ニフモ 速度。 NifMo(ニフモ)の速度制限は厳しい?他社と比較してみた

NifMo(ニフモ)の2019評判は?メリットデメリットまとめ

ニフモ 速度

MVNO各社、格安SIMの月額料金に違いは大差無い。 最初にこんな事言うと、元も子も無いんだけど・・・ MVNO各社、料金プランの違いなんて屁みたいなもんです。 例えば、月間3GBの通話SIMなら、 月額1600円(月額900円+音声通話700円)で、どこでも一緒。 回線:ドコモ• 通信速度:受信時最大 225Mbps、送信時最大 50Mbps• 初期費用: 3000円• SMSオプション: +150円• 音声通話SIM: +700円• 音声通話SIMの最低利用期間: 6か月• 音声通話SIMの違約金: 8000円 nifty NifMo 3GBプラン• 月額: 900円• 通信容量: 月3GB(2015年4月より)• 制限後速度:200kbps nifty NifMo 5GBプラン• 月額: 1600円• 通信容量: 月5GB• 制限後速度:200kbps nifty NifMo 10GBプラン• 月額: 2800円• 通信容量: 月10GB• 制限後速度:200kbps 大手携帯キャリアに比べると、格安SIMってのは非常に安いんで、 失敗したところで、リスクは少なめです。 2年間の差額は、恐ろしい金額になります。 通話SIMの場合、最低利用期間は有りますが、 半年~1年も利用すれば違約金も発生しません。 違約金の仕組みも優しいです。 データSIM、通話SIM、共に比較してきましたが、 どっかが安くすれば、それに続いて他社も安くなる。 まぁ、そんな感じです。 格安SIMでも、データ繰り越し可能や、 3日間の通信制限無しは、当たり前になってきてますからね。 大手携帯キャリアの月額料金に、大きな違いが無いように、 格安SIMの月額料金も、プラン内容も大差ないです。 MVNO各社も、基本的に違いはあまりない。 似たり寄ったりプランばかりです。 あんまり違ったら、他社に乗り換えられちゃうからね。 NifMoが 1. 1GB 640円のプランを出してきたので、DMMも 1GB 630円へ価格変更・・・ この 100MBとか、 10円の争いは、正直どうでも良いです。 重要なのは料金では無く、サービス内容です。 月額容量は同じだが、NifMoには直近3日間の通信制限が有る。 月額容量と同様に重要な、直近3日間の容量制限。 WiMAXとか、大手携帯キャリアでも問題になってる帯域制限ってやつね。 NifMoには、この直近3日間の通信制限が有ります。 例えば、一番対象ユーザーの多い3GBプランの場合。 格安SIMの3日間の通信制限比較• NifMo 1. 1GB: 250MB• NifMo 3GB: 650MB• NifMo 5GB: 1100MB• BIGLOBE 3GB: 360MB• BIGLOBE 6GB: 制限無し• 楽天モバイル 3. 1GB: 540MB• 楽天モバイル 5. 1GB: 1000MB• mineo Dプラン: 制限無し• DMM mobile: 高速通信は制限無し• IIJmio: 高速通信は制限無し 同じく月間容量3GBで月額1600円でも、 mineoの場合は、通信制限も有りません。 1GBプラン( 月額640円)も登場しましたが、 こちらの 3日間の通信制限250MBです。 だったら 月額630円で1GBプラン、3日間制限無しのの方が良い。 別に、NifMoの帯域制限が、悪い内容ってわけでは有りません。 ソフトバンクなんかも、新プラン以外は 未だ1GB制限有りますからね。 そもそも動画の見放題サービスや、 音楽聞き放題サービスを多用するヘビーユーザーは、 容量制限のあるプランは向いてません。 ぷららモバイルLTE等の無制限SIMもありますが・・・ 本当の無制限は、現状ぷららモバイルLTEのみ、無制限の代わりに速度も出なくなってます。 NifMoはMNPで使えない期間が発生する。 自宅MNP切替には未対応。 大手携帯キャリアからの番号移行で結構重要なのが、MNP手続きの早さ。 MNP速度が遅ければ、その間、携帯番号は使えませんからね。 私はドコモからNifMoへ携帯番号移行しましたが、 申込の3日後にSIM到着。 スマホが使えない期間が発生してしまいました。 自宅でMNP切替を対応しているMVNO• SIMの到着までにかかる時間って、 格安SIMによっては、 申込から1週間~2週間かかります。 