ある日お姫様になってしまった件について ジェニット 嫌い。 「お姫様,キャラクター」に関するQ&A

ある日、お姫様になってしまった件について 1 (フロースコミック)の通販/Spoon/Plutus

ある日お姫様になってしまった件について ジェニット 嫌い

ある日、お姫様になってしまった件について27話ネタバレ 「うーん」 姿見の前で考えるアタナシア。 「うん?リリー、私キレイ?」 「もちろん。 世界で一番お美しいですよ」 0. 1秒で反応するリリー。 (確かにアタナシアはダイアナに似てキレイじゃないとね) 「お休みの前に髪を梳かしますね」 (イゼキエルが好意を抱くのも納得だわ。 最初はお姫様病にかかったのかと思ったけど、これなら気付かない方がおかしいかも…。 ルーカスが6年前に私をイゼキエルに送り飛ばしたから話に変化が生まれたのかも…。 小説の内容がここまで変わって大丈夫かな。 まぁ空から超キレイな女の子が降ってきたから、ちびっ子イゼキエルには初恋…に似たのかも?) 「姫様、いきなり動いたら髪の毛がからまりますよ」 (十分あり得る話よね) 考えるアタナシアと、手際よくアタナシアの髪を梳いていくリリー。 (どうせ女主人公はジェニットだから、本気で好きになるわけじゃないだろうし。 男主人公から好かれて悪いことは…ないよね?うん。 これはデビュタントの後にまた考えよ) 「リリー、今日もルーカス来なかったの?」 「はい。 宮廷の魔法使いはとてもお忙しいみたいですよ」 (忙しい?あいつがホントに忙しいわけないじゃない!ヒマだからって急に宮廷の魔法使いになったくせに) 「魔法使い様も本当にすごいですよね。 まだ幼いのに…」 (絶対こういう反応を楽しんでるはずよ…。 改めて…本当に変なやつだよね。 最初に会った時もそうだし、宮殿に入ってきた過程も釈然としないし。 それに何の詐術を使ったのか、みんなルーカスと私が同い年だと思ってるのよね) かつてのルーカスとの会話を思い出すアタナシア。 「もちろん魔法使い様がすごいとしても、姫様ほどではありませんけどね。 姫様はすでに6大哲学書をぜ~んぶ」 (ハッ!) 困惑するアタナシア。 「リリー、私眠いな」 「あら、もうこんな時間でしたね」 (リリーもホント親ばかなんだから…。 聞いてる方が恥ずかしいよ。 私は天才じゃなくて中身が大人なだけ…) * 「パパ、パパ。 私もうすぐあるデビュタントがすごく心配だよ」 上目でクロードを見つめるアタナシア。 「もし緊張して失敗したらどうしよう?」 「失敗してもいい」 「踊りの練習は一生懸命しているけど、それでも心配なの」 「心配する必要があるのか?もし失敗したら、しっかりカバーできなかったフィリックスのせいだ」 「でもみんな陰口言うでしょ?」 「それが人生最後の言葉になるかもしれんがな」 普段通りの表情で恐ろしいことを言うクロード。 (怖いけどちょっと感動) 「そうおおげさに考える必要はない。 儀礼として一度踊るだけでいいものだ」 「実は私、パパと手を繋いで入りたいの」 お茶を飲んでいたクロードの手が止まります。 「デビューダンスもパパと一緒に踊りたいし、14歳のデビュタントおめでとうって言葉もパパから一番最初に聞きたいな」 (そろそろ駆け引きを終わらせましょう) 「だけどパパは…そういうのあんまり好きじゃないよね。 それでフィリックスにお願いしたんだけど…」 チラッとクロードを見るアタナシア。 