場合が多いので、棒が届く範囲には限界があります。 表面的には綺麗に見えても、可視化できない範囲にバリウムが付着している可能性もあります。 NG、何度も「大」「小」で流す方法。 まず、覚えておきたいのはトイレの底に沈殿したバリウムは重みがあるので、トイレの水圧では流れません。 大量のトイレットペーパーを一緒に流して、バリウムを流そうとする行為も、トイレ詰まりの原因になりますので絶対にやめましょう。 沈殿したバリウム問題は、トイレのレバーだけでは解決できません。 何度流しても意味がなく、水道代の無駄遣いになるだけなのでやめておきましょう。 NG、ゴム手袋などを装着して手でこする トイレのバリウムを落とす方法で検索をかけると、ゴム手袋などを装着して手でこすりましょう!ということを推奨している人もいました。 たとえ、それが良い解決策であったとしても、トイレの水の中に手を突っ込む勇気が生まれませんでしたので、非推奨方法としました。 バリウムを沈殿させない予防策 今回は沈殿させてしまったバリウムを流す方法について書きましたが、最初からバリウムを沈殿させない方法を紹介して終わりにしたいと思います。 水洗トイレにバリウムを沈殿させない唯一の方法は、トイレをする前に落下ゾーンにトイレットペーパーを敷くというものです。 トイレの底に沈殿する前に、トイレットペーパーがバリウムを受け止めてくれるので、沈殿せずにトイレットペーパーにくるまれたバリウムがスムーズに流れていくというものです。 ただ、下剤を飲んだ場合想像以上の事が起こることもあるので、完全にトイレットペーパーで受け止めきれるかどうかはわかりませんが、やってみる価値はあると思います。 まとめ バリウムは大量のお湯で綺麗に流れます。 排水管など見えない部分の事を考えても、最も合理的な手段と言えるでしょう。

次の