俺ガイル誰と付き合う。 【俺ガイル】平塚「比企谷に彼女ができたらしい」【雪ノ下雪乃SS】

【俺ガイル】由比ヶ浜結衣のかわいそうな最後とその後を考察!なぜ由比ヶ浜エンドにならなかったのか

俺ガイル誰と付き合う

【俺ガイル】由比ヶ浜結衣は八幡に恋していた きっかけは由比ヶ浜が飼っているサブレ(ワンちゃん)をかばって車にひかれたことだと思います。 由比ヶ浜は八幡に恋するようになりました。 罪悪感がある由比ヶ浜は、お礼をするために八幡の家まで行くも、会えないままで終わります。 学校で姿を見かけるも、きっかけを作り出すことができずに話しかけることができないでいましたね。 そこで八幡が部活に入ったことをきっかけに、同じ「奉仕部」に入部することで話すきっかけを作った由比ヶ浜。 お礼を言うだけのはずが、長い間意識してしまっていて、それが恋へと変わっていました。 【俺ガイル】由比ヶ浜結衣は雪ノ下と友好関係を築いていた また、由比ヶ浜は雪ノ下雪乃とも良い友好関係を築いてきました。 雪乃は性格上親しく話せるクラスメイトがいませんでした。 そんな雪乃をサポートするような存在でしたね、由比ヶ浜は。 二期に入り最初の依頼である戸部の告白を手助けする依頼を受けるときの描写で、雪乃は奉仕部の活動ではないと判断して依頼を断ろうとします。 しかし恋愛話に興味深々な由比ヶ浜は依頼を受けたくて仕方ありません。 結局由比ヶ浜のお願いに抗えず依頼を引き受けています。 ここで分かるように、雪乃にとって「由比ヶ浜の願い」は叶えてあげたいと想える対象になっていると考えられます。 【俺ガイル】由比ヶ浜結衣が「全部欲しい」と言った意味を考察 由比ヶ浜らしいことといえば、空気を読んで誰(自分を含め)も傷つかないように振る舞い、共感して相手に合わせることですね。 やはり由比ヶ浜の生き方には「自分の考えを言葉に出せない」という、由比ヶ浜の苦手な部分が露出して見えます。 言葉を抽象的にすることで誰も傷つかないように「全部」という言葉を選んだと思います。 つまり、「全部欲しい」=「八幡とも結ばれたいけど、雪乃ともこのまま友達でいたいし、部活も友好関係も、全部が壊したくない」ということでしょう。 【俺ガイル】由比ヶ浜結衣のかわいそうな最後まとめ 「俺ガイル」の最後は、八幡が雪乃を選んで由比ヶ浜は失恋する形となりました。 由比ヶ浜としてはあれだけアプローチをかけた相手に振られたということです。 悔しい気持ちでいっぱいでしょう。 八幡と恋人になることも「全部」の中に含まれていると思いますし、雪乃さえいなければうまくいったかもしれません。 ですが、由比ヶ浜にはどうすることもできません。 空気を読んでしまう由比ヶ浜には二人が選んだことに口を出すことを恐れていると思います。 そうしてしまうと三人でいられる日常までもがなくなってしまうかもしれないからです。 由比ヶ浜は二人の決定には意見できなかったために、自分の願いは口にすることができなかったと思われます。 八幡と雪乃って、どこか似た部分がありますよね。 「日陰に咲く美しい花」というか、「周り環境に対する絶望感の中で潰されずに生きようと必死なところ」とか。 まず八幡が雪乃を放っておけない理由としては、八幡には雪乃の気持ちがよく分かるからでしょうね。 雪乃が何に押しつぶされそうになっているのかが八幡には分かるので、絶対助けてあげたいと思っていると思います。 ある意味、「俺以外に雪乃を分かってやれる奴がどこにいる」的な。 だから、八幡と雪乃は、似ているものを持つ同士、一緒になるのも必然だったのかなという気がします。 