基本的にどこでもMNPやってくれますが、MVNOによっては時間がかかるので、 余裕を持って申込みをしましょう。 特に月末申込で翌月切替になったら最悪。 下手したら料金2か月分損するから。 格安SIMによっては、初月無料になったりもするけどね。 初月無料の格安SIMと 契約月から有料の格安SIM• NifMo: 無料• BIGLOBE: 無料• OCNモバイルONE: 無料• 楽天モバイル: 無料• DMM mobile: 日割り請求• IIJmio: 日割り請求• U-mobile: 日割り請求• mineo: 日割り請求• ぷららモバイルLTE: 初月無料キャンペーン中 通信速度の評判が良かったのは過去のNifMo。 混雑時の昼時は低速になる。 どうやら契約者が増えれば、回線が遅くなるのは必然らしいね。 ネットの情報や、雑誌の速度検証ページなんかでも、NifMoが快速って話だったんだけどね。 左:(Aプラン)、中央: NifMo、右:。 NifMoもIIJmioも、正午過ぎは 0. 5Mbps以下に成り下がります。 実際、他社格安SIMよりも回線速度が遅く感じる事も有る。 あれ、なんか遅くね・・・って体感するくらい違う。 私のエリアの場合、 正午前後で 1Mbpsを下回る事が多いんで・・・ちょっと使い物にならない。 私の生活リズムの都合、深夜帯は検証してませんが・・・ NifMoは安定して速度が出るって評判だったのは、過去の話。 最近は、、の方が速度出てるから。 NifMoの音声通話SIMは、最低利用期間が6カ月。 格安SIMでも、大手携帯キャリアから番号移行ができるようになりましたが、 音声通話SIMにした場合、基本的に最低利用期間という縛りが有ります。 最低利用期間内に解約した場合は、違約金という余計な費用が発生する。 音声通話SIMの最低利用期間• mineo: 0カ月• NifMo: 6カ月• BIGLOBE: 12カ月• IIJmio: 12か月(違約金は徐々に減少)• OCNモバイルONE: 6カ月• 楽天モバイル: 12カ月• DMM mobile: 12カ月• U-mobile: 6カ月• ぷららモバイルLTE: 6カ月 NifMoは最低利用期間 6カ月の縛りがありますが、 なんかはMNP転出の制限のみで、最低利用期間すらも無くなってます。 最低利用期間は無し、 MNP転出する場合のみ12カ月縛りがあります。 普通に解約する分には、即解約しても解約料は発生しません。 格安SIMは、まだまだ発展途上中であり、 料金やサービスも、各社凄い勢いで改善していますからね。 使ってみなければワカラナイ、数か月後はどうなってるか分からない。 契約期間の縛りが無いで済むなら、 リスクが少ないってのは当たり前。 ちなみに、大手携帯キャリアのように、 契約縛りの自動更新は有りませんので、 最低利用期間を過ぎれば、いつ解約しても違約金は発生しません。 NifMoは、 最低利用期間が半年と他社MVNOに比べ良心的ではありますが、 気を付けるべきサービスが有ります。 ニフモ限定の訪問サービス「訪問レクチャー」です。 NifMoの訪問サービス「訪問レクチャー」は2年縛り。 NifMoには他社MVNOには無い、訪問サービスが有ります。 一見すると良さそうなサービスですが、これはそれなりの値段が取られます。 月額480円となってますが、2年縛り強制なので、 実際のところ、申し込んだ時点で 11520円を払う仕組みになってます。 その場合いつ解約しても解除料は発生しません。 25カ月目以降は 自動更新されるという点にも注意しましょう。 月額480円払っているから、訪問レクチャーは無料になるわけも無く、 無料なのは、初回レクチャー60分間のみです。 再訪問レクチャーは、 60分で6500円。 延長料金は、どちらも 15分1380円。 よって、初回60分の訪問サービスを受ける為に、11520円払うと考えましょう。 料金安くするために格安SIMを契約してるのに、11520円払うのは・・・ねぇ。 NifMoには容量シェアや家族割引が無く、複数回線契約によるメリットも無い。 私は仕事柄、一人で複数回線を使う事が多いのですが、 NifMoで複数回線の契約しても、得する事はありません。 mineoのように、パケットシェアの仕組みも無く、 BIGLOBEのシェアSIM、DMMのシェアコースのような、容量シェアプランも有りません。 特に家族が居る方は、シェア有るか無いかで、使える容量も変わってきます。 