猫 柄。 トラ猫から黒い子猫も… 猫の柄はこう決まる! 動物学者が解説

麦わら猫ってどんな猫?見た目や柄の特徴と性格まとめ

猫 柄

<目次>• 猫の性格はどうやって決まる? 私は1頭の猫の中にはいくつもの『にゃん格(人格)』があるのではないかと考えています。 ベースの性質は生まれ持ったものですが、その後の環境や経験、相手、その場の状況によって様々な『にゃん格』が姿を表すのではないかと。 ここでいう性質は持って生まれた基本的な『にゃん格』で、性格はその後の環境や経験等によって付加された『にゃん格』とご理解ください。 もともと単独で狩りをする猫は縄張り意識が強く、同族の猫を含め人や他の動物と共生することがあまり得意ではありません。 しかし、自分に敵意を見せず、好意を示してくれ、自分の存在をそのまま受け入れてくれる相手であれば、猫側の受け入れ度もあがります。 子猫の時から一緒に成長すれば、他の動物とも仲良しになれます 幼猫の時には、攻撃されたり痛い目に遭わない限りほとんどの動物と仲良くでき、そのまま一緒に成長すれば仲良しの関係が続きますが、離ればなれになって成長すると、ほとんどは忘れてしまいます。 多くの犬は幼い時に分かれた親兄弟や、例えば3日だけ一緒に過ごした人のことを一生覚えています。 しかし、猫はそれぞれの記憶力によって違いがありますが、親兄弟や育ててくれた人と久しぶりに再会しても警戒して隠れてしまったり、攻撃したりと忘れてしまって、受け入れができなくなることが多いようです。 猫は相手を『個』として認識・区別ができる動物です。 それまで人と猫が1対1で暮らしていたところに新人猫が仲間入りしたり、結婚して同居人が増えたり、赤ちゃんが生まれたりと環境に変化が起きた時、猫は不安感から今までと違う『にゃん格』を見せるかも知れません。 この猫の多面性も猫の魅力のひとつでしょう。 猫の毛色から見る性格・性質 多面性を持った猫の性格を一言で表すのは非常に難しいですが、同じ毛色柄を持つ猫の本来の性質は、似通った部分が多いようです。 「でも、うちの子はキジ猫だけど、こんな性質じゃない」という猫もいるでしょう。 猫の毛色は、両親双方からひとつずつ毛の色の遺伝子をもらうことにより決定されます。 ですから、表面上はキジトラに見える猫が実は黒の遺伝子を持っていれば、キジトラだけど黒の性質が表れている可能性もあるのです。 こうして猫の性質はますます複雑になるのです。 ここでは、猫の毛色・柄が持っている可能性の高い、猫の基本的な性質についてご紹介します。 キジ猫(ブラウンタビー) 三毛猫(三色の毛をもつ日本猫) サビと同じく、ほとんどがメスで、猫らしい性質の子が多いです。 メス猫特有のワガママで気位が高く、警戒心が強い、気分屋、その時によって甘えたさんになったり、手のひら返しで人を避けたり。 人にはなれなれだけど、猫の好き嫌いははっきりしていて、相性が合わない猫は徹底的に追いつめる高ピーな子もいます。 非常に母性本能が強い子が多いですが、自分の子どもは命がけで守っても、よその猫の子には全く無関心・興味を示さないことも。 しかし、一度受け入れたら他の猫でも命がけで守る強さがあります。 洞察力に優れていて、にゃん格をたくさん持っている猫が多いようです。

