ソフトバンクエアー 5g 切り替え。 【最新】SoftBank Airターミナル4を旧スペックと7つの項目で徹底比較!

騙されるな!ソフトバンクエアー「ターミナル4」と旧機種の速度・料金・評判を徹底比較

ソフトバンクエアー 5g 切り替え

コンセントに差し込むだけで最大350Mbpsの高速通信ができる。 それが、 「ソフトバンクエアー」。 工事不要の手軽さ• 通信量制限なしで使い放題なところ が評判で、利用者が急増しています。 通信量制限があるモバイルルーター• 工事が必要な光回線 とも違う、 両者の良いところだけを取ったようなアイテムなので、利用を検討している方も多いと思います。 1,000円割引が24か月続く!「はじめようsoftbank air割」• 他社回線から乗換える場合は「その回線の解約金分をソフトバンクが還元」• (1,2は全員。 3はソフトバンクスマホユーザーのみが適用可) 合計で通常時より7万円以上も還元される特典なので、ソフトバンクエアーの提供開始以来、最も高額な特典となっています。 今月を逃すと無くなってしまうキャンペーンもあるので、申し込むなら今がベストなタイミングです! この記事の目次• サービス など項目に分けて、ソフトバンクエアーの評判や口コミをご紹介していきますね! 1. 光回線ほどの速度は必要ない• WiMAXやポケットワイファイの通信制限が嫌だ と感じる人におすすめなのが、ソフトバンクエアーなんだ! ソフトバンクエアーの通信速度は最大350Mbpsです。 ですが容量が大きい高画質の映画やユーチューブなどの動画でも、10Mbpsあれば通信が途切れたり画質が落ちることはありません。 普段の使い方で困ることはない十分な速度が出るので、かなり好評です。 WiMAXやスマホでのテザリングと同等の通信速度という認識でOKです。 2料金に対する評価 やったー!家にWi-Fi飛んでるー!ソフトバンクエアーすぐ使えるし安いし最高やーん! — 歩兵 effimero3 ソフトバンクエアーは光回線よりも安くで使えるという点です。 1人暮らしだったり、自宅使うスマホやパソコンが3台以下の人にとっては、月々5000円を超える光回線はちょっと高すぎますよね。 ソフトバンクエアーなら「基本料金4500円前後」で、スマホの割引があるので、実質3000円ちょっとで自宅にWi-Fiを繋ぐことが出来ます。 WiMAXなどのモバイルWi-Fiは通信量制限があるから嫌だけど、光回線を繋ぐほどでもない・・・ソフトバンクエアーはそんな状況の方の評判がよい無線ルーターです。 利用期間によって、どちらのプランがお得なのかが決まるんだ! プランの違いを理解したあとに、サカモトさんがどっちのプランを選ぶべきか一緒に考えてみよう! 端末レンタルと、分割購入の違いは次の通りです。 1端末レンタルプラン 端末をレンタルするプランでは、毎月490円でソフトバンクエアーをレンタルすることができます。 これに月額使用料が加算されて、通常料金は5,370円となります。 このプランでは、毎月の料金から1620円が割引されるので、36ヶ月使い続ければ端末の購入代金は実質ゼロ円になります。 3 レンタルと購入購入はどちらがいい?? レンタルと購入のどちらにするかは、 「どれくらいの期間使い続けるか」 で判断しましょう。 ごちゃごちゃするのでここでは細かい計算は省きますが、 解約違約金と端末料金を計算すると、• 27カ月以上使うなら分割払いがお得• 27ヶ月以内に解約(契約解除)する場合はレンタルプランのほうがお得 になります。 引越ししてもそのまま使えるから安心して! 2年以上使おうと考えてるサカモトさんには、分割購入がオススメだね! 2年以上使うかどうか不安な場合はレンタルプランにしておくのが無難、それ以上使うなら端末購入プランにしましょう。 同じ「おうち割」を使えるので、割引額も全く同じ。 おうち割の割引額はスマホのプランによって変わります。 具体的には下の通りです。 ソフトバンクのスマホを使っている方は、セット割を使わないと、かなりもったいないんだよ! 離れて住む家族のスマホ代も割引されるのも嬉しいポイントなんだ! しかも 家族全員のスマホが対象で、 離れて暮らしていてもOKです。 あなたがソフトバンクエアーを使えば、実家にお住まいの家族のスマホも割引されるのでかなりお得ですよね。 1割引金額が永遠変わらないのが魅力 大手携帯キャリアにはそれぞれ「セット割」が存在します。 ソフトバンクのおうち割の魅力は、 割引金額が永年(ずっと)変化しない点です。 