ひらぶん へいぶん。 平文(クリアテキスト)とは

チューリングが解読したエニグマ暗号機、マシンと計算の簡単な解説: テンメイのRUN&BIKE

ひらぶん へいぶん

平文とは、 暗号化されていない文章のことを言う。 ひらぶん、あるいは、へいぶんと読む。 そのままの状態なので当然簡単に読める。 そのため盗み見られたら、パスワードが簡単にばれてしまう。 何も隠していない状態と同じだ。 「データベースは漏洩するもの」という意識がなければ、そもそもパスワードの扱いに気を使わない。 簡単にプログラムを書こうとして、そのままデータベースに保存してしまう。 こうした平文でパスワードを保存しているデータベースから情報が盗まれると、苦も無くパスワードを知られることになる。 古くからあるWebサービスでは、予算を充てて改修していない限り、こうした状態になっているところが、 まだまだ多くあると想像が付く。 次は 暗号化だ。 平文で保存するのではなく、 一定の方式で違う文字列に置き換えて、元のパスワードが分からない状態にして保存するというものだ。 平文の状態と違い、データベースから情報が漏れても、すぐには元のパスワードは分からない。 暗号を元の状態に戻す「 復号」をしなければ、パスワードは手に入らないからだ。 ただし、復号できるということは、 元のパスワードを得ることが可能ということだ。 データベースだけでなく プログラムも盗まれてしまえば復号が可能だ。 また、 暗号化の方法を推測されてしまい、解かれてしまうケースもあるだろう。 平文よりはましだが、パスワードを保護する上で、適切かと問われれば疑問が残る。 10年以上前なら、パスワードを忘れた人に、メールでパスワードを知らせるWebサービスも多かった。 パスワードを忘れた際に、 メールでパスワードが送られてくるWebサービスは、平文か暗号化のどちらかの状態で保存されている。 こうしたWebサービスでは、パスワードはそのうち流出すると思っておいた方がよい。

次の

平文は「ひらぶん」? 今話題のNSAをテーマにした小説・パズル・パレスで平文変...

ひらぶん へいぶん

平文とは、暗号化されていない状態のデータ。 暗号技術に基づく、解読などの操作を行わなくても、そのままで内容を取り扱うことができる状態のデータのことを指す。 「文」()という語が充てられ、「を平文で送る」といったように、実際、多くの場面で文字()を指すが、暗号化されていないデータ全般を含む概念であり、文脈によっては画像、音声、動画、のコンピュータプログラムなどののデータを指す場合もある。 平文のことを「プレーンテキスト」(plaintext)と呼ぶこともあるが、これは暗号以外の分野ではの対義語(に規定された符号のみからなる、文字列として入出力可能なデータ列)であり、必ずしも「暗号化されていない」という意味とは限らない。 慣用的に「ひらぶん」と湯桶読みすることが多いが、例えば(JIS X 0008 情報処理用語)では「ひらぶん」と「へいぶん」が併記されており、「へいぶん」が誤りというわけではない。 暗号文 ciphertext 元のデータ(平文)が暗号化を経て判読困難な状態になったものを暗号文という。 慣用的には暗号文を指して暗号ということが多い。 現代の暗号技術では様々な形式のデータを暗号化の対象とするため、暗号「文」といっても文字データとは限らず、任意の形式のデータを暗号化したもの全般を指す概念である。 古代から近代までは、単語や句といった単位で置換表などを用いて人力で他の表現に置き換えた「コード」(codetext)がよく用いられたが、現代ではコンピュータによる自動処理によって文字やビット、などの単位で別の表現に置き換えた「サイファー」(ciphertext)が一般的となっている。 暗号文は復号処理によって平文に戻すことができ、かつ、適切なを持たない人がすぐには読み解くことができないものを指すため、情報量が欠落して平文に戻せないや、データの内容はそのままで存在を秘匿する()などは含まないが、一般社会の慣用的な用語法ではこれらもある種の暗号文として扱われることがある。 認証情報の伝送方式として最も単純なもので、データの暗号化やなどを行わず、利用者などの(、ユーザ名など)や本人であることを確認する秘密の情報(パスワード、パスコード、、など)をそのままやり取りする。 通信回線やネットワークを介して認証を行う際に、信用できない通信経路上で平文認証を行うと途中で悪意の第三者による盗聴や、なりすましなどの被害にあう危険性があるため、暗号化などに対応した認証方式を用いる必要がある。 さくいん この分野のランキング 1位 【ダイジェスト値】 2位 【Secure Hash Algorithm 256-bit】 3位 【メッセージダイジェスト関数】 4位 【Message Digest 5】 5位 【compromise】 6位 【Rivest-Shamir-Adleman cryptosystem】 7位 【Secure Hash Algorithm 1】 8位 【ECC】 9位 【非対称鍵暗号】 10位 【シークレットキー】 11位 【Secure Hash Algorighm 2】 12位 【Secure Hash Algorithm 512-bit】 13位 【秘密鍵暗号】 14位 【cipher key】 15位 【エンクリプション】 (姉妹サイト) 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

