たけ とう ゆみ。 竹弓の種類と選び方

実在苗字辞典 たけ~たと

たけ とう ゆみ

かざまつり ゆき 風祭 ゆき 本名 長谷部 さより(旧姓・吉田) 別名義 吉田 さより(旧芸名) 生年月日 1953-08-15 (66歳) 出生地 国籍 民族 血液型 ジャンル 女優 活動期間 - 活動内容 映画、TVドラマ、演劇、バラエティ、CM、執筆、インタビュアー、司会 配偶者 事務所 Good Luck Company 主な作品 映画 『』 『』 『』 受賞 ピンクリボン賞 主演女優賞 熊本映画祭 主演女優賞 一関映画祭 主演女優賞 風祭 ゆき(かざまつり ゆき、 ) は、日本の。 本名は長谷部 さより(旧姓・吉田)。 夫は映画・ドラマの・である。 の黄金期を支えた女優の1人。 その後、一般映画やテレビ、舞台に活動の場を広げ、演技派女優として活躍した。 株式会社グッドラックカンパニー所属。 来歴 [ ] 卒業。 声楽科卒業。 (昭和49年)(21歳)、『』(主演)で「吉田さより」の女優名で一般として芸能界デビュー(ドラマデビュー)。 音大卒業後の(昭和52年)(24歳)、監督の映画『』で映画デビュー。 以後3年間、本名で芸能活動を続けた。 、からへの出演依頼があったが1年間拒否し続けた。 なにより、1本の映画を背負う主役をやるということは、1度は経験しなきゃね。 鶏口となるも、牛後となるなかれ、ですよ。 」と後押ししたという。 (13年)のトークショウで風祭自身が回顧していた。 6年間の一般女優生活を経た(昭和55年)、「風祭ゆき」名義でにっかつロマンポルノ作品『』で主演デビュー。 以来、スレンダーな肉体と美貌を活かして、主演として『』(1980年)、『』(1981年)、『』(1982年)、『』(1982年)、『』(1983年)など、また助演として『』(1980年)、『』(1982年)、『』(1982年)、『』(1983年)、『』(1983年)など、佳作、名作に多数出演した。 、、、といったロマンポルノの監督たちの作品ばかりでなく、、監督の初期作品にも出演している。 一方、『』(1981年)、『』(1982年)、『』(1983年)などの一般映画や、『』(1982年)、『』(1983年)といったテレビドラマへの出演も続けた。 ロマンポルノ終了の年の佳作『』(1988年)への出演を最後に、一般映画、テレビ、、さらには舞台を女優活動の中心として、演技派の美人女優として活躍した。 舞台は山本陽子公演、杉良太郎公演など多数出演している。 (平成12年)には、ロマンポルノをめぐる作品『』に、また(平成15年)には、監督に請われて『』に出演している。 人物 [ ] スクリーンでのイメージとは異なり、活動的で男まさりの趣味も多く、車の運転(レーサー志望であった)や、カメラなどをたしなんでいる。 またやのが高く、女優仲間や映画監督の家にを教えに行ったり、やの設定をしたり、作成をしたりという一面もある。 さらに自動車関連団体のウェブページの作成・管理もしている。 近年は愛犬(犬種は)を連れて各地のに参戦している。 今までに大型(体高80センチ)の高級犬を合計6匹飼ったことがあり、2010年代もボルゾイを2匹飼っている。 に参加することが多く、優勝を目指して日々犬たちの訓練に励んでいる。 交友関係 親友は女優・(同い年であり、日活ロマンポルノで同じ前半に活躍した)。 出演 [ ] 以下の出演リストは主に所属事務所のプロフィールによる。 映画 [ ]• (新藤兼人監督作品、1977年) - 瀬川道子• (1980年 にっかつ) - 植草悠子• (1980年 にっかつ) - 亜起子• (1980年 東映) - 小泉百合子• (1980年 にっかつ) - 坂本沙織• (1980年) - 修子• (相米慎二監督作品、1981年 東映) - 三大寺マユミ• (根岸吉太郎監督作品、1981年 にっかつ) - 倉田咲子• (1981年 にっかつ) - 友田朝子• (1981年 にっかつ) - 仁科友絵• (1981年 にっかつ) - 脇村塔子• (1981年 にっかつ) - 堀越真紀• (1981年 東映) - 三大寺マユミ• (1982年 東映) - 