御社 と は。 「御社」と「貴社」の違い、使い分け

「御社」と「貴社」の違い、使い分け

御社 と は

「御社」と「貴社」の違いとは? 「御社」が話し言葉で、「貴社」は書き言葉 「御社」と「貴社」の違いは話し言葉か書き言葉化の違いです。 「御社」は話し言葉であり、「貴社」は書き言葉になります。 そのため、面接や商談で相手の会社のことをいうときには「御社」を、メールや手紙、書類等で相手の企業を指す場合には「貴社」を使います。 「御社」は 1990年代から話し言葉として使われる 現在では「御社」は話し言葉として使われていますが、それ以前は書き言葉としても使われていました。 ところが、話し言葉として「貴社」を使うと同音異義語が多く意味が取りずらいため、 1990年代ごろから「御社」は話し言葉として、「貴社」は書き言葉として使い分けられるようになりました。 「御社」の意味は「相手の会社を敬った表現」 「御社」とは「おんしゃ」と読み、その意味は 相手の会社を敬っている表現です。 会社以外にも神社に対しても「御社」は使われます。 「御社」の「御(お)」は接頭語で尊敬を表します。 会社や神社を意味する「社」の前に「御」をつけた「御社」は、この言葉自体が尊敬表現になります。 (電話で)「本日午後 4時過ぎに御社へ伺います」• (口頭で)「御社の企画案には感心致しました」 「貴社」の意味も「相手の会社を敬っている表現」 「貴社(きしゃ)」は「御社」と同様の意味で、 相手の会社や神社を敬っている表現です。 「貴社」の「貴」は接頭語で相手に敬意を表した表現で「あなたの」という意味です。 つまり「貴社」とは「あなたの会社」または「あなたの神社」という意味の言葉を尊敬表現に直した表現です。 「御社」と「貴社」の使い分け方【ビジネスメール篇】 「貴社」は取引先の会社のことを指す 「貴社」はビジネスメールなどの書面で取引先の会社を指すときに使われる言葉です。 「貴社」は書き言葉なので、電話や相手と会って話すときには使われません。 話し言葉で相手の会社を指すときは、「御社」が使われます。 「私の経験を活かせると思い、御社を志望しました」• 「御社のこれまでの実績を鑑み、是非入社させていただき御社の商品販売において尽力を尽くします」• 「御社は今後の事業展開として、海外に進出する可能性があるのでしょうか」 「貴社」は履歴書やエントリーシート(ES)で使う 就職活動中には、「御社」と「貴社」の間違えずに使い分けることが大切ですが、履歴書やエントリーシート(ES)などの応募書類では、「貴社」が使われます。 なぜなら「貴社」は相手の会社を尊敬する書き言葉だからです。 貴社に様をつけて「貴社様」という表記も見かけられますが、これは二重敬語となり文法的に誤りです。 「貴」がすでに尊敬語で、更に尊敬語である「様」をつける必要ないので、「貴社」と表記しましょう。 (履歴書の応募理由欄で) 「貴社は兼ねてより社会福祉事業に従事し、福祉サービスや訪問介護等で貢献されています」• 「私は貴社で商品プランナーとして働きたいです。 」 「弊社」や「当社」との違いは? 「御社」や「貴社」と似た言葉に「弊社」と「当社」があります。 ここでは、それぞれの意味と「御社」や「貴社」との違いを解説します。 「弊社」と「当社」は「自分の会社」という意味 「弊社」と「当社」のどちらも自分の会社を指す場合に使われる言葉です。 「御社」と「貴社」は相手の会社を指す言葉という点で違います。 「弊社」とは「自社のへりくだった表現」 「弊社」とは、自分の会社という意味で、自社をへりくだるときに表現です。 そのため相手を立てる場合に使われます。 「弊社」が使われるシーンとは、プレゼンや顧客との交渉で自分の会社の商品を紹介するときなどです。 「当社」とは「わが社」という意味 「当社」とは自分の会社という意味ですが、「弊社」のように自社をへりくだった表現ではありません。 そのため、主に社内向けのメールや文書で使われる書き言葉として、自社の方針や実績などを伝える社内向けスピーチでの話し言葉としても使われます。 社外向けに使われるときもありますが、へりくだった意味合いがないため自社を誇示した印象が与えることもあり、顧客や取引先宛てのメールや手紙には「当社」よりは「弊社」を使った方がいいでしょう。 また、「弊社」と「当社」の使い分けに関しては、下記のサイトで詳しく解説していますので、ご参照ください。 まとめ 「御社」と「貴社」はどちらも相手の会社を敬う表現で、「御社」は話し言葉として、「貴社」は書き言葉として使い分けられています。 尊敬表現はビジネス以外で使う機会が少ないため、「御社」と「貴社」は就職面接や書類の準備では間違えやすい言葉です。 使い分け方を十分に理解して正しく使えるようになりましょう。

