卵巣 腫瘍 良性。 卵巣のう腫は将来、卵巣がんに進行することはないか

卵巣がんの原因と症状――急な体型の変化がみられることも

卵巣 腫瘍 良性

子宮がん検診の時に、内診や超音波でたまたま発見される事が多いです。 卵巣嚢腫とは、 液体や脂肪が溜まっている軟らかい腫瘍で、多くは良性の腫瘍です。 超音波検査、MRIなどを行い、診断をつけます。 卵巣は『沈黙の臓器』と言われ、卵巣嚢種が小さいうちは、自覚症状はほぼ出ません。 1年前は何もなかったのに・・・と言うことがあるので検診が必要です。 自覚症状は握りこぶしくらいの大きさになった頃に現れます。 腫瘍がほかの臓器を圧迫するので、腹部膨満感や下腹部痛、腰痛などが起こります。 そして病状が進行していくと、便秘や頻尿といった症状も出ます。 また、外側から腹部にしこりを感じたり、体重増でもないのに、お腹だけがぽっこりと膨らむこともあります。 このほか、不正出血やおりものの増加などの症状がみられることもあります。 卵巣嚢腫の種類 卵巣嚢腫は、 4種類に分けられます。 漿液性嚢腫 漿液性嚢腫は、漿液という卵巣から分泌される透明な液体が溜まった腫瘍です。 こちらは年齢を問わず、卵巣嚢腫の中で最も多いタイプです。 粘液性嚢腫 粘液性嚢腫は、閉経後の女性に多くみられ、ゼラチン状の粘液が溜まった腫瘍であり、肥大して大きくなるタイプです。 成熟嚢胞性奇形腫(皮様嚢腫) 20~30代の女性に多くみられ、人体の元となる、胚細胞にできる腫瘍があります。 これは歯や毛髪などの組織が含まれたドロドロした粥状の物質が溜まる成熟嚢胞性奇形腫(皮様嚢腫)で、この場合は両方の卵巣に生じることもあります。 子宮内膜症性卵巣嚢種(チョコレート嚢種) 子宮内膜に似た組織により血液がたまってできる塊を子宮内膜症性卵巣嚢種(チョコレート嚢種)と言います。 嚢腫の内容物が異なることからおおまかに4つに分類されていますが、いずれも嚢胞性の 良性腫瘍である場合が大半です。 ただし、子宮内膜症性卵巣嚢腫は40歳以降で、腫瘍の大きさが4cm以上になると悪性化する確率が高くなるといわれており、閉経後でも癌化することがあるので適切な治療が必要です。 卵巣嚢腫の治療 腫瘍が良性で、大きさもそれほどでない場合は、定期的に検査をして経過を観察します。 なお腫瘍が6cmほどになると茎捻転(腫瘍がお腹の中でぐるりと回転して捻じれて、下腹部が激しく痛む)の恐れが生じるため、手術を行うことになります。 手術は、良性腫瘍であれば、 腹腔鏡を使って病巣部分のみを摘出することになります。 ただし、サイズが大きいものや、画像診断で悪性が疑われるような場合には、開腹手術による腫瘍切除が必要になることがあります。 膣炎 膣には自浄作用があり、そのため細菌に感染しにくい環境にありますが、何らかの原因で炎症を起こすことがあります。 膣炎の症状 老人性膣炎 エストロゲンの減少により膣の自浄作用が低下して膣粘膜が萎縮します。 腟壁の上皮が脆弱化するため少しの刺激で炎症を起こします。 症状は 黄色~茶褐色のおりもの、膣や外陰部の痛み、掻痒感、性交痛がおこります。 治療はホルモン剤の投与、内服、膣剤です。 我慢せずご相談して下さい。 膣カンジタ症 真菌感染により生じます。 抗生剤の内服、妊娠中、免疫力の低下状態により感染しやすいです。 症状は 外陰部の強いかゆみ、発赤、またチーズ状、酒粕状、ヨーグルト状等のの独特のおりものが特徴です。 治療は抗真菌剤膣剤、外用です。 細菌性膣炎 特異的な病原微生物 トリコモナス、カンジタなど 以外の病原微生物の感染による膣炎です。 主に大腸菌やブドウ球菌によるものがおおいです。 症状は おりものの増加や、かゆみです。 治療は抗生剤の膣剤です。

次の

良性卵巣腫瘍(卵巣嚢腫)

