紫陽花 強剪定 時期。 山アジサイの植え替えと育て方

アジサイの剪定 強剪定したらやはり花が咲かなかった

紫陽花 強剪定 時期

もくじ• アジサイ(紫陽花)を剪定する時期と方法 基本的にアジサイは成長速度が早いのであっという間に大きくなります。 放置をしていると背丈が伸びて花の位置がどんどん上に上がってしまいますので、小さなお庭の場合は取り返しのつかない事になってしまいますね。 そのため、適度な高さでコンパクトにするという剪定が必要です。 アジサイは2年間隔で咲く アジサイの枝には花が咲く枝と咲かない枝があります。 例えば、今年花が咲いた枝にはもう花が咲きませんので、 花が萎れ始めたら花の下から2枚目の下の茎、または4枚目の下の茎で剪定します。 その切った位置から、新たに枝が出て夏の間に枝の先に花芽が付き、秋には花芽として確認できます。 しかし、 剪定した後についた花芽からはその年に花が咲かず2年後に花が咲きますね。 また、その年に咲かなかった枝から翌年花が咲きますので、交互に咲かせていくことで毎年アジサイを咲かせることができます。 11月から3月に行うアジサイの剪定 絶対にしなければいけない剪定ではありませんが、11月~3月に古い枝や花芽が付いていない枝を間引きます。 この時期に剪定をしておくことで、風通しが良くなり病気や害虫の発生を抑えることができますね。 アジサイの花が咲かない理由 アジサイの花が咲かない一番大きな理由は剪定方法や時期を間違っているからです。 花が咲いている枝と咲いていない枝があり、花が終わった時に剪定しますが。 そこで、多くの人がやってしまうのが、全部まとめてバッサリ剪定して、 花芽が付いていて翌年に咲くはずだった枝まで切ってしまうことですね。 もちろん、こうなると花芽まで飛ばしてしまっているので、翌年は花が咲きません。 すると、花が咲かないからとまた全部剪定してしまい、 翌年に咲くはずだった花芽が無くなってしまうという悪循環に陥ります。 剪定しているのに花が咲かないという場合は、一度剪定するのを辞めて翌年に花が咲くのを確認してから、花芽を残すように剪定してみると良いですね。 アジサイは肥料をあげすぎると花が咲かない アジサイにはリン酸系かカリ系の肥料をあげるのが良いですが、これもあげすぎると花が咲かない原因となってしまいます。 特に、チッ素系の肥料はアジサイには合いませんので、肥料であれば何でも良いと言うわけではありません。 日照条件が悪いと花が咲かない アジサイは日陰に強い花ですが、元気よく花を咲かせるにはある程度の日照が必要です。 こればかりは天候によるのでどうしようもありませんが、日照が少なすぎると来年は葉ばかりが茂って花が咲かないということもありますね。 アジサイにとって一番良い場所は明るい日陰、次は1日に2~3時間日が当たる半日陰です。 アジサイが枯れる原因 アジサイが枯れる原因として一番多いのは「水不足」による枝枯れです。 アジサイは梅雨に花を咲かせるだけあって、水を多く欲しがる木ですので、水切れや乾燥には十分な注意が必要です。 とは言っても、常に土の表面が湿っているほどの状態になると、根腐れを起こしてしまうので、水を上げる時はしっかりと土の状態を見て乾燥気味ならあげる様にすると良いでしょう。 アジサイは落葉樹ですので、秋から冬に枯れるのは当たり前ですよ! お店で買った鉢植えのアジサイは枯れやすい 鉢植えのアジサイでもお店で買ってきたようなものは案外枯れやすいです。 なぜかと言えば購入してきた時点で鉢に根が周ってしまっている状態なことな多く、水やりをしていると根腐れを起こしてしまいます。 小さめの鉢のほうが、花がよく咲くので販売する際には小さめの鉢に入れられているのですが、購入したあとも鉢で育てるのであれば、早めにやや大きめの鉢に入れ替えてあげる方が良いですね。 枯れたアジサイは復活する? アジサイは表面が枯れてしまっても地中は生きている場合が結構あります。 枯れてしまったと思った場合はとりあえず、表面に出ている枯れ枝は全て剪定して、1年間何もせずに様子見をしてみましょう。 この場合、地植えのアジサイであれば肥料も与えずに何もせずに完全放置で構いませんが、鉢植えのアジサイであれば日陰に移動させてあげましょう。 鉢植えの場合は、一度鉢から抜いてみて土が塊にならずにボロボロとこぼれてしまうようであれば水はけが良すぎて、水もちが悪かった事が考えられますので、アジサイ用の培養土など水もちの良い土を加えてみましょう。 その後、しっかりと鉢全体に水分を行き渡らせて、水枯れなどの原因を除去し、しばらくの間は土が8割ほど乾いたら水をあげるというお手入れを続ければ復活する可能性があります。