auスマートバリューは2年間は割引金額が多いですが、3年目以降はガクッと割引額が低くなります。 ドコモの「光パック」はそもそも、スマートバリューやおうち割に比べて割引金額が低い(特に家族で使っているとお得感が低い)です。 永年割引金額が変わらず、なおかつ家族それぞれのスマホ・携帯に割引が適用されるため、他社よりも好条件なのが魅力です。 2ココがソフトバンク光よりお得!おうち割の適用に条件がない ソフトバンク光を使う場合、おうち割の適用には「ひかり電話(月額500円)」の導入が必須条件となっています。 ですが ソフトバンクエアーの場合は、条件なしで「おうち割」を利用することができます。 この点がソフトバンク光よりもソフトバンクエアーがお得である点です。 そもそもの月額料金がソフトバンク光よりも安いうえに、おうち割に必須の「ひかり電話料(500円)」も不要なので、年間では1万円(マンションなら5,000円)ほど安くネットが使えることになります。 一人暮らしだと固定電話なんて実際使わないからね。 固定電話を契約しなくても、スマホとのセット割が使えるのは、ソフトバンクエアーくらいなんだ! 1. 個人的に家の中だけで使うならモバイルルータよりソフトバンクエアー! — FMYK@双円墳で眠りたい fmyknote ソフトバンクエアーとWiMAXなどのモバイルルーターとの最大の違いは通信量制限(速度制限)が無いことです。 WiMAXなどは1ヵ月で7G、3日で1Gを超えると、通信制限がかかってほとんど使い物にならなくなってしまいます。 ソフトバンクエアーは 通信量制限がありません。 速度制限なしで使えるけど、工事は必要ない、光回線とモバイルルーターの中間のような端末といえますね。 【モバイルルーターで通信量無制限が登場しました】 3日で10ギガ使うと制限がかかるWiMAXと違い、「 完全に通信量無制限」の商品が登場しています。 「外で使えないソフトバンクエア ーはちょっと嫌だ」 「でもWiMAXは3日で10ギガ使うと速度制限にかかるし…」 と悩まれている方には、エヌズカンパニーのポケットWiFiがおすすめです。 <エヌズカンパニーのポケットWiFiがオススメの理由>• 月額3,600円と 月額制モバイルルーターの中でも安く使い続けられる• 利用者の少ない法人回線を個人で使えるので、速度が速く通信も安定している• エヌズカンパニーはソフトバンクから 唯一9期連続で表彰されている超優良代理店だから信頼度も抜群 ソフトバンクエアーだと工事がそもそも無いし、周辺機器もないからトラブルがほぼ無いんだよ。 光回線と違って、 工事もいらず、接続する周辺機器が無い分、トラブルが少ないソフトバンクエアー。 問い合わせるとなると請求や料金に関したものが中心になりますが、ソフトバンクエアーは対応面でも好評です。 光回線の場合は工事や周辺機器などのトラブルで対応に関して不満を漏らしている人も結構いますが、ソフトバンクエアーならその心配もないので安心して使えますね。 6他社スマホを使っていても使える安さ ドコモ光の対応&工事遅れに納得できなくて気分が悪いので、ソフトバンクエアーを申込んだった~!!申し込んだだけなのに、スッキリしたわ。 もともと料金も安いし使いやすいから、auやドコモの人でもソフトバンクエアーを使う人も多いんだよ! ドコモやauのスマホを使っている人がソフトバンク光を使うことはあまりありませんが、ソフトバンクエアーは 料金が安いので他社のスマホを使っている人も利用している人が多いです。 auやドコモにはソフトバンクエアーのような商品が無いので、他社回線を使っている方にも使われています。 もちろんソフトバンクスマホ ユーザーがおうち割でスマホ代を割り引くのが理想的ですが、他社スマホを使っている人も使えるくらいの手頃な料金だということですね。 7【今月限定】 キャンペーンがめちゃくちゃお得! ソフトバンクエアーは定期的に新規契約キャンペーンを行っていますが、 特に今月はお得な内容となっていて、申込者が殺到しています。 今月は特にお得なキャンペーンとなっていて、高額キャッシュバックなど、下記の特典が併用されます。 今月は期間限定キャンペーン中!• 1,000円割引が24か月続く!「はじめようsoftbank air割」• 他社回線から乗換える場合は「その回線の解約金分をソフトバンクが還元」• 2017年末ごろまでは、Tポイント10,000円のみの還元だったので、これから利用する方は、かなり好条件で契約できることになりますね。 