羅刹坊(千鳥)• (1982年 にっかつ) - 澪子• (1982年 にっかつ) - 片山美枝子• (1982年 にっかつ) - 下元ますみ• (1982年 にっかつ) - 洋子• (1982年 にっかつ) - 島子• (1982年 にっかつ) - 千鶴子• (1983年 にっかつ) - 塚本ケイ• (1983年 にっかつ) - 津島恵子• (崔洋一監督作品、1983年 ATG) - 婦人警官• (崔洋一監督作品、1983年 にっかつ) - 藤森須磨子• (1983年 にっかつ) - 津島緋紗子• (1983年 にっかつ) - 圭子• (1984年 東映クラシックフィルム) - ゆかり• (1985年 にっかつ) - 田中千秋• (1985年 東映) - 幾野夕子• (1985年 にっかつ) - 三代江• (1986年) - 飯田弘江• (1986年 東映) - 樹里野勝江• (1988年 にっかつ) - 椎名真理子• (1990年) - 岡本よしこ• (1990年 東映) - 沼田の妻• (1992年 ポニーキャニオン=ヘラルド・エース) - 川瀬弘美• (1997年 東映) - 主婦• (中田秀夫監督作品、2000年 日活)• (2000年 アースライズ )• (2001年 青少年育成国民会議) - 樺島京子• (三池崇史監督作品、2001年 プレノンアッシュ) - ヤクの売人• (すずきじゅんいち監督作品、2001年 フィルムヴォイス) - 悦子• (監督作品、2003年 ギャガ=ヒューマックス) - 青葉屋女将• (2004年)• (2006年 パノラマ)• (2007年)• (2009年、高橋玄監督)• (北野武監督作品、2008年)• (2009年) - 主人公の祖母• (2010年)• (2012年、高橋玄監督)• (2013年、大鶴義丹監督)• 桜姫(2013年、橋本一監督)• (2016年、高橋玄監督) - 主人公高岡正明の妻 高岡艶子• (2016年、監督)• (2018年、監督) - 産婦人科医 松本 役 テレビドラマ [ ]• 第31話「兇悪の報酬」(1973年)• 第45話「兇悪のスキャンダル」(1974年) - 洋子• (1974年 - 1975年) - 居酒屋吉田署店員・和子• 第13話「なぜだ?! ザビタンが化けた? 第2シリーズ()• (1977年、)• 第7話「深川父子唄」(1976年)• 第53話「壮烈! 源三郎」(1977年)• 第6話「売春婦殺し・危うし警部」• 第19話「裸で狼の群れと闘え」 - 藤村ノコ• 第36話「夜の女子寮・狙われたチアガール」• 第111話「ラジオカセットのある殺人風景! 」(1979年)• 第206話「アイドル歌手恐喝事件! 」(1981年)• 第316話「ベートーベンを聴く刑事! 」(1983年) - 武田ゆうこ• 第391話「遺留品ナンバー4号の謎! 」(1984年) - 美代子• 第431話「単身赴任・妻たちの犯罪パーティー! 」(1985年) - 中田の妻• 第502話「黄色い帽子の女! 」(1987年)• 第577話「妖花一輪 男殺しの手毬歌」(1983年) - おらん• 第621話「孤島に燃える! 悲恋の挽歌」(1983年) - おれん(綾乃)• 第654話「浮草慕情おんな節」(1984年) - おその• 第664話「魔の甲州路暴れ旅」(1984年) - お蝶• 第2話「主水気分滅入る」(1981年) - おみつ• 第25話「殺しを見られたのは秀」(1983年) - 君姫• 第17話「勇次 吉原遊女に惚れられる」(1984年) - 小紫• 第9話「柴又帝釈天のトラを探ります」(1985年) - お千賀• 第30話「主水、年上妻にあこがれる」(1986年) - 鶴吉• 第19話「恐怖で走るダイナマイト女」(1981年、) - 谷原恵子• (12ch)• 第2シリーズ 第1話「大奥秘録 叛乱の地獄絵巻」(1981年) - 桂木• 第3シリーズ 第9話「女の唇に潜む非情の罠」(1982年) - お京• 第8話「女体にひびくオルゴール」(1981年) - おむら• 「マイウエイTOKYO」(1981年、KTV)• (ANB)• 「婚前奥伊豆旅行」(1982年10月16日、ABC)• 