淡路島 ドライブ コース。 兵庫ドライブ定番コース!淡路島と姫路を巡るおすすめルート

兵庫ドライブ定番コース!淡路島と姫路を巡るおすすめルート

淡路島 ドライブ コース

淡路島の北の端、高速道路直結の淡路ハイウェイオアシスは本州側からだと、淡路島に入ってすぐのサービスエリアの上りと下りのちょうど真ん中にあります。 下りの場合は途中でETCのゲートのような場所があり、一瞬外に出てしまうのでは?と不安になりますが、上りと下りのチェックに使われているだけですので安心してください。 下りのサービスエリアには観覧車があったりするのですが、ご飯をするのはサービスエリアのフードコートになってしまうので、デートスポットとしてはやはりハイウェイオアシスがおすすめ。 クリスマス前になると、大きなクリスマスツリーが飾られ、点灯式もされていますよ。 淡路島の中でも、日帰りでふらっと寄りやすい場所ですね。 淡路島のパルシェ香りの館は、施設内に、宿も温泉もあるので、のんびりデートをしたいときにはぴったり。 食事付きの宿泊プラン、素泊まりのプランはもちろん夏は海ほたる鑑賞付きプランなど、たくさんのプランが用意されています。 宿泊者は露天風呂が終日無料で入りたい放題。 もちろん宿泊じゃなく日帰りデートでも、施設内に体験コーナーがありますので、ジェルキャンドルや香水、お香や石けんなどを作る事ができます。 日帰りでも、宿泊でもどちらでもしっかりと二人の思い出を作れるデートスポットです。 ランチには施設内に淡路島の特産物を楽しめるビュッフェやハーブや淡路島の野菜の料理を出してくれるレストラン、和食処など色々あります。 淡路島のテーマパーク、淡路ワールドパークONOKOROには世界の様々な遺跡や、建造物が園内にあります。 ミニチュアの凱旋門やピサの斜塔、遺跡の世界コーナーでは古代文明の彫刻、恐竜ワールドなど様々なコーナーが用意されています。 ランチには淡路牛が食べる事のできる海の見えるレストランイルマーレがおすすめ、春などの季節がいい時期はテラスでたべることができますし、冬は窓際の席なら、海を眺めながらのランチができます。 そんな素敵なデートスポット淡路ワールドパークONOKOROはクリスマス前にはクリスマスゴスペルコンサートなども企画されているので、事前に調べておいて、クリスマスデートのデートプランにいれてみてはいかがでしょうか。

次の

おすすめツーリングコース 淡路島一周150キロ超えルートマップ

淡路島 ドライブ コース

淡路島のドライブ(淡路島一周) >>> 淡路島をドライブで一周してみよう ではアクセスは車がメインとなります。 車で来た際旅の楽しみとなるのが島のドライブです。 淡路島は見通しの良い海岸道路が多く、カーブや勾配もさほどきつくなくドライブにはもってこいの島です。 なお淡路島ドライブの基本は時計回りにまわって夕方は島の西側(通称「サンセットライン」)をドライブするようなプラントすること。 淡路島は夕日の名所。 夕方瀬戸内に沈む夕日を見逃さないようにしましょう。 淡路島ドライブコース一覧 東海岸コース 淡路SAもしくは岩屋港からスタートし洲本市を経由し福良に向かうコース。 岩屋から洲本までは直線区間が多く走りやすいが淡路島の大動脈でもあるので朝夕は渋滞することもある。 また洲本市から島の南岸を経て福良に向かうコース(県道76号)は一部カーブが続く区間もあるが太平洋を望むルートである上、もあるので人気のコースとなっている。 西海岸コース 福良からサンセットラインを経由して岩屋へむかうコース。 や五色浜など美しい風景が続くドライブコース。 道路が走りやすい上に花畑や夕日が美しいことからカップルや女性グループに人気があるコース。 淡路島のドライブスポット ドライブといえばビュースポットを巡りながら島の景色を楽しむのが一般的。 しかしせっかく淡路島に訪れたからにはグルメや、テーマパークなどで楽しんだり遊んだりもしたいものです。 そこで以下にドライブコース上にある名所をピックアップしてみましたので淡路島一周ドライブの際の参考にしてみて下さい。 ・ 淡路島公園:本州から淡路島入りした際に最初に到着する公園。 施設が充実している割には無料なものが多い。 ・ 淡路夢舞台:植物園やレストラン、ホテルもある複合施設 ・ あわじ花さじき 総面積15haもあるフラワーアイランド淡路島を代表する花スポット。 特に9月中旬から10月下旬にかけて咲く12万本のサルビア の花は圧巻。 ・ パルシェ香りの館:香りをテーマにした体験施設。 レストランや入浴施設もある。 ・ 慶野松原:数々の「百選」に選ばれている淡路島随一の景勝地。 淡路島ドライブでは外すことができないスポット ・ 美湯 松帆の郷:淡路島北端にある温泉施設。 明石と明石海峡大橋の夜景が絶景。 ドライブの最後に疲れを癒すのに最適。 淡路島のドライブについて 風光明媚な海岸線が続く淡路島。 訪れるからには島を一周するドライブは絶対に体験しておきたいところ。 では遠方から飛行機や新幹線を乗り継いで淡路島に行く場合、どのタイミングでレンタカーを借りればよいのでしょうか? 基本的には淡路島内にはレンタカーが少なく、営業所までの交通手段も旅行者にとっては面倒くさい問題です。 この為、三宮や明石の営業所や、駅、空港レンタカーを利用した方がスムーズに旅を楽しむことができます。 なお交通費の観点から見てみると高速バスで淡路島入りする場合と車(レンタカー)で淡路島入りする場合とでは片道1,000円ほど高速バスの方が安くなります。 つまり淡路島でレンタカーを借りた方が安価となるわけです。 手間をとるか値段をとるか最終的な判断は旅行する皆さんです。 明石海峡大橋 あわじ花さじき 淡路島の夕日 慶野松原.

