ザグザグ 電子 マネー。 電子マネーのメリット・デメリットを解説【現金と何が違う?】

SuicaやWAONといった、プリペイド式の電子マネーまとめ(2019年版)!どの電子マネーを作るべきか、比較したい方におすすめです。

ザグザグ 電子 マネー

突然ですが、毎日のお買い物はどうされていますか? 生活をしている中で、スーパーやコンビニ、レストランにガソリンスタンド、電車にバスなど、お金を支払うタイミングはたくさんあります。 その際、恐らく現金で支払う方がまだまだ多いと思います。 しかしとある調査によると、この何年かで現金で支払う派とクレジットカードなどで支払う派の割合が、ほぼ同率になってきたとの結果も出ています。 キャッシュレス派が増える中で忘れてはいけないのが 電子マネーです。 その間、飛躍的に機能やサービスが向上していて、今後も電子マネーの利便性は上がる予想も出ています。 本サイト(電子マネー比較. com)では、電子マネーの基礎知識をはじめ、それぞれのライフスタイルに合った電子マネーの選び方、さらには電子マネーを毎日の生活に取り入れている方の声を集めたりと、電子マネーに関する事をたっぷりとご紹介します!• 電子マネー発行枚数ランキング2017 まずご紹介するランキングは、電子マネーが発行された枚数です。 発行された電子マネーの枚数が多い事は利用者が多い事の証明にもなりますので、電子マネーの人気を計る事にも有効です。 1位: 1億480万枚 2位: 6,600万枚 3位: 6,371万枚 楽天Edyの発行枚数に連動して、楽天会員IDの登録者数も1億IDを超えていますので、楽天Edyを使って楽天市場や楽天銀行などの楽天グループで買い物をしている方が増えている事が分かります。 電子マネー利用件数ランキング2017 続いてご紹介するランキングは、実際に電子マネーが使われている件数です。 利用件数が多い電子マネーは生活の中に使われている機会が多く、生活に馴染んでいる事が分かります。 1位: 2位: 3位: Suicaなどの交通系ICカードや、WAONやnanacoといった買い物系カードが上位にランクインされています。 nanacoはセブンイレブンやイトーヨーカドー、WAONはイオンなど発行元を中心にしてチャージして使う機会が多い事が挙げられます。 発行元で電子マネーを使う事で特別サービスを受けられるなどメリットも多いので、発行元の店舗が増える事でさらに利用件数が増える事が予想されます。 しかしながら、iPhoneが展開している決済方法の「applepay」が使えるSuicaや、使えるお店やサービスが豊富な事がポイントの楽天Edyも利用する件数が増える事も今後考えられますので、これらの動向からも目が離せません。 電子マネー使い勝手ランキング2017 続いてはのランキングは、筆者も含めた電子マネーの「使い勝手」をランキング形式でご紹介します。 ランキングの項目は使えるお店の数・チャージ方法などを採用しています。 1位: 2位: 3位: WAONは使えるお店は多いですが、スマートフォンなどとの連携に若干の不安を感じたのが3位の理由です。 2位の楽天Edyは、使えるお店が徐々に増えている事と、おサイフケータイ機能が付いていないiPhoneやiPadでも楽天Edyが使える機器の発売や、腕時計を使ったウェアラブル端末に楽天Edyが対応してきた事がランキングに入った理由です。 1位のSuicaに関しては、JRや地下鉄、私鉄やバスなど公共交通機関で使える機会が多い事を始め、コンビニエンスストアやスーパーなど、移動だけではない幅広く使える事、またapplepayとの連携でさらに便利になった点を評価しました。

次の

電子マネーはどれが一番おすすめ?自分に合った最強の電子マネーの選び方!

