三菱 東京。 東京都の店舗一覧|三菱UFJ銀行

(株)三菱UFJフィナンシャル・グループ【8306】:株式/株価

三菱 東京

MUFG一体として価値をもっと高めたい。 三菱UFJ銀行にすることによってグループ内の名前が一つになります。 すでに海外では「MUFGバンク」に変えています。 海外の銀行マンは「JPモルガンからきている」「自分はHSBCだ」などと自己紹介します。 名刺には大きくグループ名が書かれていて、エンティティ(事業会社)の名前は小さい。 グループ名を打ち出すことで、一体感やブランドの価値を高めている。 われわれもMUFGでブランドを統一し、グループの一体運営を強化したい。 これまでの経験をどう経営に生かすのか。 私のキャリアの中で海外の経験というのは、だいたい4割。 私どものポートフォリオで海外の収益というのも4割で、海外の株主も4割になった。 われわれの事業が変わってきていることは一つ、(国際畑であることを)経営者として期待されていると思います。 いまは、企業統治や事業展開にしても、グローバルに物事を考えていく必要がある。 海外でやってきたことが、国内でも役に立つ。 それから私は、統合のプロジェクトを多く担当してきた。 たとえば三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)ができるとき。 東京三菱銀行とUFJ銀行のシステム統合にかかる投資額は約2600億円で、これはNASAのプロジェクトに匹敵する世紀の大計画だといわれたが、そこで私は銀行統合のプロジェクトチームのリーダーを務めました。 タイでアユタヤ銀行を買収したときも現地で支店との統合を指揮した。 米国でもユニオン・バンクと銀行の支店の経営統合を仕上げた。 こうした統合の経験はチームを率いていくうえで、プラスになることがあると考えます。