申込むにはには絶好のタイミングと言ってよいでしょう。 人件費や家賃などの経費が多く、契約手続きも手間がかかる店舗型の申し込み方法は、ソフトバンク側からするとあまり使ってほしくない窓口です。 出来れば全員に、スタッフも少人数で、経費も手間もほとんどかからない、ネット申し込みを利用してほしいのがホンネ。 なのでネット申し込みのほうが条件をお得にして、できるだけそちらから契約してもらうようにしているんですね。 キャンペーンは規定人数に達し次第、予告なく終了する可能性があるので、検討中の方は早めに判断することをお勧めします。 申し込み~使えるようになるまでが劇的に速い• 「コンセントにつなぐだけ」が便利すぎる• 確かに夜間の速度低下が起きるときがある• 光回線と違い、昼飯時のピークタイムにも速度低下の傾向がある• 5Ghzの周波数帯を使えるおかげで、通信速度は限りなく光回線に近い• ターミナル2以前はお勧めしなかったが、今はコスパ・利便性ともにかなりオススメできる 料金などについては、すでに解説しているので、世間一般の評判ではわかりづらかった、細かい部分(主に速度面)について解説しましょう。 使えるようになるまでが劇的に速い 一般的な光回線は申込みから、自宅のネット環境が整うまで、1か月前後の時間が必要です。 さらに不動産や管理会社に工事の許可、ビス止めが可能かどうかの確認など、面倒な作業が非常に多いです。 ですが、 ソフトバンクエアーは申し込んでから、数日で機器が送られてきて、それをコンセントに刺した瞬間からWi-Fi環境が整います。 早ければ申し込んで2日後には機器が届きます。 (筆者の場合は3日後でした) 長くても1週間以内に、ネット環境がととのうので、非常に便利です。 「コンセントに繋ぐだけ」が便利すぎる インターネットを使う場合は、Wi-Fiの設定や機器の接続などの面倒な作業があります。 筆者はネット回線のメディアを運営しているため、特にストレスはありませんが、一般的にはWi-Fiルーターを選んだり、設定をするだけでもアレルギーがでる…という方も多いでしょう。 ソフトバンクエアーは本体に、箱に入っている電源コードを付けて、コンセントに差し込むだけですべてが完了します。 あとは本体に書いているパスワードを入力するだけ。 この手軽さは、パソコンやネットの設定が面倒な方にはめちゃくちゃおすすめできます。 また、光回線と違って本体だけでネットが使えます。 光回線のようにWi-Fiルーターやモデムなどの周辺機器を購入する必要もないので、辺機器も不要なのでコスト的にもお得です。 夜間の速度低下は確かにあるが、困るレベルではない ネット上でソフトバンクエアーの速度面の評判をチェックしていると、「夜間の速度低下がある」という口コミが見られます。 確かに筆者が実際に使ったてみても、夜間の速度低下は起きる印象がありました。 とはいえ、夜間の速度低下は光回線を使っていてもかなり高い確率で起きます。 フレッツ光を導入していた時も、同程度の低下は頻繁に起きていましたので、このくらいの低下は許容範囲です。 むしろ引越す以前のマンションに入っていた 、ジェイコム光(320Mbpsのプラン)よりも、夜間の通信速度は速くなりました。 速度低下が起きても、10Mbps程度の通信速度は維持しているので、動画視聴でも十分といえます。 光回線との大きな違いは、12時~13時ごろの速度低下がある点 これはモバイルルーターならではのデメリットです。 スマホと同じ4G回線を利用しているため、スマホの通信が激増する昼間の時間帯に、速度低下を起こしやすい傾向があります。 それでも10Gbpsくらいは出ているので、大した不便さは感じないはずです。 具体的に体感を言うと、「ウェブサイトを10ページ開くと、1回くらい妙に開くのが遅い時がある…」くらいのイメージです。 これも周辺のスマホ利用がMAXに多い、12時~13時ごろを過ぎると解消されます。 5Ghz帯を利用できるようになったので、混雑時の速度が上がった ソフトバンクエアーは現在3代目のモデルである「ターミナル3(2017年登場)」が利用されています。 ターミナル3が登場して大きく変わったのは、「3. 5Ghz帯」のWi-Fiを使えるようになったという点です。 5Ghz帯」というのは、通信混雑が起きやすい環境下で快適な速度を維持するために新たに導入された周波数帯で、 一般的に使われている「2. 4Ghz帯」よりも劇的に速度が速いのが特徴です。 