2021 年 卒 就活。 2021卒 コロナは就活に影響してる?親から目線です。|50代女性おひとりさまソロ活ブログ

2021年卒就活は、もう始まっています

2021 年 卒 就活

ダイヤモンド・セレクト編集部 学校、不動産、シニアライフなど、人生の節目に関わる媒体を適宜、編集・発行している。 最新刊は、。 7月に『(仮)本当に子どもの力を伸ばす学校 中高一貫校・高校 大学合格力ランキング』を刊行予定。 2021年卒・就活最前線 経団連が就活ルールの廃止を表明したことにより、就活のスケジュールが大幅に前倒しになった。 2019年冬の現在、2021年卒の学生の就活はもう始まっている。 学生は主体的に動いて情報を集め、自分の会社選びの判断軸をしっかり持つことが重要だ。 本連載では、『息子・娘を入れたい会社』編集メンバーが中心となって、親にも子にも役立つ就活情報を提供していく。 就活で大事な3つの視点、「自分の視点」「企業の視点」「就活ルールの理解」を養う一助としてほしい。 緊急事態宣言後も対面式の説明会、面接を行う企業があるようです(写真はイメージです) Photo:PIXTA 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、2021年卒学生の新卒採用にも大きな影響が出ている。 合同説明会などイベントの中止によって採用計画が狂った企業は多かったが、緊急事態宣言後の今、採用の現場はどのような状況に追い込まれているのか。 採用アナリスト・コンサルタントの谷出正直氏に話を聞くと、採用方法をめぐって企業の二極化がさらに進んでいるという。 (ダイヤモンド・セレクト編集部 林 恭子) 8割超の学生が「WEB説明会」経験も いまだに「リアル説明会」実施企業あり 新型コロナウイルス(以下、コロナ)の影響を受け、2月20日にリクナビが2月以降の合同企業説明会の中止を発表して以来、マイナビやディスコなどが主催する多くの合同説明会が中止になっている。 本来は、合同説明会を通して「企業探しをしよう」と思っていた就活生や、「採用候補者の母集団を形成したい」と考えていた企業にとって、大きな誤算になったに違いない。 そこで、注目を集めているのが、自宅などにいながらオンライン上で企業説明会に参加できる「WEBセミナー・説明会」だ。 キャリタス就活を運営するディスコが行った調査(4月1日~5日実施)によると、「WEBセミナーの視聴経験がある人」の割合は、21年卒学生では85. 8%と、20年卒学生の63. 7%を20ポイント以上も上回っている。 さらに、「視聴した社数」は、ライブ配信で平均6. 7社、オンデマンド配信は4. 8社と、これも20年卒のライブ配信平均4. 4社、オンデマンド配信2. 9社を大きく上回った。 こうした数字から「コロナの影響で、WEBセミナーや説明会、面接は当たり前になってきている」と感じるかもしれないが、採用アナリスト・コンサルタントの谷出正直氏は「WEB説明会や面接は広がりつつあるが、実際は採用を行う企業全体の半分にも満たないのではないか」と指摘する。 「ナビサイトで4月に開催されている会社説明会を検索すると、WEB説明会ではない企業もヒットする。

