ポケモンgo ban。 【ポケモンGO】ソフトBAN(捕獲BAN等)の発生条件とペナルティまとめ

【ポケモンGO】アカウント凍結「垢BAN」が始まりました。アカウント凍結「垢BAN」まとめ。このメッセージが出たらアカウント凍結されています!

ポケモンgo ban

・ 複垢の運用方法 さて、複垢を持つには• スマホ1台で複数のアカウントを持つ• スマホ複数台でそれぞれにアカウントを持つ 上記 2つの方法があります。 スマホ1台で複数のアカウントを持つ スマホ1台で複数のアカウントを持つ場合は、「 スマホの端末でマルチアカウントを設定する方法」と「 ポケモンGOのアプリ内で切り替える方法」の2つの方法があります。 しかし、この方法に関しては同時に起動してプレイができないので、イマイチこれといったメリットがありません。 本記事では主にスマホを2台以上で複垢を持つ方法を説明します。 スマホ複数台でそれぞれにアカウントを持つ 例えば2台のスマホで、それぞれで1アカウントずつ運用する方法です。 多くの人が2台持ち、複数台持ち でポケ活をしています。 この方法だとジムやレイド、そして交換などかなり効率よくポケ活ができます。 ポケリティ・オブ・ライフは爆上がりです。 ネット回線の運用方法 2台持ちする場合はネット回線も必要になります。 ポケットWi-fiを契約する• 新たに格安SIMを契約する• デザリング機能でシェアする この3つのうちどれかを取ることになります。 方法1. ポケットWi-fiを契約する ポケットWi-fiを契約する方法はおすすめしません。 メイン端末のデータ回線を解約して、且つ充電の手間が苦にならないのならアリでしょう。 方法2. 新たに格安SIMを契約する 格安SIM市場は盛り上がっていて、1ヶ月1000円程度で契約できるキャリアは多いです。 SIMカードを挿してしまえばいつでもどこでもポケ活できます。 この方法がイチバン楽です。 あとでおすすめの端末を紹介しますが、すでに端末を購入済みの方もしくは端末と一緒にSIMカードも必要な方はで契約するととても安く済みます。 方法3. デザリング機能でシェアする メイン端末の回線を借りるという方法です。 Wi-fiやBluetoothでもう一台に回線をシェアできるので、契約するSIMは1つでOKです。 また、この方法だとポケGOの複垢判定されてしまうみたいな懸念もありましたが、真偽のほどは分かっていません。 複垢の作り方 どうやって作るの? ということですが、作り方は簡単です。 ポケモンGOがプレイ可能な環境が整ったスマホを用意するだけです。 【Android 版】• Android 4. 4 以上• ネットワーク環境(Wi-Fi, 3G, or 4G)• GPS、位置情報サービス• Intel CPU搭載端末はサポート対象外 【iOS 版】• iPhone 5s 以上• iOS 10 以上• ネットワーク環境(Wi-Fi, 3G, or 4G)• GPS、位置情報サービス• ジェイルブレイク(脱獄)端末はサポート対象外 引用: ポケモンGOに登録する際は、 GoogleかFacebookのアカウントを結びつける必要があります。 1台目で使っていないGoogleまたはFacebookのアカウントを登録しましょう。 持っていない方はまず作らないといけません。 複垢におすすめの端末は? ポケモンGOをするのに必要なスマホのスペックは高くありません。 よく見る格安スマホでもOKです。

