魔女 宝鑑 ホジュン キャスト。 魔女宝鑑~ホジュンの若き日の恋~ を1話〜最終話まで全話 無料で観るならU

魔女宝鑑(原題)

魔女 宝鑑 ホジュン キャスト

魔女宝鑑 主要キャスト 画像 役名 キャスト名 ホ・ジュン ユン・シユン ヨニ=ソニ キム・セロン チェ・プンヨン クァク・シヤン チェ・ヒョンソ イ・ソンジェ ホンジュ ヨム・ジョンア 魔女宝鑑 概要 今回は「魔女宝鑑」の紹介です! 中殿シム氏は即位して5年もたつというのに、懐妊することができなかった。 王権を強固にするため王妃が産む正当な孫が必要だった大妃は、黒呪術を操るホンジュに助けを求める。 石女である王妃が子供を産めない体だと知るとホンジュは、胎児の移し換えができる黒呪術を提案する。 霊感の優れた巫女を標的に選んだホンジュは、巫女を騙して王の子を身ごもらせ、体内に命が宿ると黒呪術で胎児を王妃の体内に移す。 王妃が無事子供を身ごもると、用なしとなった巫女を殺そうと考えたホンジュは巫女の母や弟まで手に掛け、目の前で家族を惨殺された巫女は息を引き取る前に呪いをかけて死ぬ。 大巫女ホンジュは王子を助けるために彼の呪いを王女に移呪し焼き殺すが、悪霊に魂を売った国を憂いたチェ・ヒョンソは奥深い山中に家を建て結界の中で王女を育てる。 県監の庶子ホ・ジュンは母の奴婢証文を買うため、嫌がらせする嫡子の目をごまかしコツコツお金をためていた。 彼は一攫千金の博打には手を出さず、お手製の薬を秘薬とごまかし王宮に住む女官相手に巧みな話術で商売繁盛。 それでも奴婢証文を買うには途方もなく月日がかかり、黒森に揚がった凧をとってくれば500両くれるという嫡子ホオクの提案を受け入れ森の中に入っていく。 当時、都には不吉な噂があり、黒森に住む妖怪が人の心臓を喰らい、死体から剥ぎ取った衣で凧を揚げていると恐れられていた。 一度入れば二度と生きて出られぬという黒森に凧とりに入ったホ・ジュンは、大虎に遭遇し危機一髪のところを宮殿で拾った鏡の破片で命拾いする。 山中深くにある民家を見つけたホジュンは、四方をお札で囲われた敷地内に入り庭木にかけてあった糸をたぐりよせ凧を取ろうとするが、糸は切れ、凧は天高く飛んでいってしまう。 結界に守られて育った王女ヨニは普通の女の子。 彼女の切なる願いは敷地の外に枝を垂らし、たわわに実った熟柿が食べること。 家族以外訪れたことのない家に侵入してきたホ・ジュンを泥棒と間違えたヨニは、持っていた鉄鍋で顔面パンチを食らわせ男を木に縛り付ける。 噂に聞く美女に対面したホ・ジュンは、心臓をとって食われるのかと覚悟を決めるが美女の要求は、一歩外に出れば容易に取ることができる熟柿を取ってほしいということだった。 柿を独り占めしてむしゃむしゃ食べる少女は妖怪とは程遠く、彼女が父親に隔離されていると思ったホ・ジュンは、彼女もまた自分のように周りから疎まれる存在なのかと同情する。 17年間、厳しくも優しい父に愛情深く育てられたヨニは、「この世に生まれてくる必要のない人間なんていないわ」とホ・ジュンを深い闇から助け出す。 敷地から出られない妹を不憫に思うヒョンソの息子プンヨンは、ヨニの17歳の誕生日に灯籠祭に連れていってあげようと妹を結界から連れ出す。 その頃王宮ではヨニの双子の兄スネ世子の誕生祭と、王子の安寧を祈る儀式が行われていたが、ヨニが結界を破ると雷鳴が轟き、大巫女ホンジュが血を吐き倒れる。 スネ世子の耳には消えたはずのアザが再び浮き上がり、世子は昏睡状態になる。 悪霊を解き放った大巫女は呪われた王女の鼓動をとらえ彼女をしとめようとするが、宮殿の近くをさ迷い歩くヨニを見かけたホ・ジュンは彼女を匿い大巫女から助ける。 祭の人混みで妹を見失ったプンヨンは、妹を守ってくれたホ・ジュンに嫉妬を感じ、ヨニを取り戻すと山中の家に送り届けるが、自宅に戻ったプンヨンは突然倒れ、彼の耳にもスネ世子と同じ呪いのアザが浮き彫りになる・・・。 魔女宝鑑 あらすじのフルバージョンはこちらからご覧ください! 韓国ドラマ 魔女宝鑑 あらすじ(ネタバレ含む).