次の

三菱東京UFJ銀行コード

三菱 東京

概要 [ ] 創業はが(現・付近)で経営していた「九十九商会」。 それを土佐藩士であったが買い受け個人企業とした。 そして九十九商会を「三菱商会」(現在の日本郵船の前身)と改称し、海運とを中心に事業を展開した。 マークは赤い (三菱マーク:創業時の九十九商会が船旗号として採用した三角菱のマークが、現在のスリーダイヤ・マークの原型。 郷士出の岩崎家家紋「三階菱」と、土佐藩主の山内家家紋「」の組合せに由来。 後に社名を三菱と定める機縁)。 三菱グループの中核とされる、三菱UFJ銀行(旧・三菱銀行)、三菱商事、三菱重工業の3社を「三菱グループ御三家」と呼ぶ。 グループの主要企業、あるいは金曜会会員企業ながら、社名に「三菱」が付かない企業(日本郵船、ENEOSホールディングス(旧・JXTGホールディングス)、明治安田生命保険(旧・明治生命保険)、東京海上日動火災保険(旧・東京海上火災保険)、AGC(旧・旭硝子)、ニコン、キリンホールディングス(旧・麒麟麦酒)、ローソン)もある。 これら三菱の名前の付かない企業はスリーダイヤマークを使わない。 一例としては下記の事象が挙げられる。 三菱グループ各社の本社、支社等は三菱地所や明治安田生命保険が保有するビルに置かれている事が多い。 また、グループ各社の本社はに本社を構えている場合が多い。 そういった背景から丸の内は「三菱村」とも呼ばれる。 三菱地所のビルには、ほぼ必ず三菱電機のやが設置されている(同様にのビルには、ほぼ必ずの製の物が使われているほか、のビルの設計は、外ながら同根の(旧住友本店建築部)が担当することが多い等の事例もある)。 三菱グループが所有するビルには、ほぼ必ず、キリンビバレッジのが設置されている。 グループ各社の社用車は、三菱自動車工業(現在は大型乗用車市場から事実上撤退したため、及び小型車が多い)及び三菱ふそうトラック・バス(の)の車両が多い。 また、三菱自動車から新型車が発売される際には、グループ社員限定の事前発表会が行われる。 では、三菱UFJ銀行・三菱商事・三菱重工業の「御三家」が経営再建に加わった。 社内行事では、麒麟麦酒・キリンビバレッジの製品を扱う飲食店を優先的に選ぶ。 「THE MONTHLY MITSUBISHI(マンスリーみつびし)」というグループ広報誌が、毎月社員に配布される。 三菱グループ各社が(前身はで、プロ化に伴い筆頭株主は三菱自動車工業になったが、自工が傘下になった際に筆頭株主も重工に戻された)のオフィシャルパートナーに名を連ねている。 現在でも継続されている習慣も多い。 全従業員数を計る目安に、月報誌の「THE MONTHLY MITSUBISHI(マンスリーみつびし)」の発行部数は、約32万部(入手当該誌より)。 (2019年12月公開HPでは約40万部と記載。 プロパー社員・関連出向社員向けであり、通常は同フロアでも協力会社社員(派遣)は含まない)この数は日本の労働人口を6700万人と仮定すると、約0. 47%にも及ぶ。 ただし、金曜会会員企業の中にも、ドイツのがほぼ90%の株式を保有している三菱ふそうトラック・バスや、合併前の出身者から一人も役員が出ていないJXTGホールディングス(合併先のと、その後あらたに合併したの二社の出身者が会長、社長、および役員を分け合う体制となっている。 そしてにと経営統合し、JXTGホールディングスが発足したが、やはり東燃ゼネラル出身者に一部の役員席が回されただけとなっている)のように、グループとの結びつきがきわめて希薄な企業も含まれている。 JXTGホールディングスの筆頭株主は三井住友系のであるが、三菱系の所有株式数の割合は10. 財閥時代から「三菱は岩崎家一個のものではなく、国家社会のための三菱である」とする考えがある。 この言葉は戦後にも引き継がれ、「三菱は国家なり」として三菱グループが国家との結びつきが強いことでも知られている。 また、ビジネス以外の福利厚生面や広報については、施設を共有していたり、三菱系企業社員等が集まってスポーツ大会・・コーラス等をするなど交流を行っている。 また、による株の買収に際して、三菱電機がの支援を表明するなど、財閥・金融系以外の企業グループにもかかわりを持つようになっている。 一方では、三菱自動車工業の再建をめぐって、東京三菱銀行、三菱商事、三菱重工業の間で意志の相違が生じ、また、旧・明治生命保険や旧・東京海上火災保険が、同業他会社との経営統合(前者は安田生命保険と合併し「明治安田生命保険」に、後者は日動火災海上保険と合併し「東京海上日動火災保険」に社名変更)で、グループから自立の動きを見せている。 また、三菱グループの総売上は約70兆円(2019年現在)で世界最高とされている。 三菱金曜会 [ ] に始まった 三菱金曜会(略称・ 金曜会)は、毎月第2、グループ企業の会長・社長を集めて行う懇談昼食会を、活動の中心としている。 この他、歴史的建造物である本邸の維持・管理、およびグループの迎賓館・社交クラブとしての運営に当たる三菱開東閣委員会が、グループ32社によって組織されている。 主要会社 [ ] ここでは、三菱金曜会の会員(27社)、および三菱広報委員会の会員(37社)を挙げる(なお、三菱金曜会の会員は、三菱ケミカル以外すべてが三菱広報委員会の会員である )。 