生物博士。 中國醫藥大學 生物醫學研究所 China Medical University, Taiwan

聯合生物製藥(股)公司 United BioPharma

生物博士

分子化學暨細胞生物學組 專任教師 教授• 學歷:美國康乃爾大學動物科學系博士• 研究方向及專長:胚胎與胚訊息傳遞、生殖生物技術、熱緊迫生理學、動物複製與胚幹細胞• 連絡信箱:jcju mail. cmu. edu. 聯絡電話:04-22052121轉7301• 傳真電話:04-22333641• 辦公室:癌症中心3樓 副教授• 學歷:高雄醫學大學醫學研究所博士• 研究方向及專長:幹細胞再生醫學、組織工程與新穎生醫材料之開發、奈米醫學工程與腫瘤治療模式之應用• 連絡信箱:hunghs mail. cmu. edu. 聯絡電話:04-22052121轉7827• 傳真電話:04-22333641• 學歷:交通大學生物資訊所博士• 研究方向及專長:結構生物資訊學、計算生物學、演化式計算、機器學習• 連絡信箱:chlu mail. cmu. edu. 聯絡電話:04-22052121轉7725• 傳真電話:04-22333641• 辦公室:癌症中心7樓708室 副教授• 學歷:陽明大學生物化學研究所博士• 研究方向及專長:分子生物學、細胞生物學、生物化學、基因剃除老鼠、細胞骨架學、蛋白質降解、訊息傳遞 藥物篩選• 連絡信箱:huijyechen mail. cmu. edu. 聯絡電話:04-22052121轉7722• 傳真電話:04-22333641• 學歷: 陽明大學公共衛生研究所 預防醫學組 博士• 研究方向及專長:幹細胞學、誘導性多能幹細胞的建立與分化、幹細胞對於神經疾病的治療與應用• 連絡信箱:spliu mail. cmuh. org. 聯絡電話:04-22052121轉7828• 傳真電話:04-22333641• 學歷: 美國德州大學奧斯汀分校生物醫學工程博士• 研究方向及專長:先進螢光顯微鏡技術, 細胞生物學, 幹細胞與組織工程, 生物物理, 癌症檢測• 連絡信箱:allen. liu mail. cmu. edu. 聯絡電話:04-2205-2121轉7732• 傳真電話:04-22333641• 實驗室網頁: 合聘教師 合聘教授• 學歷:國立台灣大學藥理學研究所博士• 研究方向及專長:藥理學、癌症藥理學、內分泌藥理、骨質代謝、骨癌、癌症轉移、藥物開發• 連絡信箱:chtang mail. cmu. edu. 聯絡電話:04-22052121轉7726• 傳真電話:04-22333641• 辦公室:癌症中心7樓709室 合聘特聘教授• 專長:Biomaterials, Tissue Engineering, Regenerative Medicine• Email:double ntu. edu. tw 合聘教授• 學歷:國立台灣大學醫學院 生物化學研究所 博士• 研究方向及專長:基因突變分析、藥物對於口腔癌形成過程及機制之影響 、評估藥物對血脂肪之影響• 連絡信箱:nwchang mail. cmu. edu. 聯絡電話:04-22053366#2151• 辦公室:醫學大樓 5樓 合聘教授• 學歷:香港大學生理學系博士• 研究方向及專長:離子通道之生理與藥理• 連絡信箱:ymleung mail. cmu. edu. 聯絡電話:04-22053366 分機 2185• 辦公室:醫學大樓6樓 合聘教授• 專長:研究神經幹細胞和胚胎幹細胞在神經退化疾病及神經損傷的治療應用、探討纖維母細胞生長因子在人類疾病所扮演的角色• Email:ingming nhri. org. 電話:037-246166 ext. 37501 合聘教授• 專長:血管生物學、力學生物學• Email:jjchiu nhri. org. 電話:037-246166 ext. 38300,38301 合聘教授• 專長:遺傳流行病學、生物統計、生物資訊、老化流行病學、公共衛生• Email:hsiung nhri. org. 電話:037-246-166 ext. 36100 合聘合聘教授• 專長:臨床細菌學、分子生物學• Email:lksiu nhri. org. 電話:037-246-166 ext. 35507 合聘副教授• 國家衛生研究院 細胞及系統醫學研究所• Email:syet nhri. org. 電話:037-246166 ext. 38311• 專長:研究血管平滑肌細胞在血管疾病的角色 合聘副教授• 專長:阿茲海默症的大腦如何與免疫系統溝通改變疾病的進程• Email:juang nhri. org. 電話:037-246166 ext. 35308 合聘副教授• 專長:訊息傳遞與基因調控在癌細胞、幹細胞及內皮細胞之生物學研究• Email:jliou nhri. org. 電話:037-246166 ext. 38309 合聘助理教授• 專長:粒腺體逆境與癌症• Email:alanylee nhri. org. 電話:037-246166 ext. 31705 合聘助理教授• 專長:退化性關節炎的分子致病機轉與治療• Email:lingjunho nhri. org. 電話:037-246-166 ext. 37311, 37316 合聘助理教授• 專長:利用小鼠動物模式研究老化機制、細胞週期調控、抗癌藥物開發• Email:ychi nhri. org. 電話:037-246166 ext. 35718 合聘助理教授• 專長:癌症分子藥理與實驗性治療研究• Email:cckujo nhri. org. 電話:037-246166 ext. 35758 合聘助理教授• 專長:Toll-like receptor function 在免疫系統的分子基轉發炎反應、發炎疾病及代謝疾病之代謝質體學研究• Email:kuocc nhri. org. 電話: 037-246166 ext. 38317 合聘副教授• 專長:在肝癌及口腔癌中探討與轉移相關的基因及微小RNA• Email:ywc nhri. org. 電話:037-246166 ext. 35103 合聘助理教授• Email:ltyang nhri. org. 電話:037-246166 ext. 37521 合聘副教授• 專長:以高通量Micro-Western Aarray蛋白質晶片系統研究攝護腺癌和老化肌肉疾病訊息傳遞網絡與蛋白質表徵之變化• Email:cpchuu nhri. org. 電話:037-246166 ext. 37300.

