ラグビー ファール。 スクラム (ラグビー)

ラグビーの反則行為

ラグビー ファール

A ベストアンサー 私が学生の頃 30年以上前 は、海パンを履いていました。 海パンと行っても、だぶだぶのサーフパンツではなくて、ショーツタイプのですね。 多分、同じくらいの時期だと、サッカーをやっていた者も含め、海パン派は結構いると思います。 話では、お母さんのパンツをはいていたものもいたとか、要はぴったりしたしたインナーということですから 私が学生の頃は、ラグビーパンツがデカパンから極端に短いものに切り替わる時期でした。 デカパンの頃にはノーパンの猛者も居たという話は聞きましたが、短いのだとノーパンではおいなりさんが見えてしまいますからね。 私の時代には皆、何か 下着の者も当然いました 履いていました。 私は、途中で高校時代の海パンがすり切れてしまったので、その後は水泳用のサポーターをはいていました。 そういえば、最近は試合中にパンツが破れてチームメイトが周囲を囲んでグランドで着替える光景無くなりましたね。 何度か囲む方を経験しましたが、相手チームの選手でもノーパンは居ませんでした。 私が学生の頃 30年以上前 は、海パンを履いていました。 海パンと行っても、だぶだぶのサーフパンツではなくて、ショーツタイプのですね。 多分、同じくらいの時期だと、サッカーをやっていた者も含め、海パン派は結構いると思います。 話では、お母さんのパンツをはいていたものもいたとか、要はぴったりしたしたインナーということですから 私が学生の頃は、ラグビーパンツがデカパンから極端に短いものに切り替わる時期でした。 デカパンの頃にはノーパンの猛者も居たという話は聞きましたが、短いのだとノーパンで... A ベストアンサー 教育隊などで外出が制限されている場合には、やはりトイレでおな~にですね。 いいネタ本があったら数人で使い回ししたりしてました。 保険屋や売店の「お姉さん」といい仲になって、面会所とかでやっちゃった、という話も昔は良く聞きましたが、外出が比較的自由にできるようになった今では、あまりそういう話はないようです。 そのかわり風俗にはまっている隊員は結構いるようですね。 話は変わりますが、戦時中だと「慰安婦制度」が必要になってくるわけですね。 兵士とはいえど性欲はありますから、放っておくと粗暴になって風紀が乱れたり強姦などの犯罪を起こしたりしますから、処理するためのしくみが必須なのです。 沖縄の米軍兵士による性犯罪を思い起こされればよいと思います。 かつて日本軍が女性を強制連行して無理矢理慰安婦にしたという説がありますが、これは今ではデタラメだったという説の方が有力ですね。 実際、慰安婦を募集したところ、待遇が良いため、競争率は相当高かったそうです。 ですから、無理やり連行する必要などなかったのですね。 つまり、双方にとって利益があったということです。 また、先の湾岸戦争では、女性兵士の避妊が大問題だったんだそうです。 教育隊などで外出が制限されている場合には、やはりトイレでおな~にですね。 いいネタ本があったら数人で使い回ししたりしてました。 保険屋や売店の「お姉さん」といい仲になって、面会所とかでやっちゃった、という話も昔は良く聞きましたが、外出が比較的自由にできるようになった今では、あまりそういう話はないようです。 そのかわり風俗にはまっている隊員は結構いるようですね。 話は変わりますが、戦時...