次の

【韓国ドラマ】ホジュン~伝説の心医~キャストや相関図★あらすじをご紹介|韓国ドラマmania

魔女 宝鑑 ホジュン キャスト

htmlより引用 『製パン王キム・タック』の ユン・シユン除隊後初主演ドラマにして、初時代劇と話題になりました。 『ホジュン~宮廷医官への道~』のホ・ジュンの若き日の恋と成長を描いたファンタジーロマンス時代劇です。 ヒロインには子役時代からの活躍が華々しい キム・セロンが演じています。 この他、『七転び八起き、ク・ヘラ』で、ヘラの幼なじみカイストバイオ脳工学の学生を演じた クァク・シヤン。 『星から来たあなた』に出演の イ・イギョン。 『Mimi』出演の ムン・ガヨン。 『王の顔』の イ・ソンジェ。 多彩な俳優が登場して、独特の世界観のファンタジー史劇となっています。 〜呪いのはじまり〜 結婚してから5年がたっても、王妃シム氏は子どもを産むことができない。 明宗の母親・大王妃ユン氏は、必ず王妃が、世継ぎを産んで王権を確固たるものにしなければならないと判断し、 星宿庁ソンスチョンの大巫女ホンジュに依頼する。 ホンジュは黒呪術を利用しようという秘密裏の提案をし、1年後、王妃はやっと妊娠できて双子を産んだが…。 正反対の運命を迎えるスネ世子とヨニ姫。 そして、双子の耳の後ろには鮮明な呪いのしるし。 ホンジュは呪いでスネ世子の呪いをヨニに移し、呪いをなくすために、ヨニを焼き殺そうというのだが…。 〜魔女の誕生〜 宮廷から捨てられたヨニは、結界に囲まれ、人影のないひっそりとした暗い森の奥深くに住んでいる。 姫として生まれたが、呪われたという理由で死の危機に置かれた ヨニは、自分を死から救ったチェ・ヒョンソを父親だと信じて、この17年を生きてきた。 そして官廷がスネ世子の17才の祝宴の準備で騒々しい中、兄のプンヨンと一緒に世の中に初めて出たヨニは、この日、自分を巡る秘密と悲運の呪いに衝撃を受け、何よりも大切な家族から離れることになる。 紆余曲折の末にチョンビン寺に着いたヨニ。 『夜警日誌』や『夜を歩く士』のような闇の存在と戦うファンタジーものですが、悪役が「星宿庁の巫女」であることから『太陽を抱く月』も思い出させる場面もあります。 映像もこだわりがあり、美しく作られていてランタンが舞い上がるシーンは壮観でした。 序盤が本当に目が離せなくて、ホンジュが石女とわかった王妃に黒魔術で受胎させるために、霊能力の高い可憐な巫女を騙して王の夜伽相手にし、受胎した「もの」を術で巫女の体から抜くシーンは目を背けるほどでした。 黒魔術の凄さを表現したものでしょうが、受胎した巫女の体が浮くとき、苦しみでもがく場面は本当に怖かったですね。 体から受胎した「もの」を抜かれた巫女は口封じのために、親きょうだいを目の前で殺され、ついには自分も殺されますが、死ぬ間際に王妃に寿ぎを述べるように「予言」として呪いをかけます。 あなたが生むのは双子です、そして、あなたのこどもは17歳までしか生きられません、もし17を過ぎて生きたとしても、その子の愛する者たちはみな死んで、孤独に生き続ける運命なのです、と。 無邪気だった選ばれし巫女が、死の間際、このような呪いをかけるほどの悪意を抱くようになる、ホンジュの情け容赦のない仕打ちに義憤にかられました。 そして、それを誰も信じてはいないのですが、臨月になり王妃が出産すると、あろうことか呪いの双子が生まれ、物語は始まります。 そして17年後庶子として生きるホ・ジュンの登場で本格的な物語に突入します。 しかし、最初の双子誕生までが一番印象に残りました。 薄暗い王宮で、黒魔術を厭いつつも、こどものできない体である王妃が黒魔術を受け入れるまでの懊悩、黒魔術で宮殿を牛耳ろうとするホンジュの夜な夜な繰り広げる黒魔術。 ホンジュの本当の目的は、王宮を牛耳ることではなく、牛耳ったうえで朝鮮国を滅ぼすことなのですが、その不退転の想い自体が呪いのように思えます。 全体を通して、ホンジュの怖さが作品をまとめてあげていたと思います。 