フレディ ハバード。 FREDDIE HUBBARD / フレディ・ハバード商品一覧|JAZZ|ディスクユニオン・オンラインショップ|queenandadamlambert.twickets.co.uk

レディ・フォー・フレディ

フレディ ハバード

略歴 [編集 ] 少年時代、フレディ・ハバードはにおいて、とその兄弟を含む、数多くの音楽家たちと親交を結んだ。 ハバードのジャズのキャリアが本格的に始まるのは、1958年の進出からである。 ニューヨークで彼は、、、スライド・ハンプトン、、、、そして等と共演している。 彼は、影響力の強い演奏集団であった・アンド・ザ・ジャズ・メッセンジャーズにおける演奏によって有名になった。 その演奏は『モザイク』『ブハイナズ・デライト』『フリー・フォー・オール』等のアルバムに収録されている。 1960年代初頭、ハバードはに広範な録音を残している。 ブルーノート初登場にしてバンドリーダーを務めた『オープン・セサミ』を皮切りに、8枚のリーダー・アルバムを残し、28枚のアルバムにサイドマンとしてその名を刻んでいる。 それらの録音のほとんどは、同時代のブルーノートの多くの音源がそうであるように、今日では古典とみなされている。 オーネット・コールマンの『』、エリック・ドルフィーの『アウト・トゥ・ランチ』、の『』など、いくつかの初期のの古典となるアルバムの中にもハバードを見出すことができる。 しかし彼は、それらのフリー・ジャズの影響を受けながらも、完全にとらわれてしまうということは無かった。 1970年代に入ると、彼は率いるのメンバーとなった。 このバンドは、1940年代の、1950年代の、1960年代のフリー・ジャズを統合したフリー・バップとして知られるスタイルを開拓した。 ハバードの多くの優れた録音が、V. のメンバーとのコラボレーションから生まれた。 商業的なのアルバムが批判を呼んだとはいえ、1970年ごろの彼は、その炎のような、そしてメロディックなと驚異的なテクニックによって、リーディング・トランペッターとしての全盛期を迎えた。 おそらく、彼の最もよく知られた作品は、ヒットシングル「Red Clay」を含む、1971年にパラディウムでライブ録音されたからの『カリフォルニア・コンサート』(CTIオールスターズ名義)というアルバムであろう。 1992年、ハバードは長期にわたる健康状態の悪化と深刻な唇の故障から立ち直り、恒常的な演奏活動と録音活動に復帰した。 、心臓発作により逝去。 70歳没。 その他の共演者には、、、、、、、、、ジュリアン・プリースター、、、、ジョー・チェンバース、ハロルド・メイバーン、等が挙げられる。 ディスコグラフィ [編集 ] リーダー・アルバム [編集 ]• 『オープン・セサミ』 - Open Sesame 1960年、Blue Note• 『ゴーイン・アップ』 - Goin' Up 1960年、Blue Note• 『ハブ・キャップ』 - Hub Cap 1961年、Blue Note• 『グルーヴィー! 』 - Groovy! 『』 - Ready for Freddie 1961年、Blue Note• 『ジ・アーティストリー・オブ・フレディ・ハバード』 - The Artistry of Freddie Hubbard 1962年、Impulse! 『ハブ・トーンズ』 - Hub-Tones 1962年、Blue Note• 『ヒア・トゥ・ステイ』 - Here to Stay 1962年、Blue Note• 『ブレイキング・ポイント』 - Breaking Point! 1964年、Blue Note• 『ザ・ナイト・オブ・クッカーズ』 - The Night of the Cookers 1965年、Blue Note• Jam Gems: Live at the Left Bank 1965年、Label M• 『ブルー・スピリッツ』 - Blue Spirits 1966年、Blue Note• 『バックラッシュ』 - Backlash 1966年、Atlantic• Fastball: Live at the Left Bank 1967年、Hyena• 『ハイ・ブルース・プレッシャー』 - High Blues Pressure 1968年、Atlantic• 『ア・ソウル・エクスペリメント』 - A Soul Experiment 1969年、Atlantic• 『ブラック・エンジェル』 - The Black Angel 1970年、Atlantic• 『ザ・ハブ・オブ・ハバード』 - The Hub of Hubbard 1970年、MPS• 『レッド・クレイ』 - Red Clay 1970年、CTI• 『ストレート・ライフ』 - Straight Life 1970年、CTI• 『ソンミの歌』 - Sing Me a Song of Songmy 1971年、Atlantic• 『ファースト・ライト』 - First Light 1971年、CTI• 『スカイ・ダイヴ』 - Sky Dive 1973年、CTI• 『キープ・ユア・ソウル・トゥギャザー』 - Keep Your Soul Together 1973年、CTI• 『イン・コンサート Vol. 『イン・コンサート Vol. 『ポラール・AC』 - Polar AC 1975年、CTI• 『ハイ・エナジー』 - High Energy 1974年、Columbia• 『グリーム』 - Gleam 1975年、Sony Japan• 『リキッド・ラヴ』 - Liquid Love 1975年、Columbia• 『ウィンドジャマー』 - Windjammer 1976年、Columbia• 『バンドル・オブ・ジョイ』 - Bundle of Joy 1977年、Columbia• 『スーパー・ブルー』 - Super Blue 1978年、Columbia• 『ラブ・コネクション』 - The Love Connection 1979年、Columbia• 『スカグリー』 - Skagly 1979年、Columbia• Live at the North Sea Jazz Festival 1980年、Pablo• 『アウトポスト』 - Outpost 1981年、Enja• 『スプラッシュ』 - Splash 1981年、Fantasy• 『ローリン』 - Rollin' 1981年、MPS• 『キーストン・バップ』 - Keystone Bop: Sunday Night 1981年、Prestige• Keystone Bop Vol. 『ボーン・トゥ・ビー・ブルー』 - Born to Be Blue 1981年、Pablo• 『バック・トゥ・バードランド』 - Back to Birdland 1982年、Real Time• 『スウィート・リターン』 - Sweet Return 1983年、Atlantic• 『バラの刺青』 - The Rose Tattoo 1983年、Baystate Japan• 『ライフ・フライト』 - Life Flight 1987年、Blue Note• Times Are Changing 1989年、Blue Note• Bolivia 1991年、MusicMasters• At Jazz Jamboree Warszawa '91: A Tribute to Miles 1991年、Starburst• Live at Fat Tuesday's 1991年、MusicMasters• 『マイルスに捧げる枯葉』 - Blues for Miles 1992年、Evidence• New Colors 2000年、Hip Bop• On the Real Side 2007年、Times Square• 『ウィズアウト・ア・ソング:ライヴ・イン・ヨーロッパ 1969』 - Without A Song: Live In Europe 1969 2009年、Blue Note 出典 [編集 ]• 「 フレディー・ハバード」の表記もある。 Indianapolis Star 2008年12月29日閲覧 参考文献 [編集 ]• 『JAZZトランペット』ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2001年、132-133頁。 491555709X。 『決定版ブルーノート・ブック 〜史上最強のジャズ・レーベルのすべて〜』ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、1999年、170,178,185,191,206,216,235,247,260。 4915557014。 悠雅彦、稲岡邦弥、福島哲雄『ジャズCDの名盤』文春新書、2000年、234-235頁。 4166601164。 外部リンク [編集 ]• (英語).

