幼児 タブレット教材 評判。 スマイルゼミ 幼児 口コミ|評判と感想は?

幼児教材RISUきっず算数タブレットを実際に使った口コミ評判とお試し体験

幼児 タブレット教材 評判

RISUきっず幼児算数タブレットを使ったレビュー まずは実際にRISUきっずを使った感想から。 紺のカバー付のタブレットは親が見ると渋くて良い感じ。 タブレットはASUSの10. 1型タブレット。 早速はじめてみます。 先取り学習ができる• キャラクターがうるさくない• チューターが応援してくれる• 算数に特化していて良い• メールで進捗連絡がある 先取り学習ができる RISUきっずは、小学1年生の前半部分を先取りして学習できるシステム。 ステージ1から12まであり、全てクリアすると1年生の前半の算数までができちゃうんです! しかもそれが終わると小学校用のRISU算数に移行できるので、 算数が好きなお子さんはドンドン先取りを、苦手なお子さんはじっくりマイペースに進めることができます。 テキストの場合、全員同じ月に同じ問題を同じ量するというのが一般的なのでこのシステムはかなり良いと思います。 キャラクターがうるさくない! 進研ゼミには「コラショ」というキャラクターがいるのですが、タブレットの電源をつけている間中ずーーーっと喋ってるんです。 この吹き出しをコラショが読み上げます。 反対に RISUは幼児教材でも特にキャラクターが出てくるわけではなく、ゆっくりお勉強をするという感じ。 icon-angle-double-right チューターが応援してくれる 進研ゼミのコラショ的なキャラクターがいない分、RISUではチューターと呼ばれる現役大学生のお兄さん、お姉さんが定期的に応援動画を送ってくれます。 急におじさんの動画が流れたら子どもたちもびっくりしますが、親しみやすさ、素朴さ全開の優しいお兄さん、お姉さんの応援で頑張れる子も。 私的には、花火っぽい背景や、棒読み具合にくすっとなったり、いつも同じチューターじゃないというのも子どもたちにとっては良いのかなと思います。 いや、背景気になりません?私めっちゃ気になるんですが... (笑) icon-angle-double-right 算数に特化していてる 数字や数の数え方など算数に特化している点は、算数が苦手なお子さんや逆に得意なお子さんにはとても良い教材だと思います。 通信教材の場合、科目に特化して、それだけの講座を受けるのが難しく5教科、3教科まとめて選ぶシステムが多い中 算数だけをとことん追求というのは面白いですよね。 特に小さいうちから数に触れておくことはとっても大事だと言われています。 めっちゃアピールされる.... この機能いる?と思ってしまいました。 若い先生達が1分程の動画で「次のステージも頑張って!」と応援してくれるので子どもが見る分には親近感があり嬉しいと思うかもしれませんし、他の人に応援されるので一緒に勉強している気になれるのはメリットかも? ただ、アピールがすごいです(笑) 算数しかない これはメリットでもあり、デメリットにもなります。 幼児教材は今までポピーとチャレンジしかしてきませんでしたが、どちらも国語+算数がありました。 幼児教材の場合は国語と言っても平仮名を勉強するのは年長の最後の方だったと記憶しているのでそこまで思う事はないかもしれませんが、算数だけでこのお値段か... というのは正直思ってしまいました(笑) 音声がゆっくりすぎる RISUには音声で読み上げてくれる機能があります。 この音声がとてもゆっくり!!! 幼稚園の先生が話す倍以上のゆっくりさです(笑) 良い風に言うと「聞こえやすい」のですが、小学生の先生は普通のスピードで話すので、もう少し早くても良いのかなという印象です。 RISU算数タブレットの口コミ評判 我が家と同じようにRISUを使った方の口コミをご紹介します。 良い口コミ まずは良い口コミから。 支払いは一括払いのみ• 途中解約しても返金なし 解約については公式サイトに記載されています。 ご契約期間満了での解約は、契約終了日の30日前までに弊社までご連絡ください。 また、 契約期間中の解約については、お申し込み頂きました月の月末で契約終了となり、翌月より適用されます。 解約手数料は発生致しません。 また、 残期間の基本料の払い戻しもございません。 入会金・教材費・タブレット代は無料 RISUきっずの入会時に• 入会金• 教材費• タブレット代 はかかりません。 年額払の29,760円のみでOKです。 解約後もタブレットの返却はしなくて良い 進研ゼミチャレンジの場合、半年以内に解約した場合タブレット代として14800円を支払わないといけないので、 タブレット教材の場合はどの教材も多少のデメリットがあります。 RISUの場合は先にタブレット代も含め一括で支払う形になります。 ただし、解約後にタブレットを返却する必要がなく、今まで解いた問題は復習用として使うこが出来る点は嬉しいですね。 icon-angle-double-right RISUきっず算数タブレットの特徴・学習法 通信の幼児教材でタブレット学習できるものってい実は少ないんです。 icon-angle-double-right 学習時間は週2回、1回15分~ うちの子供達がしている公文がそうなのですが(笑)毎日必ず宿題があります。 上の子は慣れてきたので普通にこなすのですが、下の子は「やりなさい!」と怒っても全然しない!! 毎日毎日100問近い問題を解くのは苦痛になるのは仕方ないとは思うのですが・・・やっぱり宿題ですしね。 RISUは公文と同じく先取り学習ですが• 学習時間は週2回• 1回15分~30分 と目安があります。 週2回を継続してすることで効果的な学習ができると考えられています。 これだと子どもの不安にもならないし良いですね! icon-angle-double-right RISUきっずの付属品 付属品は、ACアダプター、USBケーブル、タッチペン、取扱説明書になります。

