ちまき の 葉っぱ。 端午の節句に柏餅と粽(ちまき)なぜ食べる?意味や食べ物の違いとは?

ちまきの由来とは?形や笹の意味、端午の節句に食べる理由も紹介

ちまき の 葉っぱ

こどもの日に柏餅とちまきのどちらを用意する? 5月5日のこどもの日に家族で食べるものと言えば、柏餅やちまきを思い浮かべるママもいるのではないでしょうか。 ママたちに、柏餅とちまきのどちらを用意したのか聞いてみました。 「こどもの日が近くなるとお店のお菓子売り場につぶ餡や味噌餡の柏餅が並ぶので、こどもの日には柏餅を用意するのが我が家の恒例です。 毎年どれを選ぼうか考えながら楽しんで購入しています」(30代ママ) 「私が子どもの頃は、端午の節句に毎年ちまきを食べるのが家族の行事となっていました。 結婚してからは夫の習慣にあわせて柏餅を食べているので、ちまきが懐かしく感じ柏餅といっしょに両方用意するときもあります」(20代ママ) こどもの日に柏餅とちまきのどちらを食べるかは、家庭や地域によってさまざまなようです。 他にも、地域によって別のものを用意しているといったママも声もありました。 実際に、ママたちが子どもにどのように伝えているのか聞いてみました。 柏餅 「柏餅に巻かれている柏は、春に新しい芽が出るまで古い葉を落とさないことから、子どもには『子どもが元気で無事に育ちますようにという願いが込められているんだよ』と伝えました」(30代ママ) 柏餅を食べる意味を子どもに伝えるときは、柏の葉っぱに込められた願いといっしょに伝えてみるとよいかもしれません。 柏の葉っぱの巻き方にも理由があり、柏の葉の表を向けて巻いてある柏餅は小豆あん、裏を向けて巻いてあるものは味噌あんになっているというママの声もありました。 ちまき 「『ちまきはどうして食べるの?』と子どもに聞かれたので『病気や事故にあわないように、悪いものから身を守ってくれるという意味があるんだよ』と伝えました」(20代ママ) ちまきには、邪気を払い病気や事故などの災難から身を守ってくれるという意味があるようです。 ちまきが中国から伝わったとき日本の都が関西にあったことから、主に西日本にちまきが広まって行ったようです。 続いては、柏餅の基本的な作り方やアレンジレシピをご紹介します。 基本的な柏餅のレシピ 「上新粉と水をあわせ、耳たぶほどの柔らかさになるまでよく捏ねます。 小さくちぎった生地を蒸し器で20分ほど蒸してからさらによく捏ね、丸めておいた餡を包み塩抜きした柏の葉っぱの塩漬けを巻きます。 仕上げに蒸し器に入れ、15分程蒸すと柏餅のできあがりです」(30代ママ) 「耐熱ボウルに上新粉と水を入れ混ぜたら、ふんわりラップをかけて4分から5分位電子レンジにかけます。 ビニール袋に入れ揉むように捏ねた生地を、手を水につけながら小分けにして丸めます。 麺棒で薄く伸ばし、餡をのせたら2つに折りたたみ柏の葉っぱにくるんだら完成です」(30代ママ) 柏餅には、蒸し器で火を通す作り方や手軽に電子レンジを使って作る方法があるようです。 また、柏餅の葉っぱは食べられるのかと子どもに聞かれたときは『硬くて食べられないから、葉っぱを剥がして食べようね』と説明したというママの声もありました。 柏餅のアレンジレシピ 「今年のこどもの日は、味噌餡とこし餡の柏餅を作りました。 食べるときに中身の違いがわかるよう、生地に食紅で色をつけてみました。 みそあんは薄い黄色、こし餡は薄いピンクにすると『私は黄色がいい!』『僕はピンクにする!』と子どもたちにも好評でした」(30代ママ) 「私は、柏餅の餡といっしょに具材を入れてみました。 いちごやバナナなど果物を入れてみたらところ、フルーティーな柏餅になり家族に喜ばれました」(20代ママ) 柏餅の中に入れる餡をアレンジしてみたり、餡といっしょにいちごなどの具材を入れて作っているママがいるようです。 ママのなかには、こし餡と刻んだくるみをあわせたものを柏餅の中に入れたところ、香ばしいくるみの食感が好評だったという声も聞かれました。 ちまきの作り方 ちまきの基本的な作り方や、ママたちに聞いたアレンジレシピをご紹介します。 基本的なちまきのレシピ 「上新粉と砂糖を混ぜたところに熱湯を注ぎ、しゃもじでよく混ぜます。 手で触れられるようになったら手で捏ね、小分けにしてしずく形の団子に成型します。 お餅を笹の葉っぱとい草で包み、たっぷりの熱湯で25分ほど茹でると完成です」(30代ママ) ちまきは、上新粉と砂糖、熱湯で作った生地を笹の葉っぱやい草で包み、お湯で茹でることで作れるようです。 ママのなかには、笹の葉っぱを用意することが難しかったので、生地を茹でたものをラップでくるみ、笹の代わりに緑色の折り紙を使って子どもといっしょにちまきを包んだという声もありました。 ちまきのアレンジレシピ 「もち米と豚肉、たけのこや干しえびなどの具材を砂糖やオイスターソースなどの調味料や水といっしょに水分がなくなるまでごま油で炒めます。 炒めたものを竹の皮に包み、蒸し器で蒸すと中華風ちまきの完成です」(20代ママ) こどもの日に、ちまきを中華風にアレンジしているママもいるようです。 他にも、基本のちまきを一口大に切り砂糖醤油や水溶き片栗粉で作ったたれに絡め、みたらし団子風にしても子どもたちがよく食べたというママの声も聞かれました。 こどもの日に柏餅やちまきを食べよう.