次の

2021年卒就活は、もう始まっています

2021 年 卒 就活

かなり前には就活の記事を何度か書いていたんですが、毎回、「人事や面接担当者も採用のことは残念ながら手探りな部分が大きいから、人事や面接担当者が読むためのカンペ本を読むのが対策としていいよ」と書き続けるのも芸がないと思って書くのを止めていました。 ただ、新型コロナで学生の皆さんも不安な部分もあるでしょうから、あくまでここ10数年複数社で新卒・中途の面接官・採用担当として関与してきた人間として、見えていること、感じていることをつれづれなるままに書いてみます。 全般的な傾向 私の感覚だと、少なくとも新卒採用は一般としてまだ売り手市場だと思います。 今年の新卒採用が企業側で楽になったという話は、少なくとも私は聞いていません。 志望企業を見る視点 志望動機や自己PRとかは別にどうでもいいのですが、どういう視点で志望企業を選ぶかを自分の中で整理するのはとても大切です。 せっかく苦労して入社した後でミスマッチだったというのは嫌じゃないですか。 第二新卒というカードはあっても、新卒というカードを切れるのは(院進学とかしなければ)一回だけですから。 ある程度まとまっていると面接で一貫性を持った説明ができますし(重要)、決めた後でも比較材料が自分の中であるため無駄に悩まなくてすみます。 採用ページ・説明会と面接・OBOG訪問・口コミサイトから掴む情報 自分の中で働く中で得たいものが整理できたとして、志望企業が合うかがよく分からないければ、採用ページ・説明会、面接・OBOG訪問、口コミサイトからの情報を複合的に見て分析してみましょう。 大体、採用ページ・説明会で語られていることは、その企業が大雑把に自分たちがどういう企業かを分かりやすくまとめているものなので、他の企業と比較することでその企業の特性が多少は理解できます。 また、面接・OBOG訪問なども有用な情報源です。 面接で圧迫やセクハラまがいをしてくる企業は入社してもその傾向があるものです。 「若いうちから成長できる職場」と言いつつ、OBOG訪問で会った比較的若い社員がイライラしていたり、寝不足っぽかったりしたら、つまりはそういう職場です。 こういった企業側から発信している(滲み出てくる)情報と、OpenWorksなどの口コミサイトで退職者が苛立ち紛れに書いていることを比較してみることで、自分が志望している企業の特性がおぼろげながら見えてくるはずです。 2021年卒向け 選考の多くがそろそろ終わりかけていますし、今更な参考情報かもですが、今から就活を始めるとか、まだ就活を続けられている人向けに少し書きます。 内定はどこか一つでも出ていると気が楽になるので、選考プロセスが比較的短めで内定出してくれそうな企業を受けておくのはお勧めです。 お祈りされ続けると辛いでしょうから。 あとは企業側も通年採用になって、特に秋に注力するところもありますし(掘り出し物があると企業側は期待しているところもある)、今、精神的に参っているのであれば、無闇矢鱈とエントリーするのではなく、小休止するのもありです。 一週間ぐらいひなびた温泉で湯治してケーキを食べましょう。 私も面接をする中で、疲弊をし、何を言っているか焦点が定まらない鬱々とした学生を相手にしたことがありますが、そういう人は辛いのは分かるけれど次のプロセスに進めるのは躊躇します。 2022年卒向け 面接官というのはえてして見る目がないですから、同業種でのインターン経験や内定取得をしている学生を良い意味での色眼鏡で見ます。 どういう仕事をしたいかは別として、暇な時間があるならインターンをしましょう。 ただし、Web系でインターン生を無料人材としてこき使う企業は別です。 現在、そういうところでインターン(タダ働き)をしている人は今すぐ辞めましょう。 後は、外資系やWeb系企業ではかなり早い段階で採用を開始していますので、そういうところでさくっと内定を取っておきましょう。 内定は学生側が断ったとしても裁判沙汰になるようなことはまずなく(私も遥か彼方前に内定式を経験後に内定辞退をしました)、また、研究室経由で取った内定でもなければ、企業側から激怒されて自分の同じ部活・サークルや学校・学部が害を被るなんてこともありません。 締め 上の方に書きましたが、必ずしも入った会社でずっと働き続ける時代ではなくなっていますから、一社目にそこまで気を使わなくてもいいかもしれません。 転職前提で企業選びをするときに意識するといいのは、自分の履歴書にストーリーを持たせることです。 少なくともバイトの面接官は意識します。 人間、ストーリーがあると勝手に騙されますから(だから、政治家や経営者は分かりやすいストーリーを仕立てる)、自分の履歴書も面接官が見たときにストーリーがそこそこ構築されているか、いきあたりばったりになっていないかを意識して作っていくと、そのストーリーに合致した中途採用でかなり楽勝に転職が可能になります。 以上となります。 末筆ながら、皆様の今後益々のご活躍をお祈り申し上げます。 topisyu.

