スマホ落としただけなのに ネタバレ。 映画『スマホを落としただけなのに2』ネタバレあらすじと感想。前作犯人との共同捜査は“疑似バディな羊たちの沈黙”

映画「スマホを落としただけなのに」感想(ネタバレあり)

スマホ落としただけなのに ネタバレ

もくじ• 映画「スマホを落としただけなのに戦慄するメガロポリス」の原作 志賀晃さん スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス 1、2作目よりも東京オリンピックや北朝鮮などが出てきて、スケールが大きくなっていました。 スケールは大きくなりましたが、すっかり騙されたという『スマホを落としただけなのに』特有のスタイルにまたしてもやられました。 — 謙人 HO1N5GKV6nh2N8n 映画化された「スマホを落としただけなのに」シリーズの原作は、ペンネーム志駕晃(しが あきら)さんの小説です。 ペンネーム志駕晃さんは、本名・勅使川原昭さんで、ニッポン放送プロジェクトの専務取締役や元ラジオディレクター、プロデューサー、小説家、漫画家をしている多才な方です。 小説家としては48歳の時から執筆を始めて、2017年にスマホを落としただけなのにを出版して、第15回 『このミステリーがすごい! 』大賞に応募して、隠し玉賞を受賞した後、2018年に映画が公開されました。 そして、2018年11月にスマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼を出版して、2020年に映画公開! 2020年に「スマホ落とし」シリーズ3作目の「スマホを落としただけなのに戦慄するメガロポリス」を出版しています。 小説がヒットしていて、2作目も実写映画化されましたから、3作目も映画化されそうです! 映画2作目の詳しいあらすじは、にあります。 登場人物はこちら・の展開にあります。 落とし主は爽やかで好青年な瀧嶋という男で、安心したのも束の間、その日から不可解なことが起きます。 8年間付き合っていて、同棲している彼氏が浮気をしている疑惑がわかった時に、彼からLINEが着ます。 明らかに彼が浮気相手に送るものを間違えて送ってきたようなメッセージでした。 彼を問い詰めると、浮気を白状しましたが、LINEは送ってないと言います。 そのまま別れることになって、彼と折半して住んでいたマンションを出ることになりました。 スマホの彼と再会・同棲 彼と別れて寂しいと思っていると、公園でスマホを落とした瀧嶋と再会しました。 瀧嶋との再会に運命を感じてしまって、付き合ってすぐに同棲することになりました。 瀧嶋は総合電機メーカーに勤めていて、USBメモリーの販売しているからと、新商品のモニターを頼まれました。 ある日、有希は瀧嶋からUSBメモリーを会社のパソコンに差して欲しいと頼まれます。 瀧嶋が怪しい ところが有希は、同僚から聞いた話が気になっていました。 同僚の不倫相手である部長のスマホがウイルスに感染していて、送った覚えのないLINEメッセージが妻宛てに送られていたのだという。 その話は有希と元カレの身に起こったことと似ていることから、おかしいと感じました。 瀧嶋から2度目に渡されたUSBメモリーをチェックしたセキュリティ担当の佐藤が、このUSBメモリーはウイルスに感染していると有希に告げました。 瀧嶋が怪しいと思った有希は、 瀧嶋の会社に電話をかけてみました。 しかし、瀧嶋慎一という人物はいたが、全く聞いたことのない声の男性でした。 有希は瀧嶋を問い詰めますが、決定的な証拠を突きつけると何も言わずに部屋を出て行ってしまいました。 有希の仕事中に荷物を運び出した瀧嶋の行方はわからなくなりました。 銀座の高級クラブで 一方、銀座の高級クラブで加賀谷の恋人の美乃里(白石麻衣)がバイトをしています。 父親の会社の経営が傾いているので、バイトをしていました。 