次の

ラグビーのルール「アドバンテージ」について

ラグビー ファール

「ラグビー面白そうだけど、ルールがよく分からない!」 「観るだけでも面白いけど、ルール知ってたらもっと面白いかも!」 そういう方々も多いと思います。 そこで、今回はラグビーのファールについて英語で学んでいきたいと思います! オブストラクション オブストラクションとは、「守備妨害」のことです。 英語では 「obstruction」といい、 「妨害、障害」という意味があります。 「obstruct」で「ふさぐ、さえぎる」という意味です。 ラグビーでは、ボールを持っていない選手に対してタックルをすることは禁止されています。 ボールを持っている選手に対して、DFがタックルしようとするのを攻撃側の選手が止めることも禁止されています。 They took the foul because they collapsed scrum on purpose. スクラムを崩したので、彼らはファールを取られた。 「on purpose」は「わざと」という意味です。 「purpose」には「目的」という意味があります。 アーリーエンゲージ これもコラプシングと同じく、スクラムに関する反則です。 審判の合図に合わせてスクラムを組まないことを「アーリーエンゲージ」と言います。 アーリーエンゲージは英語で 「early engage」と言います。 「early」は「早く」、 「engage」はいろんな意味がありますが、ここでは 「交戦する」という意味です。 直訳すると、「早く交戦してしまう(=スクラムを組んでしまう)」という意味になります。 They scrammed earlier than the referee signed. 審判が合図する前にスクラムを組んだ。 オフザゲート この「オフザゲート」という反則ですが、少しルールが難しいです。 ボールを持っている選手がタックルをされると、倒れこみます。 ボールも持っていた選手は倒れこむと、自分の味方にボールを渡そうとします。 このとき、味方は攻撃方向からボールを受け取らなければなりません。 攻撃方向とは相手のゴールがある方向です。 もし攻撃方向とは違う方向からボールを受け取ってしまうと、「オフザゲート」という反則になります。 オフザゲートは英語で 「off the gate」と言います。 You must receive the ball in direction of your offensive. 攻撃方向に向かってボールを受けなければなりません。 オフサイド サッカーでよく耳にする「オフサイド」。 実はラグビーにもオフサイドという販促があります。 しかし、サッカーのオフサイドとラグビーのオフサイドは感覚が少し違います。 ラグビーではスクラムなど密集隊形を組んだときに、最後尾の選手の位置をオフサイドラインとします。 このオフサイドラインを超えて、横からプレーに参加すると反則となります。 これがラグビーにおける「オフサイド」です。 オフサイドは英語で 「offside」と言います。

次の

ラグビー、日本対アイルランド戦で

ラグビー ファール

ラグビーのルールのアドバンテージについて説明していきたいと思います。 サッカーと同じようにプレーが継続されていると、反則が起きたとしてもそのまま試合を続けて行うのがアドバンテージになります。 ラグビーの場合アドバンテージというルールは反則の重大さによってどの程度継続されるかが異なるため、大きく分けてペナルティーと軽い反則について解説していきます。 アドバンテージとは そもそもアドバンテージとは試合の中で反則があった場合に、反則をしていない側のチームが有利にボールを運んでる場合はアドバンテージによって試合が継続になります。 反則をしたチームが反則したあともボールを保持している場合はレフリーによって試合が止められ、セットプレーからの試合の再開になります。 それではペナルティーのアドバンテージの場合と軽い反則の場合のアドバンテージをそれぞれみていきます。 ペナルティーのアドバンテージ ペナルティーの反則はとても有利なため、3度続けてしまうと得点になってしまうと言われるほど重大な反則です。 なので、ペナルティーのアドバンテージは長く続きます。 長く続くので多少無茶なことをしてもペナルティーがもらえるから挑戦的なアタックを試みても良いと思います。 例えばキックパスであったり、成功したらいいなーくらいの戦術をとってみても良いと思います。 ペナルティーのアドバンテージが解消されるのは十分な利益があった場合に解消されます。 十分な利益とはアタックを継続して行えていて、かつ前進している場合はアドバンテージをみてる場合です。 ここで注意するのは時間である程度経過したからアドバンテージ解消とはならないということです。 有利に進めることができて解消となります。 軽い反則のアドバンテージ ラグビーのルール上軽い反則とはノックオンやスローフォワードなどになります。 ペナルティーと同じように反則が起こっても反則をしなかったチームが有利にボールを進めていた場合はプレーが継続されます。 しかし、ペナルティーと違うアドバンテージで注意しなければならない点があります。 この軽い反則では、キックを蹴ると解消されることが多々あります。 キックを蹴った瞬間にアドバンテージ解消となる場合があるので、ミスキックやダイレクトタッチになってしまう危険がある場合はむやみにキックをしないほうが良いでしょう。 ペナルティーのアドバンテージと違って、こちらのアドバンテージはわりと早めに解消となるので、しっかりとレフリーの声を聞きながらプレーしましょう。 プレーを継続させるよりもいったんセットプレーから立て直しを図る場合はむやみなアタックはせず、アドバンテージをもらうほうがベターかもしれません。 今回はラグビーのアドバンテージのルールについて解説してきました。 レフリーの声を聞くこともプレーをする上では大切です。 周りの声を聞きながらプレーすることを心がけましょう。

次の