最初は奴婢の庶子として生まれ、「自分など生まれなければ良かった」と常々思っていたホ・ジュン。 しかし、「みんな必要だから、生きていている」と言われてもピンと来なかったホ・ジュンが、「生きていたい、必要される人がいるから生きているんだ」と考えがシフトしていきます。 母親がいた時には、自分を「いらない人間」だと思っていたホ・ジュンですが、大好きな母親をを亡くしたことで、否が応にも生きる覚悟を決めざるを得なくなります。 そこでヨニと出会い、無意識に誰かのために生きることを求めていたことを知っていきます。 育ちは違えども生まれた時の身分は変わらない、という時代には、愛する人を守るために騙し、傷つけ、自分も傷ついていく運命に人々は翻弄されるままです。 そんな中で、目の前の出来事に真正面から真摯に向き合い、正義を貫くホ・ジュンが頼もしくなります。 htmlより引用 恋人同士を演じた ユン・シュンとキム・セロンの年齢差が14歳というのに驚きました。 童顔のユン・シユンと、子役として世間をわたってきたキム・セロンが大人びていて、そこまでの年齢差には思えなかったのです。 視聴している時には「お似合い」とさえ思ったくらいですから。 実際にキム・セロンの年齢を知ってからは、「あ、ちょっとまだこの役には早いかな」と思える表情や仕草がありました。 でも、キム・セロンが大人びているとは言っても、顔自体は「大人っぽい」とは違って「こういう顔の子供っているよね」という感じなので、本当に可愛らしい童顔の大人みたいです。 今年18歳になったキム・セロン。 もっと成長して美しくなった「女優キム・セロン」が今から期待できますね。 htmlより引用 最初から最後まで目の離せない作品です。 ただ、途中での疑問点は解消されないまま終わる、ちょっと残念な部分もあります。 殺された巫女の呪いがホンジュしか解けないからという話になる 呪いはかけた本人以外には解けない。 ヨニが黒い森の向こうの小屋にいるとき、夜ごと「私の子」と叫ぶ亡霊が戸をドンドン叩く 受胎しただけの殺された巫女は自分の子供とは思っていない。 死んだはずの、ソンジェの弟子であり、ヨニの付添いのヨグァン イ・イギョン の生き返りが、誰が生き返らせたのか触れない。 などの部分です。 終盤にヨニとホ・ジュンが一緒に暮らすシーンがありますが、幸せな光景がとても切なく映るシーンです。 物語の最後を予感させるほのぼのとした光景なのに、私たちの気持ちに悲壮感を投げかけます。 これが、ホ・ジュンが雄々しく成長する収束へと向かうと思うと、涙が出てきました。 最後はご自分でお確かめください。 ファンタジーが苦手な方にも楽しく観れる作品に仕上がっています。 cgi? 貴族の息子として生まれるも、母親が奴婢だったため庶子としてぞんざいに扱われ、ついにはその母を殺され復讐に燃える心を隠して生きるホ・ジュン ユン・シユン。 邪悪な力で世の中を支配しようとする勢力とそれに対抗する勢力の戦いと、王女を救出するために奮闘するホ・ジュンの愛と成長を描いています。 tsite. 韓国では何度もリメイクされるほどの偉人です。 日本で言えば、NHK大河ドラマの主人公ですね。 「ホジュン~宮廷医官への道~」はベテラン俳優チョン・グァンリョルがホ・ジュンを演じ、日本でも大ヒットを記録しました。 そんなホ・ジュンが記した医学書「東医宝鑑」に記した神秘的な薬の処方からヒントを得て制作されたのがこの作品です。 ドラマのタイトルは医学書「東医宝鑑」へのオマージュとして名付けられました。 これまでの史劇では彼の生涯について描かれていますが、このドラマはホ・ジュンの若き日の純愛物語をフィクションで描くファンタジー史劇です。 まだ医師を志す前のインチキな薬売りですが、彼の正義感はもうこの時から芽生えていて、悪へ立ち向かっていく姿は皆の知っている「ホ・ジュン」そのものです。 今までヒューマンドラマとして語られた「ホ・ジュン」では決して描かれなかった、甘く切ない恋物語という新しい一面の「ホ・ジュン」作品となりました。 天才子役キム・セロンの成長.

