かみ さま が すまう 森。 チームラボ恒例の森のアート展「チームラボ かみさまがすまう森」今年も九州・武雄温泉の御船山楽園で開催決定。2020年夏オープン

チームラボ かみさまがすまう森

かみ さま が すまう 森

御船山楽園は、 九州・武雄温泉に1845年に開園した、 国登録記念物の名勝地。 今年もその50万平米の大庭園が、 「自然が自然のままアートになる」プロジェクトの作品群と人々の存在によって、 変容し続ける空間になります。 展覧会公式ウェブサイト: ハイライト動画: コンセプト動画: 空撮: 《連続する生命の形》 1845年(江戸後期)に50万平米にも及ぶ敷地に創られた御船山楽園。 敷地の境界線上には、 日本有数の巨木である樹齢3000年以上の神木の大楠があり、 庭園の中心には樹齢300年の大楠がある。 そのことからわかるように、 古来より大事にされてきた森の一部を、 森の木々を生かしながら造った庭園であることが想像できる。 庭園と自然の森との境界は曖昧で、 回遊していく中でいつのまにか森に入り込んだり、 けもの道に出くわしたりする。 森の中には、 超自然的に積み重なった巨石の磐座(いわくら:日本に古くからある自然崇拝(アニミズム)の一種)であったであろう祠がまつられている。 また、 後に奈良の大仏をつくる名僧行基が約1300年前に御船山に入山し五百羅漢を彫ったとされており、 森の中の洞窟の岩壁には、 行基が直接彫ったと伝えられる仏が今も残る。 長い長い時間の中で形作られた巨石や洞窟、 森、 それぞれの時代ごとに人々がそこに意味を見出し、 それが千年以上積み重ねられて御船山楽園はあるのだろう。 そして、 今なお続く自然と人との営みが、 庭園と森の境界が曖昧な、 この居心地の良く美しい文化的遺産を生んでいるのだ。 私自身、 庭園と森との境界の曖昧な場で道を失いさまよっている時に、 自然と人との営みの、 長く続いてきた境界のない連続性の上に自分の存在があることを感じることができた。 だからこの広大な庭園と森の中を迷い込んで行くような展覧会を行いたいと思ったのだ。 自分という存在は、 何十億年という圧倒的な時間の長さの、 永遠に繰り返されてきた生命の生と死の連続性の上にある。 しかし、 日常では、 なかなかそれを知覚することが難しい。 人間は自分の人生より長い時間を認知できないのだろう。 時間の連続性に対して、 認知の境界があるのだ。 森を探索していた時、 圧倒的に長い年月をかけて形作られた巨石や洞窟、 そして森そのものの形こそが、 長い時間を知覚できる形そのものであると知った。 それらの形こそが、 時間の連続性に対する認知の境界を超えられるものだと考えたのだ。 チームラボは、 「Digitized Nature」というプロジェクトを行っている。 非物質的であるデジタルテクノロジーによって「自然が自然のままアートになる」というプロジェクトだ。 自分の時間を超越した長い時を持つ森や庭そのものの形をそのまま使い、 作品群にすることで、 時間の連続性に対する認知の境界を越えて、 長い長い生命の連続性の上に自分の存在があることを感じる場を創ることができるのではないかと思ったのだ。 そしてこの場に「長い生命の連続性」を表現することを試み、 現代においてもまた、 この場所に意味を積み重ねて行きたいと思う。 詳細はウェブサイトで後日公開します。 【チームラボ】 アートコレクティブ。 2001年から活動を開始。 集団的創造によって、 アート、 サイエンス、 テクノロジー、 そして自然界の交差点を模索している国際的な学際的集団。 アーティスト、 プログラマ、 エンジニア、 CGアニメーター、 数学者、 建築家など、 様々な分野のスペシャリストから構成されている。 チームラボは、 アートによって、 自分と世界との関係と新たな認識を模索したいと思っている。 人は、 認識するために世界を切り分けて、 境界のある独立したものとして捉えてしまう。 その認識の境界、 そして、 自分と世界との間にある境界、 時間の連続性に対する認知の境界などを超えることを模索している。 全ては、 長い長い時の、 境界のない連続性の上に危うく奇跡的に存在する。 ニューヨーク、 ロンドン、 パリ、 シンガポール、 シリコンバレー、 北京、 台北、 メルボルンなど世界各地で常設展およびアート展を開催。 東京・お台場に《地図のないミュージアム》「チームラボボーダレス」を開館。 2020年秋まで東京・豊洲に《水に入るミュージアム》「チームラボ プラネッツ」開催中。 2019年上海・黄浦濱江に新ミュージアム「teamLab Borderless Shanghai」を開館。 2020年6月にマカオに常設展「teamLab SuperNature Macao」オープン。 チームラボの作品は、 ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(シドニー)、 南オーストラリア州立美術館(アデレード)、 サンフランシスコ・アジア美術館(サンフランシスコ)、 アジア・ソサエティ(ニューヨーク)、 ボルサン・コンテンポラリー・アート・コレクション(イスタンブール)、 ビクトリア国立美術館(メルボルン)、 アモス・レックス(ヘルシンキ)に永久収蔵されている。 teamLab is represented by Pace Gallery, Martin Browne Contemporary and Ikkan Art International. チームラボ: Instagram: Facebook: Twitter: YouTube:.