同僚のホステスの康子は竜崎に命令されて、五輪担当の桜井大臣のスマホをお店で充電器して、データを盗んでいました。 加賀谷は出向 加賀谷(千葉雄大)は、内閣サイバーセキュリティセンターに出向していました。 この組織は、2020年東京オリンピックパラリンピックをサイバー攻撃の魔の手から守ることを目的として設置されたものだった。 本来なら関係のないはずの加賀谷が呼ばれた理由は、北朝鮮に浦野(成田凌)が侵入して、日本にサイバー攻撃する可能性があるという情報を入手したからでした。 加賀谷は唯一浦野とコミュニケーションが取れる存在という点を評価されて、呼ばれました。 浦野は北朝鮮にいた 浦野は、国際手配されているので行き場がなく、北朝鮮に保護してもらう代わりに、日本をサイバー攻撃する契約を結んでいました。 浦野には、身の回りの世話をするスクヒという女性が付いていて、監視されていました。 浦野のパソコンは24時間監視されていて、日本の国会の閣議の音声を盗聴しています。 また、富田麻美(北川景子)と夫(田中圭)の会話の盗聴もしていて、スクヒは浦野が黒髪に執着していることを見抜いて、唯一殺せなかった麻美にこだわっていることを知ります。 加賀谷に浦野から手紙が届く 加賀谷宛にソウルの消印が押された差出人不明の封書が届いた。 嫌な予感がした加賀谷が手紙を指紋鑑定に出すと、浦野の指紋と一致しました。 手紙には 「内閣サイバーセキュリティセンターの中にスパイがいる」という内容でした。 また、浦野は加賀谷を友達だと思って教えてくれたのでしょうか。 スポンサーリンク 最後の結末のネタバレ そんな時、東京オリンピックの公式サイトが「ムグンファの花びら」と名乗る韓国のハッカー集団に乗っ取られました。 スクヒと浦野は韓国に密入国していて、ムグンファの花びらを名乗って東京オリンピックの公式サイトを乗っ取っていました。 更にスクヒと浦野は日本に密航して、新潟沖から上陸し、火力発電所に侵入しました。 浦野は火力発電所を休止させて、その身代金に1000億円を要求しますが、裏でディスカウントされて10億円が北朝鮮に送金されていました。 そんな中、東京オリンピックの会場では、多数のドローンが飛んで何か不吉な予感がしましたが、何もありませんでした。 麻美が浦野に誘拐される 浦野が日本に来た目的は、「北朝鮮と契約した東京オリンピックのサイバー攻撃のため」というのは建前で、どうにかして麻美を手に入れたいということでした。 加賀谷は、公安の刑事兵頭(井浦新)から、浦野がいまだに麻美に固執していることを利用して、誘い出すことはできないかと相談された。 再三にわたる説得で、麻美の協力を得て、SNSを利用して浦野を韓国に誘い出す作戦を立てます。 ところが浦野は、日本で麻美を誘拐しました。 加賀谷は麻美を助けるために現場に行きますが、オリンピックの警備に人員を取られて、現場に現れた警察官は4人だけでした。 有希がスパイだった・瀧嶋の正体 そんな中、有希の前に瀧嶋が現れます。 ホステスの康子は源氏名で、病気の妹のためにホステスをしていた有希でした。 竜崎に命令されてスパイ工作をさせられていた有希に目をつけて、瀧嶋はスパイの正体を暴くために有希に近づいたのでした。 スパイの正体は公安の兵頭 内閣サイバーセキュリティセンターのスパイの正体は、公安の兵頭(井浦新)です。 北朝鮮のスパイで目的は「オリンピックを攻撃して、日本で浦野を殺害し、すべてを浦野一人がした犯行として処理すること」でした。 全員が怪しく映し出されるストーリーで、有希とホステスの康子やスパイな兵頭がどう描かれていくのか、楽しみです。 最後に麻美は浦野にはく製にされることはなかったですが、浦野は消息不明になっていて、スクヒが連れて逃げたのではないかと思われます。 浦野が逃げたということは、シリーズはまだまだ続きそうです。

