耐水ペーパー。 耐水ペーパー モノタロウ 耐水ペーパー 【通販モノタロウ】

耐水ペーパー

耐水ペーパー

今から5か月程前に自分の車のヘッドライトを磨き、ワコーズのハードコート復元キットで表面のコーティングをしていました。 それから5か月経ち、ヘットライトレンズ表面に薄っすらと黄ばみが発生し、コーティングが剥がれたであろう跡も残っています。 そろそろ磨き直す時期がやってきました。 私はこれまで薄っすらと黄ばみが発生したときは、ホームセンターに売っている中で一番目の細かい2000番の耐水ペーパーからヘッドライトを磨き始めていました。 しかし、最近100均のセリアで耐水ペーパーとしては珍しい「5000番」のものを見つけたのです。 一般的なホームセンターには2000番までの耐水ペーパーしか置いていないと思うので珍しいものを発見してラッキーです。 ある程度綺麗なヘッドライトを磨くには2000番だと磨き傷が付きすぎるかなと思っていたので、5000番の耐水ペーパーの実力が如何ほどか試してみることにしました。 磨く前のヘッドライトの状態 写真だと分かりにくいですが、遠目で見ても磨いたばかりの透明感はありません。 若干青っぽく見えるのはこの車のヘッドライトの中のめっき部が水色?に着色されているからです。 全体的にコーティングは剥がれ、赤く囲った部分に中途半端にコーティングが残っていると思われます。 透明度が周りと違うので分かると思います。 コーティングが剥がれた部分は表面が劣化して少しくすんだように見えます。 真横から見ると良く分かりますが、レンズ表面は薄っすらと黄ばんでいます。 耐水ペーパーの番手選びと5000番 ヘッドライトを磨くとき、本腰を入れて作業するなら耐水ペーパーを使って劣化したレンズ表面を削り落とすのが一般的だと思います。 耐水ペーパーの磨き始めの目の粗さ(番手)はヘッドライト表面の劣化状況を見極めた上で選定する必要があります。 耐水ペーパーの何番から磨き始めるかはかなり大事です。 黄ばみや劣化した純正ハードコートが残っているような表面状態がひどい場合に目の細かい2000番くらいから始めるといつまで磨いてもなかなか綺麗になりません。 逆にそこそこ綺麗な状態でうっすらと黄ばみが出ている程度のヘッドライトを目の粗い800番から磨いてしまうと、800番で磨いたときについた傷をならすのが大変になります。 最初に磨きに使う耐水ペーパーでヘッドライトの黄ばみ・傷を全て落とし、後は最初の耐水ペーパーの磨き傷をならしていく作業になるので、 最初の耐水ペーパーの番手選びは大事なのです。 慎重に行くのなら目の細かいペーパーから始めて傷の消え具合を確かめながら、傷が残っているのならもう少し粗いペーパーに変えるというのでもいいと思います。 ホームセンター取り扱っている耐水ペーパーは2000番までというのが多いと思います。 いくつかのホームセンターを見て回りましたが、2000番以上は置いてありませんでした。 それ以上細かい目で磨きたい場合は、ネット通販で購入するか、耐水ペーパーではなくコンパウンドを使うかになります。 しかし、 100均のセリアで5000番の耐水ペーパーが置いてあるのを発見しました。 ホームセンターにないものが100均にあるとは、100均も侮れないですね。 今回、私の車のヘッドライトは5か月前にきれいに磨いているため、状態としてはコーティングの劣化により表面に薄っすらと黄ばみが見られる程度です。 2000番を使うほどではないかなと考え、この5000番の耐水ペーパーから磨きを始めることにしました。 2000番も耐水ペーパーとしては目の細かい方かと思いますが、それでもそこそこの磨き傷がついてしまうので、傷のならし作業の工数削減のためできるだけ最初に付ける傷は最小限に抑えたいのです。 耐水ペーパー5000番からヘッドライトを磨く まずは、ヘッドライトと接するボディにマスキングテープを貼ります。 このマスキングは絶対にやった方がいいです。 磨き作業中に勢い余ってヘッドライトを超えてボディを擦ってしまうとボディに傷が入り取り返しのつかないことになります。 余裕をもってマスキングテープはある程度幅があるものがいいです。 25mmくらいはあってもいいと思います。 これも100均に売っています。 角の部分はテープを数枚重ねてヘッドライトレンズは隠さずにボディはしっかりマスキングできるようにします。 ヘッドライト表面を軽く洗って、ほこりやゴミを除去してから磨き作業に入ります。 耐水ペーパーは適度な大きさに切って磨きます。 5000番でも若干黄ばみがかった削りカスがちゃんと出てきます。 磨くときの注意点ですが、 円を描くように磨かないようにしましょう。 タテ・ヨコ方向に磨いた方がいいです。 円を描くようにすると磨いた跡が残りやすいです。 耐水ペーパーが目詰まりすると研磨力が落ちるので、水を入れたバケツを側に用意しておいて水で耐水ペーパーを洗いながら磨いた方がいいです。 ヘッドライトの隅の方は小さく切った耐水ペーパーで。 磨いている途中で赤丸のようなゴミ(マスキングテープのカス)があったら取り除きましょう。 磨いている最中に異物感が伝わってくるので気付くと思います。 5000番で磨き終わり水拭き後に乾燥させた状態です。 目が細かいだけあって2000番で同様にしたときほど傷で表面は白くなりません。 2000番で磨いた後はこのくらい表面が白くなる 5000番だとやや研磨力が足りないか? 耐水ペーパーで磨き終わった後はヘッドライト表面を軽く水洗いし、 乾燥してから表面状態を見ます。 赤く囲った部分にコーティングだと思いますが、落とし切れずに残っています。 磨き方が悪かったのかもしれませんが、やはり5000番だと研磨力はやや弱いかなという印象です。 ここの部分含めコーティングが残っている場所はもう1回磨き直しました。 コンパウンドで磨いた後の状態 さらにワコーズのハードコート復元キットに付属している超微粒子コンパウンドのベース処理剤で磨きました。 磨き作業が終わったらコーティングをしますが、コンパウンドには油分が含まれているので、ヘッドライトを洗剤で洗い十分に脱脂しておきます。 磨き作業を終え、洗剤で脱脂し終わった状態 油分を除去したらハードコート復元キットのコート剤を塗布して、一連の作業は終了です。 作業終了後にマスキングテープを剥がすときは、コート剤に水等が掛からないように気を付けましょう。 仕上がり状態。 日が差し込んでいて見にくいですが、かなり綺麗になりました。 ヘッドライト磨きについてはこちらの記事にも書いています。 業務用で費用は高めですが、個人使用でも十分使い切れますし、一回当たりの費用で考えるとそんなに高くはないです。 私の場合は今回で5回目の使用ですが、もう一回分くらい残っています。 硬化して使えなくなる可能性があるため開封後6か月以内に使い切ることと注意書きにありますが、私の場合、開封後2年半経過していますが、今回も使用できました。 また、コーティング剤としての耐久性も高い方だと思います。 ただ、使い続けているうちにペーパーが目詰まりしたことによって研磨力が落ち、そう感じただけかもしれません。 耐水ペーパーは目詰まりや消耗によって磨いているうちに研磨力が落ちてくるので、5000番のように目の細かいものはこまめに新しいペーパーに替えた方がいいと思います。 古いコーティングを剥ぐのに少し時間は掛かったものの、仕上がりは磨き傷も少なく満足いくクリアなヘッドライトになりました。 数か月前に一度ヘッドライト磨きをして、再び薄っすらと黄ばんできたかなくらいの軽い症状の場合は、5000番で 必要最小限の磨き傷でヘッドライトをきれいにできるのでおすすめです。 ヘッドライト磨きは結局傷をならす作業が大変なので、できるだけ最初の段階からおおきな傷をつけたくないです。 でも、ヘッドライト表面を手で触ってがさつきが感じられるほどである場合はもっと目の粗いペーパーから始めた方がいいです。