登場した当初は、渋谷などの超人口密集地から導入されましたが、現在は地方でも利用できる環境が増えています。 従来のターミナル2までは、速度が遅い「2. 4Ghz帯」しか使えなかったのですが、 現在のターミナル3は「2. 4Ghz帯」「3. 5Ghz帯」の2つを選択することができます。 選択は簡単で、ソフトバンクエアーからのWi-Fiが2種類飛んでいるので、好きなほうを選ぶだけでOK。 パスワードも同じです。 編集長の総論「家庭での利用なら光回線並みの品質になっている」 当メディア「インターネット比較の達人」では、基本的に通信が安定している光回線の利用を推奨していました。 ですが、ソフトバンクエアー ターミナル3が登場してからは、 かなりオススメできます。 恐らく一般の方は、知り合いの家などに行ってWi-Fiを使っていても、光回線なのかソフトバンクエアーなのか判別することはできないでしょう。 夜間などの速度低下を気にしている方もいると思いますが、その辺りも光回線にかなり近い品質になっているな~というのが正直な感想です。 動画を読み込むときに「1秒程度読み込みが長くなる」くらいの速度低下を我慢できないのであれば、光回線を選ぶとよいでしょう。 ただ、光回線でも同程度の速度低下はよく起きるので、 筆者個人はソフトバンクエアー3ターミナルが出てからは、ほぼ光回線と互角の使い心地まで到達したという判断をしています。 現在でも「ターミナル2」「ターミナル(初号機)」の利用もできるようですが、「ターミナル3」以外の使用はおすすめしません。 何らかの理由がって、ターミナル2以前の機種しか入手できない場合は、光回線を使うことを強くおすすめします。 引越し手続きも絶対に忘れないようにしてね! 引越し時には特別複雑な手続きは不要で、、「ソフトバンクのサポートセンターで引越し先の住所を登録」すればOKです。 具体的には、ネット上での手続き、もしくは最寄りのソフトバンクショップでの手続きとなります。 で、手続きが可能なのでそちらを利用してみてください。 4台以上繋ぐならソフトバンク光のほうがベター ソフトバンクエアーは 接続台数4台以下にすることを推奨されています。 それ以上繋ぐと通信が遅くなる可能性があるので、光回線を繋いだほうが良いです。 ソフトバンク光ならスマホとのセット割「おうち割」も使えますし、30000円以上のキャッシュバックもあります。 月額料金も数百円しか変わらないので、とくに問題なく使えるはずです。 【モバイルルーターで通信量無制限が登場しました】 3日で10ギガ使うと制限がかかるWiMAXと違い、「 完全に通信量無制限」の商品が登場しています。 「外で使えないソフトバンクエアーはちょっと嫌だ」 「でもWiMAXは3日で10ギガ使うと速度制限にかかるし…」 と悩まれている方には、エヌズカンパニーのポケットWiFiがおすすめです。 <エヌズカンパニーのポケットWiFiがオススメの理由>• 月額3,600円と 月額制モバイルルーターの中でも安く使い続けられる• 利用者の少ない法人回線を個人で使えるので、速度が速く通信も安定している• エヌズカンパニーはソフトバンクから 唯一9期連続で表彰されている超優良代理店だから信頼度も抜群 まとめ:接続4台以下ならかなり快適に使える! ソフトバンクエアーは料金・通信速度ともに非常に高評価を受けています。 基本料金は4,500円前後(機種代金を分割にするかどうかで微妙に変わる)ですが、スマホとのセット割「おうち割」が適用できるので、実質3,000円前後でつかえると考えてOK。 (おうち割の割引額はスマホの契約プランによって500~2,000円と変化しますが、最も利用者が多い5~20ギガなら1,522円の割引です。 ) 通信速度もモバイルルータより早く、最大350Mbps。 夜間などの混雑時でも、10Mbps(ユーチューブのハイビジョン動画が止まらずに見れる速度)を軽く超えるので、非常に快適に使えます。 「工事も不要(当然工事費もゼロ)」で、「通信量制限もなし(ネット使い放題)」というアイテムはほかには存在しないので、かなりおすすめできます。 接続台数が少なめなので、5人以上の家族で使うのには光回線のほうがベターですが、それ以外なら満足に使うことができるでしょう。 今月は期間限定のキャンペーンで「30,000円キャッシュバック」+「24,000円分の割引」の還元がついてきます。 合計で通常時より54,000円分お得な内容になっているので、利用するには絶好のタイミングです。

次の

ソフトバンクAIRの2Gと5Gの意味誰かわかりますか?

