三井のリパーク。 三井のリパークが発行する後払い法人カード!リパークビジネスカード

カーシェアならカレコ・カーシェアリングクラブ

三井のリパーク

逆に、「三井リパーク」を利用している人はどう思っているの? 三井リパークは利用者にも評判 「三井リパーク」はツイッターなどのSNSでも評判を集めています。 「三井のリパーク」は料金も評判 弘前駅付近の駐車場、アートホテル駐車場隣の三井リパークが最大料金400円でした。 駐車場の売り上げが「0円」だったとしても、毎月賃料が支払われるので収益も安定。 「三井のリパーク」なら、 赤字を心配することなく駐車場経営をすることが可能です。 駐車場がオープンするまでの賃料も支払われます 三井のリパークは「一括借り上げ方式」なので、駐車場ができるまでの賃料もお支払い。 「三井のリパーク」に貸し出した瞬間から、 すぐに収益化できるようになっています。 2 初期費用が無料 本来、駐車場を開業するには初期費用が必要で、 最低限の初期費用は次の通り。 項目 費用の目安 車止めブロック 10万円 ライン引き 5万円 フラップ板 10万円/1台 料金案内看板 10万円 満室表示器 20万円 監視カメラ 1万円/1台 料金精算機 65万円/1台 重機運搬費用 5万円/1回 ただ、「三井のリパーク」の場合は設備投資費用が無料。 お金をかけずに駐車場経営を始められるようになっています。 設計から施工まで「三井のリパーク」にお任せできるので、計画ミスなどの心配をする必要もありません。 電気代などのランニングコストも無料 駐車場の管理・運営はすべて「三井のリパーク」にお任せ。 機械のメンテナンス• 電気料金• 集金 などのランニングコストも無料なので、 追加費用を心配する必要がありません。 3 トラブルやクレームにも対応 機械トラブルや利用者からのクレームにも「三井のリパーク」がすべて対応。 コールセンターは 24時間365日対応なので、問題が起こってもすばやく解決してくれます。 防犯カメラも標準設置 三井のリパークでは、「防犯カメラ」を標準設置。 人通りの少なくなる夜でも事故や犯罪が起きにくく、 地域の治安も向上します。 4 日本全国に展開できる巨大ネットワーク 「三井のリパーク」は、北海道から沖縄まで日本全国で駐車場事業を展開。 これだけ大規模に展開できるのは、• コインパーキング• 月極駐車場• 施設型駐車場 コインパーキング(時間貸し駐車場) 「三井のリパーク」では 車室幅・車路幅に独自の基準を採用。 「とめやすい駐車場」としてリピーターが多いのが特徴です。 また、キャッシュレス化も進んでいて、利用する度に 「Tポイントも貯められる」と評判になっています。 月極駐車場 三井のリパークは 「ゲート式駐車場」を採用し、入出庫の不正を防いでいます。 状況によって、「コインパーキング」と「月極」を併用することも可能。 「料金滞納者への督促」も三井のリパークが代行してくれるので、わずらわしい作業も必要ありません。 施設型駐車場の実例 「三井のリパーク」は、オフィスビルや病院など、施設型駐輪場の運営実績も十分。 最大の特徴は、稼働状況や利用状況を確認できる 独自システム「Parking ProVision」を採用していること。 収益の最大化とコスト削減を同時に図ることが可能になっています。

次の

Tサイト[Tポイント/Tカード]