その他の会社は、下記の会社を中心とするグループのいずれかに属する形となる。 過去の主要会社 [ ] 『炎の男たち・三菱 野望の軌跡』242ページから245ページに基づき、かつに掲載されていない会社を列記している。 また、以下のリストは、三菱広報委員会加盟社である。 東京海上火災保険(現・東京海上日動火災保険)• 三菱金属(現・三菱マテリアル)• 三菱鉱業セメント(現・三菱マテリアル)• (現・三菱UFJ信託銀行)• (現・)• (現・)• 明治生命保険(現・明治安田生命保険)• 大日日本電線(現・)• 三菱アセテート• 三菱液化瓦斯(現・アストモスエネルギー)• 三菱原子力工業(現・三菱重工業)• 三菱ヨーク• 「三菱」「スリーダイヤ」の商標について [ ] 製造の 、熊本県のが販売していたは、「三菱」の名前との商標を使用しているが、両社とも三菱グループとは、一切の資本・人的関係がない。 これは、三菱グループが商標登録するよりも早くからこの商標を用いており(鉛筆が1903年、サイダーが1919年)、三菱グループにはその使用を差し止める事が出来ないためである。 他にもの三菱クリーンサービス、文房具卸売業のなど、グループ外で「三菱」を名乗る企業も一部存在する(いずれも、スリーダイヤは使用していない)。 なお、2010年8月にはの「三菱タクシー」がに改称した。 また、にはこれまた三菱鉛筆や三菱サイダー同様、スリーダイヤを社章に用いた三菱グループ外のLPガスの販売を行う(株)菱友という企業がある。 も参照のこと。 この一覧表はグループ内で「三菱」がつく会社を、子会社・孫会社等・海外合弁会社にいたるまで漏れなく表示している。 つまり、この表にない「三菱」がつく企業はグループ外である。 一方、三菱グループの中には「スリーダイヤ」マークを使用しない企業がある。 三菱UFJ銀行 やENEOSグループ のような「非」三菱グループと合併した企業や、日本郵船やキリンビール、明治安田生命保険、東京海上日動火災保険 などのように、古くから「三菱」「スリーダイヤ」とは異なる商標を用いてきた企業がそれに当たる。 脚注・出典 [ ] []• ただし、三菱商事が(運営会社の役員も出している)の、三菱電機が・(2012—)のスポンサーとなっているように、三菱グループながら他のクラブのスポンサーとなっている企業もある。 三菱金曜会概要• 『炎の男たち・三菱 野望の軌跡』242ページから245ページ• com. 2016年3月7日閲覧。 2018年11月30日付の読売新聞大阪本社版朝刊11面の記事によれば、商標上の問題が確認できず訴訟では争えないと判断した三菱グループが三菱タクシー側に社名変更の対価を支払ったとのこと。 三菱銀行時代は「スリーダイヤ」マークを使用していたが、旧・との企業合併による旧・東京三菱銀行発足以後は「スリーダイヤ」マークを使用していない。 保険両社は、合併前(明治生命、東京海上時代)から「スリーダイヤ」を使用していない。 関連項目 [ ]• () - 旧:分校• 三菱商船学校 - 現:• - 岩崎家が設立に関わっており、現在も三菱グループとのつながりが強い。 - 三菱電機の製品を販売する。 - 、一時期日曜日のデーゲーム(当時はナイターとのとなる試合が多かった)を「三菱ダイヤモンドナイター」として三菱商事・三菱石油を筆頭とするグループ各社で協賛した。 - かつての提供番組• - (一時期同上で「三菱ダイヤモンドグローブ」と冠されていた)• - (までかつての提供番組)• - (同上)• - (上記『おはよう地球さん』で放送された「地球は家族だ」を歌唱)• ・ - の強化試合シリーズで、キリンビール・の冠協賛であるが、三菱グループの数社も協賛している。 - の主催で毎年、日本全国各地のゴルフ場を転戦する形で開催されている男子プロゴルフトーナメントで、前身の「三菱ギャラントーナメント」時代から三菱グループ各社がサブ協賛してきた。 から三菱グループ各社による共同協賛で行われている。 - 東京都千代田区。 いわゆる「三菱村」• - 旧岩崎家茅町本邸• - 旧岩崎家別邸• - 岩崎家深川別邸跡• - 岩崎家駒込別邸跡• - 岩崎家鳥居坂別邸跡• - 旧岩崎弥之助家高輪本邸・非公開• - 関係が深い。 同じくメインバンクが三菱UFJ銀行で、車に製の自動車用が多く使用されていたり、元日本電池(現:GS YUASA)系のが三菱重工業との提携関係を強化している。 - 関係が深い。 同じくメインバンクが三菱UFJ銀行。 () - 関係が深い。 のメインバンクは三菱UFJ銀行で、電車の電装品に三菱電機の製品が一部を除き使われているほか、は三菱重工業と業務提携している。 - 関係が深い。 やはりメインバンクは三菱UFJ銀行。 大東急時代以降に三菱グループとの関係が強くなった。 現在でも三菱電機製の制御装置を使っている。 - 一時期投資会社を通じて株を保有していた他、通勤型車両の制御装置や空調装置、モータ等の大半は三菱電機製である。 - 三菱商事との関わりが強い。 - 三菱自動車工業が廃業の瀬戸際に追い込まれたが、三菱グループの支援により救済された。 (、) - 作品中の東京中央銀行は現在の三菱UFJ銀行である。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

