ハンバーグ コーヒー ゼリー。 ゼラチン派?アガー派?本当においしいコーヒーゼリーレシピ

ジューシーなハンバーグを作る方法(コーヒーゼリー・お麩・小麦粉・氷)【イカさまタコさま11月1日】

ハンバーグ コーヒー ゼリー

10月1日はコーヒーの日 10月1日は「コーヒーの日」というのをご存知でしょうか。 国際的にコーヒーの新年度が始まるのが10月で、この日がコーヒーの年度始めとなることが由来なのだそうです。 コーヒーを使ったスイーツの定番といえば、なんといってもコーヒーゼリーですよね。 今回はゼラチンとアガーを使った、2種類のコーヒーゼリーの作り方をご紹介します。 ドリップ用のコーヒー粉を使う方法で説明していますが、インスタントコーヒーで作りたい場合についてもご紹介していますので、きっとお好みが見つかりますよ。 ゼリーに使うコーヒーを選ぶポイント ドリップ用のコーヒー粉は、深煎りのものを選びましょう。 他の材料と混ざると味が薄まるので、深煎りのコーヒー粉を飲むときよりも苦めに抽出することでバランスがとれます。 また、浅煎りや中煎りのものだと味が出にくいうえ、無理に濃く抽出しようとすると雑味やえぐみが出てしまいますし、酸味も強く感じられることがあります。 挽いてからあまり時間が経っていない新鮮なコーヒー粉を使うということも、おいしいゼリーを作るポイントです。 インスタントコーヒーを使う場合は、濃さの調整も簡単ですし、あまり難しく考えずにお好みのものでOK。 こちらも開封して時間が経てば酸化しますので、新鮮なものをおすすめします。 とはいえ、コーヒーには本来やや酸味があるもの。 クリームをかけたりバニラアイスと一緒に食べたりすると、酸味は軽減されます。 生クリームはコーヒーゼリーのベストパートナーではないでしょうか。 そのままかけてもおいしいですし、泡立てて添えたい場合は、砂糖などで甘みをつけるのがおすすめです。 生クリームでまろやかになりますよ。 ゼラチンを使ったコーヒーゼリーの作り方 材料 出来上がり量 約300g 2~3人分• コーヒー粉 深煎り・中挽き …25g• 水 ドリップ用 …約300g• 粉ゼラチン…5g• 水 ゼラチン用 …30g• グラニュー糖…40g 作り方• ゼラチン用の水に粉ゼラチンを振り入れて、10分間程度ふやかす。 *「粉ゼラチンに水を入れる」と、全体に水分が行き渡らず、うまくふやけません。 粉ゼラチンはふやけていないときれいに溶けないので、必ず「水に粉ゼラチンを振り入れ」ましょう。 水を沸かしてコーヒー粉をドリップし、250~270g程度のコーヒーを抽出したら、グラニュー糖を加えて溶かす。 *インスタントコーヒーを使用する場合は、250gの熱湯に大さじ1程度のインスタントコーヒーを溶き、グラニュー糖を加えてよく混ぜて溶かします。 1を500Wのレンジに30秒間ほどかけてなめらかに溶かし、2に混ぜて、器に注ぎ分ける。 冷蔵庫で3時間ほど冷やし固めて、出来上がり。 ゼラチンは時間が経つほどにしっかりした食感になります。 出来上がったら当日中に食べるのがおすすめです。 アガーを使ったコーヒーゼリーの作り方 材料 出来上がり量 約300g 2~3人分• コーヒー粉 深煎り・中挽き …30g• 水…約350g• アガー…5g• グラニュー糖…35g 作り方• 小さな容器で、アガーとグラニュー糖を混ぜる。 *アガーは砂糖と先に混ぜておかないと、ダマになりやすく溶けにくくなります。 水を沸かしてコーヒー粉をドリップし、270g程度の濃いコーヒーを抽出したら小鍋に移して、1を振り入れる。 *インスタントコーヒーを使用する場合は、270gの水を小鍋に入れ、大さじ1程度のインスタントコーヒーと1を振り入れます。 混ぜながら中火にかけ、沸騰したら火を弱める。 30秒~1分間程度、ふつふつと鍋の縁が煮立つくらいの火加減を保ち、アガーを完全に煮溶かす。 器に注ぎ分け、粗熱が取れたら冷蔵庫で1~2時間冷やし固める。 例えば、コーヒーゼリーを少し崩しながらグラスに入れて、缶詰のゆであずき・白玉団子・市販のバニラアイスをトッピングすれば簡単なパフェ風デザートの出来上がり。 あんことコーヒーは、相性が良いんですよ。 今の時期なら、かぼちゃクリームをトッピングすれば、秋にぴったりなモンブランパフェが出来上がります。 かぼちゃクリームの作り方 材料 約100~120g分• かぼちゃ…正味90g 加熱したもの• グラニュー糖…20g• 生クリーム…20g• ラム酒…5cc• バニラエッセンス…2~3振り 作り方• かぼちゃを3~4cm角に切り、蒸したりゆでたりして串がすっと通るまで加熱する。 粗熱が取れたら、皮を除いた状態で90g準備する。 *品種などにより、べちゃっとしていて水分が多い場合は、焦げないよう絶えず木べらで混ぜながら中弱火にかけて、もったりとするまで煮詰めたものを90g準備。 他の材料と共にフードプロセッサーに入れ、なめらかなペースト状になったら裏ごしする。 *かぼちゃに合わせて、牛乳や生クリームの量でやわらかさを調整してもOK。 絞り袋にモンブラン用 または星型 の口金をセットし、裏ごししたクリームを入れて絞り出す。

