はしびらいのすけ 画像。 ヤフオク!

【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

はしびらいのすけ 画像

こんにちは! 今日は顔は美人、心は野人! とんだ顔面の無駄遣い、伊之助について掘り下げるよ。 ついてこい!! 目次• 伊之助の人物像• 伊之助の生い立ち• 伊之助の強さ• ホワホワ• まとめ 伊之助の人物像 炭治郎たちと同期の鬼殺隊の隊士。 (多分)入隊時15歳。 まず、伊之助を一言で言い表わすとしたら、 『 猪突猛進』 これに尽きる。 (というか初登場時も言ってた。 その後もたくさん言ってる。 ) 何故か猪の頭を被っており、上半身裸。 (で筋肉ムキムキ) しかしその被り物を外すと何とも端正な顔立ちの美少年である。 が、言葉遣いも振る舞いも粗野で乱暴、獣そのもの。 闘い方も獣のようで、 日輪刀もギザギザのノコギリのような形状をしている。 というか、自分でボロボロにしているよう。 蝶屋敷で刀を再度もらった際、出来上がったばかりのキレイな刀を 石でガンガン叩いてボロボロに。 それまでとても穏やかだった刀鍛冶の人が豹変して殺すって言ってた。 そうしてボロボロにしたギザギザの刀で 斬るというより裂く、そんな攻撃をするのも伊之助の個性だ。 伊之助の生い立ち 伊之助は生まれて間も無く捨てられ、猪に育てられた少年である。 そのため礼儀や常識を知らず、 とにかく力比べだけが唯一の楽しみ。 柱にも敬語なんか使わず力比べを挑むし、 機関車を見た際も「なんだあの生き物はー!!」とはしゃぐ。 (機関車を発見する前は人の多さにビビって炭治郎の背中にしがみついてた。 可愛いかよ。 ) 字を読むことが出来ず、 言葉遣いも乱暴。 でも何故猪に育てられたのに言葉が喋れるのか? それは伊之助が育った山に住んでいた人間の存在だ。 心優しき(ちょっとボケの始まってる?)祖父と、 そんな祖父想いの口の悪い青年、たかはる。 働き者で、物忘れの酷くなってきた祖父を一生懸命面倒を見ていたたかはる。 ある日家に帰ると、愛する祖父は猪の被りものを被った奇妙な動物(伊之助)に餌を与えていた笑。 「親まで降りてくるかもしれねぇから餌をやるな!」 「あいわかった」コックリ そんな感じで伊之助を餌付けしないよう諌めたたかはるだが、 ある日は百人一首を読み聞かせ、 ある日は伊之助がつけていたふんどしに「お前の名前が書いてあるよ」と教えてあげる祖父。 そうして可愛らしい祖父と口の悪いたかはるのおかげで、 伊之助は言葉を覚えたのであった。 (主に乱暴な言葉遣い) ちなみに伊之助の最初に喋った言葉は 「シッシシッシうるせぇんだよ!!こんのタコ助が!!!」であった。 伊之助の強さ 彼は育手を介せず入隊した異例の剣士。 荒山育ちの彼は、他の生き物との力比べだけが唯一の楽しみだった。 (カワイソウ。 炭治郎もほろりしてた) そんな中、山に来た鬼殺隊から刀を奪い、 最終選別のことを聞き出したのだ。 そんな彼が使うのは、 [我流・獣の呼吸]。 山育ちの伊之助は触覚が異様に優れており、 周知のすると空気の微かな揺らぎすら探知することが可能。 そう、伊之助の身体そのものがレーダーなのだ! そんな優れた触覚を使った、 壱(いち)の牙、穿ち抜き(うがちぬき) 陸(ろく)の牙、乱杭咬み(らんぐいがみ) などのノコギリで裂くような攻撃が特徴。 他の剣士が『 型』なのに対して『 牙』なのも個性的だ。 何にせよ育手を介さず普通に剣士としてやってのけている伊之助の戦闘センスは相当なものだとうかがえる。 ホワホワ 伊之助は猪に育てられた故、 人からの愛情に関わらず生きてきた。 そのため、人に優しくされることに慣れていない。 藤の花の家紋の家で療養させてもらった際に受けた 手当や気遣い(ばあちゃんがかわいいの)、 炭治郎からの褒め言葉や 炭治郎が「協力して鬼を倒そう!」と言った時など 感じたことのない ホワホワ感に戸惑っている。 (なんなら炭治郎に「これ以上俺をホワホワさすんじゃねぇぇ!!」とか言っちゃってる) をたむんはそんな伊之助にホワホワである。 まとめ 野生的なイケメンの無駄遣い、伊之助。 しかし炭治郎たちと関わっていくうちに だんだんと人間としての豊かな感情も学びつつあり、 その姿はとても微笑ましい。 また炭治郎が心折れそうなときにはゲキを飛ばしたり、 なんやかんやいい関係性のトリオである。 そのやりとりを見て、をたむんはムフフとするのである。 これからもその微笑ましい姿を見守りたいと思う。 ではまた別記事で!.