次の

猫の毛色図鑑【柄,色,模様の写真】 [猫] All About

猫 柄

キジ猫、茶トラ、三毛に白猫…。 ネコ歴=年齢のワタクシ、今までいろんな「柄」の猫と暮らして来ました。 出会いは全て路地裏の軒先や自宅の庭。 しかし猫は過酷な環境の中で暮らしていながら、どちらかというといつも私には上から目線。 「お腹が空いたニャ!」 「そんなに猫が好きなら俺様の面倒を見るが良い」 と猫の方からグイグイとアピールして来るような……。 どの猫もそれぞれ毛柄は違いますが、だいたい性格は 「グータラでわがまま、そしてどことなく偉そう」 な感じ。 まぁ猫の性格ってこんなもんだよね。。。 と毎日世話を「させて」もらっていますが、『猫のプロ』に言わせると、 「猫の性格は毛柄によって似た傾向があるような気がする」 とのこと。 ななんですと!もしかして、毛柄によっては、飼い主を「尊敬」してくれる優しい性格の猫もいるのかも? 今回は猫歴40年の猫のプロ、保護猫活動などで何千匹もの猫と関わって来たMさんによる、『柄で判断する猫の性格』についてご紹介しましょう。 日本によくいる猫の毛柄はおよそ9種類。 それぞれの毛柄に共通する性格をご紹介しましょう。 しかし他の猫に対してはとても強気でプライドが高い猫が多い。 甘えん坊で飼い主によく話しかける傾向がある。 しかし内面は繊細でナーバスなこだわりがあることも。 ちょっと引っ込み思案でお客が来ると逃げる子も多い。 自分の美しさを自覚しているのかも。 他の猫には気が強く、孤立する傾向がある。 しかしこだわりが強い頑固な性格の猫も多いかも。 猫の柄の中で最も「猫らしい」オーソドックスな猫かも。 茶トラの猫は雄猫はやんちゃで活発な子が多い。 毎日刺激的な暮らしになるかも。 気が強い部分と気が弱い部分が混じり、ミステリアスな性格が多い。 それは毛柄も起因するかも知れませんが、よく言われるのが「猫の性格はオスとメスで違う」ということ。 私もこれは同意見です。 今までたくさんの猫と一緒に暮らしてきましたが、おおむねオス猫はやんちゃで甘えん坊。 よく食べ、よく遊びます。 そして現在の愛猫カイトもそうですが、オス猫は去勢をすると、性格がデレデレの甘えん坊になる猫が多かった気がします。 そしてメス猫はというと、しっかり者というか、ツンデレでやや神経質な傾向が。 ご飯やトイレなど、こだわりが強い猫が多かったような? オス猫はタタターッと遠くから走ってきて「遊んで遊んで~!」と飼い主にまとわり付くのに対し、メス猫は読んでいる新聞紙の上にどっかりと座るタイプ。 流し目で飼い主を見ながら、「アンタ、何してるの?えっ、遊びたい?それなら遊んであげてもいいけど~。 」とやや上から目線。 オス猫もメス猫もどちらも可愛さマックスですが、猫らしい猫、というとメス猫。 そして相棒と呼べる存在がオス猫。 というのが私の個人的意見です。 いかがですか。 柄で傾向があるという猫の性格。 我が家の愛猫カイトはキジトラのオス猫。 遊び上手で甘え上手という性格はまさにその通り。 あなたの愛猫には当てはまるでしょうか。 ちょっとチェックしてみてくださいね。