卵巣 腫瘍 良性

原因 良性腫瘍 卵巣腫瘍には、 莢膜細胞腫 きょうまくさいぼうしゅ や繊維腫などの繊維が増生する腫瘍があります。 また、歯や髪の毛、皮膚などが含まれる腫瘍もあります。 悪性腫瘍(がん) 卵巣のなかには、性格を異にするさまざまな細胞成分が含まれており、の種類もそれに対応して複数知られています。 卵巣がんが引き起こされる原因は完全には明らかにはなっていませんが、遺伝子異常が原因のひとつとして挙げられます。 たとえば、BRCA1やBRCA2と呼ばれる遺伝子に生まれつき異常がみられる場合、卵巣がんの発症リスクが高まります。 そのほかにも、初経が早い場合、が遅い場合、卵巣がんの家族歴がある場合などにおいても卵巣がんのリスクが高まると考えられています。 症状 卵巣腫瘍の症状は、良性であるか悪性であるか、また腫瘍の大きさや性状などによっても異なります。 卵巣がお腹の比較的奥深くに存在することと関連して、症状が現れにくいことが多いです。 ある一定以上のサイズになると、以下のような症状が現れることがあります。 お腹周りが大きくなる• ズボンがはいりにくくなる• お腹に触れるものがある などが挙げられます。 さらに大きくなることで、頻尿や便秘、足のむくみなどの症状が現れることもあります。 腫瘍ががんである場合には、病気の進行によって、や体重減少などといった症状が現れることもあります。 また、卵巣腫瘍では、ときに卵巣腫瘍 茎捻転 けいねんてん と呼ばれる状態に陥ることがあります。 卵巣腫瘍茎捻転では、突然の腹痛や吐き気などを生じます。

次の

卵巣腫瘍で腹水溜まることは

卵巣 腫瘍 良性

似たような漢字がたくさん出てきますので注意してじっくり読んでくださいね。 産婦人科の診察の後に「卵巣が腫れてますね」告げられたとき、考えられる状態は以下のように沢山あります。 1.ホルモンの影響で大きくなる場合 2.感染して膿がたまった状態(膿腫)や血液がたまった状態(血腫) 3.子宮内膜症のときのチョコレート嚢胞 4.腫瘍性病変(良性の卵巣腫瘍や卵巣癌など) 5.卵巣以外の病気(卵巣の病気と間違って診断されることあるのでここに含めました) 「卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)」という言葉が一般的ですが、これは「内部に液体を含んだ袋状(嚢胞性)のものができて卵巣全体が大きくなっている」状態を表しています。 卵巣はこの液体が中に入った袋状のもの(水風船のようなイメージ)を作りやすい性質があります。 上の1〜4までのものを「卵巣嚢腫」と一般的には呼ばれています。 厳密には4の腫瘍性病変のところには「嚢胞性」のものだけではなく、堅い中身の詰まったもの(充実性)もありすべて「卵巣嚢腫」と呼べないところでもあります。 卵巣にできる新生物を 「卵巣腫瘍」といいます。 卵巣嚢腫の中に卵巣腫瘍の場合と、卵巣嚢胞の場合があることになりますね。 これらの呼び方が混在して「チョコレート嚢腫」となったり「チョコレート嚢胞」となったりします。 正確には チョコレート嚢胞(のうほう)となります。 スポンサーリンク 卵巣は症状が出にくい? 一般的な卵巣腫瘍は 痛みがないためものすごく大きくなるまで気付かれないことも多いです。 チョコレート嚢胞や卵巣膿腫(膿がたまる)のように癒着や炎症がおきると、また卵巣癌が周囲の臓器を破壊しはじめたときなどは痛みを伴います。 卵巣癌の場合はよほど進行しないと痛みが出てこないので発見さえたときはすでにあちこちに転移していることも・・・。 卵巣嚢腫すべてが手術などの治療の対象になるわけではありません。 自然消失が予想されれば、定期的に大きさなどをチェックして経過を観察します。 一方、腫瘍性の病変は自然となくならないので、手術などの治療が必要となります。 検査としては 内診、経膣超音波検査、必要に応じて腫瘍マーカー検査、CT、MRIなどを追加します。 卵巣嚢腫茎捻転 卵巣腫瘍は存在するだけでは痛くないと書きましたが、ものすごく痛くなるときがあります。 茎捻転といって卵巣腫瘍がつながっている血管のあたりで捻れて(スポーツや性交渉の後)、おなかの中で卵巣嚢腫がうっ血して、どす黒くなってくるとものすごい痛みが発生します。 これが発生すると、自分では救急車を呼ぶことができなくなるくらいの痛みのようです。 緊急で手術をして捻れた卵巣ごと全部摘出する必要があります。 完全にねじれた卵巣を残すことはほとんど不可能です。 産婦人科の緊急疾患の一つです。 直径5〜6センチくらいがもっとも捻れやすく危険なサイズです。 もしそのような卵巣腫瘍をおもちの方は飛び跳ねるタイプのスポーツや激しい性交渉は厳禁です。 スポンサーリンク.

次の