次の

無料あり:幼児タブレット教材の選び方【四谷大塚年長テスト体験者おすすめ】|SIMPLE LIFE!

幼児 タブレット教材 評判

こんにちは!小幡和輝と申します。 全国100箇所で不登校の子どもたちに向けたイベントを開催していたり、「」などの教育系の書籍を出版したりしております。 幼児のお子さんを勉強させるきっかけとしてタブレット学習の教材を考えている親御さんもいるのではないでしょうか。 タブレットなら喜んで勉強してくれそうな反面、学習効果への疑問や悪影響はないのかという不安もでてきますよね。 タブレット学習はうまく活用すればにお子さんの知的好奇心を育むのに役立ちます。 しかし、使い方を間違えると視力低下してしまうなどのデメリットもあるのは確かです。 そこでこの記事では、幼児のお子さんのタブレット学習について解説します。 メリット・デメリット• 使用するときの注意点• 教材の選び方• おすすめ教材 以上の内容をわかりやすく解説しているので、タブレット学習を導入する前にぜひご覧ください。 幼児にタブレット学習を取り入れる5つのメリット 幼児のお子さんにタブレット学習を取り入れると、大きくわけて5つのメリットがあります。 楽しみながら学べる• 繰り返し勉強できる• 短時間で学習できる• 親がいなくても学習できる• 広い分野を学ぶきっかけになる ひとつずつ解説していきます。 【幼児向けタブレット学習のメリット1】 楽しみながら知識を得られる タブレット学習では、 ゲーム感覚で楽しみながら知識を身につけられます。 音や動きがあるので小さなお子さんでも興味を持ちやすく、遊びながら学力がつくのがメリットですね。 実際、文部科学省の調査でも、 タブレット端末を活用したほうがテストの成績が上がるという結果が出ています。 この調査では、2つのグループにわけ、タブレット端末を活用した授業と利用しなかった授業をそれぞれおこないました。 授業後にテストした結果、タブレットを活用したほうが成績がよいことがわかっています。 出典: このように、タブレット学習を導入すれば記憶を定着する効果も見込めます。 【幼児向けタブレット学習のメリット2】 繰り返し勉強できる 紙のドリルを使って勉強した場合、一回書き込んだら使えません。 しかし、 タブレット学習なら同じ内容を繰り返し学べます。 ひらがなのなぞり書きなどの教材は、何度も使えたほうがうれしいですよね。 また、1回目で理解が不十分だった内容は、 類題を解いて復習できるようになっているのもタブレット学習の強みです。 しっかり理解できるまで繰り返し勉強できるので、理解が定着していきます。 【幼児向けタブレット学習のメリット3】 短時間で学習できる 幼児向けのタブレット学習教材は、 短時間で勉強できるようになっています。 1回分の教材は15分ほど。 短めなので、途中で飽きてしまいません。 集中している間に終わる、やる気を継続しやすい仕組みを取り入れているものが多いです。 【幼児向けタブレット学習のメリット4】 親がいなくても学習できる 親御さんがつきっきりでなくても勉強できるのも利点です。 紙の教材を使うと、その都度採点してあげたり、わからないところを教えてあげたりしなければいけません。 タブレット教材の場合は丸付けなどは自動なので、お子さん1人でも勉強できます。 家事をすすめながらお子さんの様子を見ていればいいので、負担なく導入できますね。 【幼児向けタブレット学習のメリット5】 広い分野を学ぶきっかけになる タブレット学習の教材は、ひらがなや数字の勉強だけにとどまりません。 なかには英語が学べたり、プログラミングに触れられたりするものも。 専門のスクールに行かないと学べなかった分野も勉強できるのはタブレット学習ならではの強みといえます。 幼児にタブレット学習を取り入れる4つのデメリット ここまでタブレット学習は幼児に効果的なものだと紹介してきました。 しかし、知っておいたほうがいいデメリットもあります。 タブレット依存症のリスクがある• 視力低下の可能性がある• 書き取り能力が落ちる• コミュニケーションが不足する これらのデメリットも解説していきます。 【幼児向けタブレット学習のデメリット1】 タブレット依存症のリスクがある タブレットを使っているうちに、 依存症になるリスクがあります。 勉強していると思ったら、いつの間にかYouTubeやアプリで遊んでいたという失敗はよくあること。 幼児のお子さんは、想像以上に使い方を覚えるのが早いです。 一度ゲームなどの使い方を覚えてしまうと、勉強せずずっと遊んでしまう危険性があります。 おすすめは、 専用のタブレットを用意している教材を選ぶこと。 他のアプリをインストールできないので、勉強だけさせることが可能です。 【幼児向けタブレット学習のデメリット2】 視力低下の可能性がある タブレット学習をやりすぎると、視力が下がる可能性があります。 