ザグザグ 電子 マネー

Contents• 結論からいうと 順位 ブランド 利用可能店舗数 1 楽天Edy 19 2 iD 16 2 QUICPay 16 4 WAON 12 5 nanaco 5 香川県内にある26店舗のお店を調べた結果、一番利用可能店舗数が多いのは 楽天Edy でした! ちなみに 電子マネーには、「プリペイド 前払い 」「ポストペイ 後払い 」があります。 特徴としては以下。 利用条件 プリペイドは、誰でも利用可能。 ポストペイは、基本的にクレジットカードが必要。 支払い プリペイドは、事前に入金。 チャージしている金額が利用上限。 クレジットカードとの組み合わせによっては、オートチャージも可能。 ポストペイは、クレジットカードの利用料金支払い時に引き落とし。 クレジットカードの利用限度額が利用上限。 ポイント プリペイドは、クレジットカードとの組み合わせによっては、チャージ時と利用時のポイント二重取りが可能なカードもある。 ポストペイは、支払金額に応じてクレジットカードのポイントが付く。 ブランド プリペイドは、楽天Edy、WAON、nanaco。 ポストペイは、iD、QUICPay。 利用可能店舗 日常生活でよく利用しそうなお店をメインに確認しました。 調べ方は、電子マネーのホームページ、店舗のホームページを確認しました。 2017年5月時点 実際の利用時は店舗に確認してください。 順位 ブランド 利用可能店舗数 1 楽天Edy 19 2 iD 16 2 QUICPay 16 4 WAON 12 5 nanaco 5 楽天Edy コンビニを全制覇、飲食店もほぼ制覇。 僕は、サブのクレジットカードとして楽天Edyが使える楽天カードを使ってます。 オートチャージや、スマホアプリを使えば、手元の現金は減らさずにチャージできます。 iDとQUICPay Edyに継ぐ利用可能店舗数があり、マルナカでも使えるので便利。 僕は、メインのクレジットカードとして、 iDとQUICPay両方が使える「Orico Card THE POINT」を使っています。 ポストペイなので、チャージ残高を気にせず使えて便利。

次の

電子マネーってなに?種類とそれぞれの特徴を比較解説!

