キンドル キッズ モデル。 最新Kindle端末どれがいいか比較!おすすめのキンドルと選び方【2020年】

Amazon FreeTime Unlimitedとは?レビューと使い方総まとめ

キンドル キッズ モデル

Amazonが提供する電子書籍はKindle本と呼ばれ、Kindle端末で閲覧することができます。 電子書籍リーダーであるKindle端末は、2010年にアメリカで販売を開始しました。 また、専用のソフトウェアやアプリをインストールしておくことで、スマートフォンやパソコンでも閲覧することができます。 一度購入したKindle本はクラウド上に保存されるため、読みかけの続きを別の端末で見ることもできます。 そんなKindleのメリット・デメリットをみていきましょう! Kindle端末を利用するメリット 読書を電子リーダーで楽しむ時に気になることの1つが目への負担ではないでしょうか。 Kindle端末には 「E-Ink(電子インク)」と呼ばれるディスプレイが搭載されています。 光を反射しにくいのが特徴で、日光の下でも日差しの影響を受けることなく、紙の本のように読むことが可能です。 また、スマートフォンやタブレット端末のようなバックライトではなく、 目に優しいフロントライトを使用しているのもポイント。 強い光やブルーライトを発生しないため、目に優しく長時間の読書でも疲れにくいのが魅力です。 スマホやタブレットでもKindleアプリをインストールすることで電子書籍を楽しめますが、小説のような長時間読む際はKindleの方が快適に楽しむことができると思います。 持ち運びしやすい• 表示はカラーではなく白黒• ページ切り替えが遅い それぞれについて詳しく見ていきましょう。 表示はカラーではなく白黒 ページは表紙含めて全て白黒で表示されます。 カラーがいい方にとってはまあまあ大きいデメリットになるかもしれません。 特に漫画や写真本をチェックしたい方はこのデメリットについて一度考えたほうが良いと思います。 ページ切り替えが遅い 普通に読書を楽しむ上ではあまり気にはなりませんが、早くページをめくりたいときなどは少し遅さが気になってしまうかもしれません。 漫画などを主に楽しみたい方は一度既に持っている知り合いの方のKindleを試してみると良いでしょう! 以上が注意したい点でした。 これらのデメリットとメリットや魅力的な機能を天秤にかけてみてください! GOOD• 価格が最も安い• 重量が最も軽い NOT GOOD• 解像度は低い• 4GBのモデルのみ• Wi-Fi+4Gモデルがない(Wi-Fi利用のみ)• 防水機能が付いていない Kindle端末シリーズのなかでは、最安値のモデルです。 「広告あり」モデルを選択すると、9,000円を切る価格で購入できます。 本体重量は174gと最軽量なため、バッグの中に入れっぱなしにしておいても気になりません。 気軽に電子書籍を読んで見たい方におすすめです。 光の反射を抑える6インチの「E-Inkディスプレイ」を搭載しており、紙の本を見るような自然な読み心地が味わえます。 また、従来上位機種にしか付いていなかった「フロントライト」を採用しているのもポイント。 室内や暗い場所でも快適に読書を楽しめます。 ストレージ容量は「4GB」タイプのみですが、一般の書籍であれば数千冊分が保存可能です。 なお、「Wi-Fi」モデルのみのため、書籍のダウンロードをするにはWi-Fi環境が必要となるので注意しましょう。 おすすめユーザーは• 値段重視の方• 軽い端末が欲しい方• 小説しか読まない方(マンガは読まない) ですね! 画質が悪いので、漫画など画像が多い本を多く読む方には向いていないと思います。 しかし、普通の文章メインの本であれば、画質が悪すぎて読めないということはないので選択肢の1つになると思います1 GOOD• コスパが高い!