また、なんかでは 家族割が有り、回線毎に 50円オフとなるので、 こうなると、もぅ勝てないです。 余った容量も 無料でシェア。 家族でマイネオが最強です。 NifMoの解約と解除の違い。 解約方法とその注意点。 通信速度の減少により他社SIMを利用するようになったので、 NifMoを解約したのですが・・・ 他社SIMに比べ、解約方法が難解で手続きも面倒でした。 イキナリ niftyを解約する事はできず、 まずNifMoのサービス解除する必要が有ります。 NifMoを解除したい。 NifMo解除ページでお手続きいただけます。 以下のページからNifMo解除ページへログインしてお手続きください。 なお、解除日は解除のお申し出から約2週間後(年末年始、大型連休を除く)となります。 具体的なサービス解除日は、サービス解除確認画面でご確認ください。 niftyの解約もご希望の場合は、NifMoの解除日以降に以下のページから nifty IDの解約手続きも行ってください。 サービス解除日は解除の お申し出から約2週間後(年末年始、大型連休を除 く)となります。 具体的なサービス解除日は、本メールに記載の「解除予定日」をご覧ください 解除月の月額費用は全額を請求いたします。 よって、 解除したい月の中旬までに申し込まないと、翌月の月額費用も全額取られます。 他社SIMでは即日解約となる所が多いので、これはちょっと不親切。 更に、NifMoを解除しても niftyの契約は継続となります。 解約しない限り、 nifty IDやメールアドレスも継続となります。 NifMoを解除された場合でも、 @niftyの契約は継続となります。 ご利用されない場合は NifMo解除日以降に以下のページより解約手続きを行ってください。 料金コースが「 nifty基本料金」の場合、 NifMo解除後も 月額費用250円が発生します。 ・ 料金コースが「@nifty基本料金」の場合、NifMoの解除日の翌月から月額費用が発生します。 また、NifMo以外の有料サービスをご利用の場合、それ ぞれのサービスの利用料が発生します。 料金コースと有料サービスについては、以下のページでご確認いただけます。 把握しておきましょう。 というわけで、NifMoの料金コースを確認してみると、 ご契約コースは「 nitfy基本料金」となってました。 NifMo契約中は、この基本料金が無料になっていたわけですね。 素晴らしいシステム。 くれぐれもご注意下さい。 NifMoを解約する際の注意点まとめ• 解約予定の 2週間以上前に、 NifMoのサービス解除をする。 2週間後のNifMo解除後、早急に niftyの解約手続きをする。 最低利用期間が短いカラクリがここに有り。 NifMo解約の際は、毎月250円を取られ続けないように気を付けましょう。 NifMoの3GBプラン以外は割高だし、3GBプランはmineo Dプランが最強。 は、以前は回線速度も速く、 率先して料金も安くなったり、割引キャンペーンも率先してやってましたが・・・ 現在では、他社サービスと比べて劣ります。 回線速度も遅くなり、サービスも可も不可も無い。 3GB、5GB、10GBプランと有りますが・・・ 一番コスパの良い3GBプランは、に、どう足掻いても勝てない。 5GB、10GBの大容量のプランも、他社に比べ高めの料金となってます。 NifMoの5GBプランは、 月額1600円。 月額5GB以上使うミドル級ユーザーは、 の 6GBプランを推奨する。 格安SIM 5GB相当プランの料金比較• NifMo 月5GB: 1600円• BIGLOBE 月6GB: 1450円• 楽天モバイル 月5GB: 1450円• DMM mobile 月5GB: 1270円• IIJmio 月5GB: 1520円• OCNモバイルONE 1日170MB: 1380円 実際のところ、 1カ月3GB以上も使う人は、ほとんど居ないし、 家族が居れば、容量は繰り越し、シェアする事も可能。 というわけで、 ほとんどの人が、の3GBプランにしとけば間違い無いです。 大容量データ扱ってますか?必要な通信量は把握しておきましょう。 携帯番号移行だって難しい事ではありません。 キャリア購入するスマホは、無駄に高額なモデルが多いです。 一方、SIMフリーの格安スマホは、非常に高性能で、非常に安いです。 別にNifMoでも、mineoでも良いんだから。 格安SIM同士の差額は、誤差の範囲。 正直どこだって良いです。

