永沢 くん。 『ちびまる子ちゃん』のブラックキャラ。地の底に突き落とす永沢君のせりふ5選

永沢君

永沢 くん

内容 [ ] 『』の登場キャラクターのひとり永沢を主人公におき、彼とその周りの人達の生活を描いている。 舞台は「清水市立桜中学校」。 中学生男子の行動を視点にした作品であり、青年誌ならではのやともとれるが多く、『ちびまる子ちゃん』とは異なる作風で楽しめる内容になっている。 第1話の初めは、『ちびまる子ちゃん』の第1話と似たような始まり方になっている。 『ちびまる子ちゃん』で用いられた、ナレーションが登場人物にツッコミを入れる手法は受け継がれていない。 主な登場人物 [ ] 括弧内に付記のフルネームは『ちびまる子ちゃん』における設定。 本作では名字または下の名前のみの設定が多い。 『ちびまる子ちゃん』で既出の登場人物 [ ] 永沢君 この漫画の主人公、フルネームは 永沢 君男(ながさわ きみお)。 特徴的なタマネギ頭に、サイズの小さなを着用している。 体重は43kg。 父親、弟の太郎も同様にタマネギ頭である。 かなりの毒舌家で、結構嫌な性格。 お笑いが好きで、ラジオのギャグ投稿コーナーにハガキを出したことも。 ペンネームは「キンタマネギ男(お)」。 「キジフ・ゲルーシ」と言うハガキ職人に憧れている(正体は藤木)。 投稿したハガキが宛先間違いで戻ってきたところを母親に読まれてしまい、その内容とペンネームで泣かれた事がある。 藤木・小杉とは友人ではあるが二人を見下しており、ことあるごとに貶めている。 小学3年生の頃に自分の家が火事になり、火がトラウマになっていたが、よその家が火事になろうが冷静でいられることに気付き克服している。 城ヶ崎姫子に好かれているが気付いておらず、むしろ姫子のことは好きではないらしい。 修学旅行以来、野口のことが気になっている。 最終話(第18話)で志望校に落ちてしまい、今まで自分があざ笑っていた連中(倉田、川口、ゲヘ、カツヤン)ばかりと一緒になる第二志望の高校に行くことになる。 仲の良かった藤木や小杉とは違う高校に行くことになり、卒業式で藤木・小杉から「学校が変わっても友達だ」との励ましを受けるが、彼らの内心を察して嫌味で返答する。 本作での詰襟姿が、未来の永沢としてアニメ『ちびまる子ちゃん』に逆輸入されたこともある。 藤木 茂 永沢とは小学3年生の頃から仲良し。 基本的にいい奴な反面、卑怯な性格。 本人は「卑怯者はスパイになれる」と言って開き直っている。 英語で3点 をとるなど学業は不得意な反面、ユーモアセンスに富んでいてかなり永沢も憧れるほどのでもある。 ペンネームは本名をもじった「キジフ・ゲルーシ」。 当初永沢は正体が藤木であることを知らなかったが、それを知った時は「たかが藤木君のギャグで笑った自分が憎い」と強いショックを受けていた。 小学生時代から笹山かず子 が好きだったが、修学旅行以来一緒の班だった堀こずえが気になっている。 また、バレンタインデーには「K・H」と名乗る人物からチョコレートを貰っている。 最終話では小杉(と城ヶ崎)とは同じ高校に行くことになるが、永沢は落ちたため卒業後は離れることになる。 内心では永沢に愛想を尽かしていた節があり、小杉に永沢の長所を挙げることが出来ず、永沢と高校が離れた時には安堵の表情を浮かべていた。 花輪君(花輪 和彦) お金持ちの家の息子。 英語のテストでは100点を取っており、成績優秀。 相変わらずヒデじいが送り迎えをしている。 堀こずえに好意を持っている。 ヒデじい 第12話に登場。 放課後に花輪のゲタ箱の中のチョコレートの山を持って帰ってくれと頼まれる。 ラストで永沢のゲタ箱にチョコレートを入れた相手だと彼に勘違いされる(本当は城ヶ崎姫子)。 冬田さん(冬田 美鈴) 本作では1コマ(第10話)しか登場していない。 太郎 第1話・第13話に登場。 永沢の弟。 家が火事のときはまだ赤ん坊だったが、本作では成長して口が達者になっている。 兄と同じくタマネギ頭が特徴的で、兄よりは純真な性格らしい。 永沢の母 第1話から登場。 