「女ごろし 消し忘れた過去」(1985年)• 「女医の死亡診断書」(1985年)• 「単身赴任 淋しい妻たちの殺人」(1987年)• 「片道切符の花嫁」(1989年)• 「刑事訴訟法第三二一条の女」(1991年)• 「」(1993年)• 「森村誠一の棟居刑事5 愛犬が暴く不倫三重奏、神に背く愛の殺人(2000年)• 「」(2008年11月29日)• (TBS)• 「ヒットソング殺人事件 女が歌うとき人が死ぬ」(1982年11月16日)• 「霧の神話 新妻に隠された危険な秘密」(1983年2月12日)• 「スクープを追う女 古美術商殺人事件」(1983年4月2日)• 名探偵金田一耕助1「横溝正史の 金田一耕助を愛した女」(1983年)• 「骨肉の家」(1983年)• 「年一回の訪問者 殺しを見た女」(1983年)• 「共犯の女たち」(1984年)• (1982年、TBS) - 木村真弓• 第18話「怪談! 第821話「迎え火を焚く女」(1982年、) - お節• ドラマ人間模様「父への手紙」(1983年、NHK)• 第38話「駆けろ! げんこつ街道」(1983年、ANB) - おまき• 第18話「夕陽の群盗多殺剣 -土山の巻-」(1983年、) - 美沙• 第1話「デカ長ギャルは23歳未経験」(1983年、ABC)• 第38話「大奥のメリークリスマス」(1983年、) - お由良• (TBS)• 「女性万引ガードマン1」(1983年5月16日)• 「はだしの未亡人」(1983年7月11日)• 「深川通り魔殺人事件」(1983年7月25日)• 「美しい女医の診察室2」(1984年3月26日)• 「契約母子 9年間の夫の浮気 だまされた妻の隠し子いじめ」(1984年)• 「7人の代理パパ」(1985年)• (YTV)• 「片隅の二人」(1983年)• 「母と娘の刻印」(1983年)• 「放課後」(1986年)• 「帰って来た桃尻娘」(1986年)• (NTV)• 『危険なしのび逢い』(1982年)• 『嫉妬』(1983年9月20日)• 『暮らしの中の殺意』(1984年2月7日)• 『わが子は殺人者 名門高校殺人事件』(1986年)• 『鉄の串』(1986年9月、映像プロデュース) - 船原美子• 「8」(1990年) - 山本幸子• 「監察医・室生亜季子13」(1993年) - 木田直美• 3「愛の復讐 女の化粧は犯罪の匂い! 」(1987年)• (1988年)• 7「冬の風鈴」(1993年)• (1994年)• 16」(1995年) - 昭代• 『15周年記念特別企画1「絆」』(1996年) - 中尾日出子• 6(1998年)• (CX系)• (1983年、)• 第24話「チャボもあきれたダメ父さん! 西武スペシャル「」(1983年、NTV)• (1984年、TBS)• (1984年、KTV)• (1984年、MBS)• 第1回「お毒見役参上! (1985年、)• (第1477回)(1985年、CBC)• (第1772回)(1991年、TBS)• 第12話「姑の自立」(1985年、MBS)• (1985年)• (1985年、TBS)• 第39話「サムライ、荒野の落日」(1985年) - 鈴鹿のたか• L) - お町• (NTV)• 第1シリーズ 第31話「日陰に咲く花」(1984年) - おぬい• 第2シリーズ 第60話「迷い込んだ女」(1989年) - 室生• クリスマススペシャル「迷犬ルパンは名探偵!? 金曜ドラマスペシャル「新宿みだれ髪」(1986年、CX)• 第2シリーズ第40話「山陰・香住に生きる女絵師! (1986年、ANB)• 「」(1986年、CX)• 第22話「微笑みの殺意」(1987年) - みわ子• 第14話「正体がばれた! 見えない手が迫る」(1987年、ABC) - 篠崎英子• (1987年、THK)• 「離婚夫婦 北海道推理ツアー」(1987年、THK)• 「妻」(1988年、TBS)• (1988年、TBS)• 第1シリーズ 第6話「お奉行が消えた」(1988年) - おきぬ• 第2シリーズ 第11話「税金に泣かされたおんな」(1989年) - くら• 第3シリーズ 第2話「お婆ちゃんの隠し財産を狙え! 