三井のリパーク

16万台の実績!毎月固定払いで安心 三井のリパークは、オーナーから土地を一括借り上げするシステムです。 賃料は毎月固定払いなので安定収入を得られ、運営にかかる費用ののほとんどは三井のリパークが負担、オーナーが負担するのは土地の舗装とフェンスの設置のみなので、初期投資のリスクが少なく済みます。 さらに一括借り上げで「時間貸し駐車場」「月極駐車場」「施設型駐車場」「自転車駐輪場」まで対応できます。 基本的には3年の契約になりますが、短期や中・長期の運用も相談を受けることができるそう。 平成27年3月末時点で16万台もの実績がある三井のリパークだからこそ、20坪ほどの土地から広い土地、変形地や飛び地まであらゆるケースで相談ができるのです。 オーナー特典も色々! 三井のリパークで駐車場賃貸借契約を締結すると受けられるのが、数々のオーナー特典です。 例えば、駐車場を開設した翌年から毎年開設月にリパーク駐車場利用券がもらえますまた、開設後満3・5・10・15・20年のタイミングで謝礼も進呈されるなど楽しみは継続。 他にも宝塚歌劇団の観劇招待やコンサート招待、三井不動産グループ主催の不動産セミナー・資産継承セミナーへの参加も可能になります。 土地活用の先にあるのは、相続対策。 土地を相続する上での対策は早ければ早いほどいいですから、特典を大いに活用して資産を賢く守りましょう。 グループ会社の多い三井グループ。 三井のリパーク以外にも、三井ホームからの注文住宅や賃貸住宅等の工事代金割引、三井不動産リフォームからのリフォーム代金割引、unicoやIDEE、ジャーナルスタンダード ファニチャーなど60ブランド400店舗以上のインテリアショップでの割引など各種優待サービスも充実しています。 オーナーの声・事例• 月極駐車場からこちらのコインパーキングへ転用しました。 自分がよくコインパーキングを利用しているため、保有している土地に結構需要があるのではないかと思い相談をしてみた次第です。 予想通り多くの利用者がいてほぼ満車の状態が続いています。 週に2回スタッフの方が来て清掃をしてくれるため、駐車場内はいつ見てもキレイです。 賃貸マンションに専用駐車場を作る時に2台分のスペースを返してもらうなど、要望に対して柔軟に対応してもらえるのも良かったです。 経営といっても土地を貸すだけでよく、わずらわしい業務が発生しないので助かります。 コインパーキングを契約してからは、周辺の路上駐車がなくなったと近隣の方に喜ばれています。 今まで近隣企業に社用車の駐車場として賃貸されていた駐車場があるのですが、社用車の削減で大量に解約となりました。 そこで三井のリパークさんに相談したところ、月極とコインパーキングの併用プランを提案されて決めました。 おかげで空車問題が解決できて嬉しいです。 これまで大きなトラブルはあまりありませんでしたが、強いて言うなら、過去に2度、長期の車両放置がありました。 どちらのときも、トラブルにならないよう丁寧に対応を進めていることが伝わってきました。 駐車場経営をする中で、駐車場を誰かに汚されてしまったことがあります。 その時は対策として防犯カメラを取り付けていただきました。 カメラを取り付けてからは、同様のトラブルがなくなったため安心しています。 三井のリパークを選んで良かったと感じる点は、ギリギリのスペースで台数を増やすのではなく、独自のレイアウト基準をもって駐車場づくりをしている点。 利用者としては、出し入れしやすく、安心して駐車できるのが一番。 おかげで、リピーターのお客様も多いと感じています。 近隣からの要望はすべて三井に入るので、普段は私たちに連絡が来ることはありません。 駐車場の経営をはじめる際、必要な機器を設置する際に工事が必要でした。 その際にも、担当の方が近隣の方々にしっかりとあいさつをしてくれていたため、その後の対応もスムーズにできています。 近隣の方からの要望にはなるべく応えたいと思っているので、挨拶回りでしっかりとどのような要望があるのかを聞いて相談してくれたことはありがたかったです。 近隣の方から「アイドリングの音がうるさい」という意見があった時には「アイドリング禁止」の看板をつけてもらいました。 ただ、すぐには改善されなかったため、相談しながらいろいろな対策をしてもらいました。 最終的に、コールセンターやリパークの警備担当と連携することで問題解決できました。 導入メリット 三井のリパークの導入メリットを整理すると次の3点が挙げられます。 大手ならではのサポート体制の充実• 豊富な駐車場経営プランから選べる自由度の高さ• 三井グループならではの土地活用ノウハウが得られる 例えば大手ならではのサポート体制の充実という点では、24時間365日のコールセンター対応やメンテナンスサポートはもちろんのこと、収益率アップのための情報配信ネットワークもユーザー目線で用意されています。 また、料金設定に関しても豊富なデータをもとに収益を最大化するために戦略的にアドバイスが受けられます。 加えて、駐車場経営をする、と一言で言っても時代の変化に伴い駐車場の形は多種多様に。 「月極がいいのか、時間貸がいいのか」「駐車場ではなく駐輪場という選択肢も」など、幅広いプランの中から土地に合わせた最適な提案をしてもらえます。 2015年度には19満台以上の駐車場運営管理台数を達成した三井のリパークは、不動産仲介事業などもグループ会社が手がけています。 将来的に駐車場以外の活用を検討している方も、三井のリハウスなど系列サービスに気軽に相談できます。 相続や税務対策などの相談にも乗ってもらえます。 会社概要 会社名 三井不動産リアルティ株式会社 創立 昭和44年(1969年)7月 本社 東京都千代田区霞が関3-2-5 対応エリア 全国 実績 設置車室160,000車室 契約台数 要問合せ 三井のリパークに向いているのはこんな人 万全の運営管理体制が整えられているので、万が一のトラブルにしっかり供えられる会社を選びたいと思っている方におすすめ。 また、ランニングコストもかからないので、空いている土地を今すぐ何とか活用したいと思っている方にもぴったりです。 時期に関しても中・長期まで対応してもらえるので相談してみましょう。 口コミから見る魅力 実際に他社から三井のリパークに切り替えたところ、ほぼ満車になったという口コミは見逃せません。 また、駐車場はいつもキレイに保ってくれていたり、要望に柔軟に対応してくれる点は嬉しいですね。 自分の希望に沿った駐車場経営ができます。 取り扱っている駐車場タイプと実績 取り扱っている駐車場のタイプは時間貸し駐車場や施設型駐車場、月極駐車場など、実に様々です。 また、駐車場だけでなく、時間貸し自転車駐輪場も取り扱っているので、細長い土地を活用したいと思っている方も相談してみてはどうでしょうか。 実績数は非常に豊富。 経営を行なっているのも大手の会社ということもあり、安心してお任せできるでしょう。