口うるさい所があるが、息子の成長を感じて「さびしいもんだねぇ」と涙を流す感傷的な一面も見せる。 永沢の父 第1話しか登場していない。 タマネギ頭。 回想シーンのみ [ ] 第8話の火事の記憶の回想シーン(2コマ)のみに登場した人物。 まる子(さくら ももこ) 『ちびまる子ちゃん』の主人公だが、本作では回想シーンしか登場していない。 家が火事になった永沢を励ました。 第2話に、中学校時代のまる子に似た風貌 の女子が登場するが、彼女とは別人。 たまちゃん(穂波 たまえ) まる子とは仲良し。 家が火事になった永沢を励ました。 はまじ(浜崎 憲孝) 家が火事になった永沢を励ました。 本作で初出の登場人物 [ ] 以下の3人は後に『ちびまる子ちゃん』にも小学生キャラとして移入された。 小杉(小杉 太) 永沢・藤木と同じクラス。 小学生時代と同様の肥満体型で、体重は永沢の倍の86kg。 大らかで性格は良いが、愚鈍。 永沢とは小学3年生のときから同じクラスにいたことになっているが、仲良くなったのは中学の頃からである。 永沢・藤木とは友人だが永沢の思いやりのなさに辟易している。 一度もてたいためにやせようとしたことがあるが結局はやせていない。 永沢と高校が離れた際には、藤木と同様に安堵の笑顔を浮かべていた。 食いしん坊で厚かましいという『ちびまる子ちゃん』において特徴的な性格設定は、本作では描写されていない。 また、初登場時は眉毛が太かった。 城ヶ崎 姫子 第10話から登場。 成績優秀で何でもこなせる美少女。 ハンサムな父とすてきな母から生まれたお嬢様。 学校のマドンナ的存在であり、2枚目の男子生徒とは仲良さげに話してはいるものの、実際は永沢に好意を寄せている。 小汚い男に汚されたい願望を持つ、いわゆる。 永沢の前では気の強い女を演じているが、心の奥底では自分と永沢を、愛読する官能小説 の登場人物に見立て、永沢に汚されることを妄想している。 その一方でゲヘの事を非常に嫌悪しており、永沢の友人である藤木や小杉の事も好きにはなれないという。 修学旅行では、永沢と野口が関係を持ったのでは、との疑念から何度も昏倒するなど、意外な精神的脆さも見せた。 永沢への妄執は常軌を逸しており、県でもトップレベルの進学校に行けたのに、永沢の第1志望校を受験するという行為にまで及んでいる。 しかし、当の永沢からは相手にされておらず、永沢は第一志望校を落ちて自分は受かったため、同じ高校には通えなかった。 『ちびまる子ちゃん』本編においては永沢と対立関係にある気の強い女子として登場しているが、その裏で永沢に対しての歪んだ好意を覗かせている。 また、藤木に対して笹山共々思いやりを見せたり、嫌いな給食を食べてくれる小杉にチョコレートを渡すなど、藤木や小杉を特に嫌悪している様子はない。 野口(野口 笑子) 第15話から登場。 根っからの暗い性格な反面、かなりのお笑い好き。 成績はかなり良く、大抵の事はそつなくこなす。 英語が堪能。 まる子との仲が続いていることになっている。 修学旅行以来、平井のことが気になっている。 初登場(8月)のときは、クラスの暗い女子でお笑い好きということは語られていなかった。 『ちびまる子ちゃん』初登場(1994年11月)の時、まる子が野口はお笑い好きなのではということに気づくが、同時期のこの作品でも永沢が気づく。 ラジオが好きという設定は『ちびまる子ちゃん』と共通であり、修学旅行にもラジオを持ってきて、関西のローカルのラジオを聴いていた。 お笑い好きという共通点からか、最終的に永沢にとって気になる存在になる。 『永沢君』のみの登場人物 [ ] 堀 こずえ 永沢も認めるほどの清楚な美人。 野口を「のぐちん」とあだ名で呼ぶほど仲が良い。 花輪のことが好きだが修学旅行以来、藤木のことが気になっている。 平井 やすあき 第3話から登場。 シンナーやタバコ、万引きや飲酒も平気でしていて、にも入隊しているが、永沢が憧れる本物の不良である。 かなり短気で喧嘩っ早く、気に入らない相手に対しては理非を問わず容赦しないが、高齢者の手を引き横断歩道を渡るという優しい一面もある。 