次の

【まだ間に合う!8月新卒就活】まだエントリーできる2021大手企業【今からエントリーできる企業の本選考・二次募集の探し方

2021 年 卒 就活

かなり前には就活の記事を何度か書いていたんですが、毎回、「人事や面接担当者も採用のことは残念ながら手探りな部分が大きいから、人事や面接担当者が読むためのカンペ本を読むのが対策としていいよ」と書き続けるのも芸がないと思って書くのを止めていました。 ただ、新型コロナで学生の皆さんも不安な部分もあるでしょうから、あくまでここ10数年複数社で新卒・中途の面接官・採用担当として関与してきた人間として、見えていること、感じていることをつれづれなるままに書いてみます。 全般的な傾向 私の感覚だと、少なくとも新卒採用は一般としてまだ売り手市場だと思います。 今年の新卒採用が企業側で楽になったという話は、少なくとも私は聞いていません。 志望企業を見る視点 志望動機や自己PRとかは別にどうでもいいのですが、どういう視点で志望企業を選ぶかを自分の中で整理するのはとても大切です。 せっかく苦労して入社した後でミスマッチだったというのは嫌じゃないですか。 第二新卒というカードはあっても、新卒というカードを切れるのは(院進学とかしなければ)一回だけですから。 ある程度まとまっていると面接で一貫性を持った説明ができますし(重要)、決めた後でも比較材料が自分の中であるため無駄に悩まなくてすみます。 採用ページ・説明会と面接・OBOG訪問・口コミサイトから掴む情報 自分の中で働く中で得たいものが整理できたとして、志望企業が合うかがよく分からないければ、採用ページ・説明会、面接・OBOG訪問、口コミサイトからの情報を複合的に見て分析してみましょう。 大体、採用ページ・説明会で語られていることは、その企業が大雑把に自分たちがどういう企業かを分かりやすくまとめているものなので、他の企業と比較することでその企業の特性が多少は理解できます。 また、面接・OBOG訪問なども有用な情報源です。 面接で圧迫やセクハラまがいをしてくる企業は入社してもその傾向があるものです。 「若いうちから成長できる職場」と言いつつ、OBOG訪問で会った比較的若い社員がイライラしていたり、寝不足っぽかったりしたら、つまりはそういう職場です。 こういった企業側から発信している(滲み出てくる)情報と、OpenWorksなどの口コミサイトで退職者が苛立ち紛れに書いていることを比較してみることで、自分が志望している企業の特性がおぼろげながら見えてくるはずです。 2021年卒向け 選考の多くがそろそろ終わりかけていますし、今更な参考情報かもですが、今から就活を始めるとか、まだ就活を続けられている人向けに少し書きます。 内定はどこか一つでも出ていると気が楽になるので、選考プロセスが比較的短めで内定出してくれそうな企業を受けておくのはお勧めです。 お祈りされ続けると辛いでしょうから。 あとは企業側も通年採用になって、特に秋に注力するところもありますし(掘り出し物があると企業側は期待しているところもある)、今、精神的に参っているのであれば、無闇矢鱈とエントリーするのではなく、小休止するのもありです。 一週間ぐらいひなびた温泉で湯治してケーキを食べましょう。 私も面接をする中で、疲弊をし、何を言っているか焦点が定まらない鬱々とした学生を相手にしたことがありますが、そういう人は辛いのは分かるけれど次のプロセスに進めるのは躊躇します。 2022年卒向け 面接官というのはえてして見る目がないですから、同業種でのインターン経験や内定取得をしている学生を良い意味での色眼鏡で見ます。 どういう仕事をしたいかは別として、暇な時間があるならインターンをしましょう。 ただし、Web系でインターン生を無料人材としてこき使う企業は別です。 現在、そういうところでインターン(タダ働き)をしている人は今すぐ辞めましょう。 後は、外資系やWeb系企業ではかなり早い段階で採用を開始していますので、そういうところでさくっと内定を取っておきましょう。 内定は学生側が断ったとしても裁判沙汰になるようなことはまずなく(私も遥か彼方前に内定式を経験後に内定辞退をしました)、また、研究室経由で取った内定でもなければ、企業側から激怒されて自分の同じ部活・サークルや学校・学部が害を被るなんてこともありません。 締め 上の方に書きましたが、必ずしも入った会社でずっと働き続ける時代ではなくなっていますから、一社目にそこまで気を使わなくてもいいかもしれません。 転職前提で企業選びをするときに意識するといいのは、自分の履歴書にストーリーを持たせることです。 少なくともバイトの面接官は意識します。 人間、ストーリーがあると勝手に騙されますから(だから、政治家や経営者は分かりやすいストーリーを仕立てる)、自分の履歴書も面接官が見たときにストーリーがそこそこ構築されているか、いきあたりばったりになっていないかを意識して作っていくと、そのストーリーに合致した中途採用でかなり楽勝に転職が可能になります。 以上となります。 末筆ながら、皆様の今後益々のご活躍をお祈り申し上げます。 topisyu.

次の