ザグザグ 電子 マネー

そもそも電子マネーとは? 電子マネーとは、「電子データのやりとりで決済を行う決済サービス」の一種です。 現金をデジタル化しているため、オフラインで決済や支払いをするのではなく、すべて通信(オンライン)で完結するのが一番の特徴です。 (出典:) 電子マネーとクレジットカードの違いとは? 電子マネーとクレジットカードにはいくつか異なる点があります。 電子マネーは、スマホアプリやカードにチャージしたお金を使用する「プリペイド型」や、使用した金額を後払いする「ポストペイ型」など、さまざまなタイプがあります。 しかし、クレジットカードを使用する際は、一旦クレジットカード会社が代行して支払いを済ませ、ユーザーは後日にまとめて支払うので、電子マネーでいう「ポストペイ型」のみです。 また、電子マネーを利用するのに審査は必要ありませんが、クレジットカードを利用する場合は審査を受ける必要があるという点も異なっています。 つまり、 電子マネーは会員登録や身分確認を済ませるだけで誰でもすぐに利用できるので、クレジットカードよりも利用する難易度は低いです。 電子マネーの普及率は向上している 最近では、Suicaなどの交通系ICカードやPayPayといったQRコード決済サービスも普及率が向上しています。 総務省の家計消費状況調査によると、2019年4月〜6月における全国10,000世帯を対象に 電子マネーを持っている世帯員がいる割合は58. (出典:) すでに半数以上もの人が電子マネーを所有しており、今後さらに利用者も増えていきます。 それに伴い、使える店舗も増えていくことが予想されるため、日本のキャッシュレス化はますます進んでいくでしょう。 電子マネーの種類には主に4種類ある 電子マネーにはさまざまな種類があり、それぞれによって使える場所や使い方が異なり、おもに以下の4種類があります。 交通系:電車やバスなどで利用できる• 流通系:スーパーやコンビニなどで利用できる• クレジットカード系:電子マネーとクレカを連携させて利用する• QRコード決済系:スマホとクレカや銀行口座などと連携するだけでなく、現金チャージも可能 これらの電子マネーについて詳しく解説します。 交通系:電車やバスなどで利用できる 最も身近な電子マネーとして、SuicaやICOCAなどの交通系ICカードの電子マネーがあります。 交通系の電子マネーを使うと、電車やバスなどの乗り降りがスムーズになり、切符を買う手間もありません。 また、交通機関の決済だけでなく、自動販売機や売店でも利用できることが多いです。 流通系:スーパーやコンビニなどで利用できる 流通系の電子マネーは、スーパーやコンビニなど一般的な店舗で利用できます。 代表的な流通系の電子マネーとして、nanacoや楽天Edyが挙げられます。 流通系の電子マネーの特徴は、キャッシュレスでお買い物ができるだけでなく、ポイントが付与され、ポイントを貯めると加盟店舗での支払いに利用できる点です。 クレジットカード系:電子マネーとクレジットを連携させて利用する クレジットカード系の電子マネーは、クレジットカードを連携させて利用するもので、現金をチャージする必要がありません。 クレジットカード系の電子マネーで決済をすると、電子マネーと紐付いているクレジットカードが利用され、後日クレジットカード会社から請求される仕組みとなっています。 QRコード決済系:スマホとクレジットを連携させて利用する QRコード決済系の電子マネーは、 スマホアプリとクレジットカードを連携させて利用することができ、スマホだけで決済が完了します。 アプリで支出を管理できるので、お金の管理が非常に便利です。 またPayPayのように、個人間送金の機能があるサービスもあるので、割り勘するときにも活躍します。 電子マネーの支払い方法は3種類ある 電子マネーを利用する前に、あらかじめ電子マネーの支払い方法を知っておきましょう。 電子マネーの支払い方法は、以下の3種類があります。 プリペイド型:事前にチャージ• ポストペイ型:後払い• デビット型:決済直後に銀行から自動引き落とし これらの3つの方法について詳しく解説します。 プリペイド型:事前にチャージする方法 まずはじめに、プリペイド型の電子マネーがあります。 これは事前にアプリや電子カードに現金をチャージして、残高分だけ使用できるタイプで、SuicaやICOCAが代表的なプリペイド型の電子マネーです。 プリペイド型の電子マネーは、あらかじめチャージした分だけしか使えないので、使いすぎを防ぐことができます。 ただ、チャージできる金額はそれぞれの電子マネーで異なるので、利用する前にあらかじめ知っておくことが必要です。 ポストペイ型:後払い 次に、 ポストペイ型という支払い方法があり、クレジットカードと電子マネーを連携させて支払う方法です。 iD(アイディー)やQUICPay(クイックペイ)が代表的なポストペイ型の電子マネーとして挙げられます。 