JIS X 0008:2001 情報処理用語−セキュリティ

ひらぶん へいぶん

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 92• 研究社 新和英中辞典 78• Weblioビジネス英語例文 2• Weblio Email例文集 194• Weblio英語基本例文集 133• 浜島書店 Catch a Wave 904• Weblioビジネス英文メールテンプレート文例集 10• 英語ことわざ教訓辞典 2• Eゲイト英和辞典 60• 英語論文検索例文集 317• 専門的な情報源• 研究社 英和コンピューター用語辞典 35• 斎藤和英大辞典 113• 科学技術論文動詞集 72• 法令用語日英標準対訳辞書 2• 日本語WordNet 1625• コンピューター用語辞典 274• EDR日英対訳辞書 460• Tanaka Corpus 292• 日本法令外国語訳データベースシステム 6487• FreeBSD 158• Gentoo Linux 133• JM 226• NetBeans 665• PEAR 117• Python 500• XFree86 119• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 16062• 京大-NICT 日英中基本文データ 12• 官公庁発表資料• 金融庁 2337• 財務省 927• 特許庁 3869• 特許庁 540184• 経済産業省 5636• 厚生労働省 700• 書籍・作品• Arthur Conan Doyle『ブルー・カーバンクル』 10• Translation by Robert E. Smith『マルチン・ルターの小信仰問答書』 2• Thorstein Veblen『ワークマンシップの本能と労働の煩わしさ』 9• Arthur Conan Doyle『ボヘミアの醜聞』 9• Jack London『火を起こす』 6• Hans Christian Andersen『絵のない絵本』 13• Arthur Conan Doyle『悪魔の足』 12• Ian Johnston『科学のカリキュラムで創造説?』 14• Mary Lamb『お気に召すまま』 9• JULES VERNE『80日間世界一周』 51• Maurice Leblanc『アルセーヌ・ルパンの逮捕』 6• Virginia Woolf『ラピンとラピノヴァ』 5• Charles and Mary Lamb『ロミオとジュリエット』 10• Edgar Allan Poe『アッシャー家の崩壊』 16• Oscar Wilde『わがままな大男』 1• JACK LONDON『影と光』 9• O Henry『ハーレムの悲劇』 5• Ouida『フランダースの犬』 23• James Matthew Barrie『ケンジントン公園のピーターパン』 16• Arthur Conan Doyle『チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン』 9• Arthur Conan Doyle『ノーウッドの建築家』 12• Eric S. Raymond『ノウアスフィアの開墾』 61• Free Software Foundation『フリーソフトウェアは独占的ソフトウェアよりも信頼できる』 1• Andrew Lang『トロイア物語:都市の略奪者ユリシーズ』 45• O Henry『シャムロック・ジョーンズの冒険』 1• Conan Doyle『黄色な顔』 7• Charles Dickens『奇妙な依頼人』 8• Frank Baum『オズの魔法使い』 34• Landor『カール・マルクス Interview』 3• Robert Louis Stevenson『ジキルとハイド』 34• Wells『タイムマシン』 44• Joseph Jacobs『三匹の子ぶたのお話』 1• Henry『賢者の贈り物』 4• Oscar Wilde『幸福の王子』 2• Thomas a Kempis『キリストにならいて』 41• O Henry『最後の一枚の葉』 3• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 88• Ambrose Bierce『不完全火災』 2• Virginia Woolf『弦楽四重奏』 1• O Henry『心と手』 3• Virginia Woolf『月曜日か火曜日』 1• Ambrose Bierce『空飛ぶ騎兵』 3• Ambrose Bierce『死の診断』 1• O Henry『警官と賛美歌』 7• Ambrose Bierce『男と蛇』 9• Electronic Frontier Foundation『DESのクラック:暗号研究と盗聴政策、チップ設計の秘密』 25• LEWIS CARROLL『鏡の国のアリス』 21• Lewis Carroll『不思議の国のアリス』 17• James Joyce『土くれ』 2• James Joyce『姉妹』 3• James Joyce『カウンターパーツ』 8• James Joyce『小さな雲』 6• James Joyce『二人の色男』 3• James Joyce『アラビー』 3• James Joyce『恩寵』 6• James Joyce『遭遇』 4• James Joyce『死者たち』 37• James Joyce『下宿屋』 4• James Joyce『レースの後に』 3• James Joyce『痛ましい事件』 6• James Joyce『母親』 1• James Joyce『アイビーデイの委員会室』 7• Arthur Conan Doyle『シャーロック・ホームズの冒険』 36• Lewis Carroll『亀がアキレスに言ったこと』 1• Ian Johnston『進化の手短かな証明』 4• Thomas H. Huxley『ダーウィン仮説』 20• John Stuart Mill『自由について』 143• John Tyndall『英国科学協会ベルファースト総会での演説』 45• Thorstein Veblen『所有権の起源』 18• Robert Louis Stevenson『宝島』 59• United States『独立宣言』 2• James Matthew Barrie『ピーターパンとウェンディ』 35• Edgar Allan Poe『暴露させる心臓』 2• Edgar Allan Poe『約束』 8• Lawrence『馬商の娘』 13• Lawrence『プロシア士官』 14• Gilbert K. Chesterton『釣り人の習慣』 1• Chesterton『少年の心』 5• Plato『クリトン』 8• Melville Davisson Post『罪体』 16• Shakespeare『ヴェニスの商人』 16• Michael Faraday『ロウソクの科学』 66• 電網聖書• ヨハネの第一の手紙 6• ヨハネの第三の手紙 1• ペトロの第一の手紙 8• ペトロの第二の手紙 6• 使徒行伝 40• ヘブライ人への手紙 18• ヤコブからの手紙 13• ヨハネによる福音書 43• ユダからの手紙 4• ルカによる福音書 60• マルコによる福音書 25• for the 1-bromo-3-chloro-2-propanol, 2-bromo-3-chloro-1-propanol , and the 1-bromo-3-chloro-2-propanol, 2-bromo-3-chloro-1-propanol the thereof. - 特許庁.

次の