」(1990年) - お島• 第4シリーズ 第3話「神隠しから戻った美女」(1991年) - おきぬ• 小さな目撃者 ママとあっちゃんの推理ポケット(1988年、CX)• 水曜グランドロマン「雨に濡れて」(1988年、NTV)• 西村京太郎サスペンス「雪は死の粧い」(1989年、TX)• (1989年、NHK)• 「ムチャな弁護士大活躍 悩みいろいろ!? 女のワキ毛抜き事件から実子誘拐事件」(1989年、ANB)• 乱歩賞作家サスペンス「まだ眠らない 悪女が生まれた夜」(1989年、KTV)• 「孔雀の誘惑」(1989年、TX)• 第16話(1990年、NTV) - ユウタの母• 第1シリーズ 第20話「山吹屋お勝」(1990年) - お勝• 第3シリーズ 第10話「網虫のお吉」(1992年) - お吉• 第1シリーズ 第20話「祭り囃子が聞こえる」(1990年、NTV) - おきの• 第4話「その時、野獣に牙を剥いた」(1990年、NTV)• (1990年、CBC)• 第1回・最終回(1990年、TBS) - の女• (TBS)• 「不連続爆破事件」(1991年)• 「特選サスペンス 人それを情死と呼ぶ」(1996年)• 「草津湯けむりツアー殺人事件」(1996年)• 第4話「山陰道、女いのちの賞金稼ぎ」(1991年、ANB) - お紋• 第5話(1991年、TBS)• (1991年)• 第2シリーズ 第3話「みちのく母娘二人旅」(1991年、TX) - おまさ• 第1話「雨」(1992年、CX)• 「ザ・スクープ」(1992年、CX)• 第6シリーズ 第7話「同僚を密告した女・パートで働く女たち」(1993年) - 工藤周子• 第7シリーズ 第7話「同窓会殺人事件 女がウソをつくとき」(1994年) - 清水真紀• 第9シリーズ 第24話「京都逃避行 宝くじを買う女」(1996年)• 第15シリーズ 第18話(2002年) - 井上千枝• (1994年、TBS)• 「欅通りの人々」(1994年1月〜3月、NHK)• 第15話「ワル・親のない子と子のない母と」(1996年、ANB)• (CX)• 早苗とたまき 涙の事件簿1(1996年)• (2000年)• 「」(2001 - 2003年) - 石上直子• 第7話(1998年、ANB)• ~少女たちの異常体験~「Blood」5 赤い波涛(1999、CX) - 亮子• (2000年、TBS)• (TX)• (2001年)• (2002年)• (2002年) - 平岡利江• スペシャル ~ざけんなよ~(2002年、CBC)• (TBS)• 2 罪を逃れて笑う奴(2002年2月11日) - 弁護側証人 西沢照子(被害者 松浦敦史の母)• 「丹後浦島伝説殺人事件」(2003年) - 藤森弓恵• 4「復讐」(2004年) - 椎名織江 役• 第2シリーズ 第9話「どうするマリコ! 灼熱50度の監禁状態」(2005年、ANB)• (2001年、CX)• (2005年)• (CX)• 32 「箱庭」(2008年)• 37 「長崎殺人事件」(2010年)• 開局55周年記念ドラマ「」(2008年)• 第6話(2012年11月12日、TBS) - 葉山江利子• 第2話(2013年1月18日、TX) - BARナイトフライ経営者• (TX)• 14「秘湯・乳頭温泉に消えた女」(2013年11月27日) - 林芳江• (2016年) - 貞柳尼• NHK その他の番組 [ ]• Part3(1984年、) ほか多数 ラジオ [ ]• オリジナルビデオ [ ]• 時間よ止まれ(1992年)• (1994年)• (1995年)• (1999年) - カネミツ・ヨウコ役• 23/詐欺の手口(2002年)• 婦人排球 (2003年) 舞台 [ ]• より 紀伊国屋ホール• 芸術座• 名古屋名鉄ホール• 五木ひろし公演 名古屋御園座• 五木ひろし公演 明治座• 細川たかし公演 梅田コマ劇場• 小林幸子公演 新宿コマ劇場• 全国公演• 博品館劇場• より 民音ミュージカル 全国ツアー• 新宿コマ劇場 梅田コマ劇場• 林与一公演 大阪中座• 文化庁脚本賞受賞作品上演• 山本陽子公演 京都南座• 杉良太郎公演 大阪新歌舞伎座 名古屋御園座• 杉良太郎公演 大阪新歌舞伎座• 文化庁戦後一幕物傑作選、北條純プロデュース公演。 