• 防水機能やフロントライト、解像度の高さなど NOT GOOD• Kindleより価格が5000円上がった 本モデルは「Kindle」と同じ6インチの「E-Inkディスプレイ」ながら、300ppiの高解像度タイプを搭載していて、小さな文字もくっきり見えます。 ストレージ容量は「8GB」と「32GB」の2つのタイプが用意されています。 一般的な書籍であれば数千冊を保存でき、マンガでも8GBタイプで約130冊、32GBタイプで約650冊分が収納可能など、たくさんのマンガを楽しみたい方にもおすすめのモデルです。 防水機能が付いているので紙の本ではためらってしまうような、お風呂の中やプールサイドなどでも水濡れを気にせず使用できます。 水深2mの真水中に最大60分浸かっても耐えられるので、誤って水中に落としてしまっても大丈夫です。 おすすめユーザーは• コスパ重視の方• Kindleの快適読書ライフを楽しみたい方 ですね! GOOD• 電子読書リーダーとしては文句の付け所がない完璧なモデル NOT GOOD• 値段が高い Kindle端末シリーズ最大サイズの、7インチ「E-Inkディスプレイ」を搭載したモデルです。 画面が他モデルに比べて大きいので、マンガの見開き表示にも対応している点も嬉しいです。 高速でページをめくってくれる「連続ページターン」機能を搭載しており、紙の本のようにお気に入りのシーンまで読み飛ばすことができます。 また、グリップに設置されたボタンにより、片手で本端末を持ったままページめくり操作ができます。 さらに、マンガについてはシリーズごとにライブラリ表示してくれるため、読みたい巻を見つけやすくなっています。 マンガ好きの方にもおすすめのモデルです。 おすすめユーザーは• 片手で読書を楽しみたい方• キッズモデルは子供向けなので、大人の方が購入の際に悩むのはKindle, Kindle Paperwhite, Kindle Oasisの3つからでしょう。 どのモデルを選ぶかについては、この前の項目【各Kindle(キンドル)端末の比較一覧】を参考にしてください。 モデル以外の選ぶポイントとしては ストレージ容量についてKindleは4GBのみ、Kindle PaperwhiteとKindle Oasisは8GBと32GBのどちらかから選択可能です。 一般的な書籍であれば、4GBに数千冊を保存できるため、Kindleでも十分です。 しかし、マンガなど画像メインの書籍を読むことが多い方には、ストレージ容量の大きいKindle PaperwhiteやKindle Oasisがおすすめです。 漫画の場合、8GBで約130冊、32GBなら約650冊の保存できます。 使用している端末のストレージ容量が一杯になっても購入した書籍はクラウド上に残っており、Amazonアカウントとも紐づいているため、本体から削除しても必要な時に再ダウンロードが可能です。 ストレージ容量が不足したら、読み終わった書籍データを削除するなどして対処しましょう。 キャンペーン情報(広告)の有無 本端末への書籍ダウンロードはWi-Fiもしくは4G回線で、インターネットへ接続して行います。 4Gの回線利用料金はAmazonが負担しているため、追加の料金や面倒な契約手続きも不要。 本体価格は高くなりますが、自宅でもWi-Fi環境のない外出先でも、書籍のダウンロードをしたい方にはおすすめです。 逆に、 Wi-Fi環境のある場所でしかダウンロードをしないという方であれば、価格の安い「Wi-Fi」モデルをおすすめします。 補足情報 Prime(プライム)会員の特典 Kindle(キンドル)はAmazonプライムと相性抜群です。 プライム会員自体はAmazonで購入する際の様々なお得すぎる特典やビデオや音楽が楽しみ放題のサブスクリプションモデルのサービス特典もある有料会員サービスになります。 Kindleに関連して言うとメリットは2つあります。 Prime Readingという特典で対象のKindle本の読み放題が楽しめる• Kindleオーナーライブラリーの中から毎月1冊無料で読むことができる という点です。 