サラ番2 ゲーム数。 【終了画面の設定示唆法則が判明!】押忍!サラリーマン番長2(サラ番2)

【養分稼働日記】初打ちでさらば豪北【サラ番2】

サラ番2 ゲーム数

サラ番2の基本を軽く紹介 千円(50枚)ベースが約50ゲーム。 ベースが高いので、気付いたら大負けってことにはなりにくい。 それほどお金を掛けずに設定の高低ぐらいは当たりが付けれるので、ダメそうなら大ケガする前に退散出来ます。 ゲームフローは前のサラ番と一緒。 別に難しいことはないので、打ってみればスンナリ理解出来るはず。 ただ、今回は頂ラッシュが差枚数管理になっています。 だからといって、こちらに不都合があるわけではありませんが、一応。 基本的な流れが先に分かってないとイヤ。 って人は以下の動画なんかを参考にしてはどうでしょう? 設定ごとの1日打った場合の期待値 正確に計算したわけじゃないので、あくまでも目安として考えてください。 7000ゲーム打った場合で計算しています。 下を打っても負けにくい、 5・6に関してはしっかりと日当を狙えるレベル。 とは言え、後で書きますが設定5は荒れる仕様なので、あくまでも理論上って考えた方が無難でしょうね。 ホールでの扱いを推察 恐らくは多くのホールで設定2・3あたりがメインで使われるでしょう。 2をメインで使う店は、高設定で4を一台使う。 3をメインなら、5を一台使うといった具合です。 これは最低でもサラ番2が6台はある場合を仮定しているので、それ以下の台数の場合は当然この限りではありません。 1を使わず、2を使うのは設定示唆演出によって稼働を維持するためです。 ただ、設定1でも甘いので、稼働があれば躊躇なく1をメインで使う可能性も十分に考えられます。 この辺りはホールによって千差万別なので、あくまでも一つの参考意見にしてください。 設定ごとの特徴 これは歴代、特に最近の番長シリーズと同じです。 偶数の方が緩やかな出玉推移。 奇数の方が激しい出玉推移になりやすい。 サラ番2も設定5が一番激しい出玉推移を描きます。 絶頂ラッシュ当選率や通常時の青番長ボーナス当選率などが優遇されているようです。 これは番長3と一緒ですよね。 サラ番2の天井と恩恵 サラ番2の天井は「 通常時を最大799ゲーム消化」で到達です。 有利区間移行後なので、データ表示機によっては多少ズレる可能性もあるでしょう。 恩恵としては「番長ボーナス」に当選のみ。 番長ボーナス自体の出玉は70~100枚程度なので、安定した結果を残したいならかなり天井に近いゲーム数で拾う必要があります。 個人的には積極的に狙うなら500ゲームから。 出来れば550ゲームあると嬉しい。 モードBの天井が561なので、ここでの天井到達も考えて500ゲームを私的ボーダーラインとしたいと思います。 ゾーン狙い サラ番2もゾーンがあり、前回のサラ番と同様、ゲーム数で高確への移行をします。 多くの場合は通常A、ゲーム数200、400のところで高確に移行することが多いですが、必ずしもモードAに滞在しているとは限りませんし、高確で当たるとも限りません。 190や、380のように、すぐに高確移行が期待出来る、千円でケリが付く場合は打ってみても良いでしょう。

次の

押忍!サラリーマン番長2 新台 天井解析|天井恩恵を追記&ヤメ時を修正し最適化!

サラ番2 ゲーム数

天井ゲーム数・天井恩恵 最深天井ゲーム数は799G。 これは通常Aの天井です。 通常Bでは天井は561G、天国モードでは天井は99Gとなります。 天井恩恵はボーナス当選です。 モードの特徴|雫ステージ移行で判別可! モードはA,B,天国の3種類です。 前作同様、マップの濃いゾーンが違うので、雫ステージに移行しゲーム数前兆が起こったタイミングでモードの判別が可能です。 通常A 通常Aは基本的なモードとなり、マップによる前兆は200,400,600など 百の位が偶数のゲーム数で発生します。 通常B 通常Bはマップによる前兆は100,300,500など 百の位が奇数のゲーム数で発生します。 天井は561Gとなります。 天国 天国モードは天井が99Gとなります。 通常時のゲーム性・システム 通常時は『5号機サラ番』同様、 マップによる抽選や レア役による抽選でボーナス当選を目指します。 ハンコは、ハンコベルと呼ばれる 押し順中段ベル成立で獲得できます。 特命はボーナス高確状態 特命は、ハンコ10個獲得時のノルマ抽選or 押忍弁当成立時の抽選に受かると突入します。 継続ジャッジを 3回突破でAT確定となります。 赤7のAT期待度は約40%、 青7のAT期待度は約65%となっています。 ボナ中は全役で継続率UP抽選を行っており、ボナ当選時にハンコがあればその分だけ継続率UPしてくれます。 頂ラッシュは差枚数管理のAT! AT「頂ラッシュ」はボナ経由か通常時のAT直撃から突入します。 ATの目標はまずは 残り差枚数300枚を目指します!残り差枚300枚に到達すると頂総決算ボーナスor決算ボーナス当選となります。 初回は必ず頂総決算 「初期100枚なんてすぐ駆け抜けやん」と思いますが、残り差枚数に応じて ゾーンが存在します。 残り差枚数を表す限界突破メーターは液晶左側に表示され、 残り差枚が250~230枚・150~130枚・50~0枚の部分は漢気ゾーンと呼ばれ、頂スラッシュ突入の高確 率状態に入ります。