次の

正しい意味を知ろう!「当社・弊社・貴社・御社」の使い方

御社 と は

相手が病院に時に「御社」や「貴社」という言い方は間違っています。 会社の敬称として使われる「御社・貴社」ですが、病院は医療法人であり株式会社や有限会社ではありませんので「社」という表現は不適当です。 このことに配慮せず「御社」や「貴社」という呼び方をすると、常識のない人間と思われる可能性が高いです。 特に、医療と言うハイレベルの知識を必要とする医者が相手であれば尚更です。 話し言葉の「御社」と書き言葉の「貴社」 病院の敬称については注意が必要ですが、まず基本として「御社」や「貴社」という言葉の使い分けについても知っておかなければいけません。 「御社」は「おんしゃ」と読みますが、これは面接など話をするときにつかう口語表現です。 一方、「貴社」は「きしゃ」と読み、履歴書等の書面で使う書き言葉です。 口で話すときは「御社」、文字で書くときは「貴社」という使い分けを混同しないように気をつけてください。 病院の「御社・貴社」は「貴院」が正しい書き言葉 病院には「御社・貴社」は使えませんが、書き言葉として使うのであれば「貴院」という表現が適切です。 読み方は「きいん」と読みます。 「貴病院」という表現も無いわけではないですが、より一般的なのは「貴院」です。 病院あての履歴書で多く使う表現ですし、病院同士でやりとりする紹介状などの書面でも貴院という表現が使われています。 話し言葉の「御院」よりも名称を読むのが一般的 クリニックの場合の「御社・貴社」は「貴クリニック」が書き言葉 病院に対して使う「御社・貴社」の代わりとして、話し言葉では「御院」という表現もあります。 「おんいん」と読みます。 しかし、会社に対して「御社」はよく使われますが、病院に対して「御院」実際のところあまり使われておらず、とてもかしこまった表現になります。 病院の「御社・貴社」にあたる表現として「御院・貴院」がありますが、クリニックに対してはどう表現するのでしょうか。 病院と区別せずに医院という括りで考えて「御院・貴院」とするのも間違いではありません。 また、書き言葉で「貴クリニック」という呼び方もあります。 ただし、話し言葉で「御クリニック」は一般的ではないので、名称で呼ぶようにしましょう。 医療法人グループの場合は「貴グループ」が一般的 相手が病院ではなく医療法人グループ宛ての場合には敬称が変わります。 会社ではないので「御社・貴社」は間違いで、病院でもないので「御院・貴院」も少し変です。 この場合には、「貴グループ」や「貴法人」という表現があります。 話し言葉については、こちらも「御法人」などは一般的でないので、名称で呼びましょう。 「御社・貴社」は会社に対して使う敬称なので、営利目的という雰囲気が強く、とりわけ嫌う方もいます。 「御社・貴社」という表現は今や広く普及しているのでよく使われますが、その他の「御・貴」はあまり乱用しすぎると、慇懃無礼ともとられる可能性があります。 特に話し言葉ではそうですが、かしこまり過ぎないよう相手の名称を用いるのも円滑に進める方法のひとつです。

次の

御社と貴社の使い分け、メールではどちらを使う?