AmazonやKindleをあまり使わない方にとっては特におすすめするサービスではありませんが、月額最安で200円から最高値で500円で楽しめるサービスなので、Kindleをガッツリ楽しみたい方にはおすすめです。 Prime会員については以下の記事で詳しく紹介しています。 なので Amazonが定期的に実施しているセールを狙うのがおすすめです。 例えば 7月に実施するプライム会員限定の「プライムデー」や、12月の「サイバーマンデー」などは、本体価格が半額近くまで値下げされるので是非狙ってみてください。 それ以外にもふとした時に定期的にセールをやっているので、気になったらAmazonを覗いてみるといいでしょう。 これらのセールの中にはプライム会員限定セールもあるので、 Kindle本体を買う前に、まずはプライム会員になっておくのをおすすめします。 ・Prime(プライム)会員について Prime(プライム)会員は月額(または年額)で料金がかかってしまうのが難点でしょう。 実際あまりKindleを始めとしたAmazonのサービスをあまり使わない方にはおすすめしません。 しかし、先ほども紹介したプライム会員限定のKindleユーザーへのサービスだけでなく、 その他のサブスクリプションサービス(動画や音楽)やAmazonで買い物をする際にはとても便利な特典が数多く付いてきます。 プライム会員については以下の記事で詳しく紹介しています。 次にKindle本を楽しむためのよりおすすめのサービス【 Kindle Unlimited】と、また違った楽しみ方ができる【 Audible】の2つのサービスについて軽く紹介します Kindle Unlimitedとは Kindle Unlimitedは2016年8月から始まった、Amazon(アマゾン)の電子書籍読み放題サービスです。 1アカウントで6台まで利用でき、本も10冊までダウンロードできます。 対応デバイスもパソコン・スマホ・タブレットと幅広く外出先でもどこでも読めるサービスになっています。 タブレットではAmazon端末との相性がよく、KindleやFireタブレットで読むと使い心地が良くなります。 異常なほどコスパがいいサービスのため、サービス開始の翌月にはKindleアプリのダウンロード数が前月比の1. 8倍になったそうです。 ラインナップは各ジャンルの本が幅広く揃っています(以下の表参照) 【 Kindle Unlimitedのジャンルごと冊数(2019年12月7日現在)】 ジャンル 冊数(冊) アダルト 49864 アート・建築・デザイン 10927 エンターテイメント 3440 コミック 47496 コンピューター・IT 4774 スポーツ・アウトドア 4884 タレント写真集 9051 ティーンズラブ 3698 ノンフィクション 1137 ビジネス・経済 18593 ボーイズラブ 6470 ライトノベル 8066 人文・思想 35168 医学・薬学 3258 投資・金融・会社経営 8157 教育・学参・受験 11217 文学・批評 35533 旅行ガイド・マップ 5387 暮らし・健康・子育て 13697 楽譜・スコア・音楽書 860 歴史・地理 11744 社会・政治 14962 科学・テクノロジー 11846 絵本・児童書 6675 語学・辞事典・年鑑 4124 資格・検定・就職 1117 趣味・実用 16057 雑誌 12436 ご覧の通り幅広いジャンルをカバーしているだけでなく、各ジャンルそれぞれも充実したサービス内容になっていますね。 無料体験や何回かキャンペーン(例えば2019年11月25日から12月9日まで 3ヶ月99円キャンペーン!実質97%OFF)をやっているKindle Unlimitedはキャンペーンの度に話題にのぼるサービスです。 Kindle Unlimitedは• Kindleだけでなく、Kindle UnlimitedやAudibleについても興味深いサービスになっているのでチェックしてみてください!.