次の

三井不動産リアルティ

三井のリパーク

三井のリパーク:土地活用の種類 まずは三井のリパークではどのような土地活用を行っているのかを見ていきましょう。 以下に駐車場の形式ごとにまとめてみました。 時間貸し駐車場 30分500円や60分2,000円というように、駐車をした時間に応じて料金を支払う形式の駐車場です。 コインパーキングとも呼ばれる形式ですね。 土地にアスファルト舗装をし、精算機や精算するまで出庫できないようにするロック装置などを設置することによって始められるので、初期費用が低くて済む駐車場の形式です。 また、 大規模な駐車場でなければ、駐車場の管理も自分で行うことも出来ます。 ありがたいことに、三井のリパークに土地の活用を任せれば、機器や設備にかかる費用を負担してくれます。 その上、運営管理費用も負担してくれます。 土地の規模も問わないので、広い100坪の土地でも20坪くらいの土地でも駐車場にすることが出来ます。 施設型駐車場 オフィスビルやショッピングセンターといった施設に併設されているタイプの駐車場です。 三井のリパークでは、 独自の運営診断・管理システムによって確実に稼働率と収益をアップさせてくれるでしょう。 また、施設設計段階の駐車場についての相談にのってくれます。 施設型駐車場をすでに経営している方だけでなく、これから施設型駐車場を経営しようと考えている方にも三井のリパークによる施設型駐車場はおすすめです。 月極駐車場 時間貸し駐車場のよう時間単位で駐車場を貸すのではなく、月額5万円というように月額制の駐車場です。 初期費用がほとんどかからない土地活用の方法で、アスファルト舗装や車止めの設置などを設置しなければ、 1台ごとの駐車スペースを区切るためのロープとそのロープを固定する費用だけで経営を始めることが出来ます。 アスファルト舗装なしの月極駐車場 ただ、「駐車場の運営管理を自分1人で行うのは難しい……駐車料金の滞納とかがあったらどうしよう……」と思う方はいるのではないでしょうか。 三井のリパークでは、 運営管理業務を代行してくれるサービスがあるので、駐車場の運営やトラブル対応をすべて任せることが出来ます。 したがって、駐車場の管理をするのが難しい方でも、三井のリパークに任せれば月極駐車場の経営を始めることが出来ます。 時間貸自転車駐輪場 自動車でなく自転車を停めるスペースを提供する土地活用があります。 時間貸し自転車駐輪場というものです。 この土地活用は6時間100円というように駐輪した時間分の料金を払うもので、時間貸し駐車場と似たタイプの土地活用です。 自転車駐車場であれば、狭い土地でも有効活用できます。 三井のリパークでは、駅に近かったり放置自転車の多かったりする場所に時間貸し自転車駐輪場を設置することをおすすめしています。 そのような場所に土地を持っている方は検討してみましょう。 さらに、三井のリパークに任せれば、 機器や設備の設置費用がいりません。 運営管理費用も負担してくれるので、土地さえあれば経営を始めることが出来ます。 駐車場経営の形態 土地活用にはどういったものがあるのかを見ました後は、経営そのものは三井のリパークがどのようにサポートしてくれるのかを見ていきましょう。 一括借上げシステム:空車保証 一括借上システムとは、オーナーが所有している駐車場を三井のリパークへ貸し出して、その賃料を駐車場のオーナーに毎月支払うシステムです。 このシステムでは、もし駐車場に空きがあったとしても、毎月一定の賃料をオーナーへ支払ってくれるので、安定した収入を得ることが出来ます。 たとえば、10台駐車出来る駐車場を月額1万円で10人に貸し出しているとします。 10人ともずっと借りてくれていればよいですが、突然5人借りるのを止めてしまった状況を考えてみてください。 毎月10万円あった収入が5万円になってしまいます。 ですが、三井のリパークの一括借上システムでしたら、 空車があったとしても賃料、つまり収入が変わることはありません。 毎月一定額の賃料を保証してくれるからです。 