次の

Wikizero

フレディ ハバード

『 レディ・フォー・フレディ』 の リリース 4月中旬 録音 () 、 時間 42分33秒(LP) BST 84085 アルバム 年表 (1961年) ' Ready for Freddie (1962年) (1962年) 専門評論家によるレビュー レビュー・スコア 出典 評価 『 レディ・フォー・フレディ』 Ready for Freddie は、にから BLP 4085 および BST 84085 としてリリースされた、奏者の。 にはされた上で、CDで再発売された。 オリジナルのLP盤には、CDに収録された別テイク2曲は入っていない。 ハバードのほか、 ()、、、 ()、による演奏が収められている。 評価 [ ] で公開されているについてのエッセイ「Hard Bop」では、このアルバムを「17 Essential Hard Bop Recordings」(「ハード・バップの粋17枚」といった意)のひとつに挙げている。 トラックリスト [ ]• アリエティス "Arietis" - 6:41• ウィーヴァー・オブ・ドリームス "Weaver of Dreams" , - 6:35• マリー・アントワネット "Marie Antoinette" Shorter - 6:38• バードライク "Birdlike" - 10:15• クライシス "Crisis" - 11:33• アリエティス(別テイク) "Arietis" [alternate take] - 5:51• マリー・アントワネット(別テイク) "Marie Antoinette" [alternate take] Shorter - 6:15 特記のない曲は、の作曲作品。 パーソネル [ ]• - テナー・• - 脚注 [ ].