あらかじめチャージする必要がないので、「残高がなくて支払いができない」ということがありません。 その反面、自分がどれくらい利用しているのかを把握していないと、使いすぎてしまう可能性もあるので注意が必要です。 デビット型:決済直後に銀行から自動引き落とし デビット型の電子マネーは、電子マネーで決済すると決済直後に銀行から支払った分が自動で引き落とされる仕組みになっています。 そのためデビット型は、銀行にある分のお金だけを利用することができるので、クレジットカードのように使いすぎてしまう心配がありません。 消費者が電子マネーを利用するメリット 今や半数以上の人が電子マネーを利用していますが、消費者が電子マネーを利用するメリットは何でしょうか? 簡潔に述べると、消費者が電子マネーを利用するメリットは以下の3つです。 現金を持ち歩かなくてもよい• 電子マネーで決済するとポイントが貯まりやすい• スピーディーに決済ができる これらの3つのメリットについて詳しく解説します。 現金を持ち歩かなくてもよい まず、電子マネーを使うことで現金を持ち歩く必要がなくなります。 電子マネーを所持していれば、スマホやカードだけで決済ができるので、小銭やお札を持つ必要がなく、財布が軽くなります。 また現金がないときに、ATMへ行ってお金をおろす必要がないので非常に便利です。 加えて、現金を財布に入れて持ち歩いていると紛失する可能性がありますが、 QRコード決済系の電子マネーならスマホとアカウントさえあれば利用できるので、リスクが少ないです。 電子マネーで決済するとポイントが貯まりやすい 2つめに、電子マネーで決済するとポイントが貯まりやすいことが挙げられます。 たとえば、 QRコード決済サービスのPayPayで決済をすると、店舗によっては最大で1. 貯まったポイントは、支払い時に使用することができるので、ポイントを貯めておけばよりお得に買い物ができます。 スピーディーに決済ができる 3つめに、電子マネーを利用すればスピーディーに決済ができるようになります。 電子マネーは専用の機器にICカードをかざすだけで決済が完了するので、現金よりも早く決済が完了するのです。 実際に、JCBが決済速度を比較する実験を行い、以下のような結果が出ています。 店舗が電子マネー導入するメリット 電子マネーは消費者だけでなく、導入する店舗にも大きなメリットがあります。 店舗が電子マネーを利用するメリットは以下の2つです。 会計時間の短縮につながる• クレジットカードを持っていない層も集客できる では、これらの2つのメリットについて解説します。 会計時間の短縮につながる 店舗が電子マネーを導入すると、会計時間の短縮につながり顧客の回転率が向上します。 飲食店など、 顧客の回転率が売り上げに直結するお店では、現金よりも支払いが早い電子マネーを導入することで、売り上げの向上が期待できます。 また、現金で支払いをすると、お釣りの計算を間違えてしまうこともあるでしょう。 しかし、電子マネーを導入すればお釣りの誤算がなくなり、お金の管理にも役立ちます。 クレジットカードを持っていない層も集客できる 電子マネーは事前に審査が必要ないので、誰でも気軽に利用することができます。 そのためお店に導入しておけば、通勤や通学で普段から交通系の電子マネーを利用する人を集客でき、クレジットカードを持っていない人も気軽に足を運んでもらえます。 代表的な電子マネーの特徴について比較解説 これから電子マネーを利用してみようと思う人は、どの電子マネーがおすすめなのか、どんな特徴があるか気になる人も多いと思います。 そこで、代表的な電子マネーを7つご紹介し、それぞれの特徴について詳しく解説します。 日本で代表的な電子マネーは以下のとおりです。 Suica(スイカ) 交通系の電子マネーで日本No. 1の普及率 iD(アイディー) スマホやクレジットカードと連携可能 nanaco(ナナコ) セブンイレブンなどを中心に利用できる流通系の電子マネー 楽天Edy(エディ) 楽天ポイントと連携するプリペイド型の電子マネー WAON(ワオン) イオンが発行するカード式のプリペイド型電子マネー QUICPay(クイックペイ) JCBが運営するチャージ不要の電子マネー PayPay(ペイペイ) QR決済利用率No. 1のQRコード決済サービス Suica(スイカ):交通系の電子マネーで日本No. 1の普及率 まず、交通系の電子マネーで日本No. 1の普及率を誇るSuica(スイカ)があります。 Suicaは東日本旅客鉄道が発行しており、おもに関東圏の鉄道やバスなどの公共交通機関で利用できる、事前にカードにチャージして利用するプリペイド型の電子マネーです。 Suicaに対応しているお店では、買い物の支払いもできます。 また、 Suicaには、「Suica定期券」「My Suica(記名式)」「Suicaカード」の3種類があり、新幹線の予約などができる「モバイルSuica」もあります。 