「本当はパパと行きたいの。 人生で一度きりのデビュタントだから」 一度きり、というアタナシアのセリフに、クロードはぴくりと反応します。 「でもワガママ言っちゃダメだよね。 フィリックスなら隣で私をリードしてくれるよね。 パパの自慢の娘になれるように頑張るね」 「ふん。 そこまで願うなら」 クロードはスッとお茶を飲み切ると、テーブルへ置きました。 「聞いてやらないこともない」 「ホント!?」 目を輝かせるアタナシア。 「だけど、そういう席とか踊りとかあんまり好きじゃないよね?」 「たかがダンス一回、エスコート一回。 そんなすごいことでもないだろ」 「最近はパパをデビュタントパートナーにする人はあまりいないから、コソコソ噂されるかも…」 「余計なことに気を使う必要はない。 命を惜しまず生意気な発言をするやつはいないだろうからな」 「本当に私と一緒にデビュタントパーティーに行ってくれるの?」 「そこまで行ってほしいなら仕方ないだろう。 元々そういう騒がしい場所は嫌いだが、特別に…」 「パパぁぁ!」 ギュッとクロードに抱き着くアタナシア。 「ホントに?ホント?ホントに私と一緒に踊ってくれるの?エスコートもしてくれるの?すごく嬉しい!キャンセルはダメだよ!私と約束したからね!」 大きな瞳をきらきらに輝かせて喜びを表現するアタナシアに、クロードは固まります。 「…」 じっとアタナシアを見つめながら、クロードは言いました。 「あぁ、約束しよう」 助かったと言わんばかりに両手を広げて喜ぶフィリックス。 「ありがとうございます姫様!!」 「えっ、あっうん」 (クロードがどれだけイジめてたんだろ?) 両手を握り合わせて「神様助かりました」と天へ向けて涙を流すフィリックスに、アタナシアもドン引きです。 「オベリアの平和があらんことを」 突然聞こえてきた声。 現れたのは、イゼキエルの父でした。 「アルフィアス公爵、お久しぶりですね」 「今日もお美しいですね、アタナシア様。 謁見時間より早く来て正解でしたね、こうして偶然姫様にもお会いできて」 「私もこうして偶然公爵とお会いできて嬉しいです」 (この大嘘つき) 「もうすぐ姫様のデビュタントですが、パートナーの方はお決まりですか?」 (え?一体何がしたいの?うちのジェニットはイゼキエルを連れてくのだ、お前のとこにはそんなやついないだろ?って言いたいの?原作のアタナシアは結局ちゃんとした相手を探せなかったから) 「それはもちろん決めましたよ。 お父様が一緒に行ってくれることになりました」 にこやかに答えるアタナシアと、後ろでコクコクと笑顔で頷くフィリックス。 「陛下が…ですか?」 衝撃を隠せないイゼキエル父。 「もちろん私が先にお願いしたのですが」 「それは。 姫様のお願いを陛下が聞かれた…。 はは、これは驚きました。 わかってはいましたが、やはり陛下はアタナシア様を非常に大切にされておられるのですね」 (このおっさん、また何か作戦考えてるわね) 「これは残念ですね。 もし相手がまだでしたら、私の息子はいかがかとお尋ねしようと思ったのですが」 (!?) 「アルフィアス公爵のご子息ですか…?」 「ご存知かもしれませんが、息子がこのたび勉強を終えアルランタから戻ってきたのです」 開いた口が塞がらないアタナシア。 (こっ、このおじさん、一体何を企んでるの?) 27話はここで終了です。