タブレットを同じ距離でずっと見続けることで、目のピントが合わせにくい状態になるからです。 視力低下を防ぐには、 適度に休憩をして遠くを見ることが大切です。 幼児専用の教材の中には 一定時間使ったら遊べなくなり、使いすぎを防止する機能を搭載しているものも。 このような教材ならば、視力低下を予防する効果が見込めます。 【幼児向けタブレット学習のデメリット3】 書き取り能力が落ちる タブレット学習では、タッチペンを使ってなぞり書きや文字の練習をします。 タッチペンには 筆圧がいらないため、いざ紙やペンを使ったときにすぐに疲れてしまうのもデメリットです。 実際に、タブレット学習を長く継続したあとに紙に文字を書かせると、疲れると言って嫌がるお子さんもいらっしゃいます。 タブレット学習を中心に行う場合でも、 定期的に紙に書く練習を組み合わせるとよいでしょう。 【幼児向けタブレット学習のデメリット4】 コミュニケーションが不足する タブレット学習では、 意識しないとコミュニケーションが不足します。 画面とのやり取りで、受動的な勉強方法になるからです。 紙のドリルを親御さんと一緒にやるときのような対話がありません。 教材の進みぐあいを親御さんも把握し、 お子さんに話しかけてあげることを意識するとよいですね。 1日の勉強が終わったら、内容についてはなしてみたり、続けたことを褒めてあげたりするのがおすすめです。 タブレット学習を幼児がおこなうときの3つの注意点 タブレット学習にはデメリットがあることも踏まえ、導入するときの3つの注意点を紹介します。 使用時間を決める• 明るいところで使う• 姿勢に気をつける これらを意識すれば、デメリットをカバーしながら使うことが可能です。 【タブレット学習時の注意点1】使用時間を決める タブレット学習をするときは、 使用時間に制限をつけましょう。 自動的に時間でロックがかかる教材を使えば安心です。 時間制限機能がないときは、親御さんで時間を測って声掛けしてあげることをおすすめします。 定期的に気にかけてあげることで、使いすぎや、気づいたらゲームをしていたというリスクを防げます。 【タブレット学習時の注意点2】明るいところで使う タブレット学習をする場合は、明るいところでおこないましょう。 視力低下を防ぐことができます。 部屋を明るくするほか、必要に応じてデスクライトを設置するのも対策になります。 【タブレット学習時の注意点3】姿勢に気をつける タブレット学習するときは、 お子さんの姿勢にも気を配ってあげてください。 姿勢が悪いとタブレットと目の距離が近くなり、近視の原因になります。 また、変な姿勢で文字を書く癖がつくと、紙と鉛筆を使ったときにうまくできない可能性もでてきます。 最初に正しい姿勢を身につけられるように、特に始めは一緒に見てあげるとよいでしょう。 幼児向けタブレット学習教材を選ぶ4つのポイント お子さんにタブレット学習を取り入れたい親御さんに向け、ここでは幼児向け教材を選ぶポイントを4つ紹介します。 対象年齢• 学べる内容• 制限機能があるか• 【幼児向けタブレット学習教材で見るべきポイント1】 対象年齢 はじめに見るべきポイントは 対象年齢です。 教材のなかには、年長さんのみ対応しているものもあります。 せっかく内容が良さそうなのに、お子さんの年齢に対応していなければ意味がありませんよね。 年齢に合わせたコースを選べるか、確認してください。 【幼児向けタブレット学習教材で見るべきポイント2】 学べる内容 教材により、学べる内容が変わります。 英語、数え方などさまざまな科目に対応しているものもあれば、教科を絞って深く学べるようにしているものも。 教材によって扱う分野は大きく変わるので、しっかり比較しましょう。 また、 教材の難易度もそれぞれ異なります。 このあと、おすすめの教材を紹介するので、ぜひお子さんにあったものを探してみてください。 【幼児向けタブレット学習教材で見るべきポイント3】 制限機能があるか タブレット教材は、 時間を制限してくれるものの方がよいです。 まだ時計が読めない幼児のお子さんにとって、自分でやめるタイミングを決めるのは難しいもの。 とはいえ、毎回親御さんが時間を測って管理するのは大変ですよね。 一定時間使ったら学習を終える教材を選んでおけば、親御さんが目を離していても問題ありません。 バタバタしているときでも安心して利用させられるように、時間制限がついているものを選んでおくと便利です。 【幼児向けタブレット学習教材で見るべきポイント4】 専用タブレットがあるか 幼児向けの教材を選ぶならば、 専用タブレットを提供しているものがよいです。 アプリで勝手に遊んでしまうのを防げるので、小さなお子さんにも安心して渡せます。 また、 専用タブレットを提供している会社は保証をつけている場合も。 お子さんが手荒に使って壊してしまっても、保証があれば安心ですね。 