次の

「大人にも」Kindleキッズモデルがお得すぎる件(戸田覚)

キンドル キッズ モデル

「Kindle キッズモデル」って何? 近年、ゲームの利用時間制限に関する条例を検討している自治体があるなど、子供の ネット・ゲーム依存症が社会問題として、メディアに取り上げられるようになりました。 ゲームに費やす時間が多いため、読書量が減少し、心配している方が大勢いらっしゃると思います。 子供に本を買ってあげたいけど、頻繁に購入することができませんし、増えていく一方でなので、収納スペースの確保にも、頭が痛くなりそうです。 図書館が近くにあれば、たくさんの本に触れる機会がありますが、連れて行くのが難しい状況の方もいらっしゃいますよね。 そんなお悩みを解決するのが、 Kindle キッズモデルです。 Amazonでは、電子書籍リーダー「Kindle」が従来より販売されていますが、「Kindle キッズモデル」は、子供向け「Kindle」なんです。 電子書籍なので、本が増えて、収納に困ることもありません。 また、「Kindle キッズモデル」は、 初期設定の際に、登録した子どもの年齢に合った本が おすすめの本として表示されます。 普段自分では選ばないようなジャンルの本が目に飛びこんでくるので、世界が広がるメリットがありますよ。 さくさくダウンロードして読むことができるので、気になる本を気軽に試すことができます。 では、「Kindle キッズモデル」を詳しく見ていきましょう! 「Kindle キッズモデル」と通常のキンドルとの違い 「Kindle キッズモデル」と通常モデルの「Kindle」を比較してみました! Kindle Kindle キッズモデル 販売価格 8,980円 10. 子供向けとはいえ、しっかりとした仕様になっていますよね。 「Kindle キッズモデル」の 保証期間が2年間もあるので、子供がうっかり落として壊しても安心です。 FreeTime Unlimitedとは FreeTime Unlimitedは、豊富な書籍の提供や、読書の管理機能が利用できる、アマゾンの定額サービスです。 「FreeTime Unlimited」を利用すると、児童書や学習まんがのような、子供向けの本 1,000冊以上が読み放題! 「Kindle キッズモデル」では、この「FreeTime Unlimited」が1年間利用できる権利がついています。 つまり、購入から1年間は、追加料金無しで、本が読み放題なんです! 2年目以降はアマゾンのプライム会員なら 月額480円(年5,760円)かかり、一般会員なら 月額980円(年11,760円)で引き続き利用できます。 1年間の無料読み放題後は自動更新になってしまうので気を付けてください。 有料期間への自動更新がイヤな方は、「FreeTime Unlimited」を解約しなければなりません。 「FreeTime Unlimited」はいつでも解約できるので、解約したい方は、カスタマーサービスに連絡して解約の旨を伝えましょう。 「FreeTime Unlimited」の利用規約を詳しく知りたい方は下記をクリックして確認してみてくださいね。 様々な分野の本をざっくり見たい子にとっては、バランスよく揃えている感じがしますが、読書好きでマニアックな子にとっては、ラインナップに物足りなさを感じてしまうかも。 そんな場合は、 Kindleストアで購入した本を「Kindle キッズモデル」へ追加することができます。 うちは、「ハリーポッターシリーズ」と「青い鳥文庫」が気になっていたので、満足いくラインナップです。 「FreeTime Unlimited」のコンテンツをざっと見てみますと、小学生高学年くらいの子供が楽しめる本が多い感じですが、中学生でも楽しめる内容の本もあります。 「源氏物語」や「枕草子」などをマンガで読んで、内容を頭にいれておくと試験に役立ちそう。 問題集のドリルなどは6年生までとなっています。 「Kindle キッズモデル」の使い方は簡単!対象年齢は? 「Kindle キッズモデル」の 対象年齢は6才以上となっています。 操作が簡単なので、教えてあげれば小さな子でも使いこなせると思います。 基本的な操作の仕方は、画面上で確認することができます。 まずは、ホーム画面上の「設定」から進んでいきます。 設定の変更などをする場合は、 PINコード(パスワード)の入力をしないと進めないので、親が操作することになると思います。 