一方、由比ヶ浜は雪乃ほど八幡の心の奥深くに入ってこないのですよね、きっと。 八幡も由比ヶ浜のことはかなり認めていると思いますが、「凄い良い友達」以上には発展しないのでしょうね。 「俺じゃなくても大丈夫でしょ」的な…。 ドラマティックな八幡との出会いに心揺れ、異色の八幡に惹かれ、と、もしかしたら、恋ではなかった可能性もあります。 それに、仮にもし、八幡が由比ヶ浜を選んだとしても、由比ヶ浜が雪乃に気を使わずに付き合うことができたかどうかも疑問です。 由比ヶ浜の願いはこの三人でいる空間がいつまでも続けられることだと思います。 あわよくば、八幡と恋人関係になりたいと考えていたでしょう。 ですが、ここではやさしい由比ヶ浜が出てしまったと思います。 由比ヶ浜は、三人の関係が続けられる方を優先したのだと考えられます。 【俺ガイル】由比ヶ浜結衣の切ない最後の依頼とは 最後の由比ヶ浜の依頼の内容とは、 「私が勝ったら全部もらう」 すごく曖昧な依頼です。 でも、本人の中では明確になっていると思います。 由比ヶ浜はこの関係がずっと続いてほしいと願っていると思います。 欲を言ってしまえば八幡と恋人関係となり、雪乃とは親友であり続けることだと思います。 それが叶わないのであれば三人が親友としていつまでも同じ時間を過ごしていたいと思っているでしょう。 八幡が誰とくっついたとしても、この3人の関係が壊れないことが、由比ヶ浜の依頼の真意だと思います。 【俺ガイル】由比ヶ浜結衣のその後を考察 八幡との恋は果たせないことが分かった由比ヶ浜は今後どうするでしょうか? その部分を考察していきます。 考察1: 材木座義輝に恋をする 八幡と関わりが深い同系統の人物といえば「材木座義輝」。 中二病全開のたくましいメンタルを保有しています。 八幡並みにコミュニケーションが取れないボッチライフを極めていますね。 就学旅行では別のクラスなのに八幡の部屋に来て友達いないアピールをしています。 由比ヶ浜が恋心を抱くとしたらあり得るかもしれませんが、あくまでも可能性の話ですね 笑。 この組み合わせは意外といえば意外で面白いと思います。 考察2: 戸塚彩加 に恋をする もう一人関わりがあるとすれば「戸塚彩加」。 見た目は完璧に女の子であるが実は男。 テニス部では部長をしているがあまり運動ができる様には見えない。 八幡のことをいつも気にかけていて、八幡にとって心から親友と呼べる相手なのではないでしょうか? この二人の共通していることといえば「八幡のことが好き」であることだと思います。 八幡のためにサプライズを考えようといったイベントで、二人で行動するうちに恋人になる。 みたいなスピンオフがあったら面白いですね 笑。 「材木座義輝」と「戸塚彩加」この二人の可能性を考えると「戸塚彩加」の方が可能性としてはあるかもしれません。 というかそうであって欲しいです。 この組み合わせで四人で遊んでいる様子を想像すると自然に感じます。 完璧に八幡ハーレムの完成です 笑。 考察3:八幡を諦めずに、雪乃を応援しつつ、2人が別れるチャンスを狙う 由比ヶ浜の「全部ほしい」を叶える可能性として雪乃と別れることを待つ可能性も捨てきれませんね。 これは一番濃厚な展開でドロドロした昼ドラのようなお話だと思います。 やはり間違った青春ラブコメのストーリーの方が視聴者としては期待してしまいますね。 想像するに、雪乃と八幡は問題解決の場面で意見が対立して雪乃は由比ヶ浜に相談します。 八幡は相談できる相手がいないので小町が気づいて聞きだされるかもしれません 笑。 ここで由比ヶ浜はチャンス到来で小町と協力して八幡と恋人になるストーリーが描かれるかもしれません。 