次の

塗装前の下準備って何?ボディー表面を削る!耐水ペーパーで足付け!|mamecoroエンジン

耐水ペーパー

使い方 ゲート痕の処理や、パーツ表面のヒケ処理に 耐水ペーパーは耐水性の紙ヤスリのことで、パーツの切取り痕を整えたり(ゲート処理)、パーツ表面のくぼみを消したり(ヒケ処理)するのに使用します。 上の写真はパーツの表面に目立つヒケ(くぼみ)があったので、耐水ペーパーで削ってヒケを消しているところです。 こういった表面が球面の箇所は棒ヤスリなどでは処理できないので、耐水ペーパーで処理することになります。 必要な耐水ペーパーの番手は? 耐水ペーパーには必ず[400番][1000番]などの番号が付けられており、番号が小さい方が目が荒く良く削れる番手。 番号が大きい方が目が細かく削る力が弱い番手となります。 つまり400番のペーパーの方はよく削れるが仕上りがザラザラで表面が荒い仕上りになり、1000番のペーパーの方はあまり削れないが表面がきめ細かくキレイに仕上がることになります。 使用する場面に合わせて番手の違う耐水ペーパーを用意する必要がありますが、初めて模型製作をされる方は、とりあえず[400番][600番][800番][1000番]の4種類だけ揃えておけば、ほとんどの処理に対応できます。 320番より荒い番手は、改造などで盛ったパテをガシガシ削ったりしない限り必要ありませんし、逆に1200番より細かい番手は光沢塗装をした際の表面の磨ぎだしなど特殊な作業でしか使用しません。 初心者の方はそういった作業をすることはまず無いと思いますので、ゲート処理などの基本工作だけなら400番〜1000番のペーパーさえあれば問題ありません。 作業別の使用番手目安 あくまで目安になりますが、各作業で使用する番手の目安は上の図の通りです。 下記に改めて必要番手を記載しておきます。 ゲート処理 600番〜1000番 ヒケ処理・表面処理 400番〜1000番 パテ造形の切削・大規模な形状変更 180番〜400番 光沢の磨ぎ出し・デカール段差消し 1000番〜2000番 ガンプラのエッジ出し 320番〜400番 塗装面のゴミ除去 1200番〜1500番 スポンサーリンク おすすめの耐水ペーパーは「タミヤ フィニッシングペーパー」シリーズ タミヤ社から発売されている耐水ペーパーです。 180番〜2000番まで揃っているので、模型製作のほとんどの作業に対応できます。 また、ほとんどの模型店に置かれているので入手性も抜群です。 私はゲート処理やヒケ処理などで400番と600番の使用頻度が高いので、この2つの番手は切らさないように常に2袋くらいはストックしています。 台紙に使われている紙の固さも丁度良く、水磨ぎでもカラ磨ぎでもどちらでも使い心地がいいです。 一時期ホームセンターのペーパーを使っている時期もありましたが、使用感がこちらの方がよかったので、今では180番未満の超粗めのペーパー以外は、ほとんどこのフィニッシングペーパーを使用しています。 100均のケースを使って、作業を効率的に! 写真は私が普段使用している100均で買ったツールケースです。 番手をかえる度にペーパーを切り出すのが面倒なので、あらかじめ使いやすい大きさにカットしたものをストックしておくと、とても作業が楽になります。 ペーパーはハサミで切り分けていますが、刃こぼれしてもいいようにハサミも100均のもを使うとよいでしょう。