次の

ある日、お姫様になってしまった件について◆第32話ネタバレ◆怒れるパパと慌てる姫 │ BOOK REPORT

ある日お姫様になってしまった件について ジェニット 嫌い

前回第31話のあらすじ 父であるクロードとデビュタントでのデビューを果たしたアタナシアはクロードに背を押されて今年デビューした令嬢達とダンスをすることに。 笑顔で向かうアタナシアにクロードは何かを感じ取ったのか物言いたげな表情で見送ります。 令嬢達とのダンスの合間にジェニットに声を懸けられたアタナシアは驚いてその場から離れますが、イゼキエルに引き留められてダンスを踊ることになったのでした。 第32話ネタバレ それよりここより第32話のネタバレとなります。 姿を消したクロードと募る不安 イゼキエルとのダンスを終えたアタナシアは傍に来たフィリックスに「パパは?」と尋ねます。 「陛下は他のご用件でしばし席を外されました」 フィリックスの返答にアタナシアはまさかジェニットと会っているのではないかと不安を募らせ、背筋を凍らせます。 すぐお戻りになりますのでご心配なさらず 「姫様のデビュタントですからきっと最後まで一緒にいてくださいますよ」 心配するアタナシアの手を取って宥めるようにフィリックスはにこやかに笑うとアタナシアをダンスへと誘います。 「ええ喜んで」 時間は流れ、足を真っ赤にしたフィリックスはアタナシアに私が何かお気に召さないことをしていたらすみませんと謝罪します。 きっとフィリックスはわざとかなと思ってしまうほどにアタナシアから足を踏まれてしまったのでしょう。 それにアタナシアは「わかってて踊ろうって言ったんじゃないの? さっき私がパパの足を踏んだの見てたでしょ?」と答えてフィリックスを驚かせます。 実は先ほど陛下から命じられたのですが…… ジェニットがパーティーホールにいるのを見つけたアタナシアはクロードの用件がジェニット関連ではないのかもしれないと考えます。 思案顔のアタナシアを見たフィリックスは彼女にクロードから命じられた言葉を耳打ちしました。 「これ以上他の虫けらが寄り付かないように姫様のそばをしっかり守るようにとのことです」 少し面白そうな表情のフィリックス、その気持ちはわかるが、と言葉を続けます。 アタナシアが寂しがっていると思ったのか、後で自分は怒られるかもしれないけど、とアタナシアの背を押します。 困惑するアタナシア。 アタナシアは彼女とお近づきになりたい令嬢や令息にすぐに取り囲まれるのでした。 帰りたい! 人々に取り囲まれたアタナシアはどうにかパーティーホールを抜け出してクロードを探し当てます。 「パパ!」 まだデビュタントが終わってないはずだが まだデビュタントが続いているであろう時間だというのに帰りたがるアタナシアにクロードは「どうして帰るんだ?」と疑問を投げかけます。 どもってしまうアタナシアにクロードは何かあったのだろうと言葉を荒げます。 「誰かに傷つけるような言葉や行動でもされたのか?」 アタナシアは単に取り囲まれてしまったのが面倒で疲れてしまっただけなのですが、クロードはそれを誤解してアタナシアが誰かに何か嫌がらせをされたのではと怒りを爆発させるのでした。 どうやら最近俺が大人しくしすぎたようだな どす黒いオーラを纏ってパーティーホールへ戻ろうとするクロードにアタナシアは不穏な空気を感じてクロードに声を懸けます。 「よくも俺の娘に……」 かなりの怒りオーラを纏ったクロードは次々とアタナシアに無礼を働いたものにはこうしてやろうと「舌を焼き尽くし手足を切り落とし」など物騒で過激な発言をします。 その発言は思わずアタナシアもぞーっとしてしまうほどです。 パーティーホールに戻ろうとするクロードの腕にアタナシアは必死でしがみつきました。 「パ……パパちょっと待って行かないで!」 怒らないでと訴えますが、勘違いしたままのクロードは聞きません。 アタナシアとクロードの様子を見守るフィリックスもポカーンとしています。 このままではクロードを止められた感じたアタナシアは半泣きで叫びます。 「パパの姿がずっと見えないから私が探しにきたんだよ!」 「パパと一緒にいたくて来たのにまたパパが中に行っちゃったら意味ないよ!」 アタナシアの必死の呼びかけに怒りのオーラがしぼんでいくクロード。 殺意の消えたクロードにアタナシアは帰ろうとせがむのでした。 自分の命を守るのにも必死なのに他人の命まで守らなければいけないなんてと汗が出るアタナシア。 仕方ないなとクロードもようやく同意をしてくれました。 用があったのでは?とのフィリックスの問いにはアタナシアがこんなにも望んでいるのだから少しくらい時間を作ってもいいとクロードはここでもアタナシアを大事に思っているような発言をします。 ほっとしたのもつかの間、アタナシア・クロード・フィリックスがアタナシアの腰に巻いていたリボンのことを気にしていると、そこにアタナシアのリボンを持ったジェニットが現れるのでした。 ある日、お姫様になってしまった件第32話の感想! 今回はクロードのアタナシアへの寵愛ぶりが更に垣間見えるシーンが盛りだくさんでした。 小説では悲劇的な運命に幕を閉じてしまうアタナシアですが、この現実では是非このままクロードに寵愛されていてほしいですね。 最後の最後にジェニットが登場してしまい、クロードと対面してしまいました。 今後がどうなるのかとても不安ですが楽しみです。 このある日、お姫様になってしまった件についてはピッコマやその他媒体で配信されています。 漫画を読んでみたい方は是非下記リンクからピッコマに飛んでくださいね。 書籍でも今時点で3巻まで発売されていますよ。