次の

番号そのまま!NifMo(ニフモ)SIMカードのみ契約する場合の手続き流れを解説!

ニフモ 速度

NifMoってどんな格安SIM? 特徴と評判をチェック niftyが運営する格安SIMブランド「NifMo(ニフモ)」は、老舗インターネットプロバイダが運営しているということもあり、知名度も安心感も十分な格安SIMです。 料金プランの選択肢が多すぎると、プランを決めるときに悩ましかったりしますが、 3種類のみのわかりやすい料金プランなので、 自分の使い方にマッチした通信量を簡単に選ぶことができます。 3種類のプランから選べてシンプル 最安のプランで音声通話付きSIMで 3GBのデータ容量の場合、 月々1,600円で利用できます。 ドコモ・au・ソフトバンクでは同様のデータ通信量で最低でも月々5,000円程度という価格帯なので、 大手キャリアの約3分の1の通信料金で利用できる計算になります。 また、NifMoは 家族で利用している人にもオススメです。 「」というサービスを使えば、 最大7回線までの家族契約をまとめることができます。 シェアプランを選択すれば、家族内でデータ通信容量をシェアして使うことができるので、データ通信を多く利用する人とあまり利用しない人が混在しているような場合でも、毎月契約しているデータ通信容量を無駄なく使い切ることができます。 さらにお得にNifMoを活用したいという人には、「」という独自の割引サービスがオススメ。 NifMoが指定する特定のサービスを利用することにより、毎月のNifMo利用料金が割り引きされます。 対象サービスとして、食事・ショッピング・アプリダウンロードなどがあります。 NifMoの口コミ・評判 格安SIMのNifMoの評判に関して、Twitterでユーザーの声を見てみると以下のような声が挙がっていました。 在庫処分だとしても、NifMoの端末販売価格っていつも何でこんな安いん — raimon raimon49 NifMoで取扱いされているSIMフリー端末はさまざまで、10種類以上の端末が揃っています。 しかも、 端末代が安いので、初期段階でかかる費用も少なくすむようです。 NifMoバリュープログラムが強力すぎて、3ヶ月連続で利用料タダになってる… — めむくろ MEMchro NifMoならではの割引サービス、の恩恵を受けている人も多いようです。 食事やショッピングをするだけで通信料金に還元されるので、 毎月無料で利用しているという大変お得な活用もできるようです。 自宅のレコーダーで今朝録画した「けものフレンズ」を、ネット回線の無い実家からNifMoのLTE回線でリモート視聴。 1話丸々観ても200MB未満、画質もそこそこ綺麗で途切れる事も無し。 宅外視聴を今後はもっと活用しよう。 — しぇん syensyei 自宅レコーダーにLTE回線を使ってリモートアクセスして視聴している例です。 具体的な回線速度については触れられていませんが、途切れたりすることなくキレイに見ることができているので、データ通信容量を多く必要とする 動画視聴も問題なく利用できていることがわかります。 NifMoのプラン一覧 では、NifMoの具体的な料金プランについて触れていきましょう。 NifMoはドコモ回線を利用した格安SIMです。 人口カバー率99%以上もある安定の通信回線なので、 広く繋がり安いのが特徴です。 料金プランはとてもシンプルで3GB・7GB・13GBの3つのデータ容量から選択します。 利用するSIMタイプ(音声通話プラン・SMS付きプラン・データ通信プラン)によって料金が変わります。 月間データ容量 音声通話プラン SMS付きプラン データ通信プラン 3GB 1,600円 1,050円 900円 7GB 2,300円 1,750円 1,600円 13GB 3,500円 2,950円 2,800円 データ容量をあまり使わないような人であれば3GBあれば十分。 SNSや動画視聴を楽しむなどそれなりにデータ通信を楽しみたい場合は、中間の7GBがオススメです。 ストリーミングの動画や音楽をよく視聴するという人であれば、大容量プランの13GBを選択すると良いでしょう。 データ容量が一番小さい3GBのプランであれば、音声通話SIMでも月々1,600円で利用できます。 毎月の通信料金を2,000円以下に抑えられるのは、格安SIMならでは。 その他、契約時にかかる初期費用や追加メニューの料金は以下のとおりです。 しかし、NifMoの場合は 6ヶ月間と他社の半分程度の短さになっています。 注意しなければいけないのは、それぞれのデータ容量プランごとに1日あたりの通信量制限値が定められていること。 基準値を超過してしまうと、翌日まで通信速度制限がかかってしまうのでデータ使用量は小まめに確認するようにしましょう。 また、 利用開始月は基本料金が無料になることも大きな特徴です。 NifMoの販売端末一覧 コスパ最強と話題のHUAWEI nova lite 2 現在SIMフリーのスマホ端末を持っていないという人でも、NifMoは端末セットの販売を行っているので安心です。 HUAWEI Mate 10 Proといったハイエンドモデル、AQUOS R compactといった国産機能付きモデル、HUAWEI nova lite 2などのコスパが優れた人気機種など幅広く取り揃えています。 NifMoのおすすめポイント NifMoの主な特徴やおすすめポイントについてまとめました。 データ容量は翌月への繰り越しが可能、My NifMoが便利 NifMoのデータ容量は使い切れずに余ってしまっても翌月に繰り越すことができます。 例えば3GBプランを契約している場合で1GBしか利用しなかった場合、当月で余ってしまった2GBについては翌月に繰り越されます。 よって、翌月になると基本分の3GBに加えて、繰り越した2GBが追加され、合計で5GB利用できることになります。 また、データ容量を節約して利用したいという人は、「 My NifMo」の利用が便利です。 スマホアプリの「My NifMo」を活用すると、自動で外出先のWi-Fiスポットに接続してくれるようになり、データ通信の節約が可能に。 駅構内、空港、カフェ、その他飲食店など対象のアクセスポイントでWi-Fi接続ができるほか、ソフトバンクが提供するBBモバイルポイントも利用できます。 