ソフトバンクエアー 5g 切り替え

ソフトバンクエアーのサービスについてのレビューは前回の記事で最後にするつもりでしたが、もう少し遊びを思いついたのでお付き合い下さい。 過去記事: 私が2月から利用しているソフトバンクエアー・エアーターミナル2(受信機)では下り速度のベストエフォートは261Mbpsとされています。 一般的な光回線にも劣らない高速がウリな新型受信機なのですが、利用端末とインターネット接続する方法として2. 4GHzと5GHzのWi-Fi接続を選ぶことができます。 説明書には両方利用できる環境であれば 5GHzでの利用が推奨されています。 別の記事でもちょっと書いたのですが、この2Gと5Gの違いは、 2. 4GHz: 通信速度は遅いが、電波干渉・減衰を受けにくく 繋がりやすい 5GHz : 通信速度が速いが、 電波干渉・減衰を受け易い ということのようです。 我が家では普段ターミナルをリビングの窓際に置いて使っていますが、狭いマンションなので5GHzで部屋の中ならほぼどこにいても繋がります。 でも、実際に体感として2. 4GHzと5GHzでは何か違いが出るのかな?ということで、試してみました。 測定には現在ソフトバンクのオンラインショップで実質6200円で投げ売られているAQUOS Phone Xx mini303SH・・・ではなく、その兄弟機種のAQUOS SERIE mini SHL24を使いました。 この機種は2. 4GHz,5GHzの両方に対応しています(というか、最近の国内メーカーLTE機種ならほとんどすべて両Wi-Fiに対応しているはずです)。 実験にはスピードテストアプリを用い、各条件で3回ずつの測定を行って平均を算出しました。 測定時間は混雑の影響を受けない土曜日深夜3時台に、20分間で連続的に行いました。 その結果をまとめたものが以下のグラフです。 右に行くほど遠く、遮蔽物の多い条件となっています。 測定自体に結構ばらつきが出てしまうのでどこまで有意なデータと見るべきかというのは本当は難しいのでしょうけれど、「5GHzの方が2. 4GHzより速い」というのは明らかと結論づけても良さそうです。 全然違います。 4GHzで接続した場合にも下り40Mbpsは出ているので普通にネットサーフィンを楽しむのに速度差は気にならないと思いますが、5GHzを使うと平均して2倍近い速度が観測されました(深夜でガラガラでしょうし)。 次に、距離と隔てた扉の枚数に着目すると、1部屋分の距離を離れたくらいでは2Gも5Gもほぼ速度に差は見られません。 5m 0 と5m 1 はほぼ同じ距離で扉の内と外、という条件の違いなのですが、室内の薄い扉くらいなら5GHz帯でも全然OKみたいです。 一方で2部屋分離して、さらに扉も2枚隔てると5GHzの速度が2割ほど落ちています(ただしやっぱり測定にブレがあり、3連続の測定で50~90Mbpsまで差があったりします)。 それに比べて2. 4GHzでは5m 1 に比べての速度低下が少ないようにも見えます。 なお、pingとアップロード速度はどちら、どの距離で測ってもほぼ一定になっており、pingが30-40ms程度、アップロードは8-9Mbpsでブレません。 また、グラフには入れていないもう一つの実験をしています。 それはマンションの外に出てどこまで届くのかという 長距離接続実験。 なぜグラフに入れなかったのかというと、5GHzではマンションの外に出た時点ですぐに繋がらなくなったためです。 直線距離としては12,3メートルくらいしか離れていません。 マンションのドアはなかなか電波遮断性能が高いようです。 ですが、ここで2. 4GHzが本領を発揮。 5GHzがすぐに利用できなくなったのに対し、マンションのドアの前で2GHzは繋がりました。 ただし、激遅。 扉の前でダウンロード速度は2. 6Mbpsまで下がり、お隣さんの前で1. 9Mbps, 2軒隣まで行くと0. 62Mbps。 3軒目はちょっと離れてしまうので、さすがの2GHzも途切れました。 やっぱり受信機から離れたところで使う場合は2GHzを、近距離で使うのなら5GHzを使うべきという一般論は、今回の実験結果からも支持されるものであると言えるでしょう。 