次の

チームラボ恒例の森のアート展「チームラボ かみさまがすまう森」今年も九州・武雄温泉の御船山楽園で開催決定。2020年夏オープン:時事ドットコム

かみ さま が すまう 森

御船山楽園は、九州・武雄温泉に1845年に開園した、国登録記念物の名勝地。 今年もその50万平米の大庭園が、「自然が自然のままアートになる」プロジェクトの作品群と人々の存在によって、変容し続ける空間になります。 展覧会公式ウェブサイト: ハイライト動画: コンセプト動画: 空撮: 《連続する生命の形》 1845年(江戸後期)に50万平米にも及ぶ敷地に創られた御船山楽園。 敷地の境界線上には、日本有数の巨木である樹齢3000年以上の神木の大楠があり、庭園の中心には樹齢300年の大楠がある。 そのことからわかるように、古来より大事にされてきた森の一部を、森の木々を生かしながら造った庭園であることが想像できる。 庭園と自然の森との境界は曖昧で、回遊していく中でいつのまにか森に入り込んだり、けもの道に出くわしたりする。 森の中には、超自然的に積み重なった巨石の磐座(いわくら:日本に古くからある自然崇拝(アニミズム)の一種)であったであろう祠がまつられている。 また、後に奈良の大仏をつくる名僧行基が約1300年前に御船山に入山し五百羅漢を彫ったとされており、森の中の洞窟の岩壁には、行基が直接彫ったと伝えられる仏が今も残る。 長い長い時間の中で形作られた巨石や洞窟、森、それぞれの時代ごとに人々がそこに意味を見出し、それが千年以上積み重ねられて御船山楽園はあるのだろう。 そして、今なお続く自然と人との営みが、庭園と森の境界が曖昧な、この居心地の良く美しい文化的遺産を生んでいるのだ。 私自身、庭園と森との境界の曖昧な場で道を失いさまよっている時に、自然と人との営みの、長く続いてきた境界のない連続性の上に自分の存在があることを感じることができた。 だからこの広大な庭園と森の中を迷い込んで行くような展覧会を行いたいと思ったのだ。 自分という存在は、何十億年という圧倒的な時間の長さの、永遠に繰り返されてきた生命の生と死の連続性の上にある。 しかし、日常では、なかなかそれを知覚することが難しい。 人間は自分の人生より長い時間を認知できないのだろう。 時間の連続性に対して、認知の境界があるのだ。 森を探索していた時、圧倒的に長い年月をかけて形作られた巨石や洞窟、そして森そのものの形こそが、長い時間を知覚できる形そのものであると知った。 それらの形こそが、時間の連続性に対する認知の境界を超えられるものだと考えたのだ。 チームラボは、「Digitized Nature」というプロジェクトを行っている。 非物質的であるデジタルテクノロジーによって「自然が自然のままアートになる」というプロジェクトだ。 自分の時間を超越した長い時を持つ森や庭そのものの形をそのまま使い、作品群にすることで、時間の連続性に対する認知の境界を越えて、長い長い生命の連続性の上に自分の存在があることを感じる場を創ることができるのではないかと思ったのだ。 そしてこの場に「長い生命の連続性」を表現することを試み、現代においてもまた、この場所に意味を積み重ねて行きたいと思う。 詳細はウェブサイトで後日公開します。 【チームラボ】 アートコレクティブ。 2001年から活動を開始。 集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、そして自然界の交差点を模索している国際的な学際的集団。 アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。 チームラボは、アートによって、自分と世界との関係と新たな認識を模索したいと思っている。 人は、認識するために世界を切り分けて、境界のある独立したものとして捉えてしまう。 その認識の境界、そして、自分と世界との間にある境界、時間の連続性に対する認知の境界などを超えることを模索している。 全ては、長い長い時の、境界のない連続性の上に危うく奇跡的に存在する。 ニューヨーク、ロンドン、パリ、シンガポール、シリコンバレー、北京、台北、メルボルンなど世界各地で常設展およびアート展を開催。 東京・お台場に《地図のないミュージアム》「チームラボボーダレス」を開館。 2020年秋まで東京・豊洲に《水に入るミュージアム》「チームラボ プラネッツ」開催中。 2019年上海・黄浦濱江に新ミュージアム「teamLab Borderless Shanghai」を開館。 2020年6月にマカオに常設展「teamLab SuperNature Macao」オープン。 チームラボの作品は、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(シドニー)、南オーストラリア州立美術館(アデレード)、サンフランシスコ・アジア美術館(サンフランシスコ)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク)、ボルサン・コンテンポラリー・アート・コレクション(イスタンブール)、ビクトリア国立美術館(メルボルン)、アモス・レックス(ヘルシンキ)に永久収蔵されている。 teamLab is represented by Pace Gallery, Martin Browne Contemporary and Ikkan Art International. チームラボ: Instagram: Facebook: Twitter: YouTube:.