次の

6号機【サラ番2】の導入日・天井・純増が判明!筐体もカッコイイ!

サラ番2 ゲーム数

モード サラリーマン番長2のモードは全部で3つあります。 通常A モードA 、通常B モードB 、天国の3つです。 モード別の高確B ボーナス当選しやすいゾーン それぞれのモードで高確Bに期待できるゲーム数が違います。 モード別の高確B突入期待度は下記です。 天井は799G モードB:100・300の前半で必ず高確Bに突入。 同様に、モードAでも100や300Gで雫ステージに行く可能性がある。 モード移行率 追記 設定 モードA モードB 天国 1 76. 設定が1or6なら使えそうですが、2or6の配分ならこれだけで判断するのは少し難しそうです。 ゲーム数毎のボーナス期待度 引用元: 特徴としては下記です。 200Gと比較すると 400Gのゾーンが弱い。 500G台での当選もそこそこ期待できるため、モードBの割合も比較的高い。 天井恩恵 通常Aの天井に隠された恩恵あり 、天井狙い目 天井ゲーム数 モード 天井 A 799G B 561G 天国 99G 天井恩恵 天井到達時はボーナス確定ですが、通常Aの天井 799G 到達時にはさらなる恩恵があります。 その恩恵は 初期継続率優遇 初期漢気ポイント優遇 です。 モードAの天井 799G でボーナスに当選した場合は ハンコがMAX状態になります。 この恩恵は想像以上に強い恩恵です。 これに関しては期待値見える化のだくおさんが出しているに詳しく記載されていますので、そちらをご覧ください。 天井期待値の詳細やこの恩恵によって期待枚数が何枚増加するか詳しく記載されています モードAの天井に恩恵があるおかげで、思ったよりも天井狙いをしやすい機種であることが判明しました。 逆に、全体の機械割は変わらずに、天井に恩恵があるということは他にしわ寄せがきます。 通常Aの450Gと通常Bの210Gでは天井までのゲーム数はほとんど同じですが、天井恩恵がある分、前者の方が期待値が高いことにご注意ください。 この恩恵についてはもっと話題になっても良いと思いましたが、全く話題にすらなっていません。 ハンコがボーナス確定画面でいきなりMAXになる演出は違和感しかありませんが、多少違和感を感じてもほとんどの人は気にも止めないと思います。 番長3の15ベル天井も最初は発表されていませんでしたが、隠されていました。 こういう隠された天井恩恵とかはすごく面白いと思ったので、メーカー側も積極的に取りいれて欲しいです。 打てないと思っていたのが、実は打てましたってなる瞬間がたまらねえんだw 天井狙い目ゲーム数 380GからボーナスorAT当選まで打つ。 モードA抜けの440Gでも天井恩恵と600Gのゾーンが強いため、ここでやめずに必ず打ち切りましょう。 やめ時 やめどきを考える上で覚えておくべき重要な演出があるので、それらを説明してから詳細なやめどきを設定していきます。 シャッター演出 ボーナス終了後、AT終了後にシャッター演出が発生しますが、これでモードを示唆しています。 3つのパターンあり ロゴなし ロゴあり 白黒 ロゴあり 色付き モード別のシャッター演出振り分けは下記です。 この条件なら色付であれば68. 追記 モード移行の解析が出ましたので、改めて計算し直しました。 下記が解析を使った正式版 1 設定1 :モードA:76. シャッター モードA モードB 天国 ロゴなし 84. シャッター モードA モードB 天国 ロゴなし 71. モードBが確定している状況でも100Gからはほとんど期待値がないので、色付の場合も天国確認後やめか、モードBの100Gのゾーンだけ回して止めが良いと思います。 即営業会議 シャッター演出後、即営業会議から始まる場合があります。 この場合、天国の期待度がUPする可能性があります。 解析待ち 実践では高設定で2回だけ確認しましたが、どちらもモードBでした。 これに関しては解析待ちですが、天国のみを回しても良い気がします。 天井恩恵と600Gのゾーンが強いことでモードAが確定した400Gのゾーン抜けでも十分に期待値があるので、ここでやめないようにしましょう。

次の