次の

ピッコマ全般 Part.5

ある日お姫様になってしまった件について ジェニット 嫌い

しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、皇宮にて、2度目の令嬢たちの集まりが開かれる。 イケメン談議についていけないアタナシアは、少し離れた所へ。 ジェニットがついてきて声をかけてくるのだが、アタナシアはやんわりと遠ざけようとする。 ジェニットに嫌いなのかと直球で聞かれ、そういうわけではない、同性の友人がいなかったから接し方がわからないだけだと言い訳する羽目に。 おそらく自分を本当の姉妹だと思っているのだろうと思うアタナシアは、いつの間にか態度が和らぐ。 ジェニットはその後、道に迷ってしまい、クロードに遭遇してしまうのだった。 詳しくはにてまとめてあります 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」40話のネタバレ ジェニットは、あわあわしながら、もしかして私のことを覚えていますかと言う。 クロードは、お前の顔を覚える必要があるのかと、冷たく返す。 固まるジェニット。 この時間に皇宮にいるのはアタナシアの客か、アタナシアの客だから今回だけ見逃してやる、次からは気を付けろと、クロードは淡々と言う。 ジェニットはショックで俯きながら自身の指輪に触れ、平凡な青い眼から宝石眼に戻るが、次同じことをすれば厳罰に処すと言われ、また元に戻す。 すれ違いざま、クロードの冷淡な眼差しを見る。 クロードは、もう二度と俺の前に現れるなと警告し、去っていった。 クロードがいなくなると、大丈夫、誰かわからなかっただけだ、アルフィアス公爵に早くちゃんと紹介してもらおうと考える、前向きなジェニットなのだった。 とある日、何もする気が起きず、アタナシアは机に突っ伏していた。 そこへルーカスが現れ、市場へと一緒に瞬間移動する。 さらに彼は、服装も庶民の物に変身させた。 こんなに簡単に皇宮の外に出れたのに、どうして今まで教えてくれなかったのと言うアタナシア。 ルーカスは、アルフィアス公爵邸まで瞬間移動していたのに今更と言う。 アタナシアをからかうルーカスは、彼女の手を引き、大勢の人で賑わう通りまで出る。 色々な露店を見て楽しむアタナシア。 今度はアタナシアがルーカスの手をずっと握っていた。 パフェが美味しいと小耳に挟んだカフェに入る二人。 アタナシアは、ここは高そうだけど、どうしようと心配する。 ルーカスは、気にせずに食べろと言い、指先から銅貨や銀貨を出現させた。 金貨も必要だなと言う彼。 1秒で作れるのだそうだ。 硬貨偽造は、オベリアでは財産没収の上、片手を切り落とし、30年の労働を科される重罪だ。 違法行為だとアタナシアは焦るが、露店で食べたのはこの硬貨だ、お前も共犯だなと言われてしまう。 この硬貨は時間が経つと消えたりしないかと聞くと、そんな粗末なものではないという。 それならばと、沢山注文するアタナシア。 そんな彼女を見てルーカスはクスっと笑う。 すると、ジェニット、もう遅いからそろそろ帰らないか、と言う声が聞こえてきた。 でもまだ見てないところがあるという声。 なんと観葉植物を挟んですぐ隣のテーブルに、イゼキエルとジェニットが座っていたのだ。 ルーカスも気づき、イライラするから片付けてしまおうかと物騒なことを言う。 アタナシアは、もう行くみたいだからそっとしておこうと言い、メニューで顔を隠す。 ジェニットは、まだ目当ての物を買っていないというが、イゼキエルはどうやら他のことに気をとられ、そのことを忘れてしまっていたようだ。 お姫様に似た人でもいたのかというジェニット。 アタナシアのことになると、イゼキエルがつい上の空になってしまうからだと言う。 アタナシアは、串焼きを食べ歩きしたところを見られたかもと不安。 イゼキエルは話を中断させ、今日は久しぶりにジェニットの外出が許可された日だから、遅くなる前に用を済まそうと言い、席を立つ。 二人はサテンリボンの店に向かうようだ。 バレずに済み、ほっとするアタナシアなのだった。 その後、鳥を扱う店へ。 色とりどりの鳥かごが天井から吊るされ、アタナシアは目を奪われる。 店主は、伝書鳩の役割もできる、青い小鳥を見せてくれる。 夢中で見ていると、もしかしてお姫様ですかと、後ろから声をかけられた。 イゼキエルだ。 まずいと思うアタナシアは、振り返ることができず固まる。 ルーカスは鷹と睨み合いをしており、気づいていない。 一方ジェニットは、リボンの店で商品を物色していたが、いつの間にかイゼキエルがいなくなっていることに気づく。 そして彼女のすぐ後ろには、黒髪のあの男性が立っているのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」40話の感想 クロードとジェニットは出会ってしまいましたが、彼にアタナシアという大切で眩しい存在がいる以上、他の存在は霞んで見えるようですね。 以前に会ったことすら覚えていません。 ひょっとしたらと、指輪で制御していた宝石眼をあらわしてみますが、さすがのジェニットでもとても言い出せる雰囲気ではないと判断したようです。 それでも全くくじけない彼女は、やはり女主人公ならではの強さがありますね。 一方アタナシアは、ルーカスに皇宮の外に連れ出してもらいました。 服装まで変えてくれて、なんて便利な魔法使いなのでしょう。 しっかり手をつないで移動しているので、可愛らしい恋人同士に見えましたね。 そして、どんなめぐり合わせか、入った店のすぐ傍に、ジェニットとイゼキエルがいました。 なんだかんだイゼキエルと縁があるので、ルーカスの存在がなければ、アタナシアと結ばれるのはイゼキエルだったのでしょう。 アタナシアの周りに集まる男主人公達。 残されたジェニットのところには、魔力補充しなきゃと言っていた 、あの黒髪の男性が。 アルフィアス公爵と話していたので、もしかしたらジェニットは面識があるかもしれないですね。 ですが何の目的でジェニットの後ろに現れたのか、とても怪しいですね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の