次の

映画スマホを落としただけなのにあらすじネタバレ!成田凌がスゴイ!

スマホ落としただけなのに ネタバレ

「スマホを落としただけなのに 」のあらすじ・ストーリー 今となっては誰もが持つスマホ。 スマホをもしどこかに忘れてしまったら・・・落としてしまったら・・・ と考えることはありませんか?そしてもしそうなってしまったらかなりの恐怖だということも。 本漫画では、まさにスマホを主人公が落とし、拾った人物が非常に狡猾なハッカー(厳密にはクラッカー)であった。 ところから物語がスタートします。 スマホを落とした富田誠(とみた まこと)は、黒髪が綺麗で美人な女性「稲葉麻美」の彼氏。 その富田誠が迂闊にもスマホを落としてしまいます。 スマホを拾ったハッカー(作中では「男」と表記されております。 )スマホを覗くと待ち受けには綺麗な黒髪の美人女性が。 自分が追い求めている女性だと知ると、持ち前のクラッキング技術でスマホの情報を抜き取りまくっていき、稲葉麻美を知り尽くし手中に収めようと画策します。 プライベートなことだらけのスマホを覗き見! 犯人の男はスマホの中にあるあれやこれやのプライベート情報で稲葉麻美がどんな人物なのか、彼氏はいるのか、等々を探っていきます。 中には女性にとっては恥ずかしい写真も... 稲葉麻美がどんな人物なのかを知り、かつ、恥ずかしい写真で弱みを握った上で稲葉麻美にコンタクトを取ります。 知られていないはずの情報が思わぬところから流れており、ハッカーの男はその情報を頼りにあらゆる方法で稲葉麻美に近付こうとしていきます。 全てがバレている富田誠・稲葉麻美 vs ハッカーの男。 しかもどうやら最近黒髪女性を狙った連続殺人事件が起きている。 一体ふたりはどうなってしまうのか・・・ 「スマホを落としただけなのに」の面白いところ・見どころ! 美人な稲葉麻美がハッカーに翻弄される スマホを落として中の情報を抜かれる、そこに自分のプライベートな情報や恥ずかしい写真が含まれている、という状況背景は他の漫画では見られない独特なものだと思います。 美人な稲葉麻美がハッカーに翻弄されるシーンは怖さもありながらつい見てしまう内容だったりします。 映画化された稲葉麻美は北川景子さんが演じておりますので、非常に見応えがあります。 ハッカーは盗んだ情報を悪用し、富田誠のクレジットカード番号で大金を使用したり、稲葉麻美のFaceBookを乗っ取ったりととにかく稲葉麻美カップルを翻弄させていきます。 また、ハッカーは非常に狡猾で機転が効くので、困っている稲葉麻美カップルにセキュリティ会社の関係者として接触をはかります。 怖すぎ・・・ 表の顔で信頼を得、裏の顔ではクラッキングで追い込む。 とにかくそのとんでもない狡猾具合は見どころです。 連続殺人事件に巻き込まれる? 裏で黒髪女性が次々と殺害される事件が起きており、稲葉麻美も黒髪が綺麗な女性。 犯人に関してはネタバレに当たりますので後述のネタバレ感想の箇所で記載しますが、黒髪美人の稲葉麻美もこの事件に巻き込まれていくことになります。 ただスマホを落としたところから始まり、果ては命の危険にまで発展する。 情報社会の中で圧倒的に弱みを握られた富田誠・稲葉麻美カップルと、その犯人。 何もできなければただ殺されてしまうその状況の中で、富田誠と稲葉麻美がどのように対応していくのか、という点は見ていて面白いかと思います。 そしてそこから明らかになる稲葉麻美の驚くべき秘密に関しても・・・ ほんと他人事じゃないよこの事件... 「スマホを落としただけなのに」のネタバレ感想・考察! 犯人の男が最後まで謎めいていて怖い 実はこの漫画、最後まで犯人の男の名前が分かりません。 ずっと「男」と表現されるのです。 得体が知れない。 だけれどもとんでもないハッキングスキルとサイコパスさを兼ね備えた「男」に狙われるその1シーン1シーンが身の毛もよだつ怖さを引き立てます。 物語では、「男」視点の描写も多いので、両者の思惑を読み取ることができるところも、怖さがありながらも面白い点だったりします。 歪んだ環境で育った「男」の「男」たる所以を考えるのも、「スマホを落としただけなのに」を深く考える上で欠かせない部分と言えます。 稲葉麻美の本当の正体 誰もが稲葉麻美を稲葉麻美と解釈していた。 