個人的に言えば昼ドラ展開は万々歳です 笑。 その後の三人で過ごすようになるまでが長いかもしれませんが、そこについては由比ヶ浜の願いの部分にもなると思うので、八幡と小町で雪乃を説得する展開になるかもしれませんね。 まとめ 最終的に選ばれなかったかわいそうな由比ヶ浜。 「全部欲しい」の依頼は成し遂げられないと思います。 ですが、最低限の三人でいられる状況については叶えられているはずです。 その後に新たな恋に発展する可能性も考えられますが、それは妄想の中に秘めておきます 笑。 展開としてはかわいそうでした。 しかし、由比ヶ浜はそれでも幸せだったと思います。 親友である雪乃に恋人ができたことを心から喜んでいると思います。

次の

アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」(俺ガイル2期)の動画を無料で見る!あらすじチェック!|TAKABLOG

俺ガイル誰と付き合う

【朗報】俺ガイルのオーディオブックが1冊無料でもらえます みんな知ってる使ってる「Amazon」 Amazonでは、本を声で聴く「」というサービスもやっています。 知っていましたか? いや知らなかったって人、オーディブルのに登録すると、好きな本が1冊無料でもらえます。 安い本も高い本もどんな値段の本でも、無料でもらえます。 無料体験中に退会で料金は一切不要 無料体験期間中に「やっぱ退会したい…」そう思うかもしれません。 「お金ってかかるの…?」 いいえ、無料体験期間中に退会した場合、お金は一切かかりません。 また、無料体験中にもらったオーディオブックは、退会後も引き続き視聴可能です。 あーしが直々に教育してやるって言ってんの」 八幡「意味わかんねえし。 教育とかカーチャンにすらされた覚えがねぇよ」 三浦「最近アンタ結依や隼人と仲いいみたいだし、あーしと絡む可能性もあるのに目の腐ったヒキオのままじゃあーしが困るわけ」 八幡「そ、それがどうして付き合うとかいう話になるんだよ」 三浦「きも。 だから教育するって言っててるっしょ。 まずはそのキョドるのを直すから。 そんじゃまた明日」 八幡(……) 八幡(勢いに飲まれて拒否するタイミングを逃してしまった) 八幡(しかし明日になったら忘れてるだろ。 雪ノ下だけか」ガラガラ 雪乃「ええ、残念ながらね。 由比ケ浜さんが来るまでとはいえあなたと二人よ。 本当に残念だわ」 八幡「わざわざ二回も残念と言って本当に大事なことのように強調すんな」 雪乃「そうね、訂正するわ。 残念なのは貴方自身だったわね」 八幡「俺は残念じゃねえよむしろ優秀とさえ言っても過言じゃない。 悪いのはすべて環境だ。 なんもかんも政治がわるいんや」 結依「やっはろーゆきのん!」 雪乃「こんにちは由比ケ浜さん」 結依「……あ、ヒッキーもいたんだ。 俺帰るわ」 雪乃「また後ろめたいことをしてしまったのね。 そもそも三浦さんとあなたにどんな接点があったのかしら?」 八幡「『また』とか俺がいつも後ろめたいことをしてるみたいに言うんじゃねえよ。 むしろ後は振り返らない主義だ。 いちいち気にしてたらキリがない。 なんでこんなこともできないわけ?」 八幡「そもそも俺は同意してないんだが……」 雪乃「そうよ。 比企谷くんに約束を守るなんて高度なことができるはずないもの。 三浦さん、あなたが全面的に悪いわ」 八幡「俺のクズっぷりを全面的に信頼してくれるのはありがたいが、そこまで下等じゃねえよ……」 結依「あはは……それで優美子はヒッキーに何の用があったの?」 三浦「そうそう、それを言いに来たの。 