幼児向けタブレット学習教材おすすめ5選 それでは、幼児のお子さん向けにおすすめのタブレット学習教材を5つ紹介します。 スマイルゼミ• RISU きっず• チャレンジタッチ• ワンダーボックス• FreeTime Unlimited それぞれおすすめのポイントも説明するので、しっかり比較してみてください。 【幅広い分野が学べるおすすめNo. 1】スマイルゼミ 月額料金 3,600円 対象年齢 年中・年長 学べる科目 10分野(英語のオプションあり) 時間制限 あり 専用タブレット あり 9,980円 タブレット保証 あり スマイルゼミの幼児コースは、 学べる分野の多さが魅力です。 ひらがな、カタカナをはじめ、時計の読み方や英語まで学べます。 ペンの持ち方から教えてくれるので、 はじめてお勉強をするお子さんにもぴったりです。 一回の勉強が15分で終わるようになっていて、最長でも30分で制限がかかるのでやりすぎも防止できます。 毎月教材が届くため、どんどん先にすすめないのはデメリットですが、類題がたくさん用意してあるので飽きることはありません。 どの教材を使うか悩んだら、まずはスマイルゼミがおすすめです。 【算数に特化して伸ばしたいお子さん向け】RISU きっず 月額料金 2,480円 対象年齢 年中・年長 学べる科目 算数・思考力 時間制限 なし 専用タブレット あり 無料 タブレット保証 あり(破損時は5,980円のみ負担) 算数が得意なお子さんに育ってほしいという親御さんは、RISUきっずがおすすめです。 小学校1年生で習う内容を先取りしながら、論理的な思考力も育てていくことができます。 カリキュラムを進めていくことで、スペシャル問題に挑戦できるのも特長。 中学受験問題まで含まれているので、 将来私立に通わせたいと考えているご家庭におすすめです。 ただし、算数に特化しているため、 読み書きは別に学ばなければいけないのがデメリット。 他の勉強はすでにしていて、算数を強化したい方に向いています。 【入学直前のお子さんむけ】チャレンジタッチ 月額料金 3,680円 対象年齢 年長 学べる科目 国・数・英 時間制限 なし 専用タブレット あり 無料 タブレット保証 あり(サポート費1,860円) 小学校でスタートダッシュを切りたいと考える年長さんにおすすめなのが「チャレンジタッチ」。 年長さんの間に先行申込すれば、1年生の4月でもらえる教材を先に届けてもらえます。 算数・国語に加えて 英語の基礎も固められるので、授業についていけない不安がなくなりますね。 ただし、一度教材が届いたら 次送られてくるのは1年生の4月。 待っている間に飽きてしまう可能性もあるので、入学直前の時期に申し込むことをおすすめします。 【思考力や感性を育む】ワンダーボックス 月額料金 4,200円 対象年齢 4歳〜 学べる科目 感性・思考力を育てる教材 時間制限 あり 専用タブレット なし タブレット保証 なし ワンダーボックスは、 プログラミングやパズルなどを通して、感性や思考力を育てる教材です。 タブレット教材と実際に手を動かして遊べるキットで、思考の基盤となる力を身につけられます。 ただし タブレットは自分で用意しなければいけません。 時間制限は設定できるものの、アプリを終了したら自由に遊べてしまうので、しっかり管理して上げる必要があります。 【たくさんの教材を使いたい方向け】FreeTime Unlimited 月額料金 980円(タブレット購入で1年無料) 対象年齢 3歳〜 学べる科目 数千点のキッズコンテンツ 時間制限 あり 専用タブレット なし(推奨タブレットはあり) タブレット保証 なし FreeTime Unlimitedは Amazonが提供しているお子さん向けのサービスです。 月額980円払えば、 書籍や学習用のアプリなどさまざまなコンテンツが無料で使い放題。 ベネッセやディズニーもアプリを提供しており、良質なコンテンツが楽しめます。 デメリットは 体系的に学ぶことができないこと。 教材が多い分、お子さんにあったものを選ぶのは大変です。 さらに、一つの内容をマスターする前に他のアプリを始めて、しっかり身につかなくなるリスクはあります。 教材を吟味して選んであげられる親御さんならば、かなりお得なサービスです。 幼児のお子さんがはじめてタブレット学習するならば「スマイルゼミ」がおすすめ タブレット学習をはじめて取り入れるご家庭ならば、 スマイルゼミがピッタリです。 幼児向けの教材のなかでは最もバランス良く勉強できるようになっています。 英語を含む10の分野をバランス良く収録• 類題が多く繰り返し学習できる• 時間制限つきで安心• 遊んでしまわない専用タブレット• 破損時の保証付き と、 小さいお子さんにタブレットを利用させるときの不安にも、しっかり対策してある教材です。 どの教材がいいか悩んでいる方には、まずスマイルゼミをおすすめします。