演出、宮永雄平、東京芸術劇場小ホール• 新橋演舞場• 三越劇場(2003年)• タップ・ミュージカル 博品館劇場および全国ツアー(2004年) - アンディ• 東神奈川かなっくホール(2005年) - ジョルジュ・サンド• 劇団若獅子公演 三越劇場(2006年)• 公演 紀伊国屋ホール(2007年)• CHUJI 博品館劇場(2008年)• 吉祥寺シアター(2010年)• ラゾーナ川崎プラザソル(2010年)• 前進座劇場(2010年)佐伯家の母• 銀座みゆき館劇場(2011年)• 6人のイカレる女(劇団染地組 第3回公演)劇場MOMO(2012年)• カーズドファミリー〜月島家の人々 銀座みゆき館劇場(2012年)- 夢子• 愛しのバックストリート 池袋シアターグリーンBox in Box THEATER(2012年)• セレブ気取り 銀座みゆき館劇場(2013年)• 銀座みゆき館劇場(2013年)• カーズドファミリー〜月島家の人々 銀座みゆき館劇場(2014年)- 夢子• フレッド・ジンネマン監督『ハイヌーン』より 目明し金次郎 真昼の決闘 劇団若獅子公演 三越劇場(2014年)• スガナレル 築地ブディストホール(2015年)- コロンビーナ• 遠き夏の日~国を想う心、人を、家族を、恋人を想う心 ザムザ阿佐谷(2015年)• 築地ブディストホール(2016年)• ショパンとサンド 東京八重洲ホール、横浜鶴見サルビアホール音楽ホール(2016年) - ジョルジュ・サンド• 我輩は狸である 築地ブディストホール(2016年)- ナレーター&富子• 希望の色 日経ホール(2016年7月) - 佐和子• 池袋シアターグリーンBASE THEATER(2016年)• 築地ブディストホール(2017年)• ショパンとサンド ティアラこうとう・ジョルジュ・サンド• 築地ブディストホール(2018年)• ブラームスとクララ ティアラこうとう・クララ・シューマン• 三越劇場・マルタ• 築地ブディストホール(2019年)• 築地ブディストホール・鬼龍院• 築地ブディストホール・貴子• リストとマリーとカロリーヌ ティアラこうとう・マリー・ダグー/カロリーヌ• 築地ブディストホール(2020年) 脚注 [ ] [] 注釈.

次の

竹弓の種類と選び方

たけ とう ゆみ

「タマホーーム」というCMでもお馴染みですね! 動画のシーンはBurnのオルガンソロ部分です。 このソロはディープパープルのキーボーディストであったジョン・ロードの有名なソロのうちの一つであり、 オルガンソロの定番中の定番です。 またロック・オルガンの魅力が詰まった一曲でもあり、オルガン好きなら一度は弾いてみたいという曲だと思います。 動画の演奏はシンセサイザーのオルガン音色で弾いたものですが、ちょっとでも「おお~オルガンでこういう感じね」という部分が伝われば幸いです。 オルガンの歴史 まずはオルガンの歴史を紐解いていきましょう。 ここではオルガンの歴史上重要な位置をしめる「パイプ・オルガン」と「ハモンド・オルガン」に絞って説明します。 オルガンの始祖 パイプ・オルガン オルガンは協会などに設置された「パイプ・オルガン」がその始まりです。 パイプ・オルガンとはこういうものです。 ある意味これが「オルガンの音」と認識している人も多くいると思います。 そんな印象的な音色は、チャーチオルガン等の名称で多くのシンセサイザーに搭載されています。 有名なオルガニストは日本にもいます。 ハモンド・オルガンの登場 パイプ・オルガンは協会音楽として出発しましたが、クラシックや映画の劇伴などにも活用の幅を広げ、より注目を浴びる楽器となりました。 その 一方で問題だったのがその大きさとコストです。 さすがにこれだけ巨大なものを量産化することは難しかったわけです。 そこで当時発達しつつあった電気技術を用いてコンパクトなオルガンを作ろうという動きが生まれて誕生したのが、1954年は発表されたハモンド・オルガンという機種です。 