そもそも貴女は葉山くんと付き合っていたわけではなかったの?」 三浦「アンタこそ何言ってるわけ?コイツは昨日からあーしの彼氏なんだけど。 つーかなんでデートプランとか考えてないわけ? 昨日の夜から今日のひるまで時間あったっしょ? 結局あーしがいつも行ってる店を一通り回っただけだし」 八幡「いやだから付き合う件を承諾した覚えもないし、 そもそも付き合い始めたら初日から約束もしてないデートのプランを考えないといけないのかよ…… リア充まじぱねぇわ」 三浦「そんくらい常識っしょ? 男がリードしなくてどうすんの。 とりあえず次は土曜日だから。 今度はしっかり考えてよ」 八幡「……おう」 三浦「それじゃあまたねヒキオ。 俺にだってプライドはある) 八幡(もう失敗はしない。 絶対にだ) 八幡(なにも信じない。 自分さえも信じない) 八幡(それが一番傷つかない、たったひとつの冴えたやりかたなのだ) 八幡(今は……) 八幡「戸塚のことだけをかんがえよう。 心配して連絡してくれたんだから。 あ、でもお兄ちゃんのことを一番大切に思ってるのは小町だからね。 一番性格キツそうだった奴な」 小町「えーあの人かー。 小町的にはなんか意外だなー。 お兄ちゃんあの人苦手そうじゃなかった? お兄ちゃんと反対の世界の住人だし。 正直あんまりおすすめはしないかなー。 」 八幡「だろうな。 けどそんなに悪いやつじゃねえよ。 雪ノ下や由比ケ浜とタイプは違うが素直でまっすぐなやつだし」 小町「ほぅ、意外な高評価。 これは期待できますなー。 そもそもなんのためにつきあってると思ってんの?」 八幡「……俺自身の教育と矯正、だったか」 三浦「わかってんじゃん。 まあ今日は逃げなかっただけ前進したってことにしといてあげる」 三浦「……」 八幡「……どうかしたのか、三浦」 三浦「……別になんでもないから」 八幡「隠さなくてもいいだろうよ。 一応成り行きとはいえ俺はお前の、か……彼氏なんだし」 三浦「きも。 つか前も思ったけど、あんたって意外と鋭いタイプな訳?」 八幡「今更気づいたのかよ。 それで喧嘩になったことや、結局仲直りとかできずに疎遠になることもあってさー」 八幡(自覚はあったのか) 三浦「それでさ、いつも隼人が場を取り持ってくれるんだけど、 なんか自分が情けなくてさ。 自分で自分が嫌になるっつーかさ。 自分の意見を持って相手と対峙するなら、それはもはや戦争だ。 意見で意見を叩き潰すべきで、なあなあで終わるべきじゃない」 三浦「……なにいってんの?」 八幡「まして自分が正しいことを言っているのならなおさらだ。 そこで意見を曲げるべきじゃないし、どんな形であれ相手に届いたならそれは強さだ。 残念ながら俺は持ち合わせてないがな」 八幡「俺は知っている。 お前の強さは対峙した相手を傷つけるだけじゃないことを。 一応ありがと」 八幡「おう。 偶然通りかかったらなにやら真面目なトーンの声が聞こえてな。 わ、わざとじゃない。 決して生徒同士の健全な青春ラブコメを見せつけられて嫉妬していたわけじゃないぞ」 八幡「もう喋らない方がいいと思いますよ先生。 それでも我の宿敵か!」 八幡「んで、何のようだネオ木座」 材木座「ふむ。 我はネオ木座ではない。 剣豪将軍足利義輝の……」 八幡「うぜえ」 材木座「それで八幡、先ほどの女性とはどういった関係なんでせう?」 八幡「……クラスメイト、だよ」 材木座「それはよかった。 安心したぞ八幡。 私のことをわすれないでほしいな」 八幡「先生まだ居たんすか」 平塚先生「ゴホン、まあ聞け比企谷。 君と三浦は相性が悪いように見えて案外いい組み合わせなのかもしれん」 平塚先生「しかし、かならず何処かで破綻する。 