次の

嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール!実は上弦の弍の子供?色白猪頭の少年はまるで四足獣?【鬼滅の刃ネタバレ】

はしびらいのすけ 画像

Contents• 嘴平伊之助が使う我流「獣の呼吸」とは!? 鬼殺隊は鬼を倒す為に呼吸法を身につけており、この呼吸により鬼と同等以上の力で戦う事ができます。 これを「全集中の呼吸」と言い、基本五流派の呼吸があり「水」「雷」「炎」「岩」「風」が基本ととされています。 そしてそこから派生した呼吸法として「蟲」「音」「恋」「霧」「蛇」といった呼吸法が存在します。 しかし伊之助に関しては、この呼吸法とは異なり我流で生み出した「獣の呼吸」を使います!? 伊之助が「獣の呼吸」を手に入れたのは、自然の中で生きて行く中で独自の呼吸法に辿り着いたと考えられます。 また特にこの人といった師匠が居るのではなく、自分だけで強くなっているのが凄まじい天才肌だと思います(笑) 「獣の呼吸」により触覚が研ぎ澄まされ、空気のわずかな揺らぎを感じ、直接触れてないものも捉えられる様になり、体質的にも毒が効きにくい体質に。 自分の関節を外し、体をぐにゃぐにゃにして狭いトンネルを突き進む。 また自身の内臓を移動(幽遊白書の戸愚呂兄の様な)させて致命傷を避けるという芸当も見せている。 スポンサーリンク 山で育った絶世の美少年!? 嘴平伊之助 伊之助といえば上半身裸で猪の頭皮を身につけ、山で育った為、粗暴な態度が目立つ!? 猪の頭皮をかぶっているのは、自身の綺麗な顔が気に入っていない為である。 元々赤ん坊の頃、母親によって山に捨てられ猪によって育てられた事も大きな要因の一つであります。 赤ん坊の頃に子供を失ったばかりの猪により育てられた。 しかし猪に育てられた事により、人間の言葉を喋る事が出来なかったが、二人の人との出会いにより少しずつ人間らしさを取り戻す。 その二人とはたかはる青年とその祖父だった。 この二人との出会いにより、人の言葉を理解し喋る事が出来る様になる。 気になる点としては、どうして伊之助が赤ん坊の頃に母親に捨てられたのか? なぜ赤ん坊の伊之助が猪に襲われずに育てられる事になったのか? この点については未だに謎であります。 この後の「鬼滅の刃」の伏線に関わってくるのか?非常に気になる点ではありますね(笑) 展開が非常に楽しみではあります! スポンサーリンク.

