とんかつ バッター 液。 【ヒルナンデス】とんかつの引き算レシピ。バッター液で簡単!15分で作れる引き算クッキング(2月7日)

衣がはがれない!とんかつの衣がはがれにくくする方法まとめ!コツは?

とんかつ バッター 液

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

とんかつ(豚)の衣がはがれない方法は?衣が剥がれる原因を回避!

とんかつ バッター 液

豚肉をパックのまま、キッチンバサミで3cm間隔で筋切りする。 そのまま塩コショウで下味つける。 バッター液を作る。 ポリ袋に卵と水を加えてよく混ぜる。 小麦粉を加えて、ダマがなくなるまで混ぜる。 バッター液の袋煮豚肉を入れて、全体にからめる。 豚肉が入っていたパックにパン粉を入れて、豚肉を入れて全体にまぶす。 170度の油に豚肉を入れ、表を2分、裏を1分15秒(合計3分15秒)揚げる。 揚がったらバットに移して油を切る。 食べやすく切って盛り付けたら完成です。 500wは1. 2倍、700wは0. 8倍の時間で対応して下さい。

次の

バッター液の「バッター」の意味とは?

とんかつ バッター 液

基本のバッター液の材料(基本の分量)• 小麦粉(大さじ4)• 卵(1個)• 水(小さじ2) バッター液の作り方• ボウルに小麦粉(大さじ4)、卵(1個)、水(大さじ2)を入れ、ダマが残らないよう全体をよく混ぜます。 ホットケーキミックスより、やや柔らかい状態になったら出来上がりです。 指を立てて手をホイッパーのようにして混ぜると、ダマになりにくく素早く混ざります。 トンカツなら約2枚、イカなら約2杯、エビなら約10尾分の分量です。 イカのように、水分の多い食材を揚げる場合は、水を少なめにすると、より油はねしにくくなります。 とんかつの材料(2人分)• 豚肉(2枚)・・1cm厚さのもの。 肉は、揚げる20分前には冷蔵庫から出し、常温に置きます• バッター液(基本の分量)• 生パン粉(たっぷり)• 油(素材全体がつかる量)・・油は、鍋底から2㎝程度の量にすると、素材全体がしっかりつかります。 油の量は、必ず鍋の深さの半分以下にしてください。 フライパンによっては、揚げ調理を推奨していない物があるので確認します。 とんかつの作り方• 豚肉(2枚)は、筋を切っておき、バッター液に浸した後、パン粉をしきつめたバットへ入れます。 たっぷりのパン粉を、肉の上に山盛りでのせ、手で全体を包むようにして、しっかりつけます。 衣が固まるまで10秒ほどは触らず、強火で加熱する。 油の温度の低下を防ぐため、一度に入れる量は、カツ同士が重ならない程度に とどめてください。 その後、油の中でカツをゆらゆら動かします。 ゆらゆら動かすことで、熱い油が全体にまわり、色むらなく、パン粉が立つように サクッと揚がります。 表面が色づいてきたらひっくり返し、もう片面もゆらゆら動かします。 全体がキツネ色になったら、油から出します加熱時間の目安は、厚さ1㎝の肉の場合、1分半~1分40秒程度です。 トンカツはバットに立てて置き、余熱で3~4分ほど蒸らします。 肉の厚さが1㎝以上のときは、余熱の時間を数分伸ばます。 感想 とんかつはパン粉をたっぷりとつけてもいつも落ちてしまい困っていましたが、これならしっかりとつけれますね。 早速作ってみます。

次の