次の

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋~

魔女 宝鑑 ホジュン キャスト

時代劇だけど余計なシーンも少なくて次が見たくなる感じ。 どうなるか気になって最後まで飽きずに見られる。 視聴後の気分 すっきりしない 悲しいような寂しいような 📺 視聴期間:2017. 朝鮮第13代王明宗の妃シム(チャン・ヒジン)は世継ぎを望むも、子供が産めない体だと知る。 そこで星宿庁の大巫女ホンジュ(ヨム・ジョンア)に依頼し、黒呪術により世継ぎを授かる。 生まれた子供は男女の双子であったが、ホンジュと王妃に騙され妊娠させられ、家族共々殺された巫女により呪いがかけられていた。 それは、17歳の誕生日の後に命を落とす。 もし死を免れても死より苦しみを味わう。 その子を愛する者はみんな死に、その子が愛する者も同じくみんな死ぬという恐ろしい呪いであった。 そこでホンジュは双子の一人に呪いを移しその子を焼き殺すことで呪いを消すという方法をとる。 犠牲になり焼き殺されることになったのは王女であった。 17年後…。 王女は焼き殺されたと思われていたが、チェ・ヒョンソ(イ・ソンジェ)に救われ、ヒョンソの娘として結界の中で隠れて暮らしていた。 結界の中にいれば呪いは発動しない。 チョ・ヒョンソは何とか王女の呪いを解こうと必死に方法を探していた。 山奥の家に結界をはり一人でくらす少女ヨニ(キム・セロン)。 何故家から出てはいけないのか?何故こんな山奥にひとりで暮らしているのか?わからないながらも父チェ・ヒョンソの言いつけを守り暮らしていた。 唯一の楽しみはチェ・ヒョンソの息子プンヨン(クァク・シヤン)が会いに来てくれることであった。 そんなヨニはある日ホ・ジュン(ユン・シユン)に出会う。 家族以外との接点がないヨニはホ・ジュンに興味をを示す。 そして、17歳の誕生日を迎えた日、彼女は運命に導かれるかのように結界の外にでてしまうのであった。 見始めるとしよう! あら。 なんと時代劇。 こんなに成長して美人になってる。 さすが女優さん。 急に大人な感じになった。 ホンジュと王妃の黒い陰謀がみててドキドキ。 1話から完全に話に引き込まれた。 黒呪術を操るホンジュと 黒呪術を押さえつけるチェ・ヒョンソ。 このふたりの対決が見ものだ! 時代劇がよくにあう イ・ソンジェssi さすがベテラン俳優だけあって演技がすごい。 黒呪術に操られた姿なんか、アンドロイド?蝋人形?って思うような表情と動き。 悪役ホンジュもすごい気迫でゾクゾクする~ このドラマ素敵なお兄様いっぱいでてくる。 ヨニのオラボニ役のクァク・シヤンssi 王様の側での忠誠心の強い姿、 剣を持って戦う姿、 ヨニに微笑む姿、 めちゃくちゃカッコよくてユン・シユンssiを超えたかな? と思ったら、黒呪術で操られた姿で笑えたり。 ドラマでシェフをしてた時は全然かっこいいと思わなかったし、役柄によっても髪型によっても全然イメージ変わる人かも。 最近はバラエティー番組でも活躍してるみたいだし、もう少し見てみたい役者さん。 顏が小さくて演技もうまかった! ホ・ジュンが王様の呪いを解くシーン。 王様の圧巻の演技。 見入ってしまった。 脚本も素晴らしいと思う。 言葉のひとつひとつがいい。 ホンジュの王様を言いくるめるセリフもすごい。 少しコミカルな感じもあって面白かった。 このドラマはシリアスな中にも笑いを組み込んでくるあたりがいい。 戦うシーンとかは少し緊張するが、コミカルなシーンで力が抜けて、気楽に見られる。 最後までどうなるかわからず、続きがきになりサクサク見れた。 でも、ラスト。 これでいいのか? 私が想像する終わり方とは全く違う方向。 私が望むラストではなかった。 年老いたホジュンが凧に導かれ道を進むとそこには懐かしい光景が… なんだか悲しい感じの歌だなぁ。

次の