原因はなによりも、君の優しさだ。 自分にも他人にも甘く、悪いところもそのまま受け入れようとする。 奉仕部の活動を無断欠席しておいて」イライラ 結衣「た、たぶん……」 雪乃「そう。 今日で丸々一週間ね。 比企谷くんに現実を教えてあげるの。 そもそも比企谷くんが普通の男女関係なんて築けるわけがないもの」 結衣「ゆきのん怖いよ……でもそうだよね。 荷物重すぎて余裕で死ねる……」 陽乃「あっれー?比企谷くんじゃない。 こんなところでどうしたのー?」 八幡「げっ……」 八幡「三浦、ちょっとこの人と話があるから待っててくれ。 すぐ戻る」 三浦「はぁ?べつにここで良いじゃん。 今日は……」チラッ 陽乃「こっちの子はひょっとして、……比企谷くんの彼女さんかなー? もしかしてお邪魔だった?」 八幡「い、いや……その」 三浦「そうだけど、あんたは誰な訳?」イラッ 八幡「あー三浦、この人は……」 陽乃「んーと、雪ノ下雪乃の姉って言えばわかるかなー?」 三浦「あの雪ノ下さんの姉……?」 陽乃「そうそう。 ところでみ、み……三上さんだっけ? 本当に比企谷くんと付き合ってるの?」 三浦「そ、そうだけど。 あと三浦、三浦優美子だから」 陽乃「ごめんごめん。 さっそくで悪いんだけど優美子ちゃん。 彼氏である以上はここでこの場を離れるわけにはいかないでしょう」 陽乃「ふーん。 比企谷くん義理堅いよね。 そういうところ結構好きだよ」 陽乃「でもね、これはお願いとかじゃないの。 そうしたほうがお互い傷つかずに楽に終われるっていう提案なの。 わかってくれないかなぁー」 三浦「……あーしは 大丈夫だから。 急いでねー』」 八幡「……誰を呼んだんですか?」 陽乃「君もよく知ってる人だよ。 それより比企谷くん。 君も君だよね。 雪乃ちゃんは繊細だから捨てないで選んであげてってあんなに言ったのに」 八幡「……それは」 陽乃「まあそれは許してあげる。 一回目だしどうせそこの優美子ちゃんに無理矢理付き合わされてたんでしょ?」 三浦「は、はぁ?ちげーし。 あーしは……」 陽乃「でも大丈夫。 伊達にぼっちはやってないしな」 八幡(そうだ。 終わりにしなければいけない) 八幡「三浦…… 」 八幡「好きです。 それでおわり。 元通り) 三浦『きも。 雪乃ちゃんもライバルがいたほうがやる気になるだろうしね」 葉山「優美子……」 三浦「……」 八幡「あ、あっ……」 雪乃「そこの腐った目の男はさっきから何を気持ち悪い声をあげているのかしら」 結衣「よ、ようやく見つけた…… あれ?なんで陽乃さんたちがいんの?あれ?あれ?」 陽乃「あー雪乃ちゃんおそかったねー。 全くの白紙) 八幡(他人。 ただのクラスメイト) 戸塚「どうしたの八幡?」 八幡(それでも俺は知っている) 八幡(三浦優美子というクラスメイトが真っ直ぐで優しいということを)チラッ 海老名「最近隼人くんと比企谷くん目と目で通じあってるよね? これはもう確定だよね?」 三浦「擬態しろし……」 三浦「……」チラッ 八幡「……」ササッ 八幡(こうして、一種の修羅場を乗り越えたところで俺の青春にはラブコメが訪れる気配はない) 八幡(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ) 完 最近の投稿• カテゴリー• 633• 631• 619• 446• 408• 108• 144• 147• 174• 155• 189• 189• 2 アーカイブ• 128• 118• 242 メタ情報•

次の

俺ガイルで八幡は最終的に誰と付き合う?葉山との勝負は?

