閲覧 履歴 データ の 削除。 インターネットの閲覧履歴を削除する方法

Chromeの閲覧履歴を削除できてないかも?データを完全に削除する方法!

閲覧 履歴 データ の 削除

Chromeの履歴データを削除 Chromeを起動します。 Chromeのウィンドウの右上にあるメニューボタン(3点リーダーが表示されたボタン)をクリックします。 3点リーダーのボタンをクリックするとメニューが表示されます。 メニューにある「履歴」をクリックすると、更にメニューが表示されますので「履歴」をクリックします。 「履歴」タブが開かれ、Chromeで閲覧したページの履歴の一覧が表示されます。 左ペインにある「閲覧履歴データの削除」をクリックします。 「閲覧履歴データの削除」をクリックすると「閲覧履歴データの削除」のモーダルが表示されます。 モーダルには削除の対象となるデータの期間と、削除するデータの種類が表示されます。 削除するデータの期間を設定する場合は、「期間」のドロップダウンリストボックスから対象の期間を選択します。 削除するデータの種類を設定する場合は、各項目のチェックボックスで選択します。 「閲覧履歴データの削除」では「基本設定」と「詳細設定」のいずれかを選択できますので、より細かく削除するデータの種類を指定したい場合は「詳細設定」をクリックします。 データの期間と種類が選択できたら「データを削除」ボタンをクリックします。 「データを削除」ボタンをクリックすると履歴データが削除されます。 Firefoxの履歴データを削除 Firefoxを起動します。 Firefoxのウィンドウの右上にあるツールボタンのうち、1番左にあるボタンをクリックします。 ツールボタンをクリックするとメニューが表示されますので「履歴」メニューをクリックします。 「履歴」メニューをクリックすると履歴関連のメニューが表示されますので「最近の履歴を消去」メニューをクリックします。 「最近の履歴を消去」メニューをクリックすると、履歴消去用のダイアログボックスが表示されます。 消去する履歴の期間を変更する場合は「消去する履歴の期間」のドロップダウンリストボックスから期間を選択します。 削除する履歴データの種類を変更する場合はチェックボックスで対象のデータを選択します。 削除する履歴データの期間と種類が選択できたら「今すぐ消去」ボタンをクリックします。 上記の例では期間で「今日の履歴」を選択しています。 「今すぐ消去」ボタンをクリックすると履歴データが削除されます。 Edgeの履歴データを削除 Edgeを起動します。 Edgeのウィンドウの右上にあるメニューボタン(3点リーダーが表示されたボタン)をクリックします。 3点リーダーのボタンをクリックするとメニューが表示されますので「履歴」メニューをクリックします。 「履歴」メニューをクリックすると、Firefoxで閲覧したページの履歴の一覧画面が表示されますので、画面の上部にある「履歴のクリア」をクリックします。 「履歴のクリア」をクリックすると「閲覧データの消去」画面が表示されます。 消去するデータをチェックボックスで選択して「クリア」ボタンをクリックします。 「クリア」ボタンをクリックすると履歴データが削除されます。 Edgeを閉じた時に、毎回閲覧データを消去したい場合は「クリア」ボタンの下にある「ブラウザーを閉じるときに、常にこれを消去する」を選択しておきます。 これでEdgeを閉じた時に履歴が消去されるようになります。 Chromium Edgeの履歴データを削除 Edgeを起動します。 Edgeのウィンドウの右上にあるメニューボタン(3点リーダーが表示されたボタン)をクリックします。 3点リーダーのボタンをクリックするとメニューが表示されますので「履歴」メニューにマウスカーソルを合わせます。 「履歴」メニューにマウスカーソルを合わせると、サブメニューが表示されますので「閲覧データをクリア」メニューをクリックします。 「閲覧データをクリア」メニューをクリックすると、「閲覧データをクリア」のモーダルが表示されます。 モーダルには削除の対象となる時間の期間と、削除するデータの種類が表示されます。 削除するデータの期間を設定する場合は、「期間」のドロップダウンリストボックスから対象の期間を選択します。 削除するデータの種類を設定する場合は、各項目のチェックボックスで選択します。 削除するデータの期間と種類を選択したら「今すぐクリア」ボタンをクリックします。 「今すぐクリア」ボタンをクリックすると、履歴データのクリアが実行されます。