次の

「好きな猫の毛柄ランキング」を発表!第1位は、大人気のあの柄だった♡|ねこのきもちWEB MAGAZINE

猫 柄

<目次>• ディビジョン ディビジョン(DIVISION) カテゴリーの中には、それぞれ以下の8つのディビジョンがあります。 ソリッド・ディビジョン(Solid Division) ノン・アグーティ遺伝子を持った柄のない単色。 トータシェル・ディビジョン(Tortoiseshell Division) 略してトーティということが多い。 黒い毛(ユーメラニン色素)と赤い毛(フェオメラニン色素)、または、それぞれのダイリュート・カラーの2色が混ざったベッコウのような色柄。 和猫ではサビと呼ばれる。 ノン・アグーティ。 タビー模様の猫の顔に表れる特徴 3. タビー・ディビジョン(Tabby Division) アグーティ遺伝子を持つ。 縞模様として見えるタビー・パターンと縞と縞の間にあるティッキングになっているアグーティの部分からなる。 タビーには下記のような代表的なパターンがあるが、基本的にどのパターンにも額にM字のような模様、クレオパトラ・ライン(目尻から頬にかけて入っている縞)、顎(下唇の下)が白または淡いクリーム色になる。 ティックド・タビー(Ticked Tabbies)(アグーティ・タビーまたはアビシニアン・タビーともいう) 身体にはほとんどタビー・マーキングがなく、様々なカラーでティッキングされている。 マッカレル・タビー(Mackerel Tabby) 魚のサバのような縞模様のタビー。 クラッシック・タビー(Classic Tabby) 上から見ると肩に蝶が羽を広げたように見えるバタフライ・マーク、身体の横にブルズ・アイと呼ばれる洋弓の的のような模様がある。 マーブルド・タビー(Marbled Tabby) ベンガルにみられるタビー・パターン。 大理石のような柄。 スポッテッド・タビー(Spotted Tabby) 斑点型のタビー。 ソリッド・ディビジョン 2. トータシェル・ディビジョン 3. タビー・ディビジョン 4. シルバー/スモーク・ディビジョン 5. ソリッド with ホワイト・ディビジョン(Solid with White Division) ソリッドに白が入ったもの。 トーティ with ホワイト・ディビジョン(Tortie with White Division) トータシェルに白が入ったもの。 キャリコともいう。 和猫では三毛と呼ばれる。 タビー with ホワイト・ディビジョン(Tabby with White Division) タビーに白が入ったもの。 ソリッド with ホワイト・ディビジョン 6. トーティ with ホワイト・ディビジョン 7. タビー with ホワイト・ディビジョン 8. シルバー/スモーク with ホワイト・ディビジョン 毛色の遺伝用語• 優性遺伝 対立遺伝子を持つ両親から生まれた1代目の子猫に現れる形質遺伝子。 劣性遺伝 対立遺伝子を持つ両親から生まれた1代目の子猫に現れない形質遺伝。 例えばブルー・カラーは劣性遺伝なので、両親ともにブルー・カラーの遺伝子を持っていないとブルーの子猫は生まれない。 性染色体 猫38本の染色体の中の性を決定するものを性染色体という。 メスはXX、オスはXYと表される。 X染色体には、オレンジ(レッド)の遺伝子があり、伴性遺伝子である。 フェオメラニン レッドやクリームのもとになる色素。 伴性遺伝子。 ユーメラニン 黒を基調とした色素でブラック、チョコレート、シナモン、ブルー。 ライラック、フォーンの元になる色素。 アグーティ タビー・パターンを発現させる。 1本の毛をいくつかの色帯(バンド)に分ける遺伝子。 ノン・アグーティ イエロー・バンディング(黄色の色帯)の形成を不活性化する遺伝子で、毛色はソリッド(単色)になる。 ユーメラニンとのみ働くので、レッドには現れないため、レッド・ソリッドなどには縞模様が出る。 ルーファス・ポリジーン すべてのタビーが持っている。 色彩の乏しい黄色やオレンジを温かみのあるアプリコットやレッドに変えるポリジーン。 ポリジーン 数多く集まると表現型として現れる遺伝子のこと。 レックス遺伝子 ガード・ヘアがなく毛がウェーブしている。 コーニッシュ・レックス、デボン・レックス、セルカーク・レックスがこの遺伝子を持っている。 毛の用語• アンダー・コート 長いガード・ヘアの下にある短いウール状の毛で、オーン・ヘアとダウン・ヘアがある。 オーン・ヘアー 2種類のアンダー・コートのうちの粗い方、ダウン・ヘアとともに二次毛を形成する。 ダウン・ヘア アンダー・コートの中で短く柔らかく縮れた毛のこと。 綿毛ともいう。 ガード・ヘアー 上毛、一番外側の被毛を形成している長く粗い毛。 オーバー・コート、保護毛ともいう。 