便利な「My NifMo」 外出先でもMy NifMoが積極的にWi-Fi接続してくれるので、月間データ通信容量を気にせずにインターネットを楽しむことができます。 My NifMoではデータ通信量の確認も簡単にできるので、NifMoユーザーなら必ずダウンロードしておきたいアプリです。 端末セットで割引になる「バリュープログラム」がある NifMoには 「バリュープログラム」という割引メニューが存在します。 食事、ショッピング、アプリダウンロード、会員登録など、指定のサービスを利用することにより、毎月の通信料金を割引できます。 例えば10,000円の買い物をすると、最大で基本料金が1,000円割引きされます。 Yahoo! ショッピングや7netショッピング、LOHACOなどの大手ショッピングサイトも対象となっているなど、対象サービスの種類も豊富です。 ショッピングを利用するだけで通信料金が安くなるので、工夫次第でかなりお得に利用できる方法といえるでしょう。 日常生活の中で、思わぬ割引きサービスのチャンスを見つけられるかも! 「NifMo でんわ」 音声通話が多いという人には、 「NifMoでんわ」の利用がオススメです。 NifMoでんわはIP電話を利用した 国内通話かけ放題の通話オプションです。 月額利用料金は1,300円の定額制になっており、どれだけ利用してもこの金額を超えることはありません。 時間を気にせずに通話を利用したい人には、加入をオススメしたいオプションです。 さらに、2,700円の月額料金を払えば、 海外への通話もかけ放題になります。 IP電話の音質が気になる、携帯電話番号でクリアな通話がしたい・・・という人には、 「NifMo 10分かけ放題オプション」というサービスがあります。 月額利用料金は830円です。 家族で利用しても安心できる「NifMo ファミリープログラム」がある 家族で複数台の端末を通信利用している場合は、 「NifMoファミリープログラム」の活用が大変お得です。 NifMoファミリープログラムでは、家族で利用している複数代の端末請求をまとめることができるだけでなく、 データ容量をシェアすることができます。 家族内で余っているデータ通信を分け合うことができ、毎月の通信量を無駄なく利用できます。 また、ファミリープログラム適用の 契約が1つ増えるごとに毎月500MBのデータ容量が必ず付与されるのもうれしいかぎり。 最大7回線までまとめることができるので、最大3,500MBのデータ容量が毎月付与されます。 家族で利用するなら、ぜひとも活用したいサービスです。 NifMoの通信速度を検証 気になるNifMoの通信速度は? 「NifMoは格安SIMだけど、問題無くしっかりとした通信ができるの?」と疑問をお持ちの方も多いはず。 そんな声に応えるべく、ここでは実際にNifMoのSIMカードを使って通信速度を測定した結果を基に解説していきたいと思います。 以下が測定結果になりますが、速度は時間帯や場所によっても大きく変化するので、あくまでも参考値として考えてください。 測定場所 新潟県新潟市周辺 測定回線 NifMo 3GBプラン(データ通信専用SIM) 測定端末 iPhone 6s Plus 測定方法 Speedtest. netを使って2回ずつ計測し平均値を算出 備考 朝・昼・夜の3つの時間帯で測定 では、それぞれの通信速度測定結果を紹介します。 77Mbps 2. 88Mbps 50ms 通勤ラッシュあるいは通勤前の時間帯ともいうべき7時台での測定です。 下り回線では20Mbps超えの25. 77Mbpsを記録。 これは大手キャリア並みの実測値と肩を並べるくらいの数値です。 かなり速い通信速度といっても過言ではない数値なので、快適に使用できるでしょう。 上り回線では2. 88Mbpsを記録。 それほど速いという値ではないですが、SNSへの画像・動画アップロードも問題なく行えると思います。 11Mbps 3. 56Mbps 74ms 平日の12時~13時の間はお昼休みの時間帯とあって通信需要が極端に集中するため、格安SIMにとっては宿命ともいうべき厳しい時間帯です。 下り回線の測定結果は、1. 11Mbpsとかなり低下。 この速度では、動画コンテンツの視聴など大量のデータ受信を必要とする通信では待機時間が多くなってしまいます。 利用に伴うストレスが生じてしまうかもしれません。 しかし、まったく利用できないというわけではなく、LINEトークなどのテキスト中心のやり取りであれば通常通り使用できます。 54Mbps 5. 08Mbps 61. 5ms 下り回線の測定結果は、4. 54Mbpsとわずかに5Mbpsには届きませんでしたが、この速度があれば YouTubeの動画再生も問題なくこなせるレベルです。 実際に、映像がとまるようなこともなくスムーズに視聴できました。 上り回線も5. 08Mbpsと順調な数値が出ています。 帰宅後の比較的混雑する時間帯ではありますが、回線速度としては最低限のラインを超えつつ、安定した速度が出ている印象でした。 まとめ:NifMoは初心者でも扱いやすい安心感のある格安SIM NifMoは初心者でも扱いやすい安心感のある格安SIMです。 最初に料金プランを選択する必要がありますものの、その内容は利用状況に応じて3つのデータ通信容量から選ぶというとてもシンプルなもの。 あらかじめ選択肢が絞られているため、初めての人でも迷うことなく自分に合ったプランを見つけられます。 また、毎月の通信料金をさらにお得にできる NifMoバリュープログラムも、NifMoならではの魅力的なサービス。 いつもの買い物・いつもの外食をすると同時に、NifMoの割引き特典をゲットできるチャンスがあります。 家族で利用する場合の ファミリープログラムもボーナスのデータ容量を毎月もらえるお得なサービスです。 通信速度は決して速いというものではないかもしれませんが、利用する時間帯を考慮して上手く使いこなせばストレスなく快適に利用できます。 これから、格安SIMを初めてみたいと考えている人や、家族で格安SIMへ移行してみたいと考えている人は、ぜひNifMoへの移行を検討してみてはいかがでしょうか。

