星野ディスコ。 株式会社ディスコはブラック企業?平均年収や評判・口コミ

星野源

星野ディスコ

パーパー星野は改名で理由は? トム・ブラウンとパーパー星野のPerfume、絶妙に似てて何度も見ても笑う。 昔は「ほしのしみず」という男性コンビを組んでいた、ほしのディスコ。 その後、「ほしのディスコ」という芸名になります。 更に、2018年には大好きなPerfumeののっちに「三人合わせて星野です」という名前を付けてもらい、改名しました。 ところが三人も居ないのに「三人合わせて星野です」という芸名は、混乱を招いたらしくて(笑)、最終的に「ほしのディスコ」という名前に戻ったのだそうです。 毎回「ほしの」は付くんですね(笑) そういえば相方の「あいなぷぅ」さんも、2018年の1月から本名から「あいなぷぅ」に改名しているんですよ! お二人で改名、、、ちょとややこしくなりそうですね。 スポンサーリンク パーパーほしのディスコの学歴や本名など経歴プロフィール! 群馬県の至る所に中山秀征さん、井森美幸さんの2ショットポスターが貼ってあります。 群馬県沼田市、パーパー星野。 群馬県中之条町、タイムマシーン3号関。 群馬県の皆さん?冒険してみませんか?? — タイムマシーン3号 関 太 timeseki パーパーほしのディスコの学歴や本名などの経歴プロフィールをご紹介します! 芸名 パーパーほしのディスコ 名前(本名) 星野一成(ほしのかずなり) 生年月日 1989年10月23日 年齢 30歳 出身地 群馬県沼田市 所属事務所 マセキ芸能社 「パーパー」のほしのディスコさんは、群馬県沼田市の出身。 ほしのディスコさんが芸人になったきっかけは、「田舎に泊まろう」という人気番組でレギュラーの松本が自宅に泊まりにきたこと。 マセキゼミナールで出会って、2014年からコンビを組んでいます。 群馬県立沼田高等学校ですが、文字通り群馬県の県立高校で、偏差値は54~58くらい。 よくある普通科のある高校ですが、朝補習や土曜講義などがあり勉強や部活に力を入れている高校なのだそうです。 2007年度に高校を卒業している星野ディスコさん。 登山家の山田昇さんや、元バスケットボール選手の庄司顕人さんなどが同じ高校の先輩にあたります。

次の

パーパー(芸人)山田愛奈がかわいい!相方ほしのディスコとは不仲?

星野ディスコ

ほしのディスコのプロフィール 引用元:scontent-sea1-1. cdninstagram. jpg? 2 生年月日:1989年10月23日 年齢:27歳 出身:群馬県沼田市 身長:166㎝ 最終学歴:群馬県立沼田高校卒 2017年9月現在 声の高いほしのディスコさんのまず 本名ですが。。。 ものすごく簡単に見つかりました!!! 星野一成(ほしの かずなり)さん。 ディスコTシャツを着ていることも多々あるとか! そして声の高さを生かしてカラオケも得意らしいのですが女性歌手の歌はキーを変えなくても歌えるそうなのです!これって結構すごいことですよね? 声変わりしても高いので声変わり前ってかなりのハイトーンソプラノだったのでは!? Sponsored Links ほしのディスコの出身高校や大学はどこ? ほしのディスコさんの出身地は群馬県沼田市です。 中学校は今現在ではわかりませんでしたがバスケ部だったとのこと。 なんとなくバスケよりもバレーボール系のお顔をしている気がしたのですが、運動神経は良い方なのでしょうね^^ 高校は 群馬県沼田高校。 偏差値は54〜57くらいですのでそれなりの学校かと思われます。 高校時代はバスケ部には入らず演劇部に所属していて、しかも3年生の時には部長もしていたとかwただ、演劇部は全然人数が集まらず休部になる時の最後の部長だったのだとか。 大学は行っていないみたいで、2009年度のNSC(吉本総合芸能学院)東京校15期生で入学している過去があります。 この時代は「ほしのしみず」という男性コンビを組んでいた星野ディスコさんですが、相方のしみずさんの芸能界引退によってコンビも解散となってしまいました。。。 ほしのディスコと相方山田の出会いは? まずはネタを見てみてください! 2人のなんともいえない表情やほしのディスコさんの声がほんとみていて飽きないんですよね〜^^ しかもマセキ芸能社という事務所からしていいんですよね〜。 狩野英孝• ニッチェ• ウッチャンナンチャン• 出川哲朗• バカリズム• 三四郎 などなど個性あふれる面白い人たちの宝庫ですよねマセキってw もともと上にも書いた通りNSCで組んだほしのしみずが解散せざるを得なくなって、ほしのディスコさんがマセキのタレントゼミナールで学んでいる芸人の卵の中から相方を物色。 その時に男女コンビもいいかも!と思いながら探していたところ現在の相方である山田さんを見つけます。 誘い文句は「ネタを書くから!」。 2014年にコンビを結成!翌年にはマセキのオーディションに合格して現在に至ります。 コンビ名は相方の山田さんの出身の名古屋の方便からで、「パーパー」というのは開けっ放しの意味で、山田さんはただその方言が可愛いと思ったという理由での名付け。 口蓋裂とはwikipediaをみてみると。。。 口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)とは、先天性異常の一つであり、軟口蓋あるいは硬口蓋またはその両方が閉鎖しない状態の口蓋裂と、口唇の一部に裂け目が現れる状態の口唇裂(唇裂)の総称。 症状によって口唇裂、兎唇(上唇裂)、口蓋裂などと呼ぶ。 「みつ口」と俗称されることもある。 産まれながら、上唇の上の方が裂けているという状態。 何ヶ月かおきに処置をしていくことで大きくなる頃にはほとんどわからない状態にもなるのですが、やはり上唇や鼻の形などには影響が残ることがあります。 私の知り合いのお子さんにもそういう子がいるのですがその裂け具合によっても全くわからなくなる場合や、やはりちょっと鼻の下のあたりが違和感あるかな〜?という状態の子もいます。 ほしのディスコさんの場合もいろんな画像を見てみたのですが、もしかしたらそうだったのかな〜という可能性は否めません。 実際のところどうなのかはわかりませんがいつかわかるでしょうかね? まとめ なんとなく声の高さから「もう中学生」を連想してしまったほしのディスコさん。 顔的には現在若手俳優でブレイクしつつある「岡山天音」くんに似ていたり。 声が高いことによって普通のネタでもどこかクスッと笑ってしまう要素に変えてしまうほしのディスコさんのネタ。 キングオブコントの決勝進出ということで、今後色々なバラエティに呼ばれることが多くなると良いですよね! Perfume大好き芸人とか、ロンハーのあのコーナーとかw マセキ芸能社がらみでもどんどん先輩たちと一緒に出てくる機会も多くなるといいな〜と。 まずはキングオブコントでいいあたりまで残れると良いですね!.