手数料一覧

三菱 東京

会社概要 [編集 ]• 1901年(明治34年)7月25日、12代目田辺五兵衛の次男である初代田辺元三郎が東京・日本橋本町にある薬種問屋「 田邊元三郎商店」として独立創業。 1921年(大正10年)11月24日、個人組織であった「田邊元三郎商店」を「 株式会社田邊元三郎商店」に改組され会社設立。 1934年(昭和9年)8月1日、「 三菱鉱業株式会社」と「旭硝子株式会社(現:AGC株式会社)」の企業折半により、「 日本タール工業株式会社」として会社設立。 1943年(昭和18年)、社名を「株式会社田邊元三郎商店」から「 東京田辺製薬株式会社」へ商号変更。 1949年(昭和24年)、社章を「 T・T」というCI・に導入。 1956年(昭和31年)4月1日、三菱グループとシェル社グループの出資により、「 三菱油化株式会社」となったため会社設立。 1988年(昭和63年)6月1日、社名を「 三菱化成工業株式会社」から「三菱化成株式会社」へ商号変更。 1994年(平成6年)10月1日 - 「 三菱化成株式会社」と「三菱油化株式会社」が企業合併し、大手総合化学工業メーカー「三菱化学株式会社(現:三菱ケミカル株式会社)」に会社発足。 1998年(平成10年)、千葉県かずさアカデミアパーク内に研究施設「 かずさ研究所」を新設((平成28年)3月31日まで事業閉鎖)。 1999年(平成11年)、三菱グループ傘下の医薬品事業再編により「三菱化学株式会社(現:三菱ケミカル株式会社)」に事業分割吸収合併され、10月1日より『三菱化学株式会社 医薬カンパニー』と「東京田辺製薬株式会社」が企業合併し、分社化・事業統合したうえで「三菱東京製薬株式会社」を会社設立。 (34年)• (4年)• (大正10年)• (9年)• (昭和10年)• (昭和11年)• (昭和13年)• (昭和14年)• (昭和15年)• (昭和16年)• (昭和17年)• (昭和18年)• (昭和19年)• (昭和22年)• (昭和24年)• (昭和25年)• (昭和26年)• (昭和27年)• (昭和28年)• (昭和31年)• (昭和32年)• (昭和36年)• (昭和38年)• (昭和41年)• (昭和42年)• (昭和43年)• (昭和44年)• (昭和45年)• (昭和46年)• 中央研究所内に『 医薬研究部』に設置。 (昭和47年)• (昭和50年)• 「 東京第一営業所」と「 東京第二営業所」を開設。 (昭和51年)• (昭和52年)• (昭和53年)• (昭和55年)• 王子工場を足利工場に併合する。 (昭和56年)• (昭和58年)• (昭和59年)• (昭和60年)• (昭和61年)• 外用合成副腎皮質ホルモン剤『 マイザー』を発売。 (昭和62年)• 気管支喘息基礎治療剤『 ロメット』(旧:三菱油化薬品株式会社を事業統合)を発売。 現:三菱ケミカル株式会社)」と対し、業務提携を強化する。 『 サーファクテン』、『 サイメリン』を発売。 (昭和63年)• 栃木県足利市に『足利物流センター』が完成。 (平成2年)• 10月1日 -• (平成3年)• (平成4年)• (平成5年)• (平成6年)• , LTD. )」が企業合併され、日本国内トップの大手総合化学工業メーカー『 三菱化学株式会社』(現:三菱ケミカル株式会社)に会社発足。 (平成7年)• (平成9年)• 「東京第一支店」と「東京第二支店」をし、『 東京支店(第2期)・中関東支店・西関東支店・東関東支店・上信越支店』に設置。 各支店では「 北海道支店・東北支店・中国支店・四国支店・九州支店」を新たに昇格。 (平成10年)• (平成11年)• 10月1日 -• 「株式会社 医薬カンパニー(現:三菱ケミカル株式会社)」と「株式会社(TOKYO TANABE CO. , LTD. )」がし、医薬事業部門を分社化・事業統合され『 三菱東京製薬株式会社』に会社設立。 事業所では「 東日本支社」及び「 西日本支社」に開設。 - インターネットホームページ開設。 (平成12年)• - 馬油成分配合の 『 夕顔夢美人』を発売。 - 天然型を配合したビタミン主薬製剤「 ビタプレEU錠」を発売。 4月1日 - を浅井一平(2016年(平成28年)10月1日に逝去)からに就任。 - 外用消炎鎮痛薬「 サロメチールL」、鎮痒消炎薬「 サロメチールかゆみ止め」を発売。 8月1日 - 配合外用消炎鎮痛薬「 サロメチールパップM」を発売。 9月30日 - 非売品本『 東京田辺製薬社史』を発行。 10月1日 -• 「かずさ研究所」と「 横浜研究所」が事業統合され、『 医薬総合研究所』に事業発足。 各事業所の組織であった営業所と出張所を事業統合され「 全国各オフィス」に昇格。 (平成13年)• - を配合したとしてビタミン主薬製剤『 アスコル2000』を発売。 - スキッとクールな強い清涼感が持続する点眼薬『 メポタフレッシュ』を発売。 4月1日 - 及びにおける海外関連会社『 MTPヨーロッパ社』を会社設立。 6月1日 - 医療用向け製品として、世界初で唯一のフリーラジカルスカベンチャー脳保護剤『 ラジカット注30mg』を発売。 となり、存続会社であった「 ウェルファイド株式会社」に企業合併するため、約2年間の長い歴史に幕を閉じた。 より、「 三菱ウェルファーマ株式会社」(現:田辺三菱製薬株式会社)に会社設立となった。 企業スローガン [編集 ]• 「 すこやかなあなたの笑顔がみたいから」 事業所一覧 [編集 ] 2001年(平成13年)9月30日終了時点• 〒103-8405 - 二丁目2番6号(現在は解体) 支社・支店・物流センター• 東日本支社(現在は事業閉鎖、後に解体)• 西日本支社(現在は事業閉鎖、後に解体)• 北海道支店(現在は事業閉鎖)• 東北支店• 東京支店• 中関東支店• 東関東支店• 西関東支店• 上信越支店• 名古屋支店• 大阪支店(現在は事業閉鎖、後に解体)• 京都支店• 神戸支店• 中国支店• 四国支店• 九州支店(現在は事業閉鎖、後に解体)• 足利物流センター(現在は事業閉鎖) 事業所・研究所・製造所・工場• 鹿島事業所(現在は事業譲渡)• 鹿島事業所 製薬技術開発センター(現在は事業閉鎖)• 医薬総合研究所 (現:田辺三菱製薬株式会社 横浜事業所)• 医薬総合研究所 (現在は事業閉鎖)• 中標津製造所(現在は事業閉鎖)• 梅田工場(現在は事業閉鎖し、老朽化のため解体)• 足利工場(現在は事業譲渡)• いわき工場(現在は事業譲渡)• 黒崎工場(現在は事業閉鎖) オフィス 事業内容 [編集 ]• 医薬品の研究開発・製造・販売 主要製品一覧 [編集 ] 医療用医薬品 [編集 ]• 消化器系用薬• ホルモン剤• 外皮用薬• 血液用薬• 体液用薬• アレルギー用薬• 神経系用薬• ビタミン剤• 呼吸器系用薬• 高脳血症用薬• その他の医薬品 一般用医薬品 [編集 ] 外用消炎鎮痛剤 [編集 ]• サロメチールL• サロメチール・ソフト• サロメチール・ゾル• サロメチールパップ• サロメチールパップM かゆみ止め薬 [編集 ]• サロメチールかゆみ止め• サロメKゼリー 目薬 [編集 ]• メポタAL-X• メポタフレッシュ 胃腸薬 [編集 ]• ウルソS錠• ハイウルソ錠• ハイウルソ顆粒• ハイウルソグリーン• ハイウルソエース内服液• 薬草胃腸内服液 便秘薬・下痢止め薬 [編集 ]• ナイスパンS• サンベリンS錠 風邪薬・鼻炎薬・咳止め薬・のど薬 [編集 ]• チミコデカプセル• チミコデかぜ錠• チミコデかぜシロップ小児用• チミコデDX顆粒• チミコデ鼻炎カプセル• チミコデシロップN• チミコデソフトカプセル• チミコデトローチDX• チミコデうがい薬 ビタミン剤 [編集 ]• アスコル顆粒• アスコル2000• アスビタンデルマ• ビタプレBB• ビタプレEU錠• ハイボンL錠 その他 [編集 ]• サニビタクイン• サニビタU内服液• 好効丹 医薬部外品 [編集 ]• 夕顔夢美人• エバクレーム 動物用医薬品 [編集 ]• ウルソH注射液• ウルソV注射液1000 健康食品 [編集 ]• フェナール• 夕顔美人粉末• くろ酢乾燥エキス 原材料用医薬品 [編集 ]• 各種ステロイド• その他 提供番組 [編集 ]• (の昼ニュース枠・スポンサー、) 関連項目 [編集 ]• 三菱グループ• 三菱化学(現:株式会社)• (現:田辺三菱製薬株式会社)• (現:株式会社) 外部リンク [編集 ]• - (2001年9月27日アーカイブ分).

次の