要点をまとめると、 ・2. 4GHzより5GHzを使った方が2倍近くダウンロードが速い ・屋内であれば、受信機を設置した隣室で使うくらいなら5GHzでも大した劣化はない ・どちらを使ってもping、アップロードには差がない ・5GHzでは分厚い扉は突破できない ・2GHzなら分厚い扉を突破できるが、速度減衰は著しい 報告は以上です。 Softbank Airを使っていて速度が周りの評判より遅いな、と感じる方は使っているWi-Fiが5GHz帯になっているかどうか確認してみると良いかもしれません。 スマホは皆さん2年くらいで買い換えるのが一般的になっていますが、パソコンの場合は数年前の機種でも本体のWi-Fi受信機能が5GHzに非対応の場合もあるかと思います。 ソフトバンクエアーの速度は時間帯・利用地域・利用端末によって大きく異なることは明らかなので、契約を検討している方はあまり他人のデータを鵜呑みにするべきではありません。 ソフトバンクエアーは端末を受け取ったあと、8日間のキャンセル可能期間が設けられています。 もし電波の受信感度が悪い場合はその間に申し出ることで料金を一切掛けずに契約を取りやめることが可能なので、最後はご自身で試して契約を続けるかどうか判断を決めれば大丈夫です。

次の

5G(第5世代移動通信システム)に向けたソフトバンクの取り組み

ソフトバンクエアー 5g 切り替え

ソフトバンクエアーとは? 工事不要でWi-Fiが使える機械 申し込みして機械が届いたらコンセントに電源を繋げるだけでWi-Fiが使えます。 工事が不要なので賃貸住宅でも大家さんに言わなくても大丈夫です。 それと自分は問題ないのですが、配線とか設定が苦手な人でも簡単に使えます。 後は、光回線だと工事がいるので家の中に業者さんが入ってきます。 ソフトバンクエアーなら工事が不要なので業者さんを入れたくない人でも安心です。 家中でインターネットが使い放題 月額料金でインターネットが無制限で使えます。 だから携帯電話の通信制限を気にせずにインターネットが使えます。 光回線よりは劣りますが、サイトとか動画の閲覧だけならほぼ問題なく使えました。 月額料金が安い 月額料金が3800円~と光回線と比べると結構安いですよね。 あとはソフトバンクの携帯電話とか、ソフトバンクの「おうちでんき」とセットなら さらに安くなるみたいですね。 後は色々とキャンペーンとか特典があるみたいですね。 その辺の事を詳しく知りたい方は公式ホームページを確認してください。 ソフトバンクエアーを選んだ理由 以前はソフトバンク光を使ってました。 昔はオンラインゲームをやってて光回線は普通だったので、自分も当たり前のように 光回線にしてました。 その時期はソフトバンクエアーなんて使い物にならんっしょ?とか思ってました(笑)。 今ではネットと動画を見るぐらいで、多分もうオンラインゲームもやらないだろうと 思うのでソフトバンクエアーに切り替えてみました。 若い頃は必要以上の性能に拘ってましたが、今では 自分に合った性能で十分ですよね。 ちょっと前にテレビのCMで言ってましたが、「ハイスペックよりもマイスペック」と 言うのを聞いて共感してしまいました(笑)。 月額料金の節約 光回線の利用料金って地味に痛くないですか? 自分は転職してから給料も下がったので痛かったですね(汗)。 ソフトバンクエアーに切り替えたら2000円ぐらいの節約になるみたいだったので 申し込みました。 まぁいきさつはソフトバンクショップに携帯電話の料金の見直しをするために行って そこでソフトバンクエアーを勧められたって感じです。 何か勧められっぱなしですね。。。 (汗) 利用するまでの流れ 申し込み 公式ホームページに行って専用の申し込みフォームに必要事項を記入するか 電話でもできるみたいです。 それで申し込みは終了です。 公式ホームページにはバナーをクリックしていただければ飛べます。 申し込みが終わればソフトバンクからSMSか郵送で契約の案内が送られてきます。 自宅に機器が届きます あとは自宅に機器が届くのを待つだけです。 届いたら電源をコンセントに繋げるだけでインターネットが利用できます。 光回線だったら工事が必要なので、自宅に業者さんを入れなくてはいけないし 自分自身も予定を空けなくてはいけなくて、結構面倒ですよね。 実際にソフトバンクエアーを使ってみる ソフトバンクエアー本体 外箱はこんな感じです。 箱はそんなに大きくない感じです。 今風な感じの外箱ですね。 箱を開けるとこんな感じです。 左側にある白いのが本体で右側には小さい箱が2個になってて電源ケーブルと LANケーブルが入ってます。 後は箱の左側に置いてある説明書的な紙が入ってます。 これが本体。 真ん中より少し下にある丸いのがボタンになってて長押しするとボタンの上側に3つの ランプで電波の強さが3段階で青いランプで表示されます。 ボタンの下側にある5つのランプは常時点灯で緑色に光ってます。 そして本体の裏面です。 上から 丸いのがボタンでWi-Fi接続する時に使います。 次は USB端子が付いてますが使い道が分かりません。 説明書にも載ってませんねぇ。 ホームサーバー?か何かでしょうかね? その次は LAN端子が2つ付いてます。 ちょっと少ない気がしますね。 ちなみに光回線の場合は4つ付いてました。 後は 電源の差込口です。 ソフトバンクエアーの設置 とりあえず光回線のセットとソフトバンクエアーとの比較で、左2つが光回線の セットで1番右がソフトバンクエアーですね。 試用期間が1週間あったので、光のセットと並べてみました。 これは単体です。 普通に売ってるカラーボックスに置いてるのですが、かなりスッキリしますね。 設置場所は約1~2mの高さで窓の近くが良いとされてます。 上の画像は電源をコンセントに繋げて電波の強さを見るためにボタンを押した 所です。 電源をコンセントに繋いでしばらくすると下側の5つのランプが緑色に 光ります。 それで丸いボタンを長押しすると上側の3つが青色に光るのですが、 ウチの地域では2つでした。 Wi-FI(無線LAN)の繋ぎ方 ちょっと分かり辛いですが本体の横に画像のようなラベルが貼ってあります。 SSID(2. その後は暗号キーを入力して終了です。 暗号キーは同じです。 自動設定の場合はWPSに対応しているかの確認が必要です。 接続方法は本体の裏にあるWPSボタンを長押し(大体1~2秒)します。 そうするとWi-Fiランプが点滅するので、接続したい機器の設定を して終了です。 どちらにも対応してない場合は有線での接続になります。 自分はパソコン・テレビ・PS4・ブルーレイレコーダーの4つ必要なんで 家電屋さんでスイッチングハブを買ってきました。 使ってみた感想 自分の場合の実際の利用料金 ソフトバンク光の時は固定電話とキュリティ代込みで7747円でした。 切り替えたら初月は6184円でした。 あんまり変化がないと思われますが、事務手数料などが入ってます。 その次から10月まではセキュリティ代込みで5173円です。 11月からは5269円です。 これは消費税の関係で上がったのですかね。 ちなみに固定電話は今の所は必要ないと思ったので契約してません。 まぁ 2500円ほどの節約になったので良かったと思いますよ。 ソフトバンクエアーの速度 まぁ数字的な事は色んな所で書いてあるんですが、自分はそんなの見ても 良く分かりません。 カタログ上の数字なんて、ほぼほぼ信用できません。 実際使ってみて思った事は、光回線と比べれば明らかに遅いと思います。 自分のは稀に繋がらない時もあります。 スマホがWi-Fiに繋がらない時は4Gに切り替えれば済む話です。 サイトとか動画を見るだけなら十分だと思いますよ。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回はソフトバンクエアーの事を書いてみました。 自分としてはオンラインゲームをまだやってたら、選んでません でしたね。 まぁ満足とまでは行きませんでしたが、上を見たらキリがないので これはこれで十分なのではないでしょうか。 不満な所と言えば、LAN端子が少なすぎるって事ぐらいですかね。 節約を考えてるのであれば、ソフトバンクを使っている方は電気と合わせて使って みてはと思います。 ではではまたです。

次の