iD(アイディー):スマホやクレジットと連携可能 iD(アイディー)はNTTドコモが提供する電子マネーサービスで、スマホやカードを専用の機器にかざして支払いをします。 iDの特徴は「プリペイド型」「ポストペイ型」「デビット型」のすべての支払い方法に対応しており、自分のライフスタイルに合わせられる点です。 現在、全国96. 5万台以上の店舗やレストランで利用でき、ポイントも貯められるので現金支払いからiDに変えるとお得にお買い物ができます。 nanaco(ナナコ):セブン-イレブンを中心に利用できる流通系 nanaco(ナナコ)はセブン-イレブンを展開するセブン&アイ・ホールディングスが発行する電子マネーです。 nanacoには、「nanacoカード」とおサイフケータイでnanacoを利用する「nanacoモバイル」の2種類あります。 nanacoの特徴はかざすだけで決済ができるのはもちろんのこと、支払いごとにポイントが貯まる点です。 200円で1ポイント貯まり、1ポイント1円で電子マネーに交換することができます。 楽天Edy(エディ):楽天ポイントが貯まるプリペイド型の電子マネー 楽天Edy(エディ)は楽天が展開しており、事前にチャージすることで使えるプリペイド型の電子マネーです。 楽天Edy(エディ)の特徴は、Edy機能付き楽天カードからチャージするだけで利用ポイントを獲得できて、それで支払いをするとポイントの2重取りができるという点です。 年会費・入会金は無料で使えるお店も多く、ポイントも貯まりやすいので、電子マネーでポイントを貯めたい人にはおすすめです。 WAON(ワオン):イオンが発行するカード式のプリペイド型電子マネー WAON(ワオン)はイオングループが発行するカード式のプリペイド型電子マネーです。 WAONの特徴はイオングループの対象店舗で利用すると200円で2ポイントと、対象外店舗で利用する際の2倍のポイントが貯まる点です。 普段よくイオンモールなどで買い物をする人にはおすすめの電子マネーです。 PayPay(ペイペイ):QR決済利用率No. 1のQRコード決済サービス 最後にご紹介するのが、日本国内のQR決済利用率No. 1のQRコード決済サービスであるPayPay(ペイペイ)があります。 PayPayはスマホ一つで決済ができるサービスで、お店のQRコードを読み取るか、バーコードを提示するだけで簡単に決済が完了します。 PayPayの特徴は、決済だけでなくPayPayユーザー同士でお金の送金もできる点です。 そのため、飲食店でのお会計時に割り勘する際にも、財布を開く必要はなく、金額を入力して相手のバーコードを読み取るだけでスマートに送金ができます。 電子マネーを利用する際の注意点として、獲得したポイントが分散したり、管理が大変になることを避けるため、あまり多くの種類の電子マネーを持つのはおすすめしません。 そのため、まずは、• 使える場所が多い• 随時実施しているキャンペーンなどもあり、ポイントの還元率が高い• 支払い方法が多様である この3つの要素を兼ね備えたPayPayを利用するのがおすすめです。 PayPayが使える店舗は現在も拡大中で、スマホさえあれば誰でも無料で利用できるので、ぜひこの機会に利用してみてください。 ・「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。 ・Suicaは東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。 ・ICOCAは西日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。 ・nanacoは株式会社セブン・カードサービスの登録商標です。 ・楽天Edy (ラクテンエディ)は、楽天Edy株式会社の商標または登録商標です。 ・iDは株式会社NTTドコモの登録商標です。 ・QUICPayは株式会社ジェーシービーの登録商標です。 ・WAONはイオン株式会社の登録商標です。 ・「おサイフケータイ」は株式会社NTTドコモの登録商標です。 注意事項• ・お申込みの際に、加盟店審査がございます。 ・掲載内容は予告なく変更する場合があります。 あらかじめご了承ください。 ・決済システム利用料は、2021年9月30日まで無料です。 2020年4月1日以降新たに加盟店になる年商10億円以上の法人の場合は有料です。 詳細はまでお問い合わせください。 ・入金手数料はジャパンネット銀行の場合のみ永年無料です。 その他の場合は2020年6月30日まで無料、2020年7月以降は入金サイクルが当月末締め(月1回の入金)の場合は無料、累計決済金額1万円以上で都度入金とする場合は105円(税込)の手数料が発生します。 ・PayPayとの関係での消費者還元(2%、5%)対象店舗にてPayPayピックアップをご利用の場合、消費者還元(2%、5%)が適用にならない場合があります。 お客様へ誤案内の無いようご注意ください。

次の