次の

パーパー・ほしのディスコ「三人合わせて星野です」に改名 大好きなPerfumeのっちが命名

星野ディスコ

2019年10月14日に全世界同時リリースされた星野源のEP『Same Thing』は、日本のポップスの歴史を大きく変えた傑作である5thアルバム『POP VIRUS』の偉業を超えて、新たな「未知なる場所」へと向かっていく、星野源というアーティストのアティチュードを示した作品だった。 Superorganism、トム・ミッシュ、PUNPEEらかねてより本人と親交のあった国内外のアーティストを迎え、星野のディスコグラフィーを振り返ってみても実に意欲的で「型破り」な作品だったと言っていいだろう。 しかしながら、そんなラディカルな作品を、識者たちがどう聴いたのかというところは実は今までしっかりとは語られてこなかったように思う。 そこで今回、音楽ジャーナリストの高橋芳朗と、インターネットラジオ番組『INSIDE OUT』のディレクターであり、DJとしても活躍するYANATAKEの二人を迎え、『Same Thing』と『POP VIRUS』が予見する、星野源の「今」と「これから」について自由に語り合ってもらった。 完全版は本誌を購入の上、お楽しみください。 『POP VIRUS』は世界の潮流とリンクしていた DJ YANATAKE(以下、YANATAKE):この取材を受けるにあたって、星野さんの過去作品を聴き返していて思ったんですけど、『POP VIRUS』ってやっぱり聴けば聴くほど恐ろしいアルバムだなって。 尋常じゃないくらい凝ってるアルバムですよね。 パッと聴きは普通にポップスとして成立しているのに。 そのことに気がつくと、聴けば聴くほど恐ろしくなる。 高橋芳朗(以下、高橋):めちゃくちゃわかります(笑)。 『POP VIRUS』に関しては、まだまだ語り足りていないようなモヤモヤ感がちょっとあって。 「Pop Virus」のサビの一節〈刻む 一拍の永遠を〉にも示唆的ですけど、時間の経過とともに評価や聴こえ方が変わっていくアルバムになりそうな予感はすごくします。 YANATAKE:たしかにそう思いますね。 高橋:たとえば、『YELLOW DANCER』がJ-POP史におけるエポックな作品であることは間違いないですよね。 すでに『POP VIRUS』が存在している現在地から振り返ってみると、さらにぐっと名盤の風格が増してきてる。 それはやっぱり『YELLOW DANCER』当時の大きな命題だったブラックミュージックの血肉化が一定の達成をみたということ、そしてもはやそれが星野さんの中でスタンダード化しているということだと思うんですけど。 本来この流れでいけば同じ路線を継承するアルバムがもう1枚きてもぜんぜんおかしくないんですよ。 でも、『POP VIRUS』は『YELLOW DANCER』のパート2ではなかった。 それどころか、予想もしていなかった次元の、予想もしていなかった地点にまで飛躍していったという。 YANATAKE:2019年8月に星野さんの音源が一気にサブスクリプションサービスで解禁になりましたけど、これがもう少し早かったら、たとえば『POP VIRUS』のリリースと同じタイミングだったとしたら、一体どうなってたんだろうっていう気もしますね。 アメリカでは8割の人たちがサブスクで音楽を聴いてるっていう現状をふまえると、『POP VIRUS』がいち早くサブスク解禁されていたとしたら、もしかしたらもっと早く星野さんの音楽は世界中に広がっていたのかもな、とか思ったりもします。 高橋:世界が『POP VIRUS』をどう受け止めるのか、「Dead Leaf」を聴いたりするとすごく興味が湧いてくるんですよ。 星野さんは「Dead Leaf」で打ち出した方向性について「ネオソウル+ビーチ・ボーイズ」と説明していましたけど、たとえばジャネール・モネイはアルバム『Dirty Computer』のタイトル曲でまさにThe Beach Boysのブライアン・ウィルソンをゲストに迎えていたし。 あと、Vampire Weekendも新作『Father of the Bride』のスティーヴ・レイシーが参加した「Sunflower」でループ感の強いトラックの上にThe Beach Boys風のコーラスを重ねていたりするんですよね。 そもそも「Sunflower」というタイトル自体がThe Beach Boysの名盤のオマージュじゃないですか。 こういう「Dead Leaf」みたいな曲を聴くにつけ、『POP VIRUS』の秘めた可能性を世界に問いたくなるんですよ。 この同時代性には本当にわくわくさせられます。

次の