「Kindle キッズモデル」を選んだ理由と良いところ 数ある電子書籍端末の中から「Kindle キッズモデル」を選ん理由は、何といっても、子供のためのデバイスとあって、パパママに嬉しい機能があることです。 また、携帯性があるので、病院の待ち時間などに重宝します。 では、「Kindle キッズモデル」の良いところを、詳しくご紹介したいと思います。 読書のためだけの端末 「Kindle キッズモデル」は、読書だけに機能をしぼった読書専用端末なので、インターネットへのアクセス機能がなく、広告も一切表示されません。 子どもに安心して持たせることができます。 子供向けの本が1,000冊以上読み放題 「FreeTime Unlimited」のサービスを利用することによって、子供向けの本が読み放題で楽しめます。 ) 児童書、学習マンガ、化学本のほかに、「名探偵コナン」や「ドラえもん」などのアニメまで、様々なジャンルの本が読めるメリットがあります。 小学6年生くらいまでの問題集もあるので、やりきれるかどうかわからないドリルを買う必要なく、気軽に試すことができますよ。 「読ませてみたいけど買うにはちょっと」みたいな、購入に躊躇する英語の絵本もあるので、中学生が英語の勉強がてら読んでみるのにおすすめです。 目に優しい 当初、電子書籍は目に悪いのではないかと心配しましたが、スマホの画面とは全く違います。 「Kindleキッズモデル」はカラー表示ではありません。 16階調グレースケール表示といって、白から黒まで階調で画像を表示し、明暗の変化をなめらかに表現しているのです。 なので、 スマホやタブレットとは違って ブルーライトを発しません。 反射が気にならないマットなディスプレイは、とても読みやすいです。 直接目を照らさない フロントライトを内蔵し、明るさの調整も可能です。 目が疲れにくいとされる E-inkディスプレイを搭載しているので、紙の印刷物のように見える、優しい読み心地です。 子供に持たせるものなので、目に負担がないよう配慮されている点が、ありがたいですよね。 スリム・軽量なコンパクトサイズでカバー付き 本体を保護する専用カバーをつけた状態で、 重さは288gくらいです。 専用カバーは、手になじみやすい素材で、 カラーはピンク、ブルー、スペースステーション、レインボーバードの4種類です。 サイズは以下の通りです。 「Kindle キッズモデル」ならではの読書サポート機能とは 「Kindle キッズモデル」は、子供の読書を手助けする機能が充実しています。 子供がすすんで読書をするようになる、サポート機能をご紹介したいと思います。 バッジ機能 読書時間などの目標を達成すると、バッジやメダルが付与される機能が バッジ機能です。 本を読むたびに獲得できる「バッジ機能」によって、ゲーム感覚で読書がすすめられます。 おすすめの本 「Kindleキッズモデル」では、 初期設定で登録した子ども用プロフィールの年齢に合った本が「おすすめの本」として自動表示される機能があるんです。 設定した年齢に応じて表示される本が変化しますので、興味や学習のレベルに合わせて、年齢を設定してくださいね。 また、読書の履歴をもとにして、子供が興味を持ちそうな本も「おすすめの本」として表示されます。 辞書機能と単語帳 辞書(デジタル大辞泉ほか)が内蔵されているので、読書中にわからない言葉が出てくると、すぐに意味を調べることができます。 調べた言葉は自動的に 単語帳へ追加されるので、英単語の場合は、あとで見返すことができるので便利です。 Word Wise Word Wise機能をオンにしておくと、英語の本に出てくる難しい言葉に、簡単な単語で説明が表示されます。 つまづきを少なくし、スムーズに読書ができるようサポートしてくれる機能です。 安心の見守り機能「ペアレントダッシュボード」 「FreeTime Unlimited」のサービスのひとつ、 ペアレントダッシュボードは、パパママ目線の嬉しい機能なんです。 「ペアレントダッシュボード」の機能の内容な以下の通りです。 「Kindle キッズモデル」で設定できる子供は4人まで 「Kindle キッズモデル」では、 親のAmazonアカウント1つにつき、子供アカウントを4つまで登録することができます。 子供2人に使わせたい方は、2人分のアカウントを作成し、登録してくださいね。 兄弟で利用するときは、アカウントを切り替えて使うことになります。 追加の設定は、 「子ども用プロフィールを追加」から登録できます。 