次の

【MHWI】レア生物が見つけやすくなる!食事「ネコの生物博士」スキルの作り方

生物博士

分子化學暨細胞生物學組 專任教師 教授• 學歷:美國康乃爾大學動物科學系博士• 研究方向及專長:胚胎與胚訊息傳遞、生殖生物技術、熱緊迫生理學、動物複製與胚幹細胞• 連絡信箱:jcju mail. cmu. edu. 聯絡電話:04-22052121轉7301• 傳真電話:04-22333641• 辦公室:癌症中心3樓 副教授• 學歷:高雄醫學大學醫學研究所博士• 研究方向及專長:幹細胞再生醫學、組織工程與新穎生醫材料之開發、奈米醫學工程與腫瘤治療模式之應用• 連絡信箱:hunghs mail. cmu. edu. 聯絡電話:04-22052121轉7827• 傳真電話:04-22333641• 學歷:交通大學生物資訊所博士• 研究方向及專長:結構生物資訊學、計算生物學、演化式計算、機器學習• 連絡信箱:chlu mail. cmu. edu. 聯絡電話:04-22052121轉7725• 傳真電話:04-22333641• 辦公室:癌症中心7樓708室 副教授• 學歷:陽明大學生物化學研究所博士• 研究方向及專長:分子生物學、細胞生物學、生物化學、基因剃除老鼠、細胞骨架學、蛋白質降解、訊息傳遞 藥物篩選• 連絡信箱:huijyechen mail. cmu. edu. 聯絡電話:04-22052121轉7722• 傳真電話:04-22333641• 學歷: 陽明大學公共衛生研究所 預防醫學組 博士• 研究方向及專長:幹細胞學、誘導性多能幹細胞的建立與分化、幹細胞對於神經疾病的治療與應用• 連絡信箱:spliu mail. cmuh. org. 聯絡電話:04-22052121轉7828• 傳真電話:04-22333641• 學歷: 美國德州大學奧斯汀分校生物醫學工程博士• 研究方向及專長:先進螢光顯微鏡技術, 細胞生物學, 幹細胞與組織工程, 生物物理, 癌症檢測• 連絡信箱:allen. liu mail. cmu. edu. 聯絡電話:04-2205-2121轉7732• 傳真電話:04-22333641• 實驗室網頁: 合聘教師 合聘教授• 學歷:國立台灣大學藥理學研究所博士• 研究方向及專長:藥理學、癌症藥理學、內分泌藥理、骨質代謝、骨癌、癌症轉移、藥物開發• 連絡信箱:chtang mail. cmu. edu. 聯絡電話:04-22052121轉7726• 傳真電話:04-22333641• 辦公室:癌症中心7樓709室 合聘特聘教授• 專長:Biomaterials, Tissue Engineering, Regenerative Medicine• Email:double ntu. edu. tw 合聘教授• 學歷:國立台灣大學醫學院 生物化學研究所 博士• 研究方向及專長:基因突變分析、藥物對於口腔癌形成過程及機制之影響 、評估藥物對血脂肪之影響• 連絡信箱:nwchang mail. cmu. edu. 聯絡電話:04-22053366#2151• 辦公室:醫學大樓 5樓 合聘教授• 學歷:香港大學生理學系博士• 研究方向及專長:離子通道之生理與藥理• 連絡信箱:ymleung mail. cmu. edu. 聯絡電話:04-22053366 分機 2185• 辦公室:醫學大樓6樓 合聘教授• 專長:研究神經幹細胞和胚胎幹細胞在神經退化疾病及神經損傷的治療應用、探討纖維母細胞生長因子在人類疾病所扮演的角色• Email:ingming nhri. org. 電話:037-246166 ext. 37501 合聘教授• 專長:血管生物學、力學生物學• Email:jjchiu nhri. org. 電話:037-246166 ext. 38300,38301 合聘教授• 專長:遺傳流行病學、生物統計、生物資訊、老化流行病學、公共衛生• Email:hsiung nhri. org. 電話:037-246-166 ext. 36100 合聘合聘教授• 專長:臨床細菌學、分子生物學• Email:lksiu nhri. org. 電話:037-246-166 ext. 35507 合聘副教授• 國家衛生研究院 細胞及系統醫學研究所• Email:syet nhri. org. 電話:037-246166 ext. 38311• 專長:研究血管平滑肌細胞在血管疾病的角色 合聘副教授• 專長:阿茲海默症的大腦如何與免疫系統溝通改變疾病的進程• Email:juang nhri. org. 電話:037-246166 ext. 35308 合聘副教授• 專長:訊息傳遞與基因調控在癌細胞、幹細胞及內皮細胞之生物學研究• Email:jliou nhri. org. 電話:037-246166 ext. 38309 合聘助理教授• 專長:粒腺體逆境與癌症• Email:alanylee nhri. org. 電話:037-246166 ext. 31705 合聘助理教授• 專長:退化性關節炎的分子致病機轉與治療• Email:lingjunho nhri. org. 電話:037-246-166 ext. 37311, 37316 合聘助理教授• 專長:利用小鼠動物模式研究老化機制、細胞週期調控、抗癌藥物開發• Email:ychi nhri. org. 電話:037-246166 ext. 35718 合聘助理教授• 專長:癌症分子藥理與實驗性治療研究• Email:cckujo nhri. org. 電話:037-246166 ext. 35758 合聘助理教授• 專長:Toll-like receptor function 在免疫系統的分子基轉發炎反應、發炎疾病及代謝疾病之代謝質體學研究• Email:kuocc nhri. org. 電話: 037-246166 ext. 38317 合聘副教授• 專長:在肝癌及口腔癌中探討與轉移相關的基因及微小RNA• Email:ywc nhri. org. 電話:037-246166 ext. 35103 合聘助理教授• Email:ltyang nhri. org. 電話:037-246166 ext. 37521 合聘副教授• 專長:以高通量Micro-Western Aarray蛋白質晶片系統研究攝護腺癌和老化肌肉疾病訊息傳遞網絡與蛋白質表徵之變化• Email:cpchuu nhri. org. 電話:037-246166 ext. 37300.