次の

【ポケモンGO】ソフトBAN(捕獲BAN等)の発生条件とペナルティまとめ

ポケモンgo ban

捕獲BAN 逃げられる ボールを投げても捕まらない 捕獲BANにかかると、モンスターボールを投げても必ずポケモンに逃げられてしまう。 捕獲BANは、一定期間内で過剰にポケモンを捕まえるとペナルティを受けるようだ。 ソフトBANにかかるまで第2段階ある 下記情報は個人が行った検証内容です。 実際の仕様と異なる可能性があるので、参考程度にしてください。 捕獲によるソフトBANの条件は、2段階に分かれているようだ。 ただし、2段階目から1段階目に戻る条件は今のところ不明。 ソフトBANの流れ 1段階目 ・1週間で3000匹まで捕獲 ・3000匹捕獲で第2段階へ 2段階目 ・24時間で500匹まで捕獲 ・500匹目捕獲でソフトBAN発動 捕獲数は1時間単位でリセット ソフトBANを受けてから23時間後、 1時間単位で捕まえた分だけリセットされる。 そのため、リセットされる前に超過して捕獲してしまうと、その時点で再度ソフトBANを受けてしまうので注意。 再度BANを受ける待機時間を増やすくらいなら、2日間待機して500匹回復させた方が安全だ。 ポケストップBAN ポケストップからアイテムが出ない ポケストップBANを受けると、ポケストップを回してもアイテムがまったく出ない状態になる。 ペナルティを受けている間は、ポケストップを回しても「少し時間をおいてください」と表示される。 ポケストップを1500個以上回す 海外トレーナーが行った検証では、24時間以内にポケストップを1500個回した時点でソフトバンを受けてしまったようだ。 また、1時間区切りで回したポケストップの数だけ制限は解除されるようだ。 参照元: レイドBAN レイドバトル後のチャレンジで逃走 レイドBANを受けるとゲットチャレンジでプレミアボールを投げても必ずボールから出てしまい、最後の1球で逃げられてしまうようだ。 過剰捕獲がペナルティの原因? ペナルティを受けた人によれば、 野生のポケモンを1日に500匹捕まえると、レイドBANにかかってしまうようだ。 解除タイミングなどは不明だが、過剰捕獲はレイドポケモンにも影響を与えるとのこと。 きのみBAN きのみが使用できなくなる やる気を上げるために必要なきのみだが、30分間で60個のきのみを上げると「きのみBAN」になってしまう。 ペナルティを受けると一定時間きのみを上げることが出来ない。 その他の原因 車より早く移動するとなりやすい 基本的には歩いてポケモンを捕まえることが前提となっている。 車などで移動することは考慮されていないため、 徒歩や自転車では考えられない速度で移動した場合はペナルティとみなされる場合がある。 位置情報の取得ミス GPSはまれに、現在位置から遠く離れた場所を認識する場合がある。 そのタイミングでポケモンGOを起動してしまうと、ゲームには一瞬で長距離の移動をしたとみなされてしまう。 これも通常考えられない移動速度とみなされ、ペナルティの対象となってしまう可能性がある。 個人差はあるものの、ソフトバンであれば 3〜4時間ほどの待機でペナルティは解除される模様。 車、電車内での利用は控える ペナルティとなる主な原因は、車や電車など高速で移動する乗り物でプレイをした時。 BANにはならないもののゲームをプレイできないため、それらの乗り物の中では利用を控えるといい。 最終手段は公式に問い合わせる 通常のペナルティは長くても1日程度とされている。 1日以上待ってもペナルティの症状がなくならない場合は、公式に問い合わせる方法もある。 永久BANとの違い ソフトバンは一時的なもの ソフトBANと永久BANの違いは明確で、永久にBANをされるとそのアカウントは一切利用出来なくなってしまう。 しかし一時的な利用停止とは言え、ソフトバンを受けるような行動を繰り返した場合には永久BANとなるかもしれないので注意。 不正行為をしているとBANされる トレーナーガイドラインには、不正行為(位置情報偽装やチートツールの利用)などをした場合はBANの対象となることが明記されている。 またBANされた場合は、問い合わせても一切の返答をしないことが利用規約に記載されているので、絶対に不正行為はしないこと。

次の

【ポケモンGO】2020年初のアカウントBAN祭り開始!?なぜ?詳細と対処法を徹底解説!

ポケモンgo ban

不正行為をしない 不正な行為をせずに 公正にプレイしてください。 Niantic のゲームは、モバイル端末を使って現実世界を冒険していただくことを目的としています。 不正行為は、他のプレイヤーの体験をないがしろにする行為です。 不正行為にはさまざまなものがありますが、具体例として以下が挙げられます。 改造を施したものや非公式のソフトウェアを使用すること• 複数アカウントでプレイすること 1 プレイヤーあたり 1 アカウントでプレイしてください• 位置情報を変更したり偽装したりするツールや技術を使用すること• アカウントを共有すること• 意図的に不具合を利用して報酬を得ること• 返金のポリシーや仕組みを悪用すること• ゲームで使用される通貨やアイテムを第三者のプラットフォームで売買すること• アカウントを売買、交換すること•

次の