次の

アジサイアナベルの剪定方法は強剪定と弱剪定、どちらがおすすめ?

紫陽花 強剪定 時期

花芽に注意!剪定前に知っておくべきこと アジサイは大きくなりすぎる前にこまめに剪定することが大切です。 定期的に剪定することで、ある程度成長をおさえることができるため、日ごろの手入れも比較的楽になります。 しかし剪定方法を間違えると、花が咲かないままシーズンが過ぎ、場合によっては枯れてしまうことがあるかもしれません。 じつはアジサイの花は、毎年同じ場所に咲くわけではありません。 アジサイには、その年に成長した新しい枝には花芽をつけない性質があります。 そのため花芽は枝が成長してから1年経ったころにつき、さらに1年が過ぎてから、ようやく開花するのです。 そこで剪定する枝は、その年花を咲かせたものを選びます。 先端から数えて2節下のあたりに新しい花芽ができるため、それよりも少し上の部分で切り落としましょう。 アジサイの剪定方法について いつのまにかアジサイが大きくなりすぎている場合は、剪定してかたちを整えることをおすすめします。 剪定に適している時期は、花が咲き終わってから7月中旬ごろまでです。 アジサイの花は自然に散ることがありません。 剪定して古い花を取り除かなければ、新しい芽に必要な養分が奪われたままになってしまうため注意しましょう。 また、アジサイの成長がゆるやかになる11月から3月ごろにもう一度、花芽より上に伸びた枝を剪定するのもおすすめです。 この時期に剪定すればきれいなかたちを保ったまま春をむかえることができます。 この冬の剪定では、枯れてしまった古い枝や、花芽のついていない枝などもあわせて切りましょう。 根元から切り落として風通しをよくすることで、害虫対策にもなります。 ただし冬の剪定は、絶対に欠かせないというわけではありません。 あまり剪定に自信がない場合は、花が咲き終わってからおこなう剪定だけでも十分です。 剪定は植物の健康を保つためにも大切な作業のひとつです。 アジサイはしっかりと手入れすれば毎年花を咲かせてくれますので、大切に育ててください。 アジサイに強剪定が必要なケースもある アジサイは大きくなりすぎると、茎の部分が木のように固くなる「木化」という現象が起こります。 木化したアジサイは剪定だけでなく、日ごろの手入れも大変なので、思い切って強剪定しましょう。 なかには、そもそも強剪定とはどんなものなのか、あまりピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。 そこで、はじめに強剪定について簡単にご説明します。 強剪定とは、大きく成長しすぎた植物を、小さいかたちにおさえるため太い幹や枝を短くしたり、全体的に枝の量を減らす作業のことです。 深く刈りこむため、植物にかかる負担は大きく、アジサイの場合、強剪定した翌年は花が咲かないこともあります。 しかし木化したアジサイをそのまま放っておくと、内部の風通しが悪くなり、病害虫の温床になりかねません。 枯れるまで被害が悪化すれば、枝だけでなく、根元から切り倒す始末になってしまうこともあります。 