いかりのこな 優先度。 ねこだまし (ねこだまし)とは【ピクシブ百科事典】

【USUM】いかりのこなを覚えるポケモンとZ技の威力【ポケモンウルトラサンムーン】

いかりのこな 優先度

概要 わざによって決まっている数値で、優先度の高いわざはわざを出したポケモンのには関係なく先に出すことができる。 選んだ技の優先度が同じポケモン同士ではすばやさにより行動順が決まる。 そのわざの優先度をゲーム上で確認することはできないが、のように説明文で優先度が通常より高いことを示しているものもある。 しかし、その説明も基本的には大雑把な内容で、優先度が高いとは言ってもどれくらい高いのか、までは書かれない。 ほとんどのわざは優先度0であるため優先度が高いわざはそれだけで大きなメリットであり、あまり威力が高くなかったり連続して使えないなど何かしら制限がかかっていることが多い。 また先制して使わないと効果が意味を成さないわざも存在している。 優先度の低いわざも後攻でないとまともに扱えないわざや先攻で使えるとハメとなってしまうわざが多く該当しており、ただ単にそのわざが強いからデメリットとして優先度を下げる、といったことが行われることは少ない。 優先度に関わるわざ・特性 優先度が変わったり無視されたりするのは以下のようなケースがある。 を使われた場合、使おうとしている技の優先度を無視して、直後に行動する。 これにより、優先度が低い技の方が先に出る事がある。 を使われた場合、行動順が一番最後になる。 これにより、優先度が低い技よりも後になる事がある。 によって異なる優先度の技が出たとき、他のわざが出るわざ自体の優先度で技が使われる。 例えば優先度0のでが出た場合は、優先度0のタイミングでほえるが出る。 は通常よりを防ぐことができる。 ファストガードを出すより前に使われた技の効果は防げない。 状態で防げない技は優先度が高くても防げない。 特性で優先度が高くなった技も防ぐことができる から。 を持つポケモンがを使うと優先度が1だけ加算される。 必ずが出る変化技のも対象。 タイプの敵はこの技を無効化する。 以前では相手のタイプに関わらず成功した。 を持つポケモンがHPが最大のときにわざを使うと優先度が1だけ加算される。 攻撃技・変化技どちらも対象。 を持つポケモンがHPを回復するわざを使うと優先度が3だけ加算される。 各わざの優先度• 0:その他の技• -1:• 0:その他の技• -1:、、、、• 0:その他の技• -1:• -3:• -4:• -5:、• -6:、• 0:その他の技• -1:• -3:• -4:、• -5:、• -6:、• -7:• 0:その他の技• -1:• -3:• -4:、• -5:、• -6:、、、• -7:、、• 0:その他の技• -1:• -3:• -4:、• -5:、• -6:、、、• -7:• 0:その他の技• -1:• -3:の攻撃、の発射、• -4:、• -5:、• -6:、、、、 ピカブイ• -7:• 0:その他の技• -1:• -3:の攻撃、• -4:、• -5:、• -6:、、、、• -7: 備考• では、優先度が高い攻撃わざは2マス先まで攻撃ができる。 を場に出たターン以外に打つなど事前に技が失敗する状況であっても優先度の昇降は必ず行われる。 第二世代ではする際、内部処理で優先度のある技を選択しながら逃走する場合がある。 その場合、逃走に優先度が適用される。 それ故、でんこうせっかを持っているは捕獲が難しい。 関連項目•