「いや、それって当たり前のことでしょう?」 となるところなのですが、物語の最後でその考えは覆されます。 稲葉麻美は、いや、稲葉麻美の フリをしていた「 渚さゆり」という人物こそが、稲葉麻美の本当の正体だったのです。 本物の稲葉麻美は5年前に既に死んでおり、当時AV女優だった渚さゆりが稲葉麻美になりすまして今の今まで生きていたということになります。 AV女優の「渚さゆり」という名も仮の名で、本名は「山本美奈代」なのです。 ややこしくなってきてるわね... なぜこのようなことが起きたのか。 それは山本美奈代と稲葉麻美の深い深い過去の出来事にあります。 2人は本当に仲睦まじく、ルームシェアとして同居生活を送っていました。 しかし、稲葉麻美がうつ病に掛かってしまいます。 もともと生活苦だった状況がさらに苦しいものとなり、親と疎遠な関係でもある山本美奈代が最後に取った手段がAVへの出演だった。 最悪なことに、AV会社の不手際で山本美奈代の個人情報が世間に流れてしまいます。 通っていた大学でもAV出演がバレ、自殺を何度も考えるほどに山本美奈代自身も追い込まれてしまいました。 同居していた稲葉麻美は、この状況になってしまった原因が自分だと受け止め出た行動が... 「 山本美奈代として自殺すること。 」 山本美奈代の髪色、バッグを持ち完全になりすました状態で電車に飛び込み自殺をします(顔も分からない状態で)。 AV出演がバレて世間的に情報が流れてしまった山本美奈代は亡くなったことになり、まだ生きている本当の山本美奈代は稲葉麻美として生きていくことになりました。 確かに稲葉麻美であれば、世間的に後ろめたい出来事も無いしそのことに対して今後一切悩むこともなくなる。 でもひとつだけ... 山本美奈代なのに稲葉麻美として嘘を付き生き続けなければならない。 「スマホを落としただけなのに」では、ハッカーである「男」の戦慄的な追い込みの話だけならず、こういった裏に隠れた誰にも話せない人間事情も重要なポイントであると言えます。 「スマホを落としただけなのに」映画キャスト ここまで漫画の内容で解説していきましたが、冒頭でも記載しましたが「スマホを落としただけなのに」は、二度映画化されております。 第一作「スマホを落としただけなのに」キャスト• 稲葉麻美 - 北川景子• 加賀谷学 - 千葉雄大• 浦野善治 - 成田凌• 富田誠 - 田中圭• 毒島徹 - 原田泰造(ネプチューン)• 小柳守 - バカリズム• 武井雄哉 - 要潤• 杉本加奈子 - 高橋メアリージュン• 天城千尋 - 筧美和子• 宮本まゆ - 松山愛里• 池上聡子 - 岩井堂聖子• 山本美奈代 - 桜井ユキ 出典: 1作目と大きく変わったのがヒロインに乃木坂46の白石麻衣が起用されたところです。 ほんと美人よね白石麻衣... 白石麻衣がハッカーに狙われる美女役になるわけですが、プライベートが握られる白石麻衣を見たい視聴者も多いはず・・・ 気になる方は、現在絶賛上映中ですので、ぜひ劇場に足を運んで見て下さい! 第二作「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」キャスト• 松田美乃里 - 白石麻衣• 稲葉麻美 - 北川景子• 加賀谷学 - 千葉雄大• 浦野善治 - 成田凌• 富田誠 - 田中圭• 毒島徹 - 原田泰造(ネプチューン)• 笹岡一 - 鈴木拡樹• 安西優香 - 奈緒• 藤井未央 - 谷川りさこ• 牧田英俊 - 田中哲司• 三宅卓也 - 飯尾和樹• 神宮寺紗綾子 - 高橋ユウ• 丹羽両子 - 今田美桜• 兵頭彰 - 井浦新 出典: 「スマホを落としただけなのに」ネタバレ感想!まとめ 「スマホを落としただけなのに」のあらすじ・ストーリーやネタバレ感想をご紹介していきました。 スマホを落としただけなのにプライベート情報を握られ、凶悪犯罪に巻き込まれ死にかけるという些細なことからとんでもないことに発展する当作品ですが、決して誇張しすぎているわけではなく、現代社会においては日常で普通に起きる可能性のある事件かと思います。 富田誠・美人な稲葉麻美、凄腕のハッカー、警察陣の攻防を見るのも非常に面白い一方で、日々のセキュリティ意識を変える作品にもなり得ます。 ぜひ色んな視点で「スマホを落としただけなのに」をご覧になってみて下さい!.