病気や害虫の被害を受けてしまう前に、一度強剪定して風通しをよくしましょう。 アジサイはある程度深く刈りこんでも、切り口から新しい枝や花芽をのばして成長する植物ですので、正しく剪定すれば枯れることはほとんどありません。 アジサイの強剪定は、成長がゆるやかな2月から3月のはじめごろにおこないましょう。 すべての枝を、根元付近にあわせて切りそろえることで、樹形が大きく乱れることなく整えられます。 アジサイの管理を簡単にして栽培するコツ 普段の手入れがしやすいように、あるいは限られたスペースでアジサイを楽しむためにできる工夫があります。 ちょっとしたポイントをおさえれば、気軽にアジサイを楽しむことができるかもしれません。 以下で紹介するのは、アジサイを小さく育てる2つの方法です。 これからアジサイを育てたい方はもちろん、すでにアジサイを育てている方でも実践できることもありますので、一度確認してみてください。 切り落とす枝を限定する コンパクトなサイズで育てたいときは、アジサイが大きくなりすぎないよう、年に2回、剪定するのがおすすめです。 大きくなってしまってから小さくしたい場合は、一度強剪定してかたちを整える方法もあります。 しかし強剪定してしまうと翌年の花は期待できないため、深く刈りこむのは避けたい方もいらっしゃるかもしれません。 毎年花を楽しみたい場合は、剪定方法を少し工夫しましょう。 1章でも説明をした通り、アジサイは花のつき方に特徴があります。 その特徴を活かすことで、切り落とす枝を限定することができるのです。 方法は、「剪定する枝のうち半分は短く切りそろえ、残りは先端から2節目の部分にできる花芽よりも少し上で切り落とす」というものです。 アジサイの花芽は枝の先端から2節目より下にできるため、残しておくことで翌年も花を楽しむことができます。 もちろん全体的なバランスを考えながら剪定する必要がありますので、少し手間はかかりますが、気になる方はぜひ挑戦してみてください。 もともとコンパクトな種類を選ぶ アジサイのなかには、もともと全体的にコンパクトなサイズになるよう、品種改良されたものがあります。 植える前に、比較的小さく育つものを選べば、大きくなりすぎることを心配する必要はあまりありません。 アジサイがどれくらいの大きさになるかは苗の説明文に記載されていることが多いので、参考にしてみてください。 とくに鉢植え用という表記があるものは、コンパクトなサイズのままである種類がほとんどです。 まとめ アジサイが大きくなりすぎてしまったときは、剪定してかたちを整える必要があります。 しかし剪定する時期や場所を間違えると、花が咲かないことがあるため注意しましょう。 木化するほどに成長してしまうと、枝が混みあって風通しが悪くなり、病害虫の温床になりかねません。 成長がゆるやかな時期に深く刈りこみ、ある程度コンパクトなサイズに戻すことをおすすめします。 剪定に自信がない方は、一度業者に相談してみるのもひとつの手段です。 個人で剪定するのが難しい場合も、業者に依頼してコンパクトなサイズに整えてもらいましょう。 この記事は2019年10月24日に加筆・修正しています.