次の

ちまきの巻いている葉っぱは何?ない場合の代用品や由来や理由!

ちまき の 葉っぱ

スポンサードリンク 柏餅の葉っぱは食べられるの? 結論から言うと、 「食べられなくはないけど、おいしくない」 です。 柏餅の葉っぱってもちろんカシワの葉ですが、この葉っぱは 香りづけのためにあって食べるためのものではありません。 食べてみるとわかりますが、かたくておいしい物ではないと思うのは私だけではないはず。 まぁ巻いてあるくらいなので、毒ではないと思いますが、食べなくていいんじゃないでしょうか(笑) 葉っぱを食べるのは桜餅? もしかしたら 「柏餅」を 「桜餅」と勘違いしているパターンもありますね。 桜餅の葉っぱは塩漬けにしてあって、食べてもいいようになっています。 ただ、この葉っぱもやっぱり筋があって嫌いって人もいますよね。 ですので「桜餅の葉っぱは食べるもの!」って断言しちゃうのも違う気がして、ゆるーい答えになっちゃいます。 好きな人は食べましょー。 って感じです(笑) ちなみにちまきの笹は? もちろん食べません・・・よね!? ちまきはきちんと笹を取ってから食べますもんね。 笹の葉はパンダさんがよく食べていますが、彼らも別に大好物ってわけでもないみたいです。 生きるために「仕方なく」食べているみたいですよ。 なので、私たちは笹の葉は遠慮して、中のもち米だけいただきましょう! まとめ 結局、最後は好みの問題なので、「人に言われたから」とか「そーゆーもんだと思う」とか気にしないで、食べたかったら食べて、嫌なら取ってしまいましょう! 最後の「まとめ」までゆるーいですが、自分の好みは多数決で決める必要ないですからね(笑).

次の

ちまきも、柏餅も、桜餅も、なんで葉っぱに巻いてあるんですか...

ちまき の 葉っぱ

ちまきを保存できる期間はどれくらい? ちまきは、どれも竹の皮や 笹の葉に包まれています。 包んでから蒸したり、 茹でたりしているので、 直接、中身が空気に さらされてはいません。 けれど、それでも時間が経つと、 水分が失われて乾燥し、 固くなっていきます。 もち粉を材料にして練って 作られているちまきの場合、 和菓子屋さんなどでは、 作った日から2~4日くらいが、 おいしく食べられる期間としています。 ちまきもお餅のようなものと考えると、 それ以降は次第に固くなり、 カビが生えていくことが想像されますよね。 お正月のお餅も常温に置いておくと、 1週間もすればカチカチになるので、 それくらいが保存できる期間です。 中華ちまきのほうは、どうでしょう? 中華ちまきは、 もち米や米を肉と野菜などの具材と 共に炒めてから竹の皮に詰めて包み、 蒸して作る中華おこわですね。 中身がおこわなので、 やっぱり時間がたつと固くなってしまい、 次第に劣化してカビも生えてしまいます。 以前、中華街の屋台風なお店で 中華ちまきを買ったとき、 「冷蔵庫で1週間、冷凍庫で1ヶ月もちますよ」 お店の人から、そのようなことを 教えてくれました。 とても適切な説明だったので、 しっかりと記憶に残っています。 普通のおこわを冷蔵庫に保存していて、 包装がうまくできておらず、 3~4日もすれば表面がカチカチになり、 米粒がぽろぽろになってしまったことがあります。 冷蔵庫に保存するときは、 包装をしっかりするのもポイントですね。 中華ちまきもやっぱり 冷蔵保存で1週間が限度でしょう。 ちまきの保存方法は冷蔵庫で大丈夫? さきほど、 お店の人が教えてくれた中華ちまきの保存法、 冷蔵庫では1週間、冷凍庫では1ヶ月もつという 情報をご紹介しましたね。 実は、ほかのお餅のようなちまきの場合も、 冷凍すれば1ヶ月もつと考えて大丈夫なんです。 どんな食品でも、 冷凍保存中もさまざまな変化が起こりますので、 だいたい1ヶ月以内に食べきるようが良いのです。 ちまきを長く保存したいとき、 しっかり包んで冷凍保存できますが、 1ヶ月以内に忘れずに食べるようにしましょう。 食べる予定がそこまで先でない場合の保存なら、 冷蔵庫内での保存で大丈夫です。 4日~1週間が限度ですが、 できるだけ早めに食べるほうが、 劣化やカビなどの心配がなく、 おいしくいただけます。 このとき、乾燥を防ぐためにも、 ラップやナイロン袋で丁寧に 包んでおくようにしましょう。 また、冬の寒い季節には、 暖房がかかっていない場所なら、 常温に置いておいても大丈夫ですよ。 保存しておいたちまきは、 食べるときには固くなっているので、 再度レンチンか蒸し器で蒸して食べます。 完全に元通りとまではいきませんが、 再び水分を含ませ、ふっくらモチモチにして 食べることができますよ。 まとめ ちまきを食べきれないときなど、 保存しておくことができるとうれしいですね。 ちまきは冷蔵庫で4日くらい、 中華ちまきは1週間、 保存することができます。 食べるのがそれより先になりそうなら、 できるだけ早いうちに、 1個ずつ丁寧に包んでから、 冷凍保存するようにしましょう。 冷凍庫だと1ヶ月間、保存できますよ。 食べるときには、 レンジ加熱か蒸し器で蒸して食べると おいしくいただけるので、お試しください。

次の