A型 初期型として登場したモデル• B-2 コーラスとビブラートの回路を搭載したモデル• B-3 パーカッション機能を搭載。 一番代表的なモデル• C-3 内部はB-3と同じだが、4本足のB-3に対して、筐体が囲うようになっている。 A-100 C-3を更にコンパクトにしたモデル。 Mシリーズ 鍵盤を44鍵にし、ドローバーを簡略化するなどのコストダウンを図ったモデル モデルの進化とともにハモンド・オルガンが備えてきた機能は、 その後のオルガンやシンセサイザーの基本フォーマットとして一般化し、様々な機種に取り入れられてきました。 ハモンド・オルガンの機能には次のようなものがあります。 【多列接点とは】 鍵盤の各キーに対して、ドローパー9本に対するスイッチが並んでおり、鍵盤をゆっくり押していくとドローバーの高い音から順番に発音される仕組み。 これにより、鍵盤を軽く触れたり叩いたりすることで、かすれた音やノイズっぽい音を出すことが可能であり、よりリズミックな演奏効果を出すことができる。 つまりは、 軽く触れたときと、長く押し込んだ場合で音のなる種類 が異なる(反応するドローバーが異なる)ため、その仕組みを使って、演奏に変化を付けられるということです。 オルガンプレイヤーを見ていると、左手がちょんちょんってタイミングよく触っている場面を見たことないでしょうか。 まさにあれはこの多列接点の効果を生かしているわけです。 これはオルガンの音色を機能です。 パイプ・オルガンの項目でもストップボタンによって音色を作っていたと説明しましたが、ドローバーはまさにそれです。 どれだけの倍音を加えるかによって、大きくサウンドは変化します。 このドローバーのセッティングは奥深いものがありますが、一方で定番セッティングというものもありますので、別記事で詳しく触れていきたいと思います。 この機能はパイプ・オルガンに無い部分です。 この音を出すかどうかは。 エレキギターにもまったく同じエフェクターがありますが、効果もほぼ同じです。 出典:ikebe-gakki. com そして回転の速度を「FAST」「SLOW」で切り替えることができ、演奏時のこの切り替えがハモンド・オルガンの魅力となっています。 オルガンはピアノのように鍵盤の弾き方で音量をコントロール出来ないため、演奏に表情づけを行うためにはこのペダルが必要です。 現在のシンセに上手く取り込まれています 冒頭でも触れたように、ハモンド・オルガンは現在の電子オルガンのフォーマットといえるほど、その機能が受け継がれています。 オルガン専用機ではありませんが、僕が普段使用しているNord electro4も上記で説明した各機能がうまく盛り込まれています。 実際に弾くのがシンセだとしても、実機(本物の機種。 今回であればハモンド・オルガン)の知識があると、うまく機能を使える割合が高くなると思います。 まとめ 今回はオルガンの基礎知識として、オルガンの始まりであるパイプ・オルガン、そして今の電子オルガンに続く流れを作ったハモンド・オルガンについて説明しました。 現在はシンセサイザーでかなり高品質なオルガン音色を出すことができますが、オルガンの魅力ある演奏を引き出すには、 音だけでなくレスリーであったり、ドローバーやパーカッションといったオルガンならではの特徴を発揮する必要があります。 なかなかオルガンの実機を触れる環境にないとしても、本来のオルガンの機能等を知ることで、シンセを弾くときの参考になりますので、キーボーディストの方は是非覚えておきましょう。

次の

風祭ゆき

たけ とう ゆみ

TBSの女子アナといえばそんな感じ。 ただ最近はそこまでぶりっこではなく、かわいいんだけど、ちょっと天然といった感じが多い印象でしょうか。 またそのほかにも本当に 正統派美人のアナウンサーが多いイメージですね。 顔の彫が深い美人が多いんです。 TBSの女子アナ界隈といえば、ぶりっこエースでTBSを代表していたアナウンサーの退職が続いていますが、最近は新人アナウンサーの獲得に力を入れているようで、主に若手の活躍には目覚ましいものがあります。 2~3年後にはTBSのエースアナウンサーの顔ぶれが一新されているかもしれませんね。 