次の

技詳細「いかりのこな」

いかりのこな 優先度

技を出す順番について 結論から言うと、技を出す順番は、技の 優先度が高い順です。 優先度が同じ場合は 素早さが高い順、素早さも同じなら、 ランダムに決まります。 また、同じ優先度の場合でも、 せんせいのツメなど、 先に行動できる道具などを持っていた場合は、行動順が変わることもあります。 図にするとこんな感じです。 優先度について 概要 優先度とは、 技を出す順番を決める数値です。 公式用語ではありません。 優先度は技によって決まっていて、相手の技より優先度の高い技は、素早さに関係なく、先に出すことができます。 ゲーム内での表記 優先度に影響する技は、技の説明文に「 必ず先制できる」や「 必ず後攻になる」といったことが書かれています。 ただし、正確な優先度の数値を ゲーム内で確認することはできません。 一覧 ソード・シールドで使用できる技で、それぞれの優先度は、以下の表のとおりです。 ただし、相手の 悪タイプに対して、この特性で優先度を上げた技は 失敗します。 この特性のポケモン: キュワワー(ソード・シールド未解禁) じょおうのいげん 相手から自分に対する先制技を受けなくなります。 ただし、相手の特性が かたやぶりの場合、先制技を 無効にはできません。 この特性のポケモン: アマージョ ビビッドボディ じょおうのいげんと同様です。 注意点として、技自体の優先度は変わりません。 同じ優先度の中で最速になるイメージです。 こちらも技自体の優先度は変わりません。 こうこうのしっぽ・まんぷくおこう ポケモンに持たせると、お互いの素早さの値に関わらず、 後攻になります。 せんせいのツメと逆で、 同じ優先度の中で最遅になるイメージです。 お互いに こうこうのしっぽを持っていた場合は、 素早さが高い方から行動します。 こうこうのしっぽを持っていても、相手より優先度の高い技を使った場合は先制できます。 特性「あとだし」について こうこうのしっぽの特性版で、お互いの素早さの値に関わらず、 後攻になります。 「あとだし」同士では、 素早さの高い方が先攻になります。 こうこうのしっぽ・まんぷくおこうを持っているポケモンと、特性「あとだし」のポケモンでは、 素早さの高い方が先攻になります。 この特性のポケモン: ヤミラミ 素早さに影響する道具 こだわりスカーフ 持たせると、 持たせると素早さが1. 5倍になり、ひとつの技以外使えなくなります。 ダイマックスすると こだわりスカーフの効果が解除され、素早さ上昇はなくなります。 くろいてっきゅう 持たせると、 素早さが通常の半分になり、 飛行タイプや ふゆうで浮いているポケモンは、地面タイプの攻撃が当たるようになります。 くろいてっきゅうと違い、飛行タイプやふゆうに、地面タイプの攻撃が当たるようにはなりません。