次の

映画スマホを落としただけなのにあらすじネタバレ!成田凌がスゴイ!

スマホ落としただけなのに ネタバレ

しかも、第三者のスマホからターゲットにされるのです。 スマホのパスワードも簡単にバレてしまい、クレジットカードの情報も盗まれ、映画は殺人事件までに発展します。 もちろん、殺人事件まではいかないかもですが、現実でもスマホの情報から事件に発展することはあり得るでしょう。 今は、中高生でも安易な気持ちでSNSを発信していますがこれは怖いことだと思いました。 行った場所、とった行動、何もかも自らさらけ出しているのです。 「みんなしているから」では済まされないです。 矛盾しているのですが、今では学校などでは「プライバシーのため」という理由から連絡網や住所録などはありません。 子供の友達の母親の連絡先を知りたければ個人的に本人に聞く。 昔ではあり得ない世界です。 それなのに、SNSではプライバシーがだだ漏れです。 この映画は、スマホの恐ろしさの全てを表していると思いました。 スマホ1つで知られたくない過去までが。 殺人犯のターゲットにされた北川景子 — 2018年10月月6日午後8時51分PDT それにしても、刑事役の千葉雄大です。 ラストの千葉雄大を観ると本当にこれはハッピーエンドなの? 千葉雄大はこの後何かが起きるのでは?ていうか起こすのでは?と、思ってしまいました。 髪の毛の長い女性。 犯人とリンクしてしまいました。 気になって仕方がありません。 予定通り北川景子と結婚すると決めた彼氏にも驚き 全てを知ってそれでも結婚するの?ある意味すごいポジティブな性格なんだな。 「普通は、絶対に破談するよね?」と、少し突っ込んでしまいたくなりましたが、とても面白い映画でした。 これまでは、スマホを気にしていなかったのですが、ついつい「あるかな?落としてないよね?」と、ついついカバンの中を探すようになりました。 それだけスマホの中に入っている情報が莫大で想像もできないほど恐ろしいものなのです。 なのでこれ位注意している方がいいのかもしれません。 スマホには、まだまだ私の知らない恐ろしさが詰まっているのかもしれないのですから。 確かに映画の中の犯人は特別ネットに詳しかったのですが、実際にもそれぐらい詳しい人が大勢いるのではないでしょうか? スマホを使う全ての人。 特に学生たちに観て勉強してもらいたいと思いました。 本当に恐ろしいのはやっぱり人間なのだな。 と、実感した映画です。 メインストーリーの殺人事件もとても面白かった! — 2018年10月月16日午前7時48分PDT 成田凌のカツラ姿。 怖いほどに似合っていました。 爪を噛みながら小刻みに震えながらのスマホのパスワードを解明していく姿にはゾッとしました。 後半はずっとハラハラさせられてばかりでした。 しかも、殺すターゲットの共通点には今、大きな問題になっている虐待した母親の姿。 「うーん、考えさせられるなぁ。 」と、思いました。 憎んでも憎みきれない。 どこか切なさを感じてしまいました。 あなたは友達や恋人の電話番号、覚えてますか? 冒頭であったのですが、元々スマホを落としたのは北川景子の彼氏である田中圭です。 そこで、田中圭は連絡を取るにも電話番号を覚えていなくて困り果ててしまいます。 昔、携帯が無かった頃は親しい人の電話番号っていくつかは覚えてましたよね? でも、今ではスマホに頼理きりで全く覚えてません。 手帳というのも持たなくなりました。 スケジュールも全てスマホの中です。 今では当たり前な事なのですがよくよく考えてみるとスマホを無くしたら何も分からなくなってしまいます そんな恐ろしさもこの映画では描かれていました。 学校でもSNSの講習会が開かれている ここ最近、SNSでのトラブルが多くなっているため中学校ではSNSの扱い方についての講習会が開かれています。 実際、私の娘も学校で話を聞いてきました。 「どうだった?」と聞くとプリントを渡されて説明された。 「でも、別に怖くない。 」と、言ったのです! そう、淡々とした説明だけでは、怖さを感じていないのでした。 「眠たかったし、そんな事わざわざ言わなくても分かってる」とまで言う始末。 全く耳に入ってなかったみたいです。 それは私の娘だけではなく友達みんなそんな感じだったそうです。 それが、この映画を観ると「気をつけないと怖いなぁ」と、言っていました。 学校でもこの映画でSNS対策の学ぶ方が子どもたちも実感するのでは?と、感じます。 物語にもなっているし、ネットの闇がリアルに描かれていたので物語にのめり込む事ができます。 なので、内容を鮮明に覚えるし、スムーズに頭に入ってきます。 まとめ 全ての個人情報がつまっているスマホ。 これを無くしてしまうといかに怖ろしいことになるか実感できる内容です。 とくにSNSをしている人はぜひ観るべき映画だと思いました。 何気ない投稿が自らプライバシーをさらけ出しているのですから。 よく考えて使うべき物なのだと思いました。

次の