ダブル・コート 厚いアンダー・コートの上に長く厚いオーバー・コートがあり、オーン・ヘアはガード・ヘアと同じ長さ。 ロシアン・ブルーに代表されるコート。 ティッキング アグーティ遺伝子による1本の毛の中に現れる帯状の模様。 ティッピング 毛の先端だけに色が入ること。 ティッピングの入り方が一番少ないとチンチラ、増えていくとシェーデッド、スモークとなる。 毛色の用語• ダイリュート・カラー 基本色が薄められた色のこと。 ブラックはブルーに、レッドはクリームに、チョコレートはライラックに、シナモンはフォーンなどになる。 トービィ トーティ(赤と黒など)の2色で、黒の部分にタビー模様があるもの。 パッチド・タビーともいう。 リンクス・ポイント 鼻を中心とした頭部、耳、四肢、しっぽに色が濃く出るポイント。 カラーの部分にタビー・マーキングがある猫。 タビー・ポイントともいう。 ミテッド 前肢、後脚など限られた部分に白斑遺伝子によるホワイトが入っている。 バイ・カラー 頭部、背、尾に色が付き四肢や下腹は白。 顔がハチワレ(ブレーズ)になることが多い。 ハーレクイン バイ・カラーより白い部分が多く、バン・パターンより色の部分が多い。 バン ターキッシュ・バンに代表されるように身体はほとんど白で色がつくのは頭部としっぽだけ。 チンチラ 毛の先端部分だけに色素が出ていて、それ以外は白く。 ノン・アグーティ遺伝子。 シナモン ユーメラニン系の色素でできている毛の色で、シナモン・スティックに似た赤見のある茶色。 ルディ アビシニアンとソマリにみられるブラウン・アグーティ・タビーのこと。 毛の先端が一番濃くブラックかダーク・ブラウン、皮膚に近い部分はオレンジ・ブラウンで、1本の毛の中に2~3つのバンドでティッキングされている。 フォーン シナモンが希釈(ダイリュート)されたカラー。 ミルク・コーヒーのような優しい黄褐色。 セピア バーミーズ・カラーとも呼ばれ、シール・セピア(セーブル)、ブルー・セピア、チョコレート・セピア、シナモン・セピア、ライラック・セピア、フォーン・セピア、レッド・セピア、クリーム・セピアなどの色がある。 セーブル バーミーズのカラーの最も濃い色で、シール・セピアともいう。 ミンク トンキニーズにみられるカラーでセピアより薄く、ポインテッドのボディ・カラーより濃い。 ボディとポイントの色には明らかなコントラストが求められる。 シール(ナチュラル)・ミンク、チョコレート(シャンパン)・ミンク、シナモン・ミンク、ブルー・ミンク、ライラック(プラチナ)・ミンク、フォーン・ミンク、レッド・ミンク、クリーム・ミンクなど。 シャンパン トンキニーズのカラーのひとつで、ボディは黄褐色から温かみのあるミルク・チョコレート色、耳と鼻先はそれより濃いめの色になる。 ブリーディングの用語• ドメスティック・キャット イエネコのこと。 元々その国にいた土着の猫を表す意味でも使われる。 ナチュラル・ブリード 元々住み着いている地域で自然にタイプが固定・形成されてきた品種。 ノルウェイジャン・フォレスト・キャット、ターキッシュ・バン、サイベリアンなど。 アウトクロス 異なった品種を交配すること。 猫の顔部分の用語• ウィスカー・パット ヒゲが生えている部分。 マズル 顎、口、鼻を含む猫の口吻。 ストップ 前頭部とマズルの間の鼻筋にあるくぼみ。 ブレイク ストップより深く極端なくぼみ。 ブレイズ 和猫ではハチワレと呼ばれる鼻・口のまわりから額にかけて白が入っている部分。 ローマン・ノーズ バーマンに代表されるこぶやアーチ状に盛り上がっている鼻。 猫の体型タイプ• オリエンタル シャム猫に代表されるような、ほっそりとした円筒形の胴、頭は長めの三角形、四肢は細く、長いムチのようなしっぽ。 フォーリン アビシニアンに代表される長いボディと釣り合いの取れた長い脚、先細りの長いしっぽ。 セミ・フォーリン エジプシャン・マウに代表されるやや長めの胴で中くらいの骨格を持ち、しっぽは長すぎずやや先細り。 セミ・コビー アメリカン・ショートヘアーなどに代表されるペルシャほど詰まった体型でなく、胴、四肢、脚はやや長め。 コビー マンクス/キムリック、ペルシャなどに代表される骨格が太く胴が短く丸みのある足先、頭部も丸く大きめで、しっぽの先も丸め。 ロング&サブスタンシャル メインクーンやベンガルに代表される大型で筋肉質、重量感のある骨格、胴は長めでしっぽも比較的長め。 キャット・ショーに猫を出陳したり、ブリーディングをしていれば感覚的に理解している用語ですが、馴染みのない方にはイメージが伝わりにくいかも知れません。 わたしは1996年からTICAのジャッジを務めていますので、今回はTICAのカラーやパターンの分類に基づいて紹介しました。 ここに掲載した内容はすべて2010年3月現在のものです。

次の