また、藤木がラジオ番組に投稿する予定のギャグを聞いて笑い、素直に褒めた事もある。 実は堀こずえが好き。 別作品の『』では一話だけ登場。 アニメ版にも登場している(声 - )。 卒業後、高校進学せず飲食店に就職した。 倉田 一人前にをかけているが、先生に眼鏡はゴミ箱に捨てろと言われるほど頭が悪く暗記も苦手。 小杉よりも何十倍も愚鈍。 性格も悪い。 川口 倉田とは仲良し。 倉田に負けないほど頭と性格が悪い。 ゲヘ いつも「ゲヘゲヘ」と笑うスケベな男。 城ヶ崎のことが好きだが、彼女からは見下されて嫌われている。 カツヤンとは仲良し。 下品というだけで倉田や川口ほど性悪ではなく、照れ屋の一面もある。 カツヤン ゲヘと仲が良い。 成績は悪いが勘が鋭く、親切で人当りが良い。 単行本には書き下ろし作品『ゲヘとカツヤン』が掲載されていた。 さくらももこは本作の特集ページ内で、「ゲヘか倉田かカツヤンの中で誰かと結婚しろと言われたら、迷うがカツヤンがいい」と語っている。 平岡くさよ 作中で存在が語られる女子生徒。 吹き出しに1コマだけ登場しており、不美人な容貌をしている。 永沢は藤木にバレンタインデーチョコを送った「K・H」は彼女ではないかと確信しており、小杉もその意見に同意したため、藤木は全く羨まれなかった。 サッちゃん 第13話に登場。 永沢のいとこで、同い年の女子。 永沢とは別の中学校に通う。 テニス部の主将で、色黒の肌(日焼けのため)に短髪、眼鏡の姿をしている。 父親(永沢から見ると叔父)と5年ぶりに永沢家を訪ねたが、予想と全く違う容姿の変貌ぶりに 、永沢親子はショックを受けた。 書誌情報 [ ] 小学館発売分 [ ]• 『永沢君』 小学館〈スピリッツボンバーコミックス〉、単巻 1995年5月1日発売、• 当時、ボンバーコミックス版が入手困難との苦情が多数寄せられており、それに応えたものと作者は説明している。 2013年4月30日には、電子書籍版も配信が開始された。 さくらももこ『てんこ盛り!! 永沢君』 小学館〈スピリッツボンバーコミックス〉、単巻 2013年5月30日発売、 集英社発売分 [ ]• さくらももこ『永沢君、推し!! - 23時53分 - 23時58分()の5分枠・全101回で放送。 同局で放送された『』グッズが小道具として紛れている時がある。 キャスト [ ]• 永沢君 - (アニメパートはアニメ版『』同様が吹き替えている)• 藤木君 - ()• 小杉君 - ()• 花輪クン -• 野口さん - ()• 城ヶ崎姫子 -• 平井君 - ()• ニセ永沢君(森永君) -• ゲヘ -• カツヤン - ()• 屋形じんぺい -• 松島夢子 -• 担任の先生 - スタッフ [ ]• 原作 -• プロデューサー - 、中沢晋、前田菜穂• 監督・脚本 - 、瀧悠輔、• 脚本 - さくらももこ、、• 監督 - 、、二宮崇 月曜 - 木曜23:53 - 23:58枠 前番組 番組名 次番組 番組ナビ 脚注 [ ] []• 理由は「もう少し美人がいいんだ」。 アニメ『ちびまる子ちゃん』「ある日の太郎」の巻(2020年1月19日放送)• 最初は教師の採点ミスで1点だった。 本作では、会話で名前が挙がるのみで出番はない。 漫画版『ひとりずもう』第3・4回より。 その小説の内容はお金持ちの夫人が性格は暗く不器量で、家が火事になったことにより借金まみれになっている使用人に体を汚される。 というもの。 永沢は、小学校時代の姿(おかっぱで、眼鏡はかけていない)を基本に、美人に成長していると予想していた。 集英社文庫『ももこのよりぬき絵日記2』70 - 72頁。 2020年6月23日閲覧。 実際の放送開始時刻は23時54分。 毎週火曜日は裏番組の『』に出演しているため、OPの映像には目に棒線が入っていて本編には登場しない。 『』()でも大人になった野口さんを演じていた。 不定期火曜日に登場。 この状態は藤木にしか見えず他の人には普段の永沢として見えている。 第39話では森永君として本物の永沢と会話した。 公式サイトには掲載無し。 一部番組表では『』に内包扱い。 外部リンク [ ]•

