博多華丸大吉 仲良し。 博多華丸大吉の仲良しエピソードが凄い。博多華丸の娘岡崎百々子はアイドル

博多華丸大吉、兄弟って本当?

博多華丸大吉 仲良し

2020年3月25日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』 毎週月-金 13:00-15:30 にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、志村けんが新型コロナウイルス感染で、濃厚接触の可能性を噂される千鳥・大悟が心配されていることに、「これどうなんの?」などと発言していた。 博多大吉:志村さん、心配ね。 赤江珠緒:そうですね。 博多大吉:コロナって書いてありますけど。 赤江珠緒:ねぇ、本当ですね。 博多大吉:やっぱ、志村さんがこうなったぞってなると、ネットなんかでね、仲良しと言われてる千鳥・大悟は大丈夫か、と。 赤江珠緒:うん。 博多大吉:で、千鳥ってね、凄く忙しいから。 赤江珠緒:うん。 博多大吉:「これどうなんの?」みたいな。 赤江珠緒:あ…それこそ、華大さんも一緒に千鳥さんと仕事されてますしね。 博多大吉:うん。 たしかになぁ、言われる通りだなぁと思いますけどね。 赤江珠緒:うん。 いや、本当でも、今、ちょっと風邪引きそうになったりすると、焦りますね。 博多大吉:焦る。 赤江珠緒:体のダメージはもちろんあって、病気だから当然みんなしんどいんだけど。 博多大吉:うん。 赤江珠緒:そこに加えて、「大事になってこれで周りにご迷惑をかけたらどうしよう」って、ちょっとした罪悪感も抱かなきゃいけないような病気になっちゃってるっていうね。

次の

お笑いコンビ博多華丸大吉さんはかなり仲良し!?数あるエピソードを!!

博多華丸大吉 仲良し

お笑いコンビ「博多華丸・大吉」が18日放送のフジテレビ「TOKIOカケル」(水曜後11・00)に出演。 仲良しコンビとして知られる2人。 「TOKIO」の国分太一(45)から「ケンカしてるイメージがない。 華丸1人での出場のため「僕は応援していたんです。 ネタを一緒に作ってこうしたらいいんじゃないの?とかって」と大吉。 そして、決勝を3日後に控え、密着をしていた福岡の番組のディレクターと3人で飲んでいたところ、華丸から「実は話がある。 決勝では児玉清さんやらない」と驚きの告白を受けたという。 華丸はそれまでに児玉清さんのネタで同局でかつて放送されていた「とんねるずのみなさんのおかげでした」の人気企画「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で2度優勝していたため、「さすがに世の中の人も飽きてるだろうから、俺はここで勝負をかける。 ネタを全部変える」と宣言。 大吉の「何やるの?」という問いに、華丸は「博多のおじさんがゴルフコンペ会場に間違えてやって来たロビーの一人コントやる。 そのためにゴルフバッグ持ってこようと思ってる」と驚きの返しをしたという。 そんな華丸に、大吉は「待て。 何を言い出してるんだ、おかしない?」とあ然。 「今まで児玉清さんのモノマネでR-1の1回戦から全部勝ち進んできた。 審査員の先生方もそれを評価してるはずだ。 決勝当日だけゴルフバッグ担いできたら放送事故だと」と説得したことを回顧。 これには、華丸も「今思えばね…」と苦笑いするばかり。 華丸は当時を思い出し「2005年に福岡から出てきてすぐに帰る予定だった。 何で東京に行ったかっていうと、博多弁で博多のネタを世に出したいと。 だから優勝とか狙ってないんですよ。 全国ネットで博多弁をしたい、というのが一番だった」とその思いを力説。 「児玉清さんは日本の中でも有数の標準語。 美しい日本語。 俺は違うと、それをしに来たんじゃない!どうすれば博多弁が一番出るかなと(考えて)、ゴルフ場を間違えて来て、予約が入ってないとや!っていうのをやるおじさん(のネタがいいと思った)。 そのためにゴルフバッグを持って行きたい」と主張したという。 当時を振り返り、「本当に悪い酒飲んでるのか?から始まりますよね。 何を言い出すんだと。 それから、ずっと郷土愛を語られて…」と苦笑した大吉。 「気持ちはわかる。 華丸は「どうなっても知らん。 あんたの言う通りやるよ、絶対ウケんと思うけどやるよ」と啖呵(たんか)を切って決勝に挑むと、「めっちゃウケた。 優勝までしちゃった」と頭をかいた。 「すみません、ありがとうございます!って。 (大吉には)それから頭が上がらない」と苦笑すると、大吉も「コンビ間の力関係が決まった。 危なかったですよ」と笑った。 「めっちゃ気持ち良かった。 凄いなと、やりながら。 やっぱ大吉先生の言う通りばい」と肩をすくめると、大吉も「みんな思う事」と笑顔で応じた。