次の

生物学博士有前途吗?_百度知道

生物博士

学塾ヴィッセンブルク 塾長 朝倉智義 さん: 初めまして。 学塾ヴィッセンブルクの朝倉と申します。 当サイトに飛んでくるリンク元として、こちらのサイトがあったのでやってきました。 私も生物関係の記事を良く書くので、生物関係で引用されたのかと思ったら、まさかの算数でした。 上のコメントを拝見致しました。 クソ難しい長文は、全部は到底読めませんw 管理人様も大変ですね。 ツイッターはやっていないのですが、アカウントを取ったら是非フォローさせてください。 その時にはよろしくお願いいたします。 小嶺 幸弘 さん: 村中璃子について一言。 私は子宮頸がんワクチン問題で、何人もの神経内科教授が副作用説を担ぐ中で、ほとんど唯一の神経内科医として、彼女には無理な科学的解説ブログを書いてきました。 彼女はWHO経歴を生かして新型コロナウイルス解説に乗り出していますが、できないことを実現する研究者でではなく、文献を読んで判断するだけです。 今回、通説に従って「多くが軽症」「若者にはたいしたことない」「PCR検査で医療崩壊」と言って来ました。 しかし、彼女が利用する本庶先生がPCR検査増を言い出して、ヒステリックに「PCR検査増」論議する番組に不買運動をするようになっています。 通説で誤ったことは非難しませんが、そこで思考停止して4月末からの自己保身図る言動は、科学者でも言論人でもありません。 小嶺 幸弘 さん: Mooさんに返信。 内容が詳しく、質問にも丁寧なiina-Kobeさんに代わって、「安心して油断させる」について、臨床医としてお答えします。 陰性の結果を伝えるときに「(良かったですね)検査には見逃しもあるので、今後も体調に注意し、感染対策はしましょうね」と指導しています。 これで問題ないです。 検査しないで見逃された陽性者が不安のまま自己隔離続けるということは実証されていません。 「検査は陽性者を」について、間違いではありませんが、前項と対立するものではありません。 iina-Kobeブログを知るまえから、私もブログで科学的解説をしています。 blog. fc2. html 「PCR検査増医療崩壊」空念仏医師たちに具体的数字を上げて崩壊像を示すように言っていますが、誰ひとりとしてできていません。 まな さん: 平易なことばで図示も多く、とても勉強になります。 ありがとうございます。 貴方の書き込みは科学的根拠に基づかないものですので、スパムだと申しております。 すでに論文で、どの時期にどの部位にどれくらいのウイルス量があるのかは出ておりますのでそれをふまえてやれば問題ないです。 それは貴方にそのままお返しします。 すでに、この論文では、鼻腔からの検体によるRTPCR検査の陽性割合が発症日で94. 39%となっております。 もう少し精度と検査による検出率の違いについても勉強されたほうが良いかと。 ここにもあなたの陥っている勘違いについて書いております。

次の