次の

幼児向けタブレット学習・タブレット教材を比較|働くママプラス

幼児 タブレット教材 評判

幼児向けでおすすめのタブレット教材が知りたい人。 「幼児にタブレット教材は効果的なのだろうか。 小学校以降の学習に向けて、幼児のうちに学習習慣をつけたり中学受験も見据えて先取り学習したいので幼稚園児・保育園児にぴったりのタブレット教材の選び方を知りたいです。 」 こういった疑問にこたえます。 我が家には年少と年長の子がおり、幼児向けタブレット教材で毎日学習をしており、かけ算の一部も覚えています。 中学受験も考えており、先日四谷大塚の全国統一小学生テストの年長を受けてきたところ、論理・思考力の問題は満点でした。 こちらから特に声がけすることもなく、 毎日楽しく遊び感覚で学習しているだけで効果が出ています。 こういった体験からご紹介します。 対象年齢 4歳~ 教材 タブレット配信 これから学習を始めるという方や、まだ年中さんの場合はスマイルゼミがおすすめです。 顧客満足度NO1・最優秀賞受賞と定評があります。 かず・ことば・英語などと、身につけたい教材が全部ありバランス良く学べるので小学校の学習の土台になります。 なので、お子様の能力をどこまでも伸ばすことが出来ます。 さんすう特化型ですが、文章題もあり読解力も付くので総合的に力が付きます。 トップ大学生(東大生たちなど)からのフォローアップなどのサポートももらえるのも他社にはない特徴です。 小学校1年生の教材ですが、タブレット型なので無理なく学べます。 紙ベースの教材の通信教育で飛び級受講して「子供がやる気を出してくれない…」という場合でもタブレット教材なら楽しんで取り組んでくれます。 \年長さんの飛び級に。 また、Z会の小学校1年生コースあたりは進むペースもゆっくりなので、年長さんで飛び級という場合も無理なく取り組めると思います。 \中学受験を見据えた先取り学習!無料体験はこちら!/ タブレット教材を選ぶときの注意点 専用タブレットが必要なのか、手持ちのタブレットでOKかを確認する必要があります。 専用タブレットの場合、短期間で解約しにくいので注意です。 幼児にタブレット教材を与えるときの注意点 やりすぎ注意のため親がコントロールする必要があります。 幼児はまだ自分でコントロール出来ないため、親がコントロールしないと長時間し続けてしまう可能性があります。 今回ご紹介したタブレット教材は全てやりすぎ防止の機能が付いているので、安心して幼児にタブレット教材を渡せます。

次の