俺ガイル誰と付き合う

今回は、俺ガイルのヒロイン、 雪ノ下雪乃のかわいさについてご紹介します! 頭脳明晰で他人を寄せ付けない孤高の奉仕部部長。 ……ですが、 八幡に負けないくらいのコミュ障っぷり。 最初は辛辣でしたが、 徐々に八幡にデレていく様子や、どう距離を詰めていいのか分からない不器用さ、そしてふとしたときに見せる弱さがすごくかわいいです。 さて、そんな 雪ノ下雪乃のかわいいところについて、八幡との恋愛・関係の変化とともにまとめていきます。 3期では、一度仲直りしたはずの 雪ノ下と八幡たちが、また疎遠になってしまう……!? キーワードとなる、 「雪ノ下の依頼」、「共依存」、「お願い」といったワードについても解説していきます。 そして、 八幡と雪ノ下は最終的に付き合うのか?最終回の結末もご紹介します。 3期のネタバレ注意です。 【俺ガイル】雪ノ下雪乃がかわいい!どんな女の子? 誕生日:1月3日 血液型:B型 座右の銘:「目には目を、歯には歯を」 趣味:読書(一般文芸、英米文学、古典、猫の写真集)、乗馬、映画鑑賞 特技: 炊事洗濯掃除家事全般、合気道 CV(声優):早見沙織 雪ノ下雪乃のかわいいところ:辛辣な「氷の女王」。 でも不器用にデレる 雪ノ下は、成績優秀、運動神経抜群な奉仕部の部長。 とにかく人気の出そうな要素が揃っていますが、逆に嫉妬の対象になったせいで ぼっち生活が長いです。 「友達いるの?」という質問に、 「どこからどこまでが友達か定義してもらっていいかしら」と返すくらいには圧倒的ぼっち気質。 不当な嫌がらせを受けることが多かったため、 他者に対してとにかく辛辣。 特に奉仕部に入ってきた八幡に対しては、いじりやすさもあってか 罵倒のボキャブラリーが豊富。 彼のことは初対面では 「ぬぼーっとした人」呼ばわり。 「比企谷くん」を 「ヒキガエルくん」、 「比企谷菌」とわざと呼び間違えたり、動物園で彼を見かけたときに 「珍しい動物がいるのね」と弄り倒します。 ただ、奉仕部として一緒に活動していくうちに、彼の優しさに惹かれていって、 控えめに距離感が近づいていきます。 電車で揺れたとき、目をそらしながら彼に捕まったり。 「……よかったら」と手作りクッキーを渡したり。 おっかなびっくり、距離を詰めてくる感じが、 人間関係に不慣れな感じが出ててめっちゃかわいいです。 始めは近すぎる距離感にビビっていたものの、 段々と満更でもない表情を見せるように。 そんな感じで、普段は強気。 だけど仲良くなっていくと、 ちょっとずつ懐いてくれるのがすごくかわいいです。 雪ノ下雪乃のかわいいところ:猫やパンさんなど、かわいいもの好き また、クールに振る舞っていますが、実のところ 超かわいいもの好き。 猫を見かける度に 「にゃー、にゃー」と声をかけたり……。 ディスティニーランドのキャラクター、 「パンさん」の大ファン。 知識量が完全にオタクで、 ディスティニーランドの年パス持ちというガチ勢っぷり。 一見すると、 クールで孤高の氷の女王。 ……でも実際は、環境が彼女をそう変えてしまっただけで、 むしろ普通の女の子です。 そんな一面を、奉仕部にだけ見せてくれるのがすごく嬉しい。 ……さて、 そんな雪ノ下ですが、八幡へ向ける感情は一体何なのか? 恋愛的な意味での好意を持っているのか?という、 彼らの関係について、ストーリーを追いながらご紹介していきます。 【俺ガイル】雪ノ下雪乃のかわいいシーン!八幡との恋愛や関係の変化を名言とともに解説! さて、それでは 雪ノ下雪乃と八幡の恋愛・関係について。 