ウェディング プランナー 大学。 近畿のウェディングプランナーを目指せる大学・短期大学(短大)一覧(22校)【スタディサプリ 進路】

ウェディングプランナーになるためには大学と専門学校どちらが良いか

ウェディング プランナー 大学

何か月も打ち合わせをしてきた二人の晴れ姿を見てやりがいと感動がやめられない理由。 この職業・職種のここが悪い 残業多い。 土日の休みはほぼなし。 (その代わり平日の空いているときに旅行に行けるのは良い) お客様のスケジュールに合わせなくてはならない人生。 クレームマーが多い。 次第に笑わなくなった。 感動できる・感謝される。 人生最良の時間に立ち会えることは何物にも代えられない。 この職業・職種のここが悪い 残業・薄給・身内へのゴマすり 調理場の職人さんたちへの気遣いが大変。 嫌われるとお客さんの要望が通らなくなるから大変 流行に敏感でなくてはならない。 日々勉強。 契約件数のプレッシャー。 この職業・職種のここが良い ・人に感謝される仕事であること。 ・「華やか」に見える(実際はそうではないが) ・たくさんの人と関わることができる。 この職業・職種のここが悪い ・土日祝は休めない(GW等は全く無関係) ・長期休暇が取れない。 ・勤務時間が長い。 ・いろいろな視点、立場から考えられるようになる。 ・やりがいがある。 ・お客様によっては毎年遊びにきてくれたり長いお付き合いをさせていただける。 この職業・職種のここが悪い ・不規則 ・お客様都合に合わせ、休みが急に変わることがある。 ・勤務時間の長さ ・クレーム対応が重い 一生に一度なのに。 と言われる。 ・責任が重い ・両家の意向によって、新郎新婦によって、必ずしもマニュアル通りにはいかない。 ブライダルコーディネーターやウェディングプロデューサーともいう。 挙式から披露宴、料理、花、写真、衣装、ヘアメイク、引出物等の提案・手配から金銭的な調整、当日のアテンドまで、結婚式をトータルでプロデュースする仕事である。 ウェディングプランナーを扱った作品 小説 本日は大安なり(2009年 - 2010年) 映画 ウェディング・プランナー(2001年) テレビドラマ ブライダルコーディネーターの事件簿(TBSテレビ・1994年) ウエディングプランナー SWEETデリバリー(フジテレビ・2002年) 結婚式へ行こう! (TBSテレビ・2006年 - 2007年) ことぶきウォーズ(TBSテレビ・2004年) 漫画 林檎と蜂蜜(宮川匡代・1998年 - 2011年) SWEETデリバリー(鴨居まさね・1996年 - 2002年) プラチナ(かわすみひろし・2006年 - 2007年) 関連項目 プランナー。 『出典:Wikipedia』.

次の

ウエディングプランナーになるための学校の種類(大学学部・専門学校・スクール)

ウェディング プランナー 大学

学校の種類• 数年かけて学ぶ大学や専門学校• 短期で学ぶスクール ウエディングプランナーになるための大学 大学・短大に進学する場合、ウエディングについて学べる学部を専攻するとよいでしょう。 最近では 私立の大学を中心に、専門学校と同じように企業に就職してすぐに即戦力として使える人材育成に努めています。 「ホテル・ブライダルコース」などの名称でホテルやブライダル関連の仕事の専門教育を行っていたり、「ツーリズムやインターナショナルコミュニケーション、国際 部」などでブライダル関連の授業を行っていたりする場合があります。 学校によっては、 長期休みを利用して、英語プラス海外のウエディング事情を見学する海外研修のプログラムなどもあるので、こうした実地研修を積極的に利用することでより即戦力として活躍しやすくなるでしょう。 ウエディングプランナーになるための専門学校 ウエディングプランナーを目指す人に人気なのが専門学校です。 、 といったところで学べます。 専門学校は、 一年制か二年制でカリキュラムを組んでいるのが一般的です。 入学後はまずブライダルの歴史や業界の成り立ちについて学び、基礎知識を身につけたあとは、 実際にお客さまと接するための営業・契約・打ち合わせ・式の準備・スタッフ管理や当日の流れなどのプランナーが行う作業の流れを、実習を通しながら学びます。 専門学校では、実際の現場ですぐに働けるよう実習に重きを置いているところが多いのが特徴です。 専門学校ではブライダルに関する専門知識に力を入れている ウエディングプランナーの仕事には、 進行スケジュール表などの書類作成や、見積書作成などの事務作業も多くあります。 専門学校では、このような庶務を進めるための知識や、基本的なPCのスキル等も学べます。 もう一つ、ブライダルの専門学校ならではの勉強に「宗教」が挙げられます。 結婚と宗教は深いつながりがあり、宗教によってしきたりや式の進め方なども変わるため、プランナーが正確に理解していなければ大きなトラブルになってしまう可能性もあり、非常に重要な科目です。 この他にも、現場で生かせるフラワーコーディネートやカラーコーディネートのスキルなど、業務に関連する専門知識について幅広く学んでいきます。 ウエディングプランナーになるためのスクール 大学在学中の人や、社会人からウエディングプランナーへの転職を目指す人は、 ブライダルプランナーの資格取得のため、夜間スクールに通うという方法もあります。 「将来は海外で働きたい」という人は、海外のスクールも視野に入れるとよいでしょう。 カナダやオーストラリアなどには、欧米のウエディングを学ぶ日本人向けのウエディングプランナーを養成するスクールがあり、その一部ではABC協会認定ブライダルプランナー検定試験まで受験することが可能となっています。 また、独自で開発したプランナー英語を導入し、海外で活躍できるバイリンガルプランナーを養成しています。 海外の養成講座は、学校の長期休みを利用して受講が可能となっているため、学生が受講するケースも多く、現役のウエディングプランナーがキャリアアップをするために受講しているケースもあります。