非常に楽しみです! そして目立つぶりっこアナたちが抜けたことで美人で優秀な正統派中堅アナが台頭してきたことでもお茶の間を賑わせてますね。 そこでこのページでは気になるTBS女子アナの美人ランキングを作ってみました! かわいすぎるし、スタイル良すぎ! 他局ではやはりベテランの美人アナウンサーが上位にランクインしていますが、TBSは山本里菜アナの奮戦ぶりが特徴的となっています。 今後TBSは山本里菜アナが牽引していくことでしょう。 2020年も山本里菜アナから目が離せません! 山本里菜アナが気になったあなたはこちらの記事を参考にしてください。 第2位:皆川玲奈アナウンサー TBSの美人女子アナ第2位は安定とした人気を誇る 皆川玲奈アナです! 皆川玲奈アナはTBS入社前に、モデルや女優として活躍していた異色の経験を持っています。 元モデルだけにスタイルは抜群!細身で本当に綺麗ですね。 以前はTBSの夜のニュース番組「ニュース23」に出演していて、サラリーマンたちの癒しの存在となっていましたが、最近は夕方のニュースの担当となり、サラリーマンにとっては悲しい限り・・・ 現在ニュース23はなぜか雨宮塔子さんがメインでやってますが、ネット上では皆川玲奈アナをメインにしろ!という声がめちゃくちゃ多かったほどです。 (実は私もそれを願う一人・・・笑) 皆川玲奈アナはなんというかTBSの隠れた本流、古風な美人顔なんですよ。 それだけに見ていて安心感があります。 そういった意味でもやっぱり上位ランクインは当然ですね。 まだまだ若手だけに今後の成長が非常に楽しみです! 皆川玲奈アナについて気になったあなたはこちらの記事を参考にしてください。 第3位:宇内梨沙アナウンサー 第3位は 宇内梨沙アナです! 宇内梨沙アナもTBSの裏の本命、彫が深い美人顔です。 見ての通り濃い派手な顔している美人ですよね。 宇内梨沙アナは慶應義塾大学卒の才媛で、在学中には女子アナの登竜門であるミス慶應グランプリに輝いています。 それだけにその美貌は本物ですね。 TBSでミス慶應は珍しいんですが、やっぱり新人アナウンサーの獲得に力を入れているんでしょうかね。 宇内梨沙アナは2015年入社のまだまだ若手です。 現在は色々な番組にお試しで出演している感じですが、その中でもニュース23で見せる真面目な雰囲気に、誰だ?この美人は?となって調べる人が多いようですね。 なぜかちょっと写真だと微妙なんですが、テレビで見るとほんとにこの人は美人ですよ! 多分びっくりすると思います。 ハーフっぽい顔しているんですが、生粋の日本人です。 横須賀の出身ですね。 宇内梨沙アナについて気になったあなたはこちらの記事を参考にしてください。 第4位:古谷有美アナウンサー 第4位は 古谷有美アナです! この人はほんとに綺麗ですね。 綺麗なお姉さんという表現がぴったりです。 TBSではめずらしい雰囲気を持ったアナウンサーですよね。 おっとりした感じの美人といいましょうか。 セレブといった感じもします。 隠れファンが多いのも古谷アナの特徴です。 古谷有美アナは上智大学出身で、イメージにぴったりですね。 在学中にはミスソフィア(上智大学のミスコン)にも輝いています。 ちょっとイメージにぴったりすぎて言葉もないです(笑。 正統派の美人ですね。 スタイルも抜群で、あまり知られていないのがびっくりなんですが、ネット上では根強い人気があります。 よく「美人すぎて見てるとつらい・・・」みたいなよくわからない表現をされます(笑) まあとにかく美人ってことですね。 そしてスタイルがめちゃくちゃいいんですよ。 細身なのに出るところは出てて・・・ 古谷有美アナについて気になったあなたはこちらの記事を参考にしてください。 第5位:笹川友里アナウンサー 第5位は 笹川友里アナです! 実は笹川友里アナは元々一般職(AD)としてTBSに入社した経歴があります。 しかしその美貌を放っておけるわけなく「美人すぎるAD」として番組に取り上げられて有名になりました。 その後、異例の一般職からアナウンス室へと異動になり、名実ともに美人女子アナウンサーとなりました。 それだけ人気と美貌を兼ね備えている存在ということですね。 実は私生活ではフェンシングの太田選手と結婚したことでも有名です。 