稼働率に関係なく収入が発生するので、収益が安定しますよね。 また、 駐車場そのものの管理やトラブル対応なども三井のリパークの方で行ってくれるので、経営の手間や時間を三井のリパークにすべて任せることが出来ます。 駐車場の収益がどうなるのか不安な方や経営そのものを自分で行うのが難しい方は、三井のリパークへ貸し出せば、不安なく簡単に駐車場経営が出来るでしょう。 管理受託システムとは:すべておまかせ 管理受託システムとは、三井のリパークへ所有している月極駐車場の運営や管理をすべて任せることが出来るシステムです。 すべて任せることが出来るうえに、 駐車場を借りている方が駐車料金を滞納したときに、1か月分の駐車料金を立て替えてくれます。 そのため、滞納者が出てしまっても収入がすぐに減るということはありません。 ですから、駐車場の経営をすべて委託したい場合には、三井のリパークの管理受託システムを利用すればよいでしょう。 三井のリパーク:駐車場経営のメリット 三井のリパークに駐車場経営を委託するときの形態として、一括借上システムと管理受託システムがあることをご紹介しました。 次は、三井のリパークに駐車場経営を任せたときのメリットを改めて見てみましょう。 一括借り上げで収入が安定する 先ほど紹介した一括借上システムなら、駐車場に空きがあるかどうかによらずに、三井のリパークが毎月一定の賃料を支払ってくれます。 そのため、 駐車場を借りている人の人数によらず安定した収入を得ることが出来ます。 一括借上システムは駐車場経営をして、収益があるかどうか不安という方におすすめのシステムです。 お任せだから管理が楽 駐車場経営を三井のリパークにすべて任せることが出来るので、とても楽です。 さらに、駐車場を借りてくれる人の募集からクレームの処理まで行ってくれます。 他にも、 駐車場の設計や清掃までも行ってくれます。 駐車場経営をやったことが無い方でも、駐車場の管理をするのが難しい方でも問題なく駐車場経営を始めることが出来ます。 初期投資が0円 駐車場の設計や施工は三井のリパークが行ってくれるので、所有している土地を駐車場にするのに費用はいりません。 また、 駐車場に必要な機器や看板などの設置にかかる費用も三井のリパークが負担してくれるため、こちらの費用も必要ありません。 「土地はあるけど駐車場経営を始めるためのお金がない」という方でも三井のリパークなら駐車場経営を始められますね。 ランニングコストがかからない 嬉しいことに初期費用だけでなく、 駐車場を運営したり管理したりするのに必要な費用も三井のリパークが負担してくれます。 駐車場経営を始めるにあたって、どのくらいコストがかかるのか心配という方もいると思いますが、三井のリパークならそのような心配は必要ありません。 どのような土地の形状・広さにも対応 駐車場経営を始めたいけど所有している土地を駐車場に出来るか分からない、もしくは出来そうにないとお考えの方、 三井のリパークなら土地の大きさや形を問わず駐車場にすることが出来ます。 所有している土地を駐車場に出来るか疑問に思っている方は三井のリパークに相談してみましょう。 三井のリパークの実例 三井のリパークが行っている土地活用の種類やシステムを把握したところで、次は実際に土地活用を行った例を見ていきましょう。 事例1.相続した土地で駐車場経営 親が亡くなって、相続した土地を駐車場にした例です。 この例では、建物が古くて取り壊さなければならないが、取り壊し後の土地管理が難しいというのがポイントですね。 更地にした後も定期的に遠方から来て、土地の手入れをしたり、土地の中で何かトラブルがあったときに対応したりしないとなりません。 そのような土地でも三井のリパークに任せれば、土地の管理を任せることが出来ると同時に賃料まで得ることが出来ます。 事例2.建設予定地を有効活用 土地を確保したものの、その土地にすぐに建物を建設するわけではなく、土地を持て余してしまっている例です。 土地をそのまま建物を建設するまで放置したのでは、土地も雑草やゴミだらけになってしまうかもしれません。 