次の

永沢君とは (ナガサワクンとは) [単語記事]

永沢 くん

頭は悪いがへりくつを言わせたら天下一品 、藤木君 永沢君と一応一番仲の良い同級生。 お人好しだがちょっと卑怯者 、小杉君 永沢君と一応仲が良い同級生。 花輪君が口にしていた「ブートレッグ」という言葉はおろか、その日本語「海賊盤」の意味さえ分からない。 もちろん、いちおう親友の藤木君も知らない。 「ボクたちは言葉を知らなすぎる」と危惧したふたりは、さっそく勉強のため図書館に行き、本を借りることにする。 永沢君が選んだのは『若きウェルテルの悩み』、藤木君は『車輪の下』だ。 しかし、案の定すぐにふたりは読書にあきてしまうが、ふと永沢君は視線を感じる。 前の机に座っているかわいい女の子が、自分を見ている!? そこで永沢君は藤木君だけを帰し、ひとり図書館に残るのだが… 第1話。 とても笑えるので是非読んで欲しいです! 地味な見た目で、成績は中の下、これといった特技のない永沢君は、すぐに裏切る、友達を小馬鹿にする、他人の失敗に追い打ちをかける、言い方にトゲがある等のクズな言動を繰り返し、ついには友人に「良いところが一つもない」と酷評される男です。 そんな永沢君をあえて主人公に据えて、一流のエンターテイメント漫画を描けるのは、さくらももこさんだけでしょう。 永沢君のクズ発言は、実はかなり共感出来るのです。 人気者に憧れたり妬んだり、コンプレックスを気にしたり、好きな子にやきもきしたり。 かつて中学生だった人ならば、誰しも経験したことでしょう。 しかし、多くの人ならば胸にそっと潜ませる言葉や感情を、何故かことごとく声に出してしまう永沢君。 その清々しいほどのクズぶりは滑稽で、そして愛おしい。 脇を固める登場人物も、身近にいそうな人ばかりで、どこまでも人間臭くて親しみやすく面白いです。 さくらももこさんのちょっと意地悪で、でも茶目っ気たっぷりの観察力と表現力には脱帽です。 素晴らしい漫画家さんでした。