これだけの美人を射止めた太田選手はうらやましいですね。 笹川友里アナについて気になったあなたはこちらの記事を参考にしてください。 第6位:日比麻音子アナウンサー 第6位は2016年入社の若手アナである 日比麻音子アナです。 日比麻音子アナはTBS期待の若手アナです。 青学在学中からかわいいと評判になり、雑誌で複数回取り上げられています。 まだまだ女子大生って雰囲気を持ってるんですが、女子大生の最高峰でしょうね。 この感じ。 青学といえばテレビ朝日なんですが、日比麻音子はやっぱりテレビ朝日な感じもします(笑) このアナウンサーがTBSに入ることが、TBSの本気度の証明ですね。 日比麻音子アナについて気になったあなたはこちらの記事を参考にしてください。 第7位:上村彩子アナウンサー 第7位は2015年入社の 上村彩子アナです。 若手なんですけど、落ち着いた美人というか年齢より大人びて見えます。 それにしても美人!! うーんスタイルも良すぎ。 アイドル系の派手な女子アナとは違って、落ち着いた美人で安定感がありますよね。 隠れたファンが多いイメージです。 TBSの特徴であるぶりっこアナとは対照的ですが、それが逆にTBSでも目立った存在となってますね。 上村彩子アナについて気になったあなたはこちらの記事を参考にしてください。 第8位:出水麻衣アナウンサー 第8位は 出水麻衣アナです! もはやTBSの良心といってもいいでしょう。 それだけTBSを長らく支えてきた美人アナです。 スタイル抜群、美人、そして性格もよしとまさに完璧な女性です。 すでに30代半ばですがこの美しさです。 ほんとみんなに好かれている女子アナですよね。 出水麻衣アナについて気になったあなたはこちらの記事を参考にしてください。 吉田明世アナです。 最近番組内で結婚したことを発表したので若干ショックなんですが、美人度に変わりはありませんからね。 吉田明世アナは古谷有美アナと同期の2011年入社です。 すでに中堅ですね。 深い彫の顔立ちでエキゾチックな魅力があります。 スタイルもいいので視聴者の人気はかなりありますね。 番組内では若干天然な発言もするのがまた魅力です。 吉田明世アナについて気になったあなたはこちらの記事を参考にしてください。 といっても宇垣美里アナは特にぶりっ子ってわけでもないんですけどね。 でもなんとなく雰囲気は正統派な感じです。 こういう美人顔がTBSですよね、やっぱり。 宇垣美里アナは2014年入社とまだまだ若手です。 2位の皆川玲奈アナもそうですが、TBSは若手・中堅が本当にがんばってますね。 宇垣美里アナは報道にバラエティにと大活躍しています。 そして宇垣美里アナはアイドル並みのルックスを持ちながら落ち着いた雰囲気も併せ持ってるという感じで人気が高いです。 また注目すべきはそのスタイルです。 スタイル抜群で細身なのにDカップと噂されてますね。 実は神戸出身で妹も美人という素晴らしい家柄の出身です。 こういう雰囲気のアナウンサーはほんと男性受けいいですよね。 宇垣美里アナはこれからの活躍も楽しみです! 宇垣美里アナについて気になったあなたははこちらの記事を参考にしてください。 TBS女子アナウンサー一覧 2006年入社 2008年入社 2009年入社 2011年入社 2012年入社 2013年入社 2014年入社 2015年入社 2016年入社 2017年入社 2018年入社 2019年入社 番外編:お天気キャスター まとめ TBSの美人女子アナランキングを発表しました。 管理人の個人的な主観が結構入ってますが、大体当たってるんじゃないでしょうか。 こうしてみると入社2~3年目の若手が多くランクインしてますね。 ベテランの人気アナは退職が続いてますから、いかに若手が支えているかがわかります。 新人アナウンサーの獲得にも相当力を入れている感じが見て取れるので、TBSは群雄割拠の時代が到来しています。 このランキングも1年後には入れ替わってるかも・・・どんどん更新していきます! ぜひ参考にしてください! 最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が気に入ったらぜひシェアしていただけるとうれしいです。

次の