御社 と は

「御社」「貴社」ってなに? 呼びかける相手に敬意を払う表現である敬称には、人の名前に対して使う「〇〇様」「〇〇さん」などがあります。 「御社」と「貴社」は「あなたの会社」を意味する敬称の一つで、ビジネスシーンでは知っておくことが必須です。 「自分の会社」を意味する「当社」と「弊社」の違いも合わせて覚えておくといいです。 「御社」は話し言葉、 「貴社」は書き言葉 同じ意味をもつ「御社」と「貴社」の使い方には、決定的な違いがあります。 それは、 「御社」は話す時に使われ、 「貴社」は書く時に使われることです。 「貴社」には同音異義語が多く存在します。 口頭で「貴社」と行った場合、同じ音をもつ「帰社」や「記者」「汽車」など別の言葉に間違って伝わってしまうことが考えられます。 なので、「貴社」は話し言葉ではなく、書き言葉として使用されます。 反対に、 「御社」は同音異義語が存在しないので、話し言葉として使用されます。 「御社」か「貴社」どちらか一つを選ぼう 一般的に二つの言葉の使い分けはされているものの、「貴社」を話し言葉で使用しても間違っているということではありません。 しかし、混乱を防ぐために、 どちらか一つに統一をすることを勧めます。 例えば、「 御社で〇〇の事業に関わって社会貢献をしたいです」と言った後に、「 貴社で活躍される方にはどんな共通点がありますか?」と言ったとします。 この場合、 「御社」を使ったのに、その後 「貴社」という言葉を使い始めてしまったので、「記者として活躍している人」と勘違いされてしまうリスクが生じます。 このような混乱を防ぐためにも、どちらかに統一し、面接官にわかりやすい言葉遣いを心がけましょう。 「御社」と「貴社」の使い方例 では実際に御社と貴社が文中でどのように使われるのか例文を見てみましょう。 「御社」 電話で 「8月9日の10時に御社にお伺いします。 」 面接で 「御社の営業部の〇〇さんにOG訪問をした時に、〇〇についてのお話をしていただきました。 」 「貴社」 メールで 「書類は貴社の〇〇様宛に郵送しました。 」 ESで 「貴社は〇〇という事業を通して、発展途上国の経済を活性化しています。 」 、はこちらから その他の敬称 学校、協会など団体に使われる敬称は他にもたくさんあります。 これからビジネスシーンに出る前に覚えておくと便利です。 学校に対して ・小学校から高校は 「御校」、「貴校」 ・大学は 「貴学」、「貴大学」 ・学園は 「貴学園」 2. お店に対して ・個人経営店は 「貴店」 ・大きな会社の店舗には 「御社」、「貴社」でもOK 3. 銀行に対して ・株式会社〇〇銀行 「御社」、「貴社」でもOK ・銀行 「貴行」 ・信用金庫 「貴庫」 4. 官公庁に対して ・国土交通省など〇〇省は 「貴省」 ・金融庁など〇〇庁は 「貴庁」 ・警察署など〇〇署は 「貴署」 5. 協会に対して ・NPO法人〇〇協会は「貴法人」、「貴協会」「貴会」どれでもOK 就活の基礎は就活エージェントで身につけよう 今回は、会社に対する敬称である 「御社」と 「貴社」の使い方の違いを説明しました。 せっかく就活対策をしていても、 正しい言葉遣いやマナーが身についていなければ、「社会に出る準備ができていない人」と悪い印象を与えてしまいます。 自己PRや志望動機など、中身がしっかりしていても、マナーなど基本的なところで減点されるのはもったいないですよね。 就活の基礎については、就活エージェントを利用し、模擬面接などを行うことで確認することをお勧めします。

次の