適応障害 休職期間。 適応障害で休職する際には診断書が必要

適応障害で休職する際には診断書が必要

適応障害 休職期間

ある時、急な環境の変化についていけず、自分の心のキャパシティーがオーバーした時に、適応障害という病に陥ってしまいます。 そうなると、毎日があまりにも辛く不安感や抑うつ感から何もする気が起きなくなってしまい、更に自分を追いつめてしまうでしょう。 しかし、焦っても良いことは有りません。 スポンサーリンク 仕事が出来なくなった自分を責めても、更に焦燥感が増してしまいます。 そのような時は、まず原因となった環境から離れることが重要です。 例えば学生なら学校を休学するのも手ですが、社会人となるとそう簡単には仕事を休めません。 しかし、医師の診断書があれば社会人でも相応の休息を取ることが可能です。 医師が「この人は休職した方が良い」と判断すれば、診断書を貰えますし、それを人事部に提出して病気に対する理解を得るべきでしょう。 では、その休職期間は一体どのくらいが一般的なのでしょうか。 個人差はありますが、大体の平均期間や復帰の目安とはどのようなものなのかを、完結に説明致します。 適応障害での休職期間はおおよそ3ヶ月だと言われています。 まずストレス因子となっている環境から離れてみて、ストレスフリーな状態になります。 スポンサーリンク そうすると、段々と不安感や焦燥感、抑うつ感からも解放されていき、本人自身も「治ったかもしれない」と思えるようになります。 この期間の間には、対症療法として抗不安薬などを用いられることもありますが、これは根本的解決ではありません。 あくまで環境から離れる、もしくは慣れることで適応障害を治すのです。 この3ヶ月という平均はあくまで平均ですので、もっと長くかかる方もおられます。 長引かせない為には、焦って復帰しようと時期尚早に動かないことです。 休職期間が長くなると、それだけ焦燥感も湧いてくると思いますが、ご自身にあった休職期間と生活リズムを整えることで、徐々に身体も精神も健全な状態に戻って行くのです。 3ヶ月を過ぎたからといって、あせらずに治療することが重要です。 スポンサーリンク.

次の

適応障害の診断書の実情とは?適応障害の病名や休職期間について

適応障害 休職期間

適応障害になったらどのくらいの期間休職するの? 適応障害の治療は多くの場合、ストレス因子を取り除いた日から半年以内に症状は消失すると言われています。 しかし、「ほとんどの場合」であり、すべての人がそれに当てはまるわけではありません。 特に、仕事をしている人ほど症状が長引く傾向があり、休職なしでは治療が難しいこともこの病気の特長でもあります。 適応障害で休職する際には医師の診断を受けますが、およそ2〜3ヶ月の休養を行うことが一般的だそうです。 この期間、服薬と休養、カウンセリングによる治療を受けて症状が緩和されれば、徐々に仕事復帰に向けての取り組みが行われていきますが、症状が改善されない場合にはまた、新たな対応が必要です。 休職期間に症状か改善されなかったら 当初に予定していた休職期間に症状が緩和されなかった場合には、医師と話合い、治療方法や休職期間の延長を視野にいれて考えなければなりません。 復帰を焦っても、症状が出現するのであれば、従来までの仕事を行うことができないどころか、うつ病や双極性障害などを引き起こす可能性だって高まります。 特に、症状の中にうつ傾向をお持ちの方や、自殺企図、多量飲酒がみられる方は、自傷他害のリスクも高まり、命を危険にさらしてしまう可能性さえあります。 また、他にも、周囲との人間関係の調和に支障をきたし、復帰後の環境に悪影響をきたしてしまうこともあります。 そのため、適応障害で休養されている方は、「休職の平均期間」を気にすることよりもご自分の体調を考えて復帰を検討することが大切です。 適応障害は、治療に専念することで予後は良好な病気ですから、焦らずゆっくり休養することがおすすめです。 また、休職期間中にストレスの対処の仕方も身につけておくと尚、再発を防止することができるでしょう。