次の

インターネットの閲覧履歴を削除する方法

閲覧 履歴 データ の 削除

パソコンで Chrome を開きます。 右上のその他アイコン をクリックします。 [ 履歴] [ 履歴] をクリックします。 左の [ 閲覧履歴データの削除] をクリックします。 ボックスが表示されます。 履歴を削除する期間をプルダウン メニューから選択します。 すべての履歴を削除するには [ 全期間] を選択します。 [閲覧履歴] のほかに、削除する情報のチェックボックスをオンにします。 [ データを削除] をクリックします。 検索履歴を削除するには、方法をご覧ください。 履歴から特定の項目を削除する 履歴の一部のみを削除することもできます。 特定の履歴を検索するには、上部の検索バーを使用します。 履歴ページには、過去 90 日間に Chrome でアクセスしたウェブサイトが表示されます。 Chrome にログインして履歴を同期している場合、履歴ページには、同期しているすべてのデバイスでアクセスしたウェブページが表示されます。 Chrome からログアウトすると、他のデバイスからアクセスしたウェブページは履歴ページに表示されなくなります。 シークレット モードで閲覧する 閲覧履歴を一切保存しない場合は、ことができます。 職場や学校の Chromebook を使用している場合: ネットワーク管理者が閲覧履歴をオフにしている可能性があります。 履歴がオフの場合、アクセスしたウェブページのリストは履歴ページに表示されません。

次の

Chromeの閲覧履歴を削除できてないかも?データを完全に削除する方法!

閲覧 履歴 データ の 削除

記憶と削除 ブラウザにはフォームに入力した ID、アカウント、メールアドレス、パスワードなどの情報を記憶する機能があり、Internet Explorer(IE)では オートコンプリート、他のブラウザでは 自動入力などと呼ばれている。 記憶する情報は主に2タイプある。 ID(アカウント名やメールアドレス)とパスワード• フォームの入力データ(住所や電話番号など) 記憶したこれらの情報は自分で削除できる。 閲覧履歴データの削除については をご覧ください。 以下各ブラウザごとに記す。 Microsoft• Edge 42 ウィンドウ右上の「・・・」をクリックし、[設定]をクリックする。 画面下部にある[詳細設定を表示]をクリックする。 また、サイト名をクリック後、ユーザー名とパスワードを変更できる。 詳細設定に戻り「パスワードを保存する」をオフにするとパスワードを保存しなくなる。 「フォームへの入力を保存する」をオフにするとフォームへ入力した内容を保存しなくなる。 「フォーム データ」、「パスワード」をチェックし「削除」を選択すると、それぞれの情報を削除できる。 記憶した情報はすべて消える。 Windows 8以降のIE10以降では記憶したパスワードをサイトごとに個別に消去できるようになった。 まず、「インターネット オプション」で「コンテンツ」タブの「オートコンプリート」にある「設定」ボタンをクリック。 「アドレスバー」、「フォーム」、「フォームのユーザー名およびパスワード」など、記憶させたくない項目のチェックを外す。 その際、IDやパスワードが同じ文字列であっても、キーボードから文字を入力する。 IE9も多少メニューが異なるが手順は基本的に同じ。 Google Chrome• 「パスワード」をクリックし、サイトを選んで個別にパスワードを削除できる。 また、設定に戻り[閲覧履歴データを消去する]からもパスワードを削除できるが、この場合すべてのサイトのパスワードが消える。 また、「お支払い方法」や「住所」も個別に自動入力のオン・オフ、住所やクレジットカード情報の追加、削除ができる。 ページ最下部にある「詳細設定」をクリックする。 その後は上記 Chrome 69 と同じ。 Chrome 67(スマホ Android 版) Chromeを起動後、ブラウザ右上の「︙」をタップして[設定]を選択するか、スマホの右ボタンを押して表示されたメニューから[設定]を選択する(この操作はAndroidのバージョンや機種により異なる)。 Safari• 「自動入力」タブで「ユーザ名とパスワード」のチェックを外すと。 パスワードを記憶しなくなる。 Firefox• その後、「プライバシーとセキュリティ」タブで[保存されているログイン情報]ボタンをクリックする。 サイトを選んで個別に情報を削除するか、「すべて削除」ですべての情報を削除する。 パスワードを忘れてしまった場合は、[パスワードを表示する]ボタンをクリックするとパスワードを表示できる。 古いバージョンでは[保存されているログイン情報]は[保存されているパスワード]と書かれている。 サイトを選んで個別に情報を削除するか、「すべて削除」ですべての情報を削除する。 パスワードを忘れてしまった場合は、[パスワードを表示する]ボタンをクリックするとパスワードを表示できる。 Opera• Opera 33、32 ウィンドウ左上の[Opera]ボタンをクリックしてメニューを表示し、[設定]を選択。 左側のメニュー(タブ)の「プライバシーとセキュリティ」を選択し、プライバシーにて[閲覧データを消去]をクリック。 期間、パスワード、自動入力データなど必要なものを選択し、[閲覧データの消去]をクリック。 プライバシーの下にある自動入力やパスワードの項目にて、保存されたパスワードや自動入力の有効・無効を切り替えられる。

次の