次の

嘴平伊之助 (はしびらいのすけ)とは【ピクシブ百科事典】

はしびらいのすけ 画像

ただし、 黒色の刃については前例が少なく、且つ剣士もどの流派に対して適性を持つのかも定かではない。 また、色が上述した五つの色の系統色であっても、必ずしもその流派に対応しているわけではないようで、例として対応色が 緑色である 風の呼吸の派生 の対応色は 白色であったりする。 なお、色彩が変化するのは、剣士として一定以上の力量の持ち主の手に渡った、最初の一回限り(制作者である刀鍛冶たちは、剣士ではないので、彼らが触れても色が変わらない)。 そして、、。 このため、が最終選別のために翁から借り受けた日輪刀は、翁の適正を映した水色のままとなっていた。 原作と共通の設定かどうかは不明だが、アニメ版の編において、が使用していた際には刀の色が変わっておらず、この事から、隊士であることと刀の色が変わるほどの技量を持つことは別であると考えられる。 なお漫画17巻でが水の呼吸であると判明し同時に日輪刀の色は薄すぎてわからず、型を使った際に周囲に見える水流も薄すぎて見えないということが発覚、もしかしたら上記隊士らもそうなのかもしれない(でも上記に書いてある通り原作とアニメが一緒とは限らないし、根本的に17巻がアニメ放送後に発売されたため情報が共有されていないだけだったのかもしれない)。 不可思議な力を秘めた部分もあるが、 鬼を殺せるのは頚を斬った時のみであり、四肢などをこの刀で落としても鬼は通常通り超速度で再生する。 また、強度的にはあくまでもただの多々良鉄でしかなく、岩よりも硬い鬼の身体を斬断できるのは、剣士の技量に依るところが遥かに大きい。 ちなみに任務中に折損した場合は、その持ち主である隊士に専属する刀匠により、新たな刀が隊より支給される。 以下、ネタバレ注意 赫灼の刃 176話にて明らかになったことで、最初に生まれた全集中の呼吸である始まりの呼吸『 』の使い手であったは、黒かった日輪刀の刃を赤く染め上げることができたという。 赫刀と言う略称で呼ばれる事も。 この色の日輪刀は鬼の再生力を阻害し、突き刺すだけで鬼に強烈な苦痛を与える力を持つ様になる。 その為に日の呼吸の剣士のみが使えるものと思われていた。 しかし後に一派の本拠地である無限城での戦いにおいて、・・・・の五人が 日の呼吸の使い手でないにも関わらずこの刃を発動させている。 実の所、赫刀の発現条件には日の呼吸自体はほぼ関係なく、全集中の呼吸を極めが発現し体温が上がった状態で、日輪刀に凄まじい圧力を掛ける事で刀の温度が上昇し発現する物の様である。 断熱圧縮、フェイズシフト等の類似する物理現象は存在する。 実弥と悲鳴嶼は日輪刀同士を強くぶつけ合った事で、無一郎と伊黒は柄を強烈な握力で握った事で発現させている。 そのため耳飾りの剣士が戦いの際に刀を赤く染めていたのも、彼の肉体が身体活性に特に秀でた日の呼吸に最適であった為、戦闘時に元々発現させやすかったのだと予想される。 なお、一度発動させれば一定時間状態が維持されるようで常時圧力を加える必要は無い。 常時力んで刀を握っていれば手首の柔軟性が損なわれるので剣術に於いて致命的な欠陥となってしまう。 形状 完全な実戦向けとして打たれているため、 鎬造り(しのぎづくり、刃の断面のぶ厚い頑丈な造り)が一般的である。 波紋が無いようにも見えるが刃と刀身が色違いであることからも直刃と呼ばれる形式と思われる(波紋によって刀の切れ味が変化するため素材との兼ね合いの結果の最適解か、単に刀匠の流派がそれなのかもしれない)。 なお、物語りが進むに従い様々な波紋の刀が登場している。 尚、色変わりした刀は性質に差異が生じているのか刀を破損した義勇が同じ水の呼吸の剣士の刀を探している描写がある。 しかしながら、刀の鍔や鞘は個々人の裁量で自由な形状、色合いの物が用いられており、中には極めて雅な鍔が嵌められている刀もある。 また、彼らが使う刀のみ、として鬼殺隊の信念と言える『 悪鬼滅殺』の四文字が刻まれている。 関連イラスト 余談 なお、作中のでは廃刀令(九年公布)が施行されているため、当然ながら公共施設などでは隠す必要がある。 剣士がこれを怠った場合、状況によっては警官に追われる事もある(とはいえ、常人である警官に捕縛されるようでは鬼殺隊士は務まらないが)。 関連タグ 関連・類似武器 …近年、 所有者の素養によって刃の色が変化する設定に変更された。 主な色は青、緑、紫、赤など(ひとたび色が決まったら原則として色が変わらない点も同じ)。 また 「と様々な剣術の型を駆使して戦う」「刀身の素材 ライトセーバーの場合は刀身を生み出すクリスタル を使用者自身が選ぶ決まりがある」などの共通点もある。 関連記事 親記事.

次の