次の

NifMo(ニフモ)の特徴・料金プラン

ニフモ 速度

NifMo(ニフモ)のリアルな評判・口コミを調査するために、NifMoを利用している方にインタビューを行いました。 口コミの信ぴょう性を上げるために、インタビューを受けて頂いた方には端末の写真も提供して頂いています。 端末の写真を持っているということであれば、利用者であるという信頼度は一気に上がりますよね。 インタビューに答えてくださった方が増えるたびに評判・口コミとして追加していくので、NifMoを検討中の方は参考にしてくださいね。 NifMo(ニフモ)の不満・デメリット「選んだ機種のバッテリーの持ちが悪かった」 この機種唯一の弱点と言われる、バッテリーの持ちが悪い所です。 ですが、クレードルに刺して使用したり、モバイルバッテリーにつないで使用しますと、バッテリー残量気にせずに使用できますので、バッテリー容量問題は解決しております。 このような環境を前提で使うのを想定しているようで、バッテリー充電にエコモードというのがあり、約70%で充電ストップして満充電や過充電を防ぎ、バッテリーの寿命を長くする機能が付いております。 NifMo(ニフモ)の良い点・メリット「課金されずに安心!速度も満足」 NifMoの最大のメリットは、何より端末レンタルで永遠に無制限に課金され続けない事です。 電波の入りもよく、速度も昼の混雑時以外は快適に使えております。 SIMが到着し、設定をし、最初にスピードテストしてみたら、格安SIMであるにも関わらず43Mという数値を叩き出しました。 が、すぐに制限がかけられたようで、それなりのスピードとなりました。

次の