次の

Wikizero

フレディ ハバード

ザ・男のトランペットという感じの圧倒的な音の太さ、美しい音色、輝かしいハイトーン。 彼の心に描いた「歌」を表現するために、ミスノートをも気にせず猪突猛進に突き進んでいく姿は、トランペッターはこうあるべきという理想像を体現してくれているようでもあります。 90年代以降は唇の不調からか、全盛期と比べると辛そうな演奏があったのも事実ですが、それでもいくつかの素晴らしい作品を残してくれています。 そんなトランペットプレイヤーであるフレディ・ハバードといえば、オーソドックスなスタイルのジャズだけでなく、ジャズロックと呼ばれるようなスタイルの演奏がクローズアップされることが多いかと思います。 しかし今回はそれとは全く異なる、しかしジャズトランペットについて考える際に非常に重要なポイントについて書いてみたいと思います。 ジャズトランペットのターニングポイント フレディ・ハバードの特徴といえば何でしょうか。 冒頭で書いたように、太い音、美しい音色、輝かしいハイトーンというのは誰が聴いても分かることですが、そのフレージングというか、アドリブに対するアプローチもそれまでのジャズトランペットのスタイルとは少し異なったものでした。 それは必ずというわけではなく、あくまでそういった傾向が見られるということなのですが、フレージングがそれまでのジャズトランペットとは少し異なり、それぞれのコードに対してよりメカニカルに組み立てられているという点です。 例えばこの曲はいわゆるジャズブルースと呼ばれる構造なのですが、ハバードのアプローチが非常に分かりやすく表れています。 以前は多くの場合、各チェンジに対してそれぞれのスケールをきちんと吹いていくだけでなく、よりメロディックな要素が多く取り入れられた傾向にあります。 すなわち装飾音符やクロマティック(半音階)アプローチ、ブルーノートスケールなどが頻繁に、そしてモザイク的に用いられ、1つのコードチェンジに対して多様なフレージングを行うことがほとんどでした。 一方ハバード以降になってくると、特にII-V-Iというコードチェンジに対してより素直でシンプルなスケールを用いたり、定型的なアプローチを行うか、そのコードチェンジを一時的に別のものに置き換えてのアプローチ(リハーモナイズやアウトなどと呼ばれる)が増えてきます。 分かりやすく言い換えるならば次のような感じです。 ハバード以前:既に楽譜に書いてあるコードチェンジに比較的忠実に、しかしそのチェンジの上でなるべく多彩なフレージングを行う。 ハバード以降:コードチェンジに対するアプローチはよりシンプル、定型的に。 しかしそのチェンジを一時的に置き換えること(リハーモナイズ、アウト)によってフレージングの多様さを確保することが増えてくる。 これは決してフレディ・ハバードが始めたことではないのでしょうが、トランペッターではハバードが活躍する時期を境にこのような変化が見られるような気がします。 僕は恐らくマイルス・デイビスの第二期クインテット(マイルスがこういう演奏したというわけではなく、彼に率いられたハービー・ハンコック、ロン・カーター、トニー・ウィリアムスによるリズムセクション)の誕生が大きな影響を与えたのではないかと思いますが、長くなるので割愛します。 いずれにせよ、それまでのジャズトランペットのアドリブに対するアプローチ方法に起きた変化は、その後から今日に至るまでのトランペッターに大きく影響を与えたことは間違いありません。 ニコラス・ペイトンやロイ・ハーグローブをはじめ、現在のトランペッターの特に若い頃の演奏を聴くとそういった傾向は如実に表れています。 トランペッター目線からのオススメ作品 そんなわけで現在のトランペッターに大きな影響を与えたフレディ・ハバードのオススメ作品をご紹介してみます。 Open Sesame.

次の