なにより固定資産税などの税負担の一部すらも賄えないのでは、とても不経済です。 こういった持て余してしまった土地も三井のリパークに頼んで駐車場にしてしまえば、建物を建設するまで賃料による収入を得ることが出来る上に、土地の管理も自分でしなくてよくなります。 また、 2か月前に三井のリパークに通知すれば、解約できますし、設備の撤去も三井のリパークが負担してくれます。 たとえば、2年後、所有している土地にアパートを建設して、アパート経営を始めるとします。 アパート建設まで何もしないでいると、2年もの間、土地を遊ばせておくことになってしまいます。 そこで、土地を一時的に駐車場にすることによって、アパート建設が始まるまでの間も土地から収益を得ることが出来ます。 ですが、土地にアパートを建設することが決まっているわけですから、建設前に駐車場から更地へ戻す必要があります。 三井のリパークは、駐車場の初期費用だけでなく、駐車場の機器や看板などの撤去費用も負担してくれます。 そのため、駐車場経営を始めるための費用だけでなく、更地へ戻すための費用もかかりません。 ゆくゆくは使う土地を持て余してしまっている方は、三井のリパークでの駐車場経営を始めるのもよいかもしれません。 事例3.月極駐車場の空いたスペースを有効活用 月極駐車場を経営していたけど多くの空きが出てしまって困っているという例ですね。 自分だけで空いてしまった10台分の穴を埋めるために、新しく駐車場を借りてくれる人を探すのはとても難しいでしょう。 それも1人や2人でなく、10人です。 しかし、その空いてしまった10台分のスペースを、一括借上げの時間貸し駐車場として三井のリパークに任せることで、新たに借りてくれる人を探すことなく、問題を解決出来ます。 さらに、 解決出来ただけではなく、月極駐車場だったときより2万円も多く収入を得ることが出来るようになったのです。 駐車場の経営をしている方は、駐車場の一部を三井のリパークに任せるという選択もあるということを覚えておきましょう。 駐車場経営のオーナー様の声 三井のリパークに土地活用を委託した実例だけでなく、その実際の声も見てみましょう。 佐藤さんご夫妻|三井のリパークに頼んでよかった 店舗併設の4階建てマンションと駐車場で賃貸経営をはじめましたが都市部の車の所有台数の減少や道交法改正に伴い、月極駐車場の経営は厳しい状況になると予想していました。 そこで一括借り上げのコインパーキングの賃料を見積もった所、収益がアップするとわかり、迷わず転用を決断しました。 パートナーである事業会社に三井のリパークを選んだ理由は「駐めやすさは、クオリティ。 」と謳い独自の基準で駐めやすさを実感できる駐車場づくりを進めていたから。 利用者の立場になれば、無理に駐車台数を増やすより、出し入れしやすく、安心して駐められるのが一番嬉しいはずです。 長い目で見て、こうした駐車場の方が経営的に安定すると思いました。 その甲斐あってか近隣にコインパーキングが林立する中でもほぼ満室状態が続いています。 さらにマーケティングに長けている会社であることも重要。 環境に変化があったときには、 運営会社からしっかりしたマーケティングデータに基づいて説明がなされることに満足しています。 その他、週2回のスタッフによる清掃や、365日24時間で事故やトラブル、クレームなどに対応してくれる体制が整っていることも高く評価しており、三井のリパークで土地活用に踏み切ったことに100%満足しています。 今は、信頼できる運営会社を選んだことが成功につながったのだと確信しています。 先祖から受け継いだ大切な土地を預けるわけですから、ブランド的にも信用できる会社でないと不安ですよね。 三井のリパークなら解約したいときは2ヵ月前までに知らせればよく、契約形態は「一時使用賃貸借」で、借地権・営業権などは発生しない。 そしてなんと運営開始後に賃貸マンションのテナントが専用駐車場を必要とすることになり、2台分のスペースを返してもらったんです。 