性別、生年月日を入力すると、それらの情報をもとに、登録した子供にぴったりな本を表示してくれるんです。 子供のアカウント作成の際、名前はニックネームでも大丈夫ですよ。 「Kindle キッズモデル」は大人も使える 子供のための電子書籍リーダーとされていますが、もちろん大人も使えます。 「FreeTime Unlimited」機能からログアウトすると、通常の「Kindle」として使用することができるんです。 親のアカウントで購入した本は、許可すれば読むことができるので、子供が使わなくなっても、親が自分用に使うことも可能なのです。 親子で読みたい本が「FreeTime Unlimited」にない場合は、「Kindleストア」で購入し、子供のアカウントに追加して、家族で共有してもいいですよね。 もちろん、アカウント別で管理できるので、子供に触れさせたくない本からも守ることができますよ。 本の価格は、紙の本より、電子書籍の方が少し安いので、読みたい本が電子書籍にある場合はお得です。 「Kindle キッズモデル」の欠点は何? 「Kindle キッズモデル」のデメリットを簡単にまとめてみました。 防水機能がない• カラー表示でなはくモノクロ表示• 子供のアカウントの切り替え操作が難しい• 読みたい本があるとは限らない 防水機能がついていないので、うっかりジュースをこぼさないよう気をつけてくださいね。 また、カラー表示ではないので、小さい子に、図鑑をメインで使わせたい場合は悩みどころです。 カラーがモノクロ表示になると以下のような感じになります。 兄弟間で貸し借りする場合、自分のアカウントに、読みかけの本などがあるので、ユーザーの切り替えをしなければなりません。 切り替えの操作は、親が設定した「PINコード(パスワード)」を、貸し借りするごとに、入力することになります。 管理上、「PINコード」を子供に教えたくない方は、いちいち親が入力することになるので、親不在のときは切り替えができません。 「PINコード」を教えたとしても、小さい子には操作が難しいかも。 また、「Kindle キッズモデル」は、読書に特化した端末なので、アプリのゲームや動画を主に利用したい方にはおすすめできません。 「Kindle キッズモデル」のSNS上での口コミ 「Kindle キッズモデル」のSNS上での口コミをご紹介します。 昨日届いてから、小一娘、キンドルを手放さない😁 どっちかって言うと最近は動画をボーっとみてたけれど、急に能動的になってる様子。 読みに行く感がボクは結構好き。 キンドルキッズ万歳😊 — あお | アソビゴコロ💫 aosenn 嵐山で、はなちゃんがお年玉で買いました。 お箸は買ってあげるんだけどなぁと思いつつ。 おもちゃとか、悩みすぎて選べない堅実なタイプ。 クリスマスプレゼントに、セールで安く買ったキンドルキッズをあげたら、大喜びで、小説のコナンを読みまくってます。

次の

最新Kindle端末どれがいいか比較!おすすめのキンドルと選び方【2020年】

キンドル キッズ モデル

2日間限定なのでお早目に! 私はこれまで何百冊もの本やマンガをKindleで購入してきました。 Kindleは移動中も本を読めるし、部屋の中もスッキリといいこと尽くしです。 Kindleがない生活なんて、私には考えられません。 そんなKindleに「」が新たに登場しました。 1,000冊以上の子供向けの本が読み放題。 タブレットと違って、読書専用端末なので、子供が不適切なコンテンツにアクセスすることはありません。 目に優しいE-Inkディスプレイを搭載していて、本物の紙のような読み心地です。 タブレットと比較すると、長時間読書しても、目の疲れは最小限に抑えられます。 さらに、安心の見守り機能で子供がどんな本を読んでいるか把握することができます。 万が一、落として壊してしまっても、2年間でしたら無料で交換できます。 価格は10,980円と通常のKindle(8,980円)よりは高額ですが、保護カバー付きで1,000冊以上の本が読み放題ということを考えると、むしろ割安ですね。 「読書が好きだけど、図書館が近くにない」、そんなお子さんにぴったりの端末です。 この記事では「」の特徴をやさしく解説します。 もくじ• Kindle キッズモデルの魅力 1,000冊以上の本が1年間読み放題 Kindle キッズモデルの1番の魅力はやっぱりここ! 「読書が好きだけど、図書館が近くにない」、そんなお子さんにぴったりです。 