次の

永沢君の人間関係に悩んだときに思い出したい名言 さくらももこ

永沢 くん

- 2019年 6月月23日午後1時23分PDT 彼の名前は、 永沢君男(ながさわ きみお)です。 まる子やたまちゃんなどクラスメイトからは「永沢くん」と呼ばれています。 自他共に認めるタマネギのような頭であり、先が尖って徐々に顔に丸みが帯びていく特徴的な顔立ちをしています。 アニメでは1990年放送の1期から登場しており、現在はレギュラー的な存在ですが、意外なことに原作漫画での初登場は6巻(全17巻)と少し遅めです。 ちょっと陰湿で批判的な性格ではありますが、ヒール系の子供としてはなかなか味のあるキャラクターであり、一定の人気を誇ります。 ビッグコミックスピリッツでは、中学生になった永沢くんが主人公のスピンオフコミック「永沢君」が連載されたほどです。 永沢くん単体での単行本・コミックス(4コマ)も発売されています。 永沢くんのプロフィールまとめ 続いて、永沢くんのプロフィールや特徴について詳しく記載していきます。 先ほど記載した通り、タマネギの形を頭が特徴的で容姿だけですぐに判断することができますね。 性格は物語の中で徐々に変化をしていますが、現在は、 ・暗い ・批判的(嫌みをいうことが多い) ・ズル賢い という、明るいキャラクターが多い作品の中では珍しい存在です。 また、鋭い嫌みをいう一方で、胃腸が弱いという面もあり、胃腸ネタはしばしば作中でも披露されています。 作品当初はまる子も「永沢くん」と読んでいましたが、性格を知り得たこともあり「永沢」と呼び捨てとなっています。 クラスメイトでは、同じ暗い性格のキャラクターで藤木茂くんと仲が良いです。 しかし、永沢くんはそれを表向きは認めようとせず、普段から藤木くんに対して「卑怯者」と呼ぶなど、割と攻撃的な姿勢をみせています。 永沢くんは作中では異質な存在ではあり、小学3年生ということ考えるとかなり大人びており、非常に人気キャラクターの1人です。 永沢くんは家が火事になった? 永沢くんは過去に火事で家を失ってしまったエピソードがあります。 小学3年生になる前の春休み、隣の家から飛びしたことで家に火がついてしまいます。 隣の家の男性がたばこを吸っている最中に居眠りをしたことで自宅内部に引火し、たまたま窓も開けていたことで隣の永沢家にも飛びしました。 火事では火元の家、永沢家ともう1つ隣の合計3軒が全焼する被害となりました。 家がなくなったあとは父は田舎の実家から借金をし、母は心労で倒れてしまいます。 幸いなことに近くに親戚が豪邸を持っており、そこに居候をする形で自宅が完成するまでの8ヶ月間はお邪魔することができました。 全焼したことで永沢家は新築されて立派な自宅になっています。 火事で自宅が全焼したことは永沢くんにとってトラウマとなり、「火」を見るたびに動揺したり、気持ちが沈んだりするシーンも少なくありません。 一方、学校の避難訓練には真剣に取り組みふざけるクラスメイトに注意し、火事の出来事を子供達に対して紙芝居で伝えるなど、自身の被害から周囲へきちんとした働いかけもしています。 漫画「永沢君」では、「燃えているのが自分の家でなければ結構冷静でいられる」と経験者ならではのセリフも言っており、これはそのまんまアニメでも使用されています。 永沢くんの帽子が特注で小さい? 永沢くんの頭を見れば明らかですが、非常に変わった形の頭をしており、顔の大きさに比べて頭の頂点が極端に小さいです。 これ帽子の意味ある?一人だけ存在感でかいもん。 — 鶴竹良太 Hur1ey0615 帽子をかぶる意味はあるのかと突っ込みたくなりますが、帽子も頭の形に合わせて非常に小さくつくられています。 帽子のサイズについては物語で特段、言及はされていませんが、形や大きさが明らかに小さく小学1年生でもかぶれないことから、特注品であると思われます。 ここまで小さいと被っている意味を考えてしまいますが、律儀に校則を守るあたりが小学校3年生らしいですね。 きちんと再現できるあたり、現代ドラマの技術の凄さを感じますね。 永沢くんは容姿も性格も非常に個性がありますが、なぜか気になってしまう味のある存在ですね。 以上となります。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

次の