次の

淡路島ドライブコースおすすめ7選

淡路島 ドライブ コース

秋のカーニバル「淡路島国営明石海峡公園」 秋になると淡路島ではイベントとしてカーニバルが開催されます。 兵庫県淡路市にある淡路島国営明石海峡公園の「秋のカーニバル2019」です。 9月14日(土)から11月4日(月祝)まで開催されます。 秋の花が咲く時期に合わせて土日祝を中心に企画された盛りだくさんのイベントとなります。 自然豊かな淡路島で、花と緑にふれる体験、文化の秋・スポーツの秋の体験、手作り体験など秋を感じる企画が満載です。 コスモスの摘み取り体験や、ダリアのフラワーアレンジメントや花びら染めが楽しめます。 なお、9月16日(月祝)は、敬老の日で65歳以上が入場無料となります。 10月27日(日)は、秋の都市緑化月間で全員が入場無料となります。 秋のキティちゃん「ハローキティスマイル」 秋になると淡路島でキティちゃんをテーマにしたイベントで楽しめます。 淡路島のハローキティスマイルで、サマーフェスティバルとアートコレクションが開催されます。 開催期間は、入場料金が必要となります。 大人1300円、子供(4歳から12歳まで)650円、3歳以下無料です。 なお、ギャラリーやシアターの入場料金も含まれます。 7月20日(土)から9月30日(月)までは、サマーフェスティバルが開催されます。 子供と一緒に楽しめるイベントとなります。 キティちゃんの夏祭りで縁日気分を堪能できます。 ヨーヨーすくい、マスコットすくい、絵付け体験、水遊びなど可愛い出店が登場します。 キティちゃんの浮き輪にお面、キティちゃんのぬいぐるみとインスタ映えスポットでいっぱいです。 9月14日(木)からは、アートコレクションが開催されます。 芸術の秋に大人可愛いをテーマにハローキティのコンテンツを用意したイベントとなります。 美術界の名画にハローキティが登場するミュージアムアートコレクションが展開されます。 子供が担いで練り歩くハローキティ御神輿が登場します。 砂絵作りや万華鏡つくりなどを楽しめるアートクラフトフェアなどが企画されています。 ギャラリーでは世界唯一の絵画やキティちゃんのぬいぐるみの部屋があります。 ハローキティスマイルの基本情報• 開催場所:ハローキティスマイル• 住所:〒656-1721 兵庫県淡路市野島蟇浦985-1• 電話:0799-70-9037• 入場料金:大人1300円、子供(4歳~12歳)650円、3歳以下無料• 営業時間:11:00~20:00(店舗により異なります)• 定休日:火曜日• 駐車場:無料(普通車約120台)• アクセス:神戸淡路鳴門自動車道の淡路ICから車で約10分 パルシェ香りの館の基本情報• 開催期間:8月19日(火)~9月30日(月)• 開催場所:パルシェ香りの館 大農園• 体験料金:100円• 本数制限:1人20本• 開催住所:〒656-1501 兵庫県淡路市尾崎3025-1• 電話番号:0799-85-1162(香りの館)、0799-85-1126(香りの湯)• 営業時間:8:30~17:00(受付終了16:00)• 入館料:無料(香りの湯:大人700円、小人400円)• 休館日:1月、5月、8月以外の第1火曜日(祝日は営業)• 駐車場:無料(普通車約200台)• アクセス:神戸淡路鳴門道津名一宮ICから車で約15分、北淡ICから車で約15分 秋のドライブ「淡路島おすすめコース7選」 秋になると淡路島では、ドライブが人気となります。 