俺ガイルはかなり人間関係の変化が激しいので、順を追って説明していきますね。 雪ノ下雪乃と八幡の恋愛・関係:最初は辛辣。 でも徐々にデレ始める……! 出会ったのは、平塚先生が八幡を奉仕部に入れた時。 友達になろうと試みる八幡を 完全に拒否。 「あなたを更生してあげるわ」とひたすらに上から目線で接します。 転機となったのはのボランティアキャンプから。 いじめられている小学生・鶴見留美を助けた八幡。 最低な方法だったけれど、 雪ノ下は鶴見と、かつていじめられていた自分を重ねて、救われたのです。 の文化祭では、雪ノ下が相模に仕事を押し付けられていたところを、八幡が皮肉る。 爆笑したあと「却下」と切り捨てますが、会議が終わった後。 「また明日」と控えめに手を振ります。 八幡に助けられて嬉しかったからか、 少しずつ態度が軟化していきます。 通話してるときも、 皮肉を言い合って少し微笑んだり、「友達」と呼べる関係に近づいていきます。 ……が、しかし。 2期に入ると、 その関係にヒビが入ります。 雪ノ下雪乃と八幡の恋愛・関係:「あなたのやり方、嫌いだわ」 の修学旅行でも、序盤はすごく良い関係でした。 礼節もわきまえないそんな輩のお願いをこちらが聞く必要なんてないでしょう。 早々にお引取りいただいて結構よ」 と、 八幡をないがしろにするような態度に、めちゃくちゃキレた様子で言い放つほど。 雪ノ下にとって、かなり八幡の評価が高くなってるのがわかります。 旅行中も、夜に一緒に出歩いたり。 八幡はわざと告白してフラれるという、自分を犠牲にする形で、海老名さんの依頼を遂行。 それを見ていた雪ノ下は、 「うまく言葉にできなくてもどかしのだけれど、あなたのそのやり方、とても嫌い」と軽蔑した目で彼を切り捨てます。 自分を犠牲にするような手助け。 そして、 好意が芽生えていたからこそ、告白したことも無自覚に嫌います。 それからしばらく、奉仕部は上辺の関係に成り下がり、 雪ノ下と八幡の会話はほとんどなくなってしまいます。 雪ノ下雪乃と八幡の恋愛・関係:仲直り 一度は崩壊しかかった奉仕部ですが、で復活。 八幡が涙ながらに、 「本物がほしい」と、本心を伝えたことによって。 八幡が単独で動いて、行き詰まっていたクリスマスイベントに、雪ノ下も協力。 久しぶりの会話に緊張して、何度も咳払いしながら話しかけたり…… いろはの買い物袋を自然に取る八幡を見て、 複雑な顔したり。 偽りなく、本心を少しずつさらけ出せるような関係に戻っていきます。 八幡が困っていた依頼を終えると、由比ヶ浜と一緒に、 彼へのクリスマスプレゼントを渡します。 あくまで 「一人だけ紙コップも不経済でしょ」という無理がありすぎる理由で渡します。 しかもパンさんデザインという、雪ノ下の趣味全開のものを。 ツンデレすぎる。 のマラソン大会でも、怪我をした八幡の手当をして、いい雰囲気になったり。 いよいよ、 デレデレな感じに。 そんな感じで、 八幡への恋愛感情がかなり高まってきた中、3期を迎えます。 以下、3期のネタバレ注意です。 【俺ガイル】雪ノ下雪乃がかわいい!最終巻で八幡とは付き合う?デレるのか?(3期の結末・その後のネタバレ注意) それでは、いよいよ 雪ノ下と八幡の恋愛の結末について。 3期の内容となる~で決着がつきます。 雪ノ下雪乃と八幡の恋愛・関係(3期のネタバレ):「依頼」と「共依存」 家のことで思い悩む雪ノ下が、奉仕部に依頼したことは、 「父の家業を継ぐと、親に伝えるのを見届けて欲しい」というものでした。 