次の

耐水ペーパー モノタロウ 耐水ペーパー 【通販モノタロウ】

耐水ペーパー

使い方 ゲート痕の処理や、パーツ表面のヒケ処理に 耐水ペーパーは耐水性の紙ヤスリのことで、パーツの切取り痕を整えたり(ゲート処理)、パーツ表面のくぼみを消したり(ヒケ処理)するのに使用します。 上の写真はパーツの表面に目立つヒケ(くぼみ)があったので、耐水ペーパーで削ってヒケを消しているところです。 こういった表面が球面の箇所は棒ヤスリなどでは処理できないので、耐水ペーパーで処理することになります。 必要な耐水ペーパーの番手は? 耐水ペーパーには必ず[400番][1000番]などの番号が付けられており、番号が小さい方が目が荒く良く削れる番手。 番号が大きい方が目が細かく削る力が弱い番手となります。 つまり400番のペーパーの方はよく削れるが仕上りがザラザラで表面が荒い仕上りになり、1000番のペーパーの方はあまり削れないが表面がきめ細かくキレイに仕上がることになります。 使用する場面に合わせて番手の違う耐水ペーパーを用意する必要がありますが、初めて模型製作をされる方は、とりあえず[400番][600番][800番][1000番]の4種類だけ揃えておけば、ほとんどの処理に対応できます。 320番より荒い番手は、改造などで盛ったパテをガシガシ削ったりしない限り必要ありませんし、逆に1200番より細かい番手は光沢塗装をした際の表面の磨ぎだしなど特殊な作業でしか使用しません。 初心者の方はそういった作業をすることはまず無いと思いますので、ゲート処理などの基本工作だけなら400番〜1000番のペーパーさえあれば問題ありません。 作業別の使用番手目安 あくまで目安になりますが、各作業で使用する番手の目安は上の図の通りです。 下記に改めて必要番手を記載しておきます。 ゲート処理 600番〜1000番 ヒケ処理・表面処理 400番〜1000番 パテ造形の切削・大規模な形状変更 180番〜400番 光沢の磨ぎ出し・デカール段差消し 1000番〜2000番 ガンプラのエッジ出し 320番〜400番 塗装面のゴミ除去 1200番〜1500番 スポンサーリンク おすすめの耐水ペーパーは「タミヤ フィニッシングペーパー」シリーズ タミヤ社から発売されている耐水ペーパーです。 180番〜2000番まで揃っているので、模型製作のほとんどの作業に対応できます。 また、ほとんどの模型店に置かれているので入手性も抜群です。 私はゲート処理やヒケ処理などで400番と600番の使用頻度が高いので、この2つの番手は切らさないように常に2袋くらいはストックしています。 台紙に使われている紙の固さも丁度良く、水磨ぎでもカラ磨ぎでもどちらでも使い心地がいいです。 一時期ホームセンターのペーパーを使っている時期もありましたが、使用感がこちらの方がよかったので、今では180番未満の超粗めのペーパー以外は、ほとんどこのフィニッシングペーパーを使用しています。 100均のケースを使って、作業を効率的に! 写真は私が普段使用している100均で買ったツールケースです。 番手をかえる度にペーパーを切り出すのが面倒なので、あらかじめ使いやすい大きさにカットしたものをストックしておくと、とても作業が楽になります。 ペーパーはハサミで切り分けていますが、刃こぼれしてもいいようにハサミも100均のもを使うとよいでしょう。

次の