次の

適応障害で休職する際には診断書が必要

適応障害 休職期間

こんばんはーぶてぃー。 柚紗雪です。 今通っている病院のにて、 「」です。 と診断されてから1年が経ちました。 というお話。 ~壊れた日~ 2019年5月14日の朝、私は壊れました。 前日にはほとんど壊れていたのですが…。 新しく異動した希望外の係。 たまたま、ヘビーなクレームを連発で喰らってしまった私。 5月の13日。 「とりあえず、今日頑張ろう」と自分に言い聞かせていた行きの電車。 そう言い聞かせながらも、もう一人の自分が問う。 「そのとりあえずがあと何日続くの?」 なんとかやりきった13日の夜。 まともに夕食も食べられず、酷い頭痛と気怠さを感じ、早めに床に就きます。 しかし、早めに床に就いてしまっては、明日が来てしまう。 そして、14日の朝。 起きても変わらない頭痛。 とりあえず、頭痛が酷いので仕事を休むことを家族に告げました。 そして、職場へ電話するのですが… この時、私は自分のメンタルがもう限界であることを何となく分かっていました。 しかし、職場へ電話した際には、メンタルが辛いことは言えず、ただ頭痛が酷いので…ということしか言えませんでした。 その直後。 電話を切った直後でした。 両の目から溢れ出す大量の涙。 止まらない涙。 いつしか、呼吸が辛くなり、状態に。 このままでは死ぬ、と本気で思いました。 なんとか自室から這い出てリビングへ這って行きました。 そこには祖母と母が。 「なんだこいつ」くらいに無視した祖母。 一方で、事の重大さを察知した母。 1時間くらい経って、なんとか落ち着きました。 その後、どの病院へ行くか。 詳細は省きますが、ここでではなくかかりつけの内科に行くことにしました。 その内科の診察で、自分の状態を話すと、先生がとある大学病院のへの推薦状を書いてくれました。 そして、翌日。 ~名前が書けない~ それが、5月15日。 外の世界で鳴り響く色んな音に怯えていた当時の僕は、ゆっくりゆっくり自転車を漕いで病院へ。 初診察なので、総合受付で受付票に記入をするのですが、 自分の名前が書けませんでした。 自分の名前を忘れたということではなくて、自分の名前の漢字が思い出せなかったのです。 覚えている部分でさえ、書こうとすると震える手。 結局4~5回書き直したと思います。 そして、の診察で告げられたのは、 「あなたは、という病気です。 これは、心の病気なので、薬などで治るものではなりません。 原因となっているストレスから離れることが唯一の治療法です。 」 ということ。 実は、この時少しホッとしたのをよく覚えています。 今の自分の状態に、確固たる病名がついたこと。 どういう病なのか、ちょっとでも分かったことで落ち着いたのでした。 とりあえず、1か月自宅療養の診断書が出されて、約8か月の休職生活が始まりました。 ~記憶~ ここまで書いた、と診断される前後のことは結構覚えています。 しかし、診断されて休職に入ってから最初の2か月くらいの記憶がほとんどありません。 何となくの断片的な記憶はあるのですが、正直なにをどうして過ごしていたのかはよく覚えていません。 たまに、当時のブログや日記を自分で読み返して驚くくらいです 笑 ~8か月~ 私が休職していた期間のことを超簡単に振り返ってみます。 ご参考になるかは分かりませんが 笑 5月15日:と診断される。 5月下旬:一時の解放感が凄く、超元気に過ごす。 6月初め:最初に出された診断書の休職期間である1か月の終わりが迫り、「このまま復帰になるのでは?」と思い、恐怖・不安に駆られる。 自宅にいる罪悪感が強い、毎日頭痛がする。 大きい音と人混みが怖い こんな感じでした。 6月上旬:担当医との診察で、「年明け~年度末までの休職を視野に入れる」ように言われる。 「状態が強い」と診断され、レクサプロが処方される。 腰を据えて休む覚悟も出来ましたし、「まだ到底無理だけど復帰させられるのかな?」と怯えることがなくなりました。 ・1か月半ぶりくらいに電車に乗る。 超怖くて途中で降りたけれど、乗れたことが自信に。 ・ 1週間の内、元気な日が2~3日、感情が揺れ動く日が2~3日、1日中ぐったりな日が1~2日という感じ。 超緊張。 前日は死にそうだった 笑 先生からは、「まず休日の過ごし方が毎日出来るようになるのを目指すこと」と言われる。 8月:甲子園を見入る。 7~8月=休職に入って2~3か月くらい経ったくらいから、好きなことが割と楽しめるようになりました。 活字も安定して追えるようになったのはこのくらいだったかな。 軽い筋トレなんかも出来るようになったのがこの頃。 9月:愛犬の状態が悪く、その世話をすることも多く、心身ともに不調な日が続く。 9月下旬:愛犬逝去。 上向きだった状態に、ペットロスがのしかかる。 10月:自分と向き合うようになる。 自分のネガティブ思考と向きあったり、自己肯定感の向上を考えたり。 ・起床時間を少しずつ揃えだす。 9時くらいに起きるように。 失敗しても落ち込まないことを心掛ける。 ・日中なるべく外出を心掛ける。 電車練習と散歩とサイクリング。 ・元々、だった筋トレも普通にできるようになる。 10月中旬:「順調に来ている」と診察で言われる。 「このまま順調にいけば、年明けくらいにはリハビリ勤務なり、会社に戻れる」と言われる。 11月:診察で3つの訓練をするように言われる。 乗換口の光景が通勤してた当時のラッシュをフラッシュバックさせていた…。 11月終わり:会社の保険相談員さんと、リハビリ勤務などに向けて初面談。 無事成功。 12月初め:診察で、年明けからのリハビリ勤務OKと言われる。 12月13日:相談員と上司と3者面談。 「が原因ではないので、リハビリ勤務は元の係で行います」と宣告されて、面談中に号泣。 相談員に色々言われる。 一気に、休職当初くらいの状態に戻る。 相談員相手にブチギレる。 最初は相手も戦うが、最終的に謝罪をゲット。 しかし、元の係でリハビリ勤務をすることは変わらず。 ただ、上司がなるべく係に座りっぱなしにならないように、リハビリ勤務中の業務を提案してくれる。 1月6日:上記の3者と、本社人事を含めて5者面談。 成人式明けからのリハビリ勤務開始が決定。 3月上旬:8週間のリハビリ勤務が終了。 晴れて復職。 3月中旬:異動内示。 病んだ事務所・係からの脱出に成功。 そして、今日、5月15日。 コロナの影響があって、自宅勤務と事務所出勤の日があったりして、なんともではありますが、なんとか新しい事務所・係でフルタイムで働いております。 私の場合は、事務量過多でもでもない要因でになったので、意外とレアケースかもしれません。 したがって、リハビリ勤務中の周囲とのやりとりや、そもそもの回復基調においても、皆さんのご参考となるところが少ないかもしれません。 ただ、などで孤独に苦しんでいるあなたも、決して一人じゃないということだけ、それだけは伝わってくれれば幸いです。 今は、概ね順調に日々を過ごしていますが、心の隅っこには、「またきっかけ一つで苦しむかもしれない」そんな恐怖が鎮座しています。 裏ではまだまだ怯えています。 それはきっとこれからも、ずっと続いていくことでしょう。 毎日とはいきませんが、まだまだブログも続きます。 長くなりましたが、ありがとうございました。

次の