次の

ウエディングプランナーの給料・年収

ウェディング プランナー 大学

大学附属高校3年女子です。 私は将来ウェディングプランナーとして活躍するのが夢です。 結婚式を挙げる人達に寄り添って、どれだけ忙しくても笑顔でお仕事をする姿に憧れてます。 私は附属の大学に進学しようと思っているのですが、その大学にはブライダルなどの学科は無く、学部をなかなか決められません。 ウェディングプランナーってある視点で見れば経営・経済でもあるし、別の視点で見れば心理や国際ともみれます。 私は高校でオーストラリアに3ヶ月留学経験をしました。 親には海外大学に通って英語を使いこなせるようにしたらどう?と言われているのですが、自分的にそんなにお金をかけてまで行くほどのモチベーションが自分にはないと感じています。 でも附属高校なので受験勉強をして他大学に行くことも出来ません。 私の高校のコースが受験対策をしません。 専門学校は知識が偏りがちという風にも聞きます。 最近人気の職業で就職がハードだと言われているからこそ、高校卒業後のプランが決められません。 アドバイスしていただけると幸いです! ウエディングプランナーという仕事は、特に公式の資格も必要な免許もいりません。 ただし、知識や能力はとても重要な要素で、あこがれだけでなれる仕事ではありません。 立場を変えて考えればわかるように、新郎新婦は「人生の重要な時」に「数百万円」をかけるのです。 一緒になって「騒いで楽しむ」のは、家族や友人であって、プランナーではありません プランナーは「忍耐力」「コミュニケーション能力」が基礎になければなりません。 子ぷした文章を読んで腹を立てたり、途中でやめるようなら、まずなれないでしょう。 さらに結婚式には「構成力」「芸術性」「計画性」など様々な要素がまじりあっています。 しかもプランナーには経験が重要です。 大学を出てすぐにプランナーなどなれるわけがありません。 多くの専門学校の「ウエディングプランナー」養成学科が、うまく人材を輩出できず 最終的に「ホテル」か「結婚式場」への就職斡旋するだけの学科となり、プランナーになるのはごく一握りです 実際、プランナーという仕事は、年中需要があるわけでも、多くの需要があるわけでもありません そうしたことを理解したうえで、就職する覚悟があるならプランナーを目指してください。 大学の学科は「美術系」か「経済系」「語学系」がおすすめです。 いずれ、大きなホテルに就職するのですから まずは「アルバイト」と「インターンシップ」を経験すること。 そして、どの分野から結婚式に参入するかはっきりさせることです。 「芸術」の分野でも「経済」の分野でも「海外情報」の分野でも、得意分野を持ってください。 ただ単に「きれいな結婚式」を作りたいなどと考えるのは、小学生か中学生までです。 より具体的に結婚式を分析し、よりよい結婚式について考える能力をつけなければならないのです。 そうして、しっかりしたホテルかイベント会社に就職して経験を積んでください。 プランナーとして独立するのは「30代後半」です。 そこまで地道に働いてください。 よいプランナーになることを願っています。 頑張ってくださいね。

次の