次の

博多華丸大吉の仲良しエピソードを紹介!

博多華丸大吉 仲良し

博多華丸・大吉 NHK朝の生活情報番組『あさイチ』を、3月いっぱいで卒業することを発表した、同局の有働由美子アナウンサーとV6・井ノ原快彦。 2010年、朝ドラの放送時間移動などのリニューアルと同時にスタート。 そんな中での番組卒業。 4月からの後任は、『ブラタモリ』で人気上昇中の近江友里恵アナと、お笑いコンビの博多華丸・大吉に決定。 「男性MC枠はイノッチの後を受け、ジャニーズ枠として引き継がれるのか、または『ブラタモリ』つながりで、ナレーションを担当する草なぎ君にという、まさかのウルトラCか、という妄想もありました。 が、ジャニーズ系で引き継ぐよりも番組のイメージを一新させる方向のようですね」 と、あるテレビ誌記者は言う。 華丸・大吉のMCとしての評判はどうなのか。 人気情報番組などを手掛ける、ある放送作家は言う。 「もともと好感度はすごく高い2人ですからね。 庶民的な視点もあり、リラックスした会話の雰囲気は、今の朝の顔としてはピッタリだと思います」 『あさイチ』は、主に健康や食などの生活情報を中心に、時には社会問題など、幅広い内容を扱う番組。 裏番組にあたるワイドショーが得意とする芸能スキャンダルなどは扱わない。 そんな番組のカラーにも、華丸・大吉は適任ではと、前出の放送作家は言う。 「『ヒルナンデス!』の南原(清隆)さん、『ひるおび』の恵(俊彰)さんなど、人気の帯番組のMCをつとめる芸人さんは、芸人的でない柔らかさがある、いい意味で色がないタイプなんです。 平日、毎日顔を見るわけですから、意外にこれが重要で、華丸・大吉も、やはりいい意味で色がない。 世間の問題などに対しても、おそらく極端に主張することもない。 そもそも波風を立てないのがお二人のポリシーですからね(笑)」 有働・井ノ原コンビから、近江・華大のトリオ体制になるが、たとえば近江アナと大吉の2人にしなかったことには狙いはあるだろうか。 「近江アナと大吉さんだと、想定内というのか、有働さんとイノッチを置き換えて『こうしたのね』という感じになる。 もちろんそれで何の問題もないし、面白い番組づくりはできると思うのですが、そこに華丸さんが加わることで、思いもよらないボケが入ったり、それに大吉さんが反応したりと、ちょっと違う番組づくりができるような気がします」 番組を一新した感じが出しやすくなるのではというのだ。 「そして、華丸・大吉のお二人は、すごく仲がいい。 仲良しのおじさん二人が出てるのって、サンドウィッチマンなんかもそうですが、それだけで今の視聴者には見てて楽しいところがあります」(前出・放送作家) 冒頭のように、朝ドラとともに人気を集めてきた番組でもある。 中盤以降視聴率も好調な『わろてんか』から、『半分、青い。 』に変わるとともに、新たな布陣の『あさイチ』も、好調を維持したまま新体制への移行できそうな雰囲気が……。 <取材・文/渋谷恭太郎>.

次の