次の

「ハンバーグ,コーヒーゼリー」に関するQ&A

ハンバーグ コーヒー ゼリー

「神戸北野ホテル」山口浩流ジューシーハンバーグ レシピ(2人前) ジューシーハンバーグ材料(2人前)• 合びきミンチ…100g• レタス 粗みじん切り2~3mm …60g• タマネギ みじん切り …40g• コーヒーゼリー…20g• パン粉…25g• 卵…15g• 小麦粉 打ち粉 …適量• バター…30g• 塩…適量• コショウ…適量• パセリ…適量• ソース• ポン酢…60g• 大根おろし…60g• 水…60g• バター…適量 ジューシーハンバーグ 作り方• 合びきミンチの半量を、塩・コショウをして練る。 パン粉・卵・コーヒーゼリーを加えてよく混ぜる。 残りの合びきミンチに、タマネギ・レタスを加えて、軽く合わせる。 2と3の材料を混ぜ合わせる。 4をラグビーボール型に整形し、小麦粉をまぶし、フライパンにバターを入れ温め、片面を強火で焼き、焼き色を付ける。 裏返して1分ほど焼いたら、ポン酢・大根おろし・水を加えてフタをし3分ほど蒸し焼きにする。 ハンバーグを盛り付ける。 残ったソースにバターを加え、余熱で溶かす。 ハンバーグにソースをかけ、パセリを散らしできあがり MBS毎日放送「水野真紀の魔法のレストラン」番組データ MBS毎日放送「水野真紀の魔法のレストラン」毎週水曜日 よる7時放送。 レシピ」の放送内容に、山口浩シェフが伝授!ジューシー「スイーツハンバーグ」レシピが登場!今回の料理コーナーは、フレンチの巨匠「神戸北野ホテル・総料理長」山口浩シェフが伝授する定番おうちごはん「ハンバーグ」。 水野真紀の魔法のレストラン 公式サイト:.

次の

ハンバーグの隠し味は何がいい?プロの洋食店に負けない秘密。

ハンバーグ コーヒー ゼリー

まさにプロの味!?ハンバーグの驚きの隠し材料とは 子供から大人まで世代を超えて愛されている「ハンバーグ」。 でも家庭ではお店で食べるようなあの肉汁あふれるジューシーなハンバーグを作るのってうまく再現できないしボロボロになっちゃうことが多いですよね。 でもあるものを隠し材料として使うだけで簡単にプロが作るジューシーなハンバーグを作ることができます! その隠し材料とは…なんと 「コーヒーゼリー」なんです!異色の組み合わせすぎて「どんな味するんだろう」「本当に美味しくくなるの?」「コーヒーゼリーの味がしそう」と思う方のためにコーヒーゼリーを入れるとハンバーグはどのようになるのか、今回私が実際に作って検証してみました! 今回参考にさせて頂いたレシピはこちら。 種を作る まずは初めに玉ねぎの皮をむいてみじん切りにします。 みじん切りにした玉ねぎをフライパンで玉ねぎが半透明になってしなってくるまで炒め、お皿に取り出して少し熱を冷まします。 こんな感じです。 炒めることで玉ねぎは甘みが出てきます。 このひと手間もプロの味を再現するためには必要なひと手間ですよ! 次に、さきほどの牛豚合挽き肉、卵、パン粉、炒めた玉ねぎのみじん切り、そしてコーヒーゼリーをボウルに入れます。 ボウルの材料を手でしっかりとこねます。 目安としては コーヒーゼリーが見えなくなるまで、です。 見た目では全くコーヒーゼリー入れたかどうかわかりませんが、ほのかにコーヒーの香りがこの段階ではまだ香っていました。 4等分の印をつけて… ハンバーグの形にまとめます。 美味しく作るためにはこの工程がまず1つ目のポイントです!ふっくらジューシーに仕上げるために なるべく厚みがある丸い形にするのが良いということで、しっかりとハンバーグの種の空気を抜きながらいつもより厚くて丸い形にすることを心がけてください! 大きさは手のひらに収まるくらい。 1つ1つの分量も多いのでどーんとしたボリューム感がありました。

次の