次の

「チームラボ かみさまがすまう森」佐賀・御船山楽園で開催、人の存在で変化するデジタルアート

かみ さま が すまう 森

スポンサードリンク 雨の降りそぼる庭園、夜の散策は不思議な体験 行った当日は、午後から雨が降ったりやんだり、といった天気でした。 大雨だと中止になってしまうそうですが、小雨程度だったので大丈夫、と会場に向かいました。 開始は20時だったのですが、19時半ごろに到着しました。 会場そのものの駐車場には車を止めることはできず、係の方に第2入門口方面にある臨時駐車場に停めるよう言われました。 臨時駐車場は、平日かつ雨模様だったせいか、車の数もそれほど多くありませんでした。 公式サイトには「たけお競輪場」に停めて無料シャトルバスで来場を、と書いてあるので、混雑時には更に離れた駐車場に停める必要がありそうです。 臨時駐車場から第2入門口までは、徒歩で5分ほど。 臨時駐車場から会場までの道は暗い 暗い坂道を登っていくと、ぼんやりと照らされた入口があります。 小さな小屋の受付で入場料(大人1,600円)を払い、中に入ります。 通常は夜の開園はしていないのでしょう。 中には電灯はなく、道の端に点在する小さなLEDの明かりが道しるべになっています。 それにしても暗い……。 相当暗いので、足元には充分注意が必要です。 特に順路などは無いようで、うっすらと明るく見えるほうに向かって進んでいきます。 雨でぬれているので道が滑りやすく、注意しながら進みます。 特に素敵だと思ったものを、いくつかピックアップしてご紹介します。 夏桜と夏もみじの呼応する森 周りの木々がいろんな色で照らされているエリアにやってきました。 呼吸するように、明かりが強くなったり弱くなったり。 音も聞こえます。 「音楽」というよりは、鐘のような音が高音、低音混ざって、近くから遠くからと不規則に聞こえてきます。 真っ暗な森に点在する明かりは、まるで木そのものが意志をもって光ってるみたいです。 カラフルな色もうつくしい。 切り取られた連続する生命 — 森の道 この先に五百羅漢があるとのことで進む途中にあったもの。 森が四角い光で照らされているのですが、まるで額縁の中の森の絵のように浮かび上がります。 その絵の中に、自分たちが入っていく、という不思議な感覚が味わえます。 帰りは、めちゃくちゃまぶしいです。 岩壁の空書 連続する生命 — 五百羅漢 石の階段を下っていくと、巨大な岩壁が見えてきます。 そこに、墨でゆっくりと文字(?)が書かれていきます。 立体的に線が連なったり、墨が水に広がるような表現があったり、この辺は過去のチームラボ作品の印象が強いです(NHK「美の壺」オープニングとか)。 洞窟の中に、お地蔵さんが何体もありました。 目を治してくれるらしいとあったので、下がってしまった視力が上がるようにお願いしてきました。 かみさまの御前なる岩に憑依する滝 石段を登っていくと、そこに大きな滝が現れます。 ゆっくり大量に水が落ちているように見える。 なのに音が一切しない、という不思議な感覚でした。 ぼんやりと、ずっと見ていたくなるような。 WASO Tea House — 小さきもの中にある無限の宇宙に咲く ここは協賛している資生堂のブース。 資生堂の新ブランドWASOの世界観を表したアートスペースです。 小屋の中でお茶をいただきながら、お茶碗の中に広がるお花を楽しむというアート。 ちょうど前の回が終わるくらいの時間だったらしく、5分ほど待って入りました。 お花はガラスの茶碗の中に咲いて、茶碗をどけるとそこで花びらが散っていきます。 お茶が茶碗にある間は、テーブルに置くたびに花が咲きます。 場所を変えても、きちんと中に咲くのです。 自分の動きや行動でリアクションが変わるのが面白い。 単純に花びらがふわっと散っていくのを見るのも楽しい。 どうやって追いかけているんだろう。 どこかにマーカーが? とかいろいろ考えてしまいました。 そして、なによりお茶が冷たくておいしくて、歩き回って出た汗が少し引きました。 休憩しながら楽しめるありがたい場所でした。 