こうした要望にフレキシブルに応えてもらえたのも、コインパーキングという変化に対応しやすい形態だからこそでしょうね。 三井のリパークより引用 月極駐車場から三井のリパークによる一括借り上げのコインパーキングに転用したところ、収益もアップし、コインパーキングが周りに沢山あるというのにほとんど満室であるとのことでした。 そして、その成功の理由が三井のリパークという信頼できる会社に頼んだからだと佐藤さんご夫妻は言っております。 この声から、 三井のリパークは駐車場経営において実力も信頼もある会社ということが分かります。 そして、なんといっても収益のアップです。 佐藤さんご夫妻が収益アップしただけでなく、ほとんど満室ということで三井のリパークの収益もアップしているでしょう。 まさにwin-win(双方が利益を得られること)です。 月極駐車場からコインパーキングという駐車場の形態が変わったこともあると思いますが、佐藤さんご夫妻が駐車場の経営を続けるのが難しいと言っている土地を、ほとんど満室状態にしてしまう三井のリパークの実力は素晴らしいものでしょう。 まとめ 最後に本記事で紹介した事柄を1つ1つ見直していきましょう。 まず、三井のリパークによる土地活用の種類ですが、以下の4種類がありました。 時間貸し駐車場• 施設型駐車場• 月極駐車場• 時間貸し自転車駐輪場 時間貸し駐車場や月極駐車場では、三井のリパークに運営・管理を任せることで、手間や時間をかけることなく駐車場経営が出来ます。 また、駐車場の機器や設備の費用も三井のリパークが負担してくれる上に、駐車場の設計や施工まで三井のリパークが対応してくれます。 そのため、初期費用をかけずに土地活用が可能です。 施設型駐車場には、三井のリパークが施設型駐車場の収益や稼働率をアップするためのシステムがあります。 時間貸し自転車駐輪場では、時間貸し駐車場や月極駐車場と同様に、駐輪場に必要な機器や設備の費用を三井のリパークが負担してくれます。 また、 運営・管理費用の負担と運営・管理業務の対応も三井のリパークが行ってくれるので、知識のない方でも安心です。 このように、三井のリパークなら、自分の持っている土地を初期費用なしで土地活用出来ます。 土地活用をしたいと思いましたら、まずは三井のリパークに無料相談をしましょう。 アパート経営は業者によって大きく収益が異なります。 せっかくアパートを建てるのであれば、一番儲かる業者を選びたいのが本音です。 そこでアパート経営でおすすめのサービスが、「タウンライフアパート経営」です。 たった 3分の入力で、 完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。 全国200以上の会社の中から、あなたに合った最も儲かる業者を選ぶことができます。 タウンライフを活用して年間で1,000万円以上の家賃収入を手に入れている方も大勢います。 今の収入に1,000万円増えたらとても生活が豊かになりますよね。 家賃収入で家を買ったり家族のために使ったりしてください。 無料で利用できるサービスなので、アパート経営を検討しているのであれば使わない手はありません! アパート経営などの土地活用で成功している方は、このようなサービスを上手に利用していますよ。 土地活用 をするなら一番儲かる業者に依頼しましょう。 1つのサービスだけだと、 業者が少ないことがあります。 その場合は、できるだけ多くのサービスを利用して、多くの業者の情報を集めましょう。 アパート経営や土地活用で成功するためには、 事前の情報収集が肝心なのです。 土地活用で失敗しないためには、こちらのサービスを使用しましょう。 完全無料で資料請求できるので、もらわなければ損です。 土地活用で最も儲かるプランを提案してくれます。 土地活用するのであれば、楽で簡単に誰でも儲かる方法で土地活用したいですよね。 たった 3分の入力で 無料で資料が貰えるため、これを利用しないなんて損です!無料で資料を貰って最も儲かる土地活用プランを作成してもらいましょう。

次の