自分の力でやれるんだ、というのを証明したい。 これまでずっと、八幡に頼りきりだった。 それが彼女は嫌だったのです。 困ったら頼ってしまう、お兄ちゃんみたいな存在。 それが八幡でした。 雪ノ下は頼るし、八幡は頼られるのが嬉しい。 ……そんな歪な関係を、陽乃に 「共依存」と切り捨てられてしまいます。 だから、 対等になれるように頑張る。 ……それが、雪ノ下の本当の望みでした。 でも、それは上手くいきません。 自分の力で、プロム(卒業パーティー)を企画しようとしても、 八幡が手を貸そうとしてくる。 だから彼女は、 「由比ヶ浜さんのお願いを叶えてあげて」と、八幡に願う。 …… 彼を遠ざけるために。 それによって、一度は疎遠になる二人。 ……しかし。 雪ノ下雪乃と八幡の恋愛・関係(3期の結末やその後のネタバレ):ひねくれた告白をされて、パートナーへ。 デレデレに の中盤、八幡は「雪ノ下と関わりがなくなるのが納得いかない」と、彼女を引き止める。 逃げようとする雪ノ下の袖を掴んで、八幡は言います。 「お前は望んでないかもしれないけど……俺は関わり続けたいと、思ってる。 義務じゃなくて、意志の問題だ。 ……だから、お前の人生歪める権利を俺にくれ」 「諸々全部やるから、お前の人生に関わらせてくれ」 ……その言葉を、告白を、雪ノ下は素直に飲み込めない。 「あなたの人生を、私にください」と。 二人は、一生かけて共にいる 「パートナー」という関係になります。 もうそれからは、 イチャイチャイチャイチャとラブコメします。 14巻分のデレが一斉に襲いかかってくる。 気合を入れたおめかしをしてデートしたり、腕をからめてツーショット自撮りしたり。 でも お互い照れまくりで、距離感がぎこちなくなっちゃうあたりとか、本当にこの2人らしいイチャイチャ。 比企谷くん」って言い逃げしたり。 この距離の詰め方の下手さと、その上で頑張ってデレる姿がね、本当にたまらない。 ぜひを読んでみてください。 最高の雪ノ下エンドです。 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (俺ガイル)の原作を楽しむなら やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (俺ガイル)の原作を読むなら、ebookjapanというサイトがおすすめ。 告白を素直に受け入れられない面倒くささや、重たすぎる返事。 そして、そして 下手くそながらデレたりいちゃつこうとしたりする姿、全部ひっくるめて可愛すぎ。 めっちゃニヤつけます。 ちなみに、ヤフープレミアム会員かソフトバンクスマホユーザーなら、買った本の値段に応じて、たくさんポイントが返ってきます。 -盲言録-が、 無料アプリので配信中! プロム編まで読めるので、いち早く3期の内容をイラスト付きで見たい!って方は、こちらがおすすめです。 漫画なので、 みんなの細かい仕草や表情なども見れるので、原作派もぜひ読んでみてください。 最初は辛辣な罵倒ばかりでしたが、 何度も八幡に助けられ、惹かれていきます。 おずおずと距離を縮めようとする姿がかわいい。 それからはもう、 ドロ甘のデレデレ。 恥ずかしがりながらも、デートしたり告白しなおしたり。 恋愛に不慣れすぎる雪ノ下が、頑張っていちゃつこうとする姿がたまらない。 ぜひまで読んで、このデレを味わってみてください! 原作を読むならこちら。

次の