銀河鉄道の夜• 世界の歴史• ハリーポッター• 星の王子様• オズの魔法使い• トイストーリー• ことわざ辞典 などなど、児童書の名作や学習マンガから、「ハリー・ポッター」、「名探偵コナン」、「ドラえもん」、「ディズニー」などの人気シリーズまで、たっぷり読むことができます。 好奇心旺盛なお子さんにはどんどん本を読んでもらって、色々な知識を吸収してもらいたいですよね。 目に優しいE-Inkを使用しているので、必要以上に目が悪くなる心配もありません。 お子さんの成長を考えたら、10,980円は安い先行投資といえるかもしれませんね。 読書専用だから不適切なコンテンツをブロック Kindle キッズモデルは読書専用端末なので、お子さんが不適切なウェブサイトやSNSにアクセスする心配はありません。 不適切なコンテンツを遮断し、お子様にふさわしくない内容が目に触れることを防ぐことができます。 ここが、タブレットではなく、Kindleならではの特徴だといえます。 英語学習もかんたん 1,000冊の読み放題の本の中には、日本語だけでなく英語が登場することも。 そんなとき、辞書機能(Word Wise機能)をオンにすると、英語の本に出てくる難しい言葉に、簡単な単語で説明が表示されます。 英語の物語を読んでいる時にわからない単語があってもかんたんに知ることができます。 お子さんの英語がどんどん上達していきますね。 落としても安心の保護カバー Kindleは精密機器。 お子様にKindleを渡すとすぐに壊してしまわないか心配ですよね。 Kindle キッズモデルはあらかじめ専用の 保護カバーが付属しています。 お子様がうっかりKindleを落としてしまっても、しっかり保護。 付属のキッズカバーは耐久性に優れており、お子様の小さな手にもフィットするようにデザインされているので重さを感じにくく、使いやすい仕上がりとなっています。 Kindleが壊れてもお取替え。 2年間の限定保証付き 専用の保護カバーがあっても、うっかりテーブルから落としてしまったり、間違って水をこぼしてしまうことはありますよね。 Kindle キッズモデルは2年間の限定保証が付いているので安心。 アクシデントが原因でKindleが破損・故障などした場合でも、Kindleを返品すれば無償で交換できます。 どんな本を読んでいるかいつでもチェック Kindle キッズモデル購入時の注意 Kindle キッズモデルを購入すると、お子様向けサービス「」の1年間の利用券が付いてきます。 FreeTime Unlimitedは1年間の使い放題期間が終わり、13カ月目からは有料期間に移行します(自動更新)。 このタイミングでの契約手続きはないため、解約手続きを忘れてしまうと自動的に料金が発生します。 気づかずに払い続けてしまうとかなり痛い出費です。 FreeTime Unlimitedは「ペアレント ダッシュボード」または「」にていつでもかんたんに解約できます。 自動更新が嫌な方は、Kindleキッズモデルが届いた後、すぐに解約手続きを行っておきましょう。 Kindle キッズモデルの評判 発売後に更新します。 Kindle キッズモデルと通常モデルの比較 「」の通常モデルとキッズモデルの性能はほぼ同じです。 ストレージが大きいため、キッズモデルの方がやや高性能といえますね。 よって、性能が見劣りすることはありません。 保護カバーが最初からついていて、1,000冊以上の本が読み放題なのは「」だけです。 ちなみに、キッズカバーは取り外し可能。 通常のKindleとして使用することもできます。 価格は10,980円• 基本性能は通常の「Kindle」と同一• 1,000冊以上の本が読み放題• 本物の紙のような読み心地• どんな本を読んでいるか確認可能• 保護カバー付き• 落として壊れても2年間は無料交換 Kindle キッズモデルの1番の魅力は1,000冊以上の本が読み放題というところでしょうか。 「読書が好きだけど、図書館が近くにない」、そんなお子さんにぴったりの端末です。 好奇心旺盛なお子さんにはどんどん本を読んでもらって、色々な知識を吸収してもらいたいですよね。 目に優しいE-Inkを使用しているので、必要以上に目が悪くなる心配もありません。 お子さんの成長を考えたら、10,980円は安い先行投資といえるかもしれませんね。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の