次の

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)の特徴と育て方!剪定時期と方法は?

紫陽花 強剪定 時期

花芽に注意!剪定前に知っておくべきこと アジサイは大きくなりすぎる前にこまめに剪定することが大切です。 定期的に剪定することで、ある程度成長をおさえることができるため、日ごろの手入れも比較的楽になります。 しかし剪定方法を間違えると、花が咲かないままシーズンが過ぎ、場合によっては枯れてしまうことがあるかもしれません。 じつはアジサイの花は、毎年同じ場所に咲くわけではありません。 アジサイには、その年に成長した新しい枝には花芽をつけない性質があります。 そのため花芽は枝が成長してから1年経ったころにつき、さらに1年が過ぎてから、ようやく開花するのです。 そこで剪定する枝は、その年花を咲かせたものを選びます。 先端から数えて2節下のあたりに新しい花芽ができるため、それよりも少し上の部分で切り落としましょう。 アジサイの剪定方法について いつのまにかアジサイが大きくなりすぎている場合は、剪定してかたちを整えることをおすすめします。 剪定に適している時期は、花が咲き終わってから7月中旬ごろまでです。 アジサイの花は自然に散ることがありません。 剪定して古い花を取り除かなければ、新しい芽に必要な養分が奪われたままになってしまうため注意しましょう。 また、アジサイの成長がゆるやかになる11月から3月ごろにもう一度、花芽より上に伸びた枝を剪定するのもおすすめです。 この時期に剪定すればきれいなかたちを保ったまま春をむかえることができます。 この冬の剪定では、枯れてしまった古い枝や、花芽のついていない枝などもあわせて切りましょう。 根元から切り落として風通しをよくすることで、害虫対策にもなります。 ただし冬の剪定は、絶対に欠かせないというわけではありません。 あまり剪定に自信がない場合は、花が咲き終わってからおこなう剪定だけでも十分です。 剪定は植物の健康を保つためにも大切な作業のひとつです。 アジサイはしっかりと手入れすれば毎年花を咲かせてくれますので、大切に育ててください。 アジサイに強剪定が必要なケースもある アジサイは大きくなりすぎると、茎の部分が木のように固くなる「木化」という現象が起こります。 木化したアジサイは剪定だけでなく、日ごろの手入れも大変なので、思い切って強剪定しましょう。 なかには、そもそも強剪定とはどんなものなのか、あまりピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。 そこで、はじめに強剪定について簡単にご説明します。 強剪定とは、大きく成長しすぎた植物を、小さいかたちにおさえるため太い幹や枝を短くしたり、全体的に枝の量を減らす作業のことです。 深く刈りこむため、植物にかかる負担は大きく、アジサイの場合、強剪定した翌年は花が咲かないこともあります。 しかし木化したアジサイをそのまま放っておくと、内部の風通しが悪くなり、病害虫の温床になりかねません。 枯れるまで被害が悪化すれば、枝だけでなく、根元から切り倒す始末になってしまうこともあります。 病気や害虫の被害を受けてしまう前に、一度強剪定して風通しをよくしましょう。 アジサイはある程度深く刈りこんでも、切り口から新しい枝や花芽をのばして成長する植物ですので、正しく剪定すれば枯れることはほとんどありません。 アジサイの強剪定は、成長がゆるやかな2月から3月のはじめごろにおこないましょう。 すべての枝を、根元付近にあわせて切りそろえることで、樹形が大きく乱れることなく整えられます。 アジサイの管理を簡単にして栽培するコツ 普段の手入れがしやすいように、あるいは限られたスペースでアジサイを楽しむためにできる工夫があります。 ちょっとしたポイントをおさえれば、気軽にアジサイを楽しむことができるかもしれません。 以下で紹介するのは、アジサイを小さく育てる2つの方法です。 これからアジサイを育てたい方はもちろん、すでにアジサイを育てている方でも実践できることもありますので、一度確認してみてください。 切り落とす枝を限定する コンパクトなサイズで育てたいときは、アジサイが大きくなりすぎないよう、年に2回、剪定するのがおすすめです。 大きくなってしまってから小さくしたい場合は、一度強剪定してかたちを整える方法もあります。 しかし強剪定してしまうと翌年の花は期待できないため、深く刈りこむのは避けたい方もいらっしゃるかもしれません。 毎年花を楽しみたい場合は、剪定方法を少し工夫しましょう。 1章でも説明をした通り、アジサイは花のつき方に特徴があります。 その特徴を活かすことで、切り落とす枝を限定することができるのです。 方法は、「剪定する枝のうち半分は短く切りそろえ、残りは先端から2節目の部分にできる花芽よりも少し上で切り落とす」というものです。 アジサイの花芽は枝の先端から2節目より下にできるため、残しておくことで翌年も花を楽しむことができます。 もちろん全体的なバランスを考えながら剪定する必要がありますので、少し手間はかかりますが、気になる方はぜひ挑戦してみてください。 もともとコンパクトな種類を選ぶ アジサイのなかには、もともと全体的にコンパクトなサイズになるよう、品種改良されたものがあります。 植える前に、比較的小さく育つものを選べば、大きくなりすぎることを心配する必要はあまりありません。 アジサイがどれくらいの大きさになるかは苗の説明文に記載されていることが多いので、参考にしてみてください。 とくに鉢植え用という表記があるものは、コンパクトなサイズのままである種類がほとんどです。 まとめ アジサイが大きくなりすぎてしまったときは、剪定してかたちを整える必要があります。 しかし剪定する時期や場所を間違えると、花が咲かないことがあるため注意しましょう。 木化するほどに成長してしまうと、枝が混みあって風通しが悪くなり、病害虫の温床になりかねません。 成長がゆるやかな時期に深く刈りこみ、ある程度コンパクトなサイズに戻すことをおすすめします。 剪定に自信がない方は、一度業者に相談してみるのもひとつの手段です。 個人で剪定するのが難しい場合も、業者に依頼してコンパクトなサイズに整えてもらいましょう。 この記事は2019年10月24日に加筆・修正しています.

次の