小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング 第一入門口のそばにある、大きな池全体を使ったインスタレーション。 最初に池に来た時には、静かな音楽とともに、小舟をこぐ人が見えました。 池にはぼんやりと錦鯉。 しばらく見ていると、どんどん鯉の動きが素早くなり、池全体が鯉によってカラフルな色に塗りつぶされていきました。 広い池全部が塗りつぶされる様子は、圧巻でした。 その後、池は元の静けさを取り戻すのですが、ずっと連続して上演しているわけではなく、何分かに1度、という感じで繰り返しやっているようです。 タイミング次第では、ただ池に鯉が映っているようにしか見えないかも。 特に「何時にやります」といったことも書かれていませんでした(どこかに書いてあって気が付かなかったかな……)。 もし池に小舟が浮かんでない時間帯だった場合には、池のほとりに休憩場所もありましたので、縁側に座ってのんびり夕涼みしながら待つのがよいと思います。 暗い庭園でコミュニケーションのありがたさを感じたり 庭園では、まわりをきょろきょろしながら歩いていきますが、今いるところがどこなのかもよくわかりません。 基本的には周りはとても暗く、現在地の表示もないのです。 初めてこの御船山楽園に来た私たちは、暗いなか、どんどん不安になってきます。 でもご安心を。 迷うかのように坂道を上ったり下りたりと歩いていくと、曲がり角や分岐点に、あるいは展示物の近くに係の方がいて、「こんばんは」と声をかけてくれます。 なので、「ここはどこでしょう?」とか「この先に何がありますか?」といったやりとりで、安心して進むことができます。 暗い道や階段を、小さな懐中電灯で足元を照らしてくれたり。 暗いところで人に会うと、なんだかほっとします。 そんなコミュニケーションのありがたみを感じました。 スポンサードリンク より満喫するには、先に昼間の御船山楽園を見るといいかも この日は平日で雨天だったこともあり、私たちもそろそろ帰るか、といった21時すぎには、ほとんど人がいませんでした。 ほぼすれ違う人もいないような状態で、 静かで不思議な暗闇の森を探索するような気分を味わえました。 それだけでも、なかなか経験できないことかも。 アート作品たちは、わあ! と声を上げたくなりものもあれば、「ん?」とよくわからないものも正直ありました……。 おそらく、 普段の御船山楽園の庭園を知っている人のほうが、この「夜の庭園の変化」をより楽しめるような気がします。 「あの場所がこんな風に変わるなんて!」みたいな。 なぜなら、基本真っ暗なので、光っているところ以外は全く背景が見えないのです。 「大楠があります」「大紅葉です」と地図にあっても、全然わからない。 なので、昼間に庭園に来て通常の状態を見てから、夜のアート展を見に来ればよかったかも。 正直、なぜ佐賀の武雄という場所(けしてメジャーとは言えない)でやるのかなあ? と思っていたのです。 もちろん御船山楽園、という場所や素材の持つ力も重要です。 遠くから見に来る人を呼ぶ目的ももちろんあると思いますが、近くに住む、普段の御船山楽園を知る人たちに見てほしいという気持ちもあるのかもしれないなあ。 なんて思ったりしました。 休日や、お盆の時期には、どれくらい人が集まるんだろう? 混雑するような状態になるんだとしたら、全然雰囲気が変わりそうです。 おまけ:足元に注意! 御船山楽園は山を利用して作られている庭園で、ほとんどの道は、坂か階段。 コンクリっぽい舗装されたところもありますが、砂利だったり石段だったりのところも多いです。 女性は、サンダルや、ハイヒールはやめておいたほうが安心。 ヒールを痛めちゃいそう。 特に雨の日や雨上がりは、 とても滑りやすいので十分ご注意くださいね(スニーカーでも滑った人より)。 「かみさまがすまう森のアート展」 御船山楽園 佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100 会期:2017年7月14日(金)~10月9日(月) 時間:7月14日~8月14日は、20:00~22:30 8月15日~10月9日は、19:30~22:30 オススメ関連コンテンツ.

次の