次の

いかりのこな

いかりのこな 優先度

・にて有用な技である「」「いかりのこな」を使えるをまとめた一覧表。 進化前も含む。 輝石や襷で使うor使われる可能性があったり進化後とは特性が違う場合があるので知識としてあって損はない。 (いかりのこな) 優先度+3で繰り出される補助技。 相手の攻撃を自分に引き寄せる効果を持つ。 ただし適用されるのは技選択時に対象を選択可能な技のみで、「じしん」「ねっぷう」のような全体攻撃技や 「」「」のようなランダム対象技には効果がない。 主にやで仲間の身を守るために使用される。 メインのパーティにおいてを始動するが行動する前に相手の攻撃技で倒されたり、 「ちょうはつ」「吠える」「吹き飛ばし」「」等で技の始動を妨害されるのを防ぐ用途や、 「はらだいこ」等の積み技で能力が上昇したエースを守りながら相手を攻撃していく用途がメジャー。 進化後に限れば使用可能な種族は全部で20種類と少数。 さらにそのうち5種は入手手段が限定されており、実際に対戦でよく見るのは1ケタ程度。 タイプに注目すると、全20種類中ノーマルを含むものが4、虫を含むものが5、草を含むものが5とやや多め。 際立った存在は唯一の水である、唯一のパーである、唯一の鋼かつ格闘のあたり。 特性を含めて無効属性があるのは ピクシー、、、のゴースト無効 、、、の地面無効 (乾燥肌)の水無効 (電気エンジン)、(蓄電)の電気無効 の毒無効 となる。 これらのタイプの攻撃技は引き寄せられて無効化される恐れがあることを覚えておきたい。 半減等の耐性を見てみると ノーマル耐性 のみ 炎耐性 、ブーバーン 水耐性 、、、、、 電気耐性 、、、、、 草耐性 、、、ブーバーン、、、、、、、 氷耐性 、ブーバーン、、 格闘耐性 、、、、、、、 毒耐性 、、 地面耐性 、、、、、 飛行耐性 、、 パー耐性 のみ 虫耐性 、、ブーバーン、、、、 岩耐性 のみ ゴースト耐性 ピクシー、、、、 ドラゴン耐性 のみ 悪耐性 のみ 鋼耐性 、、、ブーバーン、、、 となっており、ノーマル・炎・パー・岩・ドラゴン・悪技あたりは通りが非常に良く、 また電気や草、格闘、地面、虫、ゴースト、鋼技は半減以下に抑えられてしまいがちであることが見て取れる。 物理耐久ランキング 順位 種族名 耐久指数 1 @進化の輝石 47128 2 40158 3 @進化の輝石 36450 4 @進化の輝石 36022 5 31062 6 30912 7 29614 8 ピッピ@進化の輝石 29205 9 @進化の輝石 27984 10 ピクシー 27674 やはり系統がトップ。 進化前の輝石持ちよりもオボンの実を持たせた進化後の方が総合耐久は伸びるが、オボンがパーティに余っていない場合や 回復アイテムを発動するまでもなく一撃で倒されてしまうような強い攻撃を耐えたい場合は進化前@進化の輝石が視野に入る。 に次ぐのは配布限定の系統。 弱点を突かれにくいため純粋な耐久を実感しやすそうである。 8位にピッピが来てしまうあたり、このゆびは物理耐久に優れたは少ない傾向にある。 特殊耐久ランキング 順位 種族名 耐久指数 1 @進化の輝石 41796 2 エレブー@進化の輝石 38700 2 ブーバー@進化の輝石 38700 3 @進化の輝石 36022 4 35136 5 ピッピ@進化の輝石 33984 6 33024 7 32045 8 31992 9 ピクシー 31512 10 @進化の輝石 30800 輝石持ちばかりが上位に固まってしまった。 物理3位のが1位と、オボンを抜きにした総合耐久では輝石が安定して堅いようだ。 エレブーとブーバーはXD限定で理想値の確保が難しいことを考えると、次点は何と。 や、等は対戦でよく見かけるがその間にまたもやピッピが入っている。 物理・特殊総合で考えると、に次ぐ耐久値を持っており、特性を考えてもネタの域を出ている。 もちゃっかり両方10位以内に入っているが、の耐久を落としてまでこいつを採用するのは パーティに既にがいる場合か、素早さを更に落としてトリル下で制圧したい場合くらいだろう。 攻撃力ランキング 順位 種族名 1 123 2 110 3 100 3 100 4 95 4 ブーバー 95 4 ブーバーン 95 5 90 5 90 上はが1位となっているが、まともな物理電気技がしかないため実質に劣る。 やはが使えるので無振りでも火力に期待できるだろう。 番外編として攻撃特化+でんきだま持ちが実質攻撃162だが、でんきだまA振りのにこのゆびを 覚えさせても全く意味がないのでランキングからは除外させていただいた。 また、特性張り切りで攻撃特化のの実質攻撃は101となり実は4位。 と違ってH振りだけでも充分堅いので選択肢に入る。 神速は先制技としてかなり優秀(当たれば)。 やが地味にランクインしているのが少しシュールw虫物理技がシザクロ程度なので残念。 特殊攻撃力ランキング 順位 種族名 1 135 2 ブーバーン 125 3 120 4 110 5 100 5 100 5 ブーバー 100 がトップ。 オバヒで瞬間火力を出して特攻が下がった後もいかりのこなで荷物にならないのは偉い。 次点はブーバーンと炎タイプがワンツーフィニッシュ。 大文字やオバヒ等の高威力技が揃うため使い勝手はいいだろう。 どちらのも耐久はそこまでではないので襷を持たせて1回ぶっぱしてからスムーズに退場等がよさそう。 そして3位はキッス。 エアスラの威力が低いためそこまでの破壊力はないが、C189からの等の奇襲も怖い。 天の恵みでエアスラ怯みで展開させていくだけで充分の脅威だし、熱風等のサブウェポンの威力もそこそこ出る。 耐久が高いだけでなく火力もあって、は本当にスペックが高いと言わざるを得ない。 ちなみに特攻特化+でんきだまは実質特攻152となる。 素早さ鈍足ランキング 順位 種族名 1 ピィ 15 1 15 2 オタチ 20 2 20 3 パラス 25 4 30 4 30 4 30 5 ピッピ 35 入りのパーティでは素早さの遅さが武器となるため、このようなランキングも作成。 全体的に進化前が多いが、の低さをカバーして実用に耐えられるのはやピッピ程度か。 はより少し柔らかい程度の耐久はあるので、S15に価値を感じるなら採用の余地はある。 他の進化前は輝石持ちでも耐久がひどいので、正直襷で使った方がいい。 最終進化に限れば・の30族キノコ組が最遅となる。 次点にランク外だが40族に、がいる。 【まとめ】 こうして一覧にしてみると、思っていたよりも使える種族の少なさに驚く。 さらにランキングにすることで各能力に突出したも分かったが、そんな中一度も名前が出ないもいて 「通りで普段の対戦でも見かけないわけだ」と納得してしまうところもあって少々残念。 ただし能力値の高さだけでなくタイプや特性、そして習得する技での差別化は充分可能であるはずなので、 今度はそのあたりについてもスポットライトを当てた考察をしていきたいと思う。 思いのほか進化前のの中にもワンチャンあるやつらがちらほらいたので、せっかくなので一度使ってみたい。

次の