美しい海岸線を走りながら観光地を巡ります。 淡路島のドライブコースとして、淡路島北東コース、淡路島北西コース、淡路島北中央コース、淡路島横断コース、淡路島南東コース、淡路島南中央コース、淡路島南西コースの7つがおすすめです。 淡路島北東コースは、明石海峡大橋を渡り、淡路サービスエリアに入り、淡路インターチェンジから下ります。 国道28号線に出て、淡路市から洲本市方面に東海岸の海岸線を走るルートとなります。 淡路島北西コースは、明石海峡大橋を渡り、淡路サービスエリアに入り、淡路インターチェンジから下ります。 県道31号線に出て、淡路市から洲本市方面に西海岸の海岸線を走るルートとなります。 淡路島北中央コースは、明石海峡大橋を渡り、淡路サービスエリアに入り、淡路インターチェンジから下ります。 県道157号線に出て、中央の山岳路を走るルートとなります。 淡路島横断コースは、高速道路の津名一宮インターチェンジから下ります。 県道88号線を西海岸や東海岸に淡路島を横断しながら周遊するルートとなります。 淡路島南東コースは、洲本インターチェンジもしくは淡路島中央スマートインターチェンジから下ります。 洲本市中心部の周辺を周遊するルートとなります。 淡路島南中央コースは、西淡三原インターチェンジもしくは洲本インターチェンジから下ります。 淡路島玉ねぎなど農業が盛んな三原平野を周遊するルートとなります。 淡路島南西コースは、淡路島南インターチェンジもしくは西淡三原インターチェンジから下ります。 鳴門海峡に近い漁業が盛んな港周辺を周遊するルートとなります。 淡路島生しらす丼おすすめ6店 4月下旬から11月下旬まで、淡路島で生しらす丼が提供されます。 生しらす丼は全国でも数カ所しか食べることができない貴重なグルメです。 春から秋にかけて淡路島のご当地グルメとして人気です。 淡路島生しらす丼を提供する店舗から、人気で行列が並ぶグルメ店をおすすめ6店を厳選します。 道の駅あわじにある「海千館」の生しらす丼は、毎年10万食を数えるほどの人気メニューです。 少々並びますが回転が早く屋外のオープン席でも明石海峡大橋を眺めながら美味しくいただけます。 お食事処 渡舟は、お昼になると行列が跡を絶たない人気店です。 生しらすたっぷり丼は、生しらすが大盛りで登場して生しらす本来の味を堪能できます。 淡路ICもしくは東浦ICから近くて便利です。 浜ちどりの島の生しらす丼は、生しらすとさくら卵、金ゴマのコラボレーションが見事です。 自家製醤油との相性も抜群です。 淡路島の北端にある岩屋港のボートビルの2階にあります。 源平の海鮮生しらす丼は、淡路島の生しらすと明石海峡の鯛が競演しています。 岩屋漁港で獲れる地産地消にこだわった夢の丼ぶりです。 明石港から高速船に乗って訪れるリピーターも数多くいます。 新島水産は、生しらすに、卵と青ネギと海苔という組み合わせが楽しめる丼です。 海産物卸会社が直営する店舗ということで磯焼きも大変人気があります。 新鮮な海鮮の料理店としておすすめです。 ウェスティンホテル淡路にある日本料理あわみは、淡路島の生しらす海鮮